壁掛けホワイトボード自作!DIYでマグネットやトレイも自由自在

ホワイトボード自作

現在部屋の壁一面にホワイトボード(のようなもの)が貼り付けられていて、

  • DIYの図面をざっくり書いたり、
  • フローチャート書いたり、
  • マインドマップ書いたり、
  • 友達と議論したり、

もうねほんと

大きいホワイトボード最高!

なんですよ。

A3用紙にマインドマップ書いてる人は騙されたと思って大きいホワイトボード使ってみてください。世界が変わるかもしれませんよ。

実は貼り付けているのは本物のホワイトボードじゃなく、プラスチックの一種である硬質塩ビ板というもので、ホワイトボードのように使うことができます。

既成品のホワイトボードと比べたらものすごく値段が安いのでコスパを求める人におすすめです。

広告

ホワイトボードとしての塩ビ板の特徴

ホワイトボードの代用品として硬質塩ビ板というものを使っています。

↓こういうラベルでホームセンターのプラスチック板コーナーに売ってるやつ。正式名称は硬質塩化ビニール版と記載されてます。

硬質塩ビ板

安い!軽い!薄い!というのが売りで、その代わり表面のコーティングは本物のホワイトボードに劣るという感じです。それでも十分に実用的な書きやすさ・消えやすさ。

値段が安い

普通のホワイトボードで大きなサイズ(1800x900mm)だと、1万円以上と値段が高いので、気軽に買うことはできません。

一方、硬質塩ビ板だとホームセンター(コーナン)で値段を聞いた限りだと、最も薄い0.5mm厚・1800x900mmの大きいサイズでも、

硬質塩ビ板ホームセンター価格
  • 1枚だけで取り寄せても3700円
  • 5枚ロットだと1枚あたり1800円

というとんでもなく安い値段で買うことができます。

軽くて薄い

硬質塩ビ板で一番薄いものは厚み0.5mmとすごく薄くて軽いので、スプレーのりや両面テープで壁に貼れます。

硬質塩ビ板はアクリルカッターを使えば綺麗にカットできるので、貼りたい場所にピッタリの寸法にすることもできます。

塩ビ板の加工

※アクリルカッターの使い方について書いた記事もあるので加工する場合は参考にどうぞ。

参考:pカッターの使い方|アクリル板や塩ビ板を綺麗にカット

狭い部屋に大きくて重たいホワイトボードなんてなかなか置けないので、軽くて薄い硬質塩ビ板は重宝すると思いますよ。

消し跡は薄く残る

硬質塩ビ板はさすがに本物のホワイトボードみたいに表面がしっかりコーティングされているわけではないので、薄っすらと消し跡が残ります。次の文字を書く時に邪魔になるほどじゃありませんが、何回も書いていると薄汚れた感じになるので、定期的に拭き取りたくなると思います。

と言っても水拭き・エタノール・ボードクリーナー・メラミンスポンジなどで綺麗にできるので、使い物にならなくはなりません。

ちなみに硬質塩ビ板は「耐薬品性は良いほうだが一部有機溶剤に侵される」とのことなので、ジッポオイルなどの有機溶剤で拭かないほうが良さそう。

こんな感じで硬質塩ビ板は安い・軽い・加工しやすいという、まさに庶民の味方みたいな特徴を持っていて、ホワイトボードの代用品として十分な使い勝手となっています。

塩ビ板の購入方法

硬質塩ビ板はホームセンターのプラスチック板・金属板コーナーにあります。

ホームセンターのプラスチック板コーナー

ちなみにコーナンやナンバを見ましたが、店頭売りで一番大きなサイズは910 x 600mmで、今回紹介する900 x 1800mmのものは置いてありませんでした。

コーナンの店頭で910 x 600mmと買うのと、コーナンで900 x 1800mmを取り寄せる場合のコスト比較は以下の通り。

0.5mm厚硬質塩ビ板比較
  • 910 x 600mm・店頭 → 1,382円(910 x 1800mm換算4,146円
  • 910 x 1800mm・1枚取り寄せ → 3,700円
  • 910 x 1800mm・5枚取り寄せ → 9,000円(1枚あたり1,800円

