やっぱりFlickrは使わないことにしました

Flickr

Flickr(フリッカー)、やっぱり使わないことになりました(汗)

実際に使ってみて実感したんですが、

Flickrはブラウザ上での動作が遅い。

ただしそもそもGoogle+フォトと比べての話なので、Googleフォトが優秀すぎるんですけどね。

Flickrでは以下の動作がとくに遅いと感じます。

  • サムネイル一覧の表示スピード
  • 写真をクリックした時の表示スピード
  • 写真送りのスピード

GoogleフォトTのほうが断然速く、Flickrを使う理由が見当たらないくらい違います。

広告

Flickrの不満点

主にスピードが遅いことが不満の中心ですがFlickrにはその他使い勝手もちょっと悪い部分があったりします。

写真一覧(Photostream)の表示が遅い

まず基本となる写真の一覧表示ですがFlickrはサムネイル一覧が表示されるまでの時間がGoogleフォトより長く、クリックするととりあえず粗い写真が出てきてから綺麗な写真に切り替わります。

粗い写真が表示される時間でさえGoogleフォトの綺麗な写真が表示されるまでの時間より長いくらい遅いです。

写真をクリックした時の表示が遅い

個別の写真をクリックすると大きな写真が表示されるんですが、Flickrの場合はまず低解像度の写真が表示されてからしばらくして綺麗な写真が表示されるようになっています。

この低解像度の写真が表示されるまでの時間がGoogleフォトの綺麗な写真表示までの時間とほとんど同じくらいのためかなり遅く感じてしまいます。

また、一度見たことがある写真だと若干速く表示されるようになりますが、それはGoogleフォトだとさらに速く表示されるので、基本的な速度がFlickrのほうがだいぶ遅いです。

タグ付けの使い勝手が悪い

このタグ付けに期待してFlickrを導入したんですが、期待していたほど使い勝手がよくありませんでした。

一括タグ付けをするためには「Organize」を開く必要があり、大きな写真を確認することができずサムネイル画像だけでタグ付けを判断しないといけません。

FlickrのOrganize

下に並んでるサムネイルを大きな写真で確認できたら理想なんですが、ちょっとだけ大きなサムネイルくらいしか表示できないみたいです。

また、いざ「Add Tag」ボタンを押してタグをつけようとするといちいち待ち時間があって結構ストレスが溜まります。

非圧縮の写真を使うことがない

これは自分の勝手な都合ですが、写真はほとんどブログだけで使うし、写真を印刷することもないので、Googleフォトで圧縮された写真でも十分綺麗です。

Flickrは無劣化でアップされるのでもっと写真のクオリティにこだわる人向けのサービスだと思うんですよねぇ。

Flickrの使い勝手がGoogleフォト並に良かったら「綺麗な写真を残しておこうか」と思って使うかもしれませんが、操作性ではGoogleのほうに軍配が上がってしまいます。

タグ付けしたいならFlickrもありだが・・・

Googleフォトは手動でのタグ付けができません。

関連:Googleフォトは手動でタグ付けができない?Picasaで設定したタグも検索できなくなっていた

どうしても手動でのタグ付けをして検索対象にしたいならFlickrもありかもしれません。

昔はGoogleのPicasaでタグ付けできましたけどサービス終了したし、Google関係の写真サービスでタグ付けをすることができなくなりました。

Googleフォトが手動でタグ付けできるようになったら最高なんですけど、今のところ対応してないみたいなんですよね。

まとめ

ということで全部の写真をFlickrにアップロードして使うほど魅力が無かったため、結局Googleフォトを使い続けることにしました。

picasaも同期さえ完璧だったらものすごく使いやすいアプリケーションなんですけどねぇ。

フォーラムでは同期に関する質問が出ているけど解決はしてなくて更新頻度も少なく最後の更新が2014年8月なので、Flickrの開発は活発ではないようです。

関連:Flickr・Googleフォト・プライムフォトを比較したけどアレの圧勝でした

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。