おすすめのホワイトボードマーカー比較|ボードマスターがダントツで使いやすい

適当に買ったホワイトボードマーカーがなんかイマイチで、使い心地が良いマーカーを探しているうちに、こんなことに・・・。

ホワイトボードマーカーに求められるものって「濃さ」「消しやすさ」「経済性」あたりだと思うので実際に使って試して検証してみました。

その甲斐あってボードマスターというおすすめのホワイトボードマーカーが決定したので紹介します。

広告

ホワイトボードマーカーの比較

早速ですけどホワイトボードに「ABCDE」と書いたもので比較してみました。

右側には実測した線の太さも書いています。太さを測った部分は「D」の縦線です。目分量なので誤差があるとは思いますが実測同士の比較も参考になれば幸いです。

①[パイロット]ホワイトボードマーカーイレーザー付き極細

線の太さ0.7mm(実測)。0.5~0.7mm(公式サイト)。定価150円+消費税。

B0018HEQ0E
ボードマーカーイレーザー付極細・小型黒 WBME15EFB

今回比較したホワイトボードマーカーの中で一番細くノートタイプのホワイトボードと相性が良いマーカーです。

ちょっと短すぎるので握り心地は劣りますがとにかく細いマーカーが欲しいならおすすめ。

②[パイロット]ボードマスターS極細

ボードマスターS極細の線の太さは1.0mm(実測)。0.8mm(公式サイト)。定価150円+消費税。

B00ODSSXBS
パイロット・ボードマスターS 極細(ブラック)WMBSE-15EF-B

先ほどの極細よりも少しだけ太いですがホワイトボードマーカーの中では十分に極細です。

一般的な筆記具と太さや長さが似ているので書き心地が非常に良いです。よっぽど小さい面積に書かない限りは先ほどの極細よりもこちらのほうがおすすめです。

またキャップの付け外しがしやすく詰替えも可能でエコです。

ホワイトボードマーカーの中ではパイロットのボードマスターシリーズが最もおすすめできますね。

③[パイロット]ボードマスターS細字

線の太さ1.2mm(実測)。1.3mm(公式サイト)。定価150円+消費税。

B00ODTUCU2
パイロット・ボードマスターS 細字(ブラック)WMBSE-15F-B

これは先程のボードマスターS極細とボディの形状は全く同じで芯の太さだけが違います。

会議室で使うような大きいホワイトボードで人に見てもらうシチュエーションだと線が細いですが自分用にA3サイズ程度のホワイトボードに書き込むなら最適なサイズです。

交換カートリッジはボードマスターS極細と同じものを使います。

④[パイロット]ボードマスター中細字

線の太さ1.6mm(実測)。1.7mm(公式サイト)。定価120円+消費税。

B0060RY0JO
ホワイトボードマーカー ボードマスター 中細字 丸芯 WMBM12FML ブラック

これは「ボードマスターS」じゃなくて「ボードマスター」です。

実際に書いた時の線の太さは先程のボードマスターS細字と似たように感じるのでボディの持ちやすいほうを選べば良さそうです。

プレゼンで人に見てもらう場合は中細字だとちょっと頼りないので中字以上にしたほうが良いでしょう。

ちなみにボードマスターシリーズはインクカートリッジだけじゃなくペン先も交換できるようになっています。

⑤[パイロット]ボードマスター中字

線の太さ2.0mm(実測)。2.3mm(公式サイト)。定価120円+消費税。

B001AX5X2G
パイロット ボードマスター 中字丸芯 ブラック WMBM-12L-B / 10セット

ボードマスター中字以上の太さはプレゼンなど人に見てもらう用途に向いてます。会議室などで脚付きの大きいホワイトボードで使うなら中字が見やすいでしょうね。

↓ちょうど中字で書いてある動画がありました。

書ける太さの割にはペン先が硬くてコツコツ書けるので書き心地が良いのもボードマスターの良いところです。マジックの「マッキー」のような硬さ。

また、ボードマスターはインクが濃くてキリッとしていて消し跡があまり残りません。

中字の交換カートリッジとペン先の替芯はこちら。