5枚ロットで注文するととんでもない安さになりますがそんな人はなかなかいないと思うので考えないとして、1枚だけ取り寄せて割高になっても、910x600mmを3枚買うよりは安くつきます。

とは言え910x600mmでも十分な大きさなのでそれでも良いかもしれませんけどね。

発泡塩ビ板と間違えないように

塩ビ板には「硬質塩ビ板」「発泡塩ビ板」の2種類があるので気をつけてください。ホワイトボードとして使えるのは硬質塩ビ板です。

↓こちらが硬質塩ビ板。ラベルには硬質塩化ビニール板と書かれてますね。

硬質塩ビ板

↓そしてこちらが発泡塩ビ板。低発泡塩ビ板と書かれています。発泡塩ビ板はホワイトボードとして使えません。

発泡塩ビ板

0.5mm厚の塩ビ板がおすすめ

塩ビ板を壁に貼り付けるなら厚さ0.5mmが軽いし値段も安いのでおすすめ。

ただし「塩ビ板 白 0.5mm 1820 910」でググった限りではネットで売ってるショップが見当たりませんでした。どこも厚さ1mmから。

なので0.5mmの塩ビ板を買うならホームセンターで取り寄せたほうが手に入れやすいんじゃないかと思います。

ちなみに0.5mm厚の塩ビ板なら丸めて筒状にできるので、ホームセンターで1820 x 910mmサイズを取り寄せても簡単に持ち帰れます。風で飛ばされないように気をつけるくらいですね。

他のプラスチック板はホワイトボードの代用品になるか

ホワイトボードとして使うなら硬質塩ビ板をおすすめしますが、念のため製造元のアクリサンデーに直接電話でホワイトボードの代用品として使えるプラスチック板が他にあるか、確認してみました。

また、実際に硬質塩ビ板以外のプラスチック板を何種類か買って確かめましたが、やっぱり硬質塩ビ板が最もホワイトボードの代用品として向いているようです。

製造元のアクリサンデーに電話

最初は何も知らずに安いからという理由で硬質塩ビ板をホワイトボードとして使いましたが、他にもプラスチック板はいろいろあるので、よりホワイトボードの代用品として最適なものがあるかどうか、アクリサンデー株式会社に直接電話して聞いてみました。

結果、ホワイトボードとして使う場合は硬質塩ビ板が良いとのことです。

なんとなくアクリル板も良さそうかなと思っていましたが、アクリル板は水性のマーカーが推奨されておらずものによっては弾いたりするとのこと。

また、プラスチック関連商品の特性データを見てみると、耐薬品性に関してはアクリル板より硬質塩ビ板のほうが強いみたいです。

↓以下、実際に自分で何種類かプラスチック板を試した結果も書いておきます。

アクリル板

プラスチック板の中では一番良く聞く名前かもしれませんね。ホワイトボード代用としてはどうなんでしょうか。

アクリル板
  • 擦り傷に強い
  • 消し残りは一番少ない(長期間使用した場合の劣化はわからない)
  • 厚み0.5mmが無い
  • 値段が高い
  • 引っ掛かりがあってちょっと書きにくい。細字(PILOT)のマーカーで書くと「キュッキュッ」と不快な音が鳴る

という感じでアクリル板はホワイトボードとして使えないことはないけど、値段は高いし塩ビ板のほうが向いているのでわざわざ使う理由はありませんでした。

PET樹脂板

ポリエチレンテレフタレート(PET)素材の樹脂板。

PET樹脂板
  • 表面の質感はいわゆるペットボトルみたいな感じ
  • こすり傷が非常に目立つ
  • ホワイトボードマーカーの消し跡が残る

ダメです。PET樹脂板はホワイトボードに向いてませんでした。

ポリカシート

ポリカーボネート(PC)。

こすり傷や消し跡などPET樹脂板とよく似ていて向いてないので割愛。

ポリプロピレン(PP)

ポリプロピレンどうなの?とコメントいただいたので調べてみました。

まず、すでに既製品として売られている商品として、セーラー万年筆のどこでもシートはポリプロピレン製でした。他にも極薄(0.05mm厚)のシートはホワイトボード製品としていろいろあるみたいです。

