pカッターの使い方は簡単|アクリル板や塩ビ板が綺麗にカットできます

アクリルカッターで塩ビ板をカット

普通のカッターナイフでアクリル板を切ろうとして断面がガタガタになったことありませんか?(はい、僕です。

そんな時はpカッター(別名アクリルカッタープラスチックカッター)を使ったらアクリル板や塩ビ板が簡単に切れるし何より切り口が綺麗です。

実際にカットしているところを動画で撮ってYouTubeに投稿してみたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

pカッターの使い方

pカッターはアクリル板や硬質塩ビ板などの各種プラスチック板をカットするための専用カッターです。

「百聞は一見に如かず」なので実際にpカッターを使ってみた動画をどうぞ。とっても簡単にカットできます。この動画では厚さ0.5mmの硬質塩ビ板をカットしています。

↓真ん中の再生ボタンをクリックすると再生が始まります。

↓pカッターの先端は下の写真のようなカギ型になっていてプラスチックやアクリル板に溝を掘るようにできています。

軽く切れ込みを入れる

アクリル板などのプラスチック板は表面がツルツルしているので最初から力を入れてカットしようとするとずれてしまうことがあります。

始めはできるだけ弱い力で切れ込みを入れるだけにして道筋を作ります。

Pカッターで塩ビ板をカット

厚みの半分くらいまで削る

溝がある程度掘れてアクリルカッターがズレなくなったら力を強めて一気に溝を深くしていきましょう。

チリチリのプラスチッククズが出てきてどんどん溝が深くなっていきます。

塩ビ板をカット

パチンと折る

ある程度(厚みの3分の1から半分くらい)溝が掘れたら折りたたむだけでパチンと音を立てて綺麗にカットすることができます。

プラスチック板をカット

塩ビ板やアクリル板をカット

↓削ったプラスチックはこんな感じでチリチリになってます。

プラスチックカッターで削ったカス

アクリル板をカットするならpカッターを使うべし

アクリル板などのプラスチック板を切る時はpカッターを使うほうが身のためです。

普通のカッターナイフは綺麗にまっすぐ切れないし切断後の端がすごく鋭利になって怪我する危険性があるのでおすすめしません。

pカッター

「アクリルカッター」「プラスチックカッター」「pカッター」などいろいろな表記方法がありますができることは同じです。

pカッターを検索

カッターマット

アクリル板などをカットする機会があるなら大きめのカッターマットがおすすめです。

カッターマットを検索

滑り止め付きカッター定規

カッター定規は滑り止め付きの「アル助」が断然おすすめ。裏面のほぼ全面がスポンジっぽいゴムなので非常に安定して使いやすいです。

↓30cm・45cm・60cm・100cmと色々な長さが揃っています。
アル助で検索

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。