ALPS軸にスムースエイドを塗る時の注意点!手抜きダメ絶対!

さて前回はどうにかスムースエイドを通販で購入したことについてブログを書きましたがいよいよ実際にキーボードにスムースエイドを使ってみました。

ALPS軸に塗りたくっていったんですがその時にあまりにも適当に処理したので失敗点も含めて紹介していこうかなと思います。

スポンサーリンク

スムースエイドを試したキーボード

いただいたレトロなキーボードの中で特別ギシギシ言ってたキーボードがありまして「Chicony KB-9600」と言うんですが、

これのALPS軸が悲鳴を上げていたんですよ。表面上は全然わかりませんけどね。キーの端を押すと全然押し込めないくらいには引っ掛かってました。

こりゃスムースエイドを試すキーボードとして最高じゃないか!と思わぬラッキーに小躍りしたもんです。

スムースエイドを適当に塗ってみた

これから書くのは実際にやってしまったことなんですがおそらくスムースエイドの正しい塗り方ではありません。間違っていることを踏まえながら読んでください。

本当は写真の白い部分(スライダー)と被さっている黒い部分(キャビネット)を抜き出してスムースエイドを塗ってから元に戻さないといけないはず。つまり全部分解しないといけないんです。めんどくさー。

最初、適当に外側から白い部分(スライダー)に小筆で塗りたくってみたんですよ。こんなふうに。

そしたらスライダーとキャビネットの隙間にスーッと入り込んで(浸透して)いくんです。スムースエイドが。

なんかスライダーとキャビネットの擦れる部分に効果がありそうじゃないですか。

滑りが良くなったんですよ。抜群に。

もうこれはビンゴだと思って塗りたくっていきました。次々と。

次々と滑りが良くなるALPS軸にテンションが上がりっぱなしだったんですが・・・。

接点が錆びる恐れ(怖)

キーボードの中身に詳しいパンミアさんにアドバイスいただいてどうやらキャビネット(黒い部分)の中にある接点に付いたら錆びる恐れがあるんじゃないかと。

と思ってキャビネットを外してみようと思ったけどよくわからずに質問してみるとどうやら外側から外れるとのことなので、

精密ドライバーで両側に挿し込んでみると、

隙間に入るじゃありませんか!

そして根本に力を入れて掴むようにして引っ張るとスライダーとキャビネットが外れました。

中身の金属部分をよくよく見るとスムースエイドが付着してしまったものがあるようです。

スムースエイドって水溶性らしいのでサビてしまうかもしれませんねぇ。サビたらザリザリ言うんでしょうか。

スライダーとキャビネットがこすれあう部分が以下のように横っ側の部分だから、

手抜きして分解せずに塗るならスライダーの横からスムースエイドを多めに流し込めば、

  • 左右の擦れる部分には浸透して
  • 前後の金属部分には付着しないんじゃないか?

と思ったりするんですよね。

あくまで手抜きするのであれば!ですよ。

本当は分解したほうが良いに決まってるんですから。

でも外したキャビネットをもう一度はめるのが難しくてこれを106回も繰り返すなんて絶対無理って思ったから全部隙間から流し込みました(笑)

キーの引っ掛かりはかなり改善

手抜きで全部外から流し込んでも肝心のキーの引っかかりはかなり改善しました。キーの端を押し込んでもなんとかタイプできるくらいまでは。

でもさすがに正しい塗り方と比べたらまだ引っ掛かりが大きいんだろうなと思います。

スムースエイドを正しく塗った場合はどんな作業になるのか想像もしながら書いてみたのでスムースエイドの正しい使い方も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。