板状のものが売られているかホームセンターのプラスチック板コーナーを見ましたが、ポリプロピレン製のものはありませんでした。

ダイソーを見たところ、300x430mm・1.4mm厚(片面光沢・片面つや消しのPPシートがあったので試したところ、書き心地・消字性ともに硬質塩ビ板と同じくらい十分な使い心地でした、が、恐らくポリプロピレンの致命的な欠点として、1日くらい放置すると非常に文字が消えにくくなります。

どこでもシートのレビューにも1日経つと「消えない、跡が残る」という書き込みがあったので、恐らくポリプロピレンそのものが時間が経つと消えにくくなる特徴を持っているんじゃないかと思いました。

ポリプロピレン製のホワイトボードを使う場合は、使い終わったらすぐに綺麗に消すようにしたほうが良さそうです。書いてすぐなら簡単に綺麗に消せます。(一応、放置して消せなくなっても水拭きやエタノールで消すことはできます)

消字性の点で比べると、何日経ってもそれなりに消せる硬質塩ビ板のほうが優秀ですね。

壁面の大きなホワイトボードは、書いた内容をしばらく残したい時もあるだろうから、1日で消しにくくなるのは大きなデメリットです。

また、ポリプロピレン板は入手性の悪さや製品選びのややこしさの点で、イマイチおすすめできません。

まずホームセンターのプラスチック版コーナーにPP板がありません。そしてダイソーには300x430mmのサイズで片面がツルツルのPPシートがありましたが、もう少し大きいサイズは両面とも表面がザラザラしています。このザラザラ面は1日経つと全然消えなくなります。

さらにネットで検索した場合、表面処理がツルツルかザラザラか分かりにくいため、選ぶのが大変です。

また、サイズが大きいものでも長辺1000mmくらいまでしかないので、大きいサイズが欲しい人にとっては限界があります。

色は乳白色(半透明)が主流で、ホワイトは少ないので入手性が悪くなります。

ーーー

と言ったように、板状のポリプロピレンには消字性や製品選びの難しさという難点があるため、この記事で紹介しているように壁に固定するホワイトボードには向いていません。

逆に、外出先で複数人数で使うのに向いているフィルム状のものが多いので、用途が合えばポリプロピレンも良いですね。

↓この記事のような使い方は、「セーラー万年筆どこでもシート」のメリットを上手に活かせてると思います。

参考:ベンチャー合宿のホワイトボード代わりに!「セーラー万年筆 どこでもシート」がめちゃくちゃ便利。 | 隠居系男子

脚付きホワイトボードと塩ビ板の比較

いわゆる会議室にあるような普通のホワイトボードと塩ビ板を比べてみました。


ホワイトボード 脚付き 両面無地 W1800*H900mmスチール盤面 アルミ脚

↓以下、脚付きホワイトボードについて。

脚付きホワイトボード
  • [×]重量が20kgほどで骨組みも大きいので持ち運びが大変
  • [×]キャスター部分の出っ張りが邪魔で足を引っ掛けてしまう
  • [×]奥行50~60cmほどのスペースが必要
  • [×]サイズの調整ができないので設置場所の融通が効かない
  • [×]値段が高い(16000円ほど)
  • [○]マグネットが使える
  • [○]トレイがある

こんな感じでしょうか。最後の「マグネットやトレイが使える」に関しては塩ビ板でも後付けで自作すればできないことはありません。

壁掛けホワイトボードと塩ビ板の比較

今度は壁掛けホワイトボードの既成品と比べてみると、

アイリスオーヤマ 無地壁掛けホワイトボード AWB-918
アイリスオーヤマ 無地壁掛けホワイトボード 900×1800mm AWB-918

しっかりした壁掛けホワイトボードなら、用途・予算・サイズが目的に合えばわざわざ塩ビ板を加工して取り付けて、という手間を省くことができるので良いかもしれませんね。

↓以下、壁掛けホワイトボードについて。

壁掛けホワイトボード
  • [×]重量が10kgほどでそこそこ重たい
  • [×]重量があるので壁への設置をしっかりする必要がある
  • [×]サイズの調整ができないので設置場所の融通が効かない
  • [×]値段が高い(12000円ほど)
  • [○]マグネットが使える
  • [○]トレイがある

