ホワイトボードマーカーが出ない原因|縦置きNG、乾いたペンの復活方法

筆記用具ってペンスタンドのイメージがあるからか、立てて置くケースが多いようですが、ホワイトボードマーカーは縦向きで置いたらダメです。

というのも、ホワイトボードマーカーの中身は比重の違う成分が混ざっているため、立てて(縦向きで)保管すると成分が偏って、インクが目詰りしたり薄くなったりして書けなくなってしまうからです。

スーパーやホームセンターの文房具コーナーでは縦向きで吊るされた陳列をよく見かけますが、文房具屋のホワイトボードマーカーコーナーではちゃんと横向きに寝かせています。

また、キャップを放置してペン先が乾いた場合の復活方法についても後半に書きました。

スポンサーリンク

ホワイトボードマーカーは横向きに置く

別に自分で調べようとして知ったわけじゃなくて、たまたま文房具の雑学本を読んで気付きました。

↓もうめっちゃ雑学です。これでもかというほど文房具の仕組みを化学的に解説しています。

この本の中でホワイトボードについて以下のように書かれています。

ホワイトボード専用のマーカーペンで注意すべきは、未使用時には水平に置いておくこと。そうしないと、比重の違う顔料と溶剤が分離し、書いた文字が薄すぎたり、濃すぎたりするようになるからだ。

これは衝撃的でしたね。

↓自分はほとんどのマーカー縦置きで置いてたからw

これはひどいwww

実際に書けなくなったマーカーがありますが、思い当たる節がありまくりです。

ホワイトボードマーカーの成分

ホワイトボードマーカーの中には数種類の成分が混ざっていて、均一に混じっている状態だからきちんと書けるものらしいです。

ホワイトボードマーカーの成分
  • 着色料(顔料)(※比重が重い)
  • 樹脂(バインダー)
  • はく離剤
  • 溶剤(主にアルコール)

この中では着色料の比重が一番重く沈むとのこと。

ホワイトボードに書いた時に成分がバランス良く出てこないと本来の働きをしてくれなくなります。

縦置きで保管すると重たい(比重が重たい)着色料が沈みそれ以外の軽い成分が浮いてしまうのでマーカー内のバランスが偏ってしまいます。

なのでペンスタンドについつい放り込みたくなるかもしれませんけど、入れたらダメです。

上向きで保存すると着色料が出てこない

ペン先が上になる状態で保存すると比重の重たい着色料が下に沈み、ペン先のほうには溶剤・はく離剤・樹脂だけが残ります。

この状態で筆記すると書けることは書けるんですが着色料が出てこないのでインクの出が薄くなってしまうとのこと。

自分は上向きで保存したものが無かったので実際に確認することはできず。

下向きで保存すると着色料が目詰りする

ペン先が下にある状態で保存すると着色料がペン先のほうに集まってしまい目詰まりを起こす原因となってしまいます。

ホワイトボードマーカーを縦向きで保存

↑この写真のように自分は下向きで保存していて実際に書けなくなったマーカーがありました。

↓こんなふうにほとんどインクが出てきません。

ホワイトボードマーカーが目詰りして書けない

期間にして2~3ヶ月くらい縦向きで放置してたかな?正確な期間がわかりませんけどかなり放置してたと思います。

ホワイトボードマーカーの保存状況

そのような理由からホワイトボードマーカーはすべて横向きで置くようになりました。

ホワイトボードマーカーの保存は横向きで

ペントレイがある場合はそこに置くし、無い場合は磁石にマーカーのお尻を引っ掛けて横向きにしてます。

仕組みが分かった上で横向きに置くと気持ち的にも安心できます。黒以外は使用頻度が少ないので、なおさら横向きで保管しておいたほうが良さそうです。

ーーー

ここまでで、縦置き・横置きの違いの説明を終わります。

縦向きにして成分が偏ったら、次で紹介する無水エタノールを使った復活方法も使えないので、おとなしく新しいマーカーを買いましょう。

乾いて書けないホワイトボードマーカーの復活

縦置き・横置きの話とは別になりますが、乾いてしまったペン先の復活方法をついでに書いておきます。

最初のほうに書いた、ホワイトボードマーカーの主成分をもう一度。

ホワイトボードマーカーの成分
  • 着色料(顔料)
  • 樹脂(バインダー)
  • はく離剤
  • 溶剤(主にアルコール)

キャップを外したまま放置した場合、溶剤として使われているアルコールが蒸発して乾いてしまうことが原因で書けなくなります。

なので話は単純、アルコールを再び補充しましょう。

使うのは無水エタノール(99.5vol%)。

無水エタノールをマーカーのキャップに入れて、キャップを閉めます(エタノールが溢れない程度の量にして満たす)

だいたい10分も待てば十分みたいなので、適当に切り上げて書いてみてください。アルコール切れが原因であれば復活するはず。

※一応、マーカーの説明書きに「アルコール系インキ」と書かれていることを確認してから無水エタノールを使ってください。おそらくホワイトボードマーカーは溶剤としてアルコールが使われているのが普通だと思いますが、別のものが使われていた場合はそれに合わせた溶剤が必要かもしれません。
豆知識として、油性ペンであれば除光液やうすめ液などの有機溶剤。水性ペンであればぬるま湯など、ペンに使われている溶剤に合わせたもので溶かせば復活できることがあります。

まとめ

  • ホワイトボードマーカーは横置きで保管すること
  • ホワイトボードマーカーが乾いて書けなくなったら無水エタノールで復活

これだけ知っておけば、ホワイトボードマーカーが無駄にゴミになることも少なくなります。

ーーー

関連:壁掛けホワイトボードの自作

関連:コクヨの吸着ホワイトボード「ピタボ」

関連:おすすめのホワイトボードマーカー比較

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。