pカッターの使い方は簡単|アクリル板や塩ビ板が綺麗にカットできます

アクリルカッターで塩ビ板をカット

普通のカッターナイフでアクリル板を切ろうとして断面がガタガタになったことありませんか?(はい、ワタシです。

そんな時はpカッター(別名アクリルカッタープラスチックカッター)を使ったらアクリル板や塩ビ板が簡単に切れて、切り口も綺麗なのでおすすめです。

実際にカットしているところを動画で撮ってYouTubeにも投稿してみたので、参考にしてみてください。

使い方さえわかれば、意外と簡単にアクリル板が綺麗にカットできます。

スポンサーリンク

pカッターの使い方

pカッターはアクリル板や硬質塩ビ板などの各種プラスチック板をカットするための専用カッターです。

↓pカッターの先端は下の写真のようなカギ型になっていてプラスチックやアクリル板に溝を掘るようにできています。

pカッターの見た目。鉤爪上の先端を使う。

軽く切れ込みを入れる

アクリル板などのプラスチック板は表面がツルツルしているので最初から力を入れてカットしようとするとずれてしまうことがあります。

始めはできるだけ弱い力で切れ込みを入れるだけにして、道筋を作ります。

スチール定規などをガイドにして、pカッターで切れ込みを入れていきます。

厚みの半分くらいまで削る

溝がある程度掘れてアクリルカッターがズレなくなったら力を強めて一気に溝を深くしていきましょう。

チリチリのプラスチッククズが出てきてどんどん溝が深くなっていきます。

塩ビ板をpカッターで削って、削りカスが出ているところ。

パチンと折る

ある程度(厚みの3分の1から半分くらい)溝が掘れたら折りたたむだけでパチンと音を立てて綺麗にカットすることができます。

切れ込みを入れた塩ビ板を折っているところ。

塩ビ板を折ったあと、引っ張って切り離す。

↓削ったプラスチックはこんな感じでチリチリになってます。

塩ビ板の削りカス

↓こちらは上記の動画。

↓こちらは2mm厚のアクリル板をカットする様子。

アクリル板をカットするならpカッターを使うべし

アクリル板などのプラスチック板を切る時はpカッターを使うほうが身のためです。

普通のカッターナイフは綺麗にまっすぐ切れないし、切断後の端がすごく鋭利になって怪我する危険性があるのでおすすめしません。

pカッター

「アクリルカッター」「プラスチックカッター」「pカッター」などいろいろな表記方法がありますができることは同じです。

pカッターを検索

カッターマット

アクリル板などをカットする機会があるなら大きめのカッターマットがおすすめです。

カッターマットを検索

滑り止め付きカッター定規

カッター定規は滑り止め付きの「アル助」が断然おすすめ。裏面のほぼ全面がスポンジっぽいゴムなので非常に安定して使いやすいです。

↓30cm・45cm・60cm・100cmと色々な長さが揃っています。
アル助で検索

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。