という感じで脚付きホワイトボードと比べたらコンパクトになるぶん、硬質塩ビ板に近づきました。

ただしそうは言っても見た目はまだまだゴツいので、個人の部屋に設置すると大げさに見えてしまう可能性はあります。その点は塩ビ板ならほとんど壁と一致するのでスッキリ見えますね。

B級品

値段が高いのだけがネックで買えない場合は、B級品だと壁掛けタイプでも安く販売されていることがあるので、多少のキズや凹みが気にならなければかなりお買い得です。レビューをよく読んで選んでみてください。

塩ビ板を壁に貼り付ける方法いろいろ

さて、0.5mm厚の硬質塩ビ板は薄くて軽いので、サイズが大きくても簡単に壁に貼り付けできます。

スプレーのり定番の77番。

3M(スリーエム)

壁紙のようによっぽど凹凸でもない限り、普通の壁面ならこの77番スプレーのりでしっかりと貼り付けできます。

他にも例えばディアウォールに有孔ボードなどの広い板を打ち付けて塩ビ板を貼り付けるなど、いろいろ方法は考えられます。

関連:ディアウォールの使い方いろいろ

ホワイトボードマーカーの収納を工夫

普通のホワイトボードと違ってマーカーを置くためのトレイは無いし、マグネットも使えないので自分で工夫して自作します。

ホワイトボードマーカーは基本的に横向きでの保管が推奨されているので気をつけてください。縦向きで長期保管すると中身が固まります。

関連:ホワイトボードマーカーの保存方法は横向きで!

img_551e8ac30f544

マグネットを使えるようにするには、ホームセンターの金属板コーナーにあるホワイトに塗装されたトタン板を使います。

↑これと全く同じものがコーナンにありました。

このトタン板を塩ビ板に貼るとマグネットが使えるし、トタンの表面は光沢があるのでそのままホワイトボードとしても使えます。

キャップに磁石が付いている「ボードマスターS」のようなマーカーならトタン板にそのままくっつけられるし、

マグネットが無いホワイトボードマーカーの場合はマグネットトレイを付ければ水平の状態で置くことができます。

まずは小さい塩ビ板で試す

さんざん硬質塩ビ板の良さについて書きましたが、いきなり大きな塩ビ板をババーンと壁に貼るのは抵抗があると思います。

なので、失敗してもいいように、ホームセンターですぐ買える300x300mmや300x600mmサイズの塩ビ板を試しに使ってみるのが良いですね。

300✕300mmであればA4用紙よりも少し大きく、300✕600mmであればA3用紙よりも少し大きいくらいのサイズです。自分の使い方に合わない場合は取り外しや廃棄も簡単なので気軽に試せるはず。

ホワイトボード関連のアイテム

硬質塩ビ板をいちいち加工するのがめんどくさいという人のために、既成品として売られているいろいろなホワイトボード製品を紹介します。

いろんな特徴を持った商品があるので、見てみるだけでも新しい発見があると思います。

どこでもシート

60cm x 80cm(ほぼA1サイズ)の大きなシートが25枚も入って1枚あたりたった100円ほどの激安なんちゃってホワイトボードです。薄いので静電気でどこでも貼り付きます。

ただし素材はポリプロピレンというもので、すぐに消す場合は綺麗に消えますが、1日くらい経つとかなり消えにくくなるので、使い終わったらすぐに消すように気をつけます。(水拭きなら1日たっても消せます)

ピタボ

値段は高いけど平滑面ならどこでも吸着してマグネットも使える高機能なホワイトボードシートです。

壁は傷めたくない、マグネットも使いたい、接着剤は使いたくない、手軽に付け外ししたいというわがままな要望をすべて叶えてくれます。値段が高いだけあって消字性や書き心地も非常に高性能です。

※追記:自分用に買ってピタボのレビュー書きました。これは使い心地最高です。すごく満足度高いです。

関連:吸着式ホワイトボードシート「ピタボ」レビュー|壁やガラスを傷めずそのまま貼れてマグネットも使えます

マグボ

こちらはマグネットでスチール面に貼り付けるホワイトボードシートです。貼ったり剥がしたりが多いとか移動することが多いならピタボよりお手軽。スチール机に貼り付けてブレストするのも人気の使い方みたいです。

バタフライボード

A4サイズのホワイトボード4枚。薄いマグネットで連結してノートのように使ったり連結して大きなホワイトボードとして使ったり壁に貼り付けて壁面ホワイトボードとして使ったりと柔軟性が高い製品です。

ヌーボード (NUboard)

ホワイトボードのリングノート。透明フィルムを重ねてレイヤーとして書き込みできます。

ヌーボードの中身

ヌーボードのホワイトボード部分のバラ売りです。A4サイズのホワイトボードとして使えます。ただし芯は紙製なのでマグネットではありません。

1枚あたり216円なのでヌーボードよりもコスパが良くなってます。

ホワイトボードA2サイズ

ホワイトボードランキング1位。手頃なA2サイズ、マグネットが使えます。

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告
広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

『壁掛けホワイトボード自作!DIYでマグネットやトレイも自由自在』へのコメント

  1. 名前:すぎた 投稿日:2015/12/13(日) 16:18:18 ID:3f1d9b569 返信

    はじめまして、記事を大変興味深く読ませていただきました。
    実は今、娘の部屋にホワイトボードを自作で作ろうと思っていて、情報を探していました。そこで、こちらの記事をじっくりと読ませていただいているところですが、一つ質問があります。マグネット仕様にしたいと思っているのですが、こちらの記事では

    ****
    そこで、ホームセンターの金属板コーナーにあるホワイトに塗装されたトタン板を使います。

    このトタン板を塩ビ板に貼ると、磁石が使えるし、途端の表面は光沢があるので、そのままホワイトボードとしても使えます。
    ****

    と書かれていますが、トタン自体に書き込めるのだとしたら、塩ビ板を貼り付ける必要がないように思うのですが、何か僕が勘違いしているでしょうか?塩ビ板はトタンのさらに上に貼るということですか?それだとわざわざホワイトのトタンにする必要もないように思うので。。。

    すみません、もしもよろしければ教えてください。

    失礼しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/12/13(日) 17:32:55 ID:936ca7d7e 返信

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      まずは質問の一部に返信します。

      >塩ビ板はトタンのさらに上に貼るということですか?
      →逆です。塩ビ板の上にトタンを貼っています。写真では境界線が分かりにくくなってました。

      ↓ここから全体の返信です。
      ーーーーーーーー
      トタンを全面に使わないのは、単純に塩ビ板のほうが値段が安く、僕の場合は全面にマグネットが必要ないのでそうしています。

      カラートタン板のコストを見てみると、

      「カラートタン ホワイト」の検索結果

      「久宝金属製作所」と「光」どちらのメーカーも45x90cmサイズが1700円前後になるようです。
      900×1800サイズに換算したら約7000円ということになります。

      塩ビ板だと900×1800サイズ1枚で割高に取り寄せても3700円程度、5枚ロットだと1枚あたり1800円程度なので、送料でかなり割増になっていてもトタンよりかなり安いです。

      もっと大きいサイズでコストを抑えようとしたらロール切り売りもあるみたいですが、反りを直せるかどうかが不明です。

      硬質塩ビ板を使う理由は、
      ・できるだけ安く・大きく
      ・継ぎ目なし
      ・硬くて書き心地が良い
      ・マグネットは全面に必要ない
      という条件に合う方法なので、優先順位が変われば最適なホワイトボードも変わってきそうです。

      マグネット全面が優先なら、硬質塩ビ板は候補から外れて、予算をもう少し上げることになりそうですね。

      ●カラートタン板ホワイト全面
      単純に塩ビ板より倍以上の値段になりそうです。ロール切り売りだと結構安いかもしれませんが反りを直せるかどうかわかりません。
      それと比重はもちろん塩ビ板より重いので、壁面に貼り付ける場合は接着をしっかりしないといけないかもしれません。そうなると壁紙の素材や接着剤に気をつける必要があります。スプレーのり55番だと無理だと思います。77番でも凹凸のある壁紙だと、うーん。

      ●コクヨの「ピタボ」
      コクヨ ホワイトボード ピタボ 吸着シートタイプ 無地 FB-P34W

      予算がかなり高くなりますが、凹凸が無い壁面どこでも貼れてマグネット全面という、機能的には完璧なものもあります。まぁ高すぎなので自作との趣旨は合いませんが(笑)
      他にも金属面にしか貼れませんがマグボというのもあります。

      ●セーラー万年筆 どこでもシート
      マグネットが使いたい場合は金属面に貼り付ける必要があって、書き心地はちょっと犠牲になりますが、壁面が金属であればコストを切り詰める方法としては良いですね。ただ、自室の壁面がもともと金属ということは無いと思いますが・・・。

      まとめると、総じて機能が高くなればなるほど値段が高くなりますね。
      ・素材が金属(または芯材が鉄粉シート)でマグネットが使える
      ・金属面にくっつく
      ・平滑面にくっつく

      そこで、「絶対にマグネットが使えないといけない」というほどでもなく、壁面をホワイトボードとして使いたいなぁ、くらいな感じであれば、マグネットを妥協するのもありだと思います。

      娘さんが学生で部屋の模様替えも今後するようであれば、マグネット全面という条件を捨てて、セーラーのどこでもシートでお手軽に試してみるのもひとつの方法だと思いますよ。
      もし「壁面をホワイトボードとして使う」という習慣が定着しなかった場合に、トタン板だと剥がすのも廃棄するのも大変ですし。

      以上です。もし妥協できる点や他にも質問点などありましたらお気軽にコメントどうぞ。

  2. 名前:すぎた 投稿日:2015/12/16(水) 10:05:38 ID:18cac5507 返信

    大変丁寧なお答え、本当にありがとうございます。恐縮です。。。
    理解できました。そういうことだったんですね。
    実は、ホワイトボードは壁に取り付けたいと思っていますが、直接ではなく、壁に近い位置で柱を2本つっかえ状態で立てて、その間にコンパネに貼り付けたホワイトボードを挟む加工をしようと考えています。なので、ホワイトボード自体の重量はあまり問題ではないのですが、トタンはやはり少し値段が高いようですね。。。ちょっとホームセンターに行って考えてみます。大変参考になりました。
    これからも、素敵な情報をたくさん発信してください。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/12/16(水) 14:37:46 ID:37c0ce437 返信

      なるほど。
      つっかえ棒をするならディアウォールというアイテムが定番としてあります。見た目が問題なければどうぞ。ツーバイフォー材をはめるだけの工具いらずです。他にどんなものがあるのかあまり詳しくはないのでもっと良い物があるかもしれませんが。

  3. 名前:すぎた 投稿日:2015/12/29(火) 13:06:44 ID:866903dd5 返信

    先日は色々とアドバイスを下さり、本当にありがとうございました。
    最終的には、カインズというホームセンターのオリジナル商品でいいサイズ、値段のものを見つけられたので、それを応用する形でうまくまとまりました。ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/12/30(水) 11:35:11 ID:5e2aa3dbd 返信

      そうですか。それは良かったです(^-^)

      カインズの存在は知っているんですが僕は行ける範囲に無く、見てみたいですね。

      もし差支えなければサイズと価格を教えていただけますか?たぶんこの記事を見ている人にも役に立つかもしれないので。

      ※追記:失礼しました。今ブログに気づきました(汗)
      60x90cmで1280円なら通販で同じものを買うよりも安いみたいですね。たぶん店頭の実売価格はそれよりちょっと安いだろうし。

      ブログ拝見しましたがDIY感あふれる内容で興味深かったです。

  4. 名前:ももんが 投稿日:2017/09/26(火) 21:47:34 ID:5715b63b2 返信

    とても参考になりました。
    ホワイトボードに良いプラスチックですが、PP(ポリプロピレン)はどう思われますか?
    クリアファイルやプラダンに使われている素材で、見た感じ使えそうなんです。
    プラダンだと大きくて安いし、使い勝手が良さそうなのですが、ブログで紹介されていなかったので、あまり良い素材ではないのですか?