⑥[パイロット]ボードマスター太字

線の太さ2.4mm(実測)。3.2mm(公式サイト)。定価180円+消費税。

B001AXBCLW
パイロット ボードマスター 太字丸芯 ブラック WMBM-18BM-B / 10セット

ここまで太くなると「太っ!」と感じます。よっぽど強調したい場合や遠くの人に見てもらう場合にどうぞ。

インクの消費は激しくなるのでランニングコストは悪くなりそうですね。まぁ使用頻度が少ないと思うのでそんなに気にならないかもしれませんが。

カートリッジとペン先の替芯はこちら。

パイロットコーポレーション

⑦[シャチハタ]アートライン潤芯

線の太さ1.8mm(実測)。2mm(公式サイト)。定価150円+消費税。

B001DZINDM
シヤチハタ アートライン潤芯ホワイトボードマーカー K-527/4W 丸芯 4色セット

Amazonのホワイトボード用筆記具ジャンルで1位のマーカーです。4本セットでひと通りの色が揃って送料無料だから買いやすいんでしょうか。

太さはボードマスター中細字と中字の中間くらいでペン先が柔らか過ぎるのが気になりました。書き味がフニャフニャしてます。

また、インクの出が多くて筆記中にダマができやいです。「キャップを締め忘れてもペン先が3日間乾きません!」というのがウリなので仕方がないかなとは思いますが。

あとキャップがあまりにも固い。4色全部固かったので個体差ではないと思います。乾きにくいならもっとキャップを緩くして欲しいなぁと思いました。

人気があるほどにはおすすめだとは感じませんでした。ボードマスターのほうが全然良いです。

⑧[ぺんてる]ノック式ハンディ中字

線の太さ2.1mm(実測)。サイトに太さの表記無し。定価170円+消費税。

B007QAIDN8
ぺんてる ノック式 ハンディホワイトボードマーカー 丸芯・中字 黒 [1本] MWXN5M-A

ホワイトボードマーカーとしては珍しくノック式だから片手で使えるのが最大の特徴です。

ただし肝心の書き心地はイマイチで筆記中に芯のぐらつきを感じたり中身のバネの音が鳴ったりとノック式の限界なのかもう一歩という感じ。

書き味はどうでも良くてとにかく「片手で出し入れしたい。キャップが邪魔」という人ならおすすめです。

⑨[パイロット]ホワイトボードマーカーイレーザー付き中字

線の太さ2.0mm(実測)。サイトに太さの表記無し。定価150円+消費税。

B002CU3UJE
パイロット ホワイトボードマーカー イレーザー付 補充タイプ 中字 ブラック

ごくごく普通の中字ホワイトボードマーカーです。インクはやや薄めで消し跡が残りやすいのでボードマスターのほうが使いやすいです。

イレーザー付きの中字がどうしても欲しいならありかも。

⑩[コクヨ]インクガイイ スタンダードタイプ中字

おまけ。店頭でちょっと触ったけど購入しなかったホワイトボードマーカーです。

B0012R5VIQ
コクヨ ホワイトボード用マーカー インクガイイ スタンダードタイプ 中字 黒 PM-BN102D

蓋があまりにも固すぎてなっかなか開けることができませんでした。

ホワイトボードには思いついたことをすぐに書き始められるかが重要なので蓋が固いだけで購入候補から外してしまいました。

パイロットのボードマスターがおすすめ

これらのホワイトボードマーカーを試した限りでは断然パイロットのボードマスターがおすすめです。

  • ハッキリ見えるインク
  • 消え跡が残りにくい
  • ペン先が硬くて書きやすい
  • フタが固くなくて簡単に開けられる
  • ボディの握り心地が良い
  • カートリッジ交換が簡単
  • 太さの選択肢が豊富
  • カートリッジは2種類だけなので迷わない

などなどコスパが抜群。どのメーカーが良いのか迷っているなら間違いなくボードマスターがイチオシ。

ーーー

あと、ある程度まとめ買いするなら、2000円前後で送料無料になる楽天ショップがおすすめです。ショップ内検索で探してみてください。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。