ホワイトボードマーカーの保存方法は横向きで!縦向きはインクが出ない原因に

筆記用具ってペン立てのイメージがあるからか立てて置くケースが多いようですがホワイトボードマーカーは保管方法に気をつけないといけません。

というのもホワイトボードマーカーの中身は比重の違う成分が混ざっているため立てて保管すると成分が偏ってインクが目詰りしてしまいます。

スーパーの文房具コーナーでは吊るされた陳列をよく見かけますけどあれ間違ってますから。文房具屋のホワイトボードマーカーコーナーを見るとちゃんと寝かせてます。

広告

ホワイトボードマーカーは水平に置くべし

別に自分で調べようとして知ったわけじゃなくてたまたま文房具の雑学本を読んで気付きました。

↓もうめっちゃ雑学です。これでもかというほど文房具の仕組みを化学ちっくに解説しています。

この本の中でホワイトボードについて以下のように書かれています。

ホワイトボード専用のマーカーペンで注意すべきは、未使用時には水平に置いておくこと。そうしないと、比重の違う顔料と溶剤が分離し、書いた文字が薄すぎたり、濃すぎたりするようになるからだ。

これは衝撃的でしたね。

↓自分はほとんどのマーカー縦置きで置いてたからw