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/09/28(木) 13:29:03 ID:4b3766ca0 返信

      コメントありがとうございます。

      ポリプロピレンについてですが、単にホームセンターのプラスチック板コーナーに置いてなかったのでこの記事には書いていませんでした。

      ちょっと調べてみたところ、すでに製品としてポリプロピレン製のシートがあるようです。

      製品情報■製品情報■と~るシート:超薄型!シート状のホワイトボードのご紹介です。静電気で貼りつく不思議なシートです。

      簡易ホワイトボードシート「コーワライティングシート」で会議が、連絡が、イベントが捗る! : NewsACT

      ホワイトボードに代わるライティングシート:研修会社インソース~講師派遣研修/公開講座の研修

      上記ページは「ホワイトボード代用 ポリプロピレン」で検索した結果なんですが、形状としては極薄(0.05mm)のシートで、静電気で張り付くような使い方が主流のように見えます。

      コメント頂いてから改めて知ったんですが、このページで紹介していたセーラー万年筆どこでもシートも同じような形状で材質がポリプロピレンでした。

      ーーー

      また、上記の極薄シート状の製品は自分は持っていませんが、何やらダイソーにもPPシートがあるらしく、300x430mm・1.4mm厚(片面光沢・片面つや消し(ザラザラ))のものを買って試し書きしたところ、光沢側は硬質塩ビ板と同じと言っていいくらい書きやすく、消し跡も同じようなものでした。

      ただし自分が買ったものは完全なホワイトではなく、なんと言ったらいいか、薄いベージュのような色をしています。機会があれば100均を物色してみたらどうでしょうか。ちなみに表面処理は光沢とつや消し(ザラザラ)のものがあり、つや消し面は多少消字性が落ちますが、丁寧に擦れば綺麗に消せました。つや消し面は、使い続けて消し跡が目立って来た時に掃除が面倒になるかもしれませんね。

      ーーー

      さて、ポリプロピレンの材質は確かにホワイトボードとして優秀だと思ったんですが、製品選びで苦労しそうです。

      ●サイズ
      ポリプロピレン板の販売特集 【通販モノタロウ】
      →色々なものを見る限り、大きくても長辺1m弱のようです。それ以下のサイズでいいなら問題になりませんけどね。

      ●色
      ネットで検索してもホワイトは少なく、ほとんどが乳白色のようです。実店舗でも、硬質塩ビ板と比べたら探しにくくなると思います。

      ●表面の材質
      すりガラスのようにザラザラとしたものも多く、ネットで検索する限りだとわからないことも多そうです。消せないことはないですが、ホワイトボードの代用として使う場合は光沢のほうが使いやすいでしょう。

      ーーー

      これらの点を考えると、手に入るようであればポリプロピレンでも全然問題ないんですが、ゼロから探すなら硬質塩ビ板のほうが同じような書きやすさで、入手性も良いのでおすすめです。という結論になりました。

      P.S
      すいません。ダイソーでついでにプラダンも試せば良かったけど忘れてました。予想では、表面が完全なツルツルではないので、消字性が劣るかな?とは思ったりしますが。簡易的な用途でコストを下げたいなら良いかもしれませんね。

      • 名前:パソ活 投稿日:2017/09/30(土) 22:58:19 ID:b23f7b02e 返信

        その後、ポリプロピレンの消字性をチェックするために、1日半ほど放置してみたところ、かなり消しにくくなってしまいました。

        よく見るとセーラー万年筆のどこでもシートも低評価のレビューに、消しにくい!というものがあったので、ポリプロピレンの特徴なのかもしれません。ちょっと実用に耐えない消しにくさでした。

        そのため、板状のものを選ぶなら硬質塩ビ板のほうがほとんどの点で優れていると思います。

        ポリプロピレンは極薄フィルム状の製品が充実しているので、それこそ「どこでもシート」の名前が表している通り、出先でどこでも広くホワイトボードとして使いたい場合に向いてそうです。

        ※記事中の「ポリプロピレン(PP)」の部分も加筆修正しました。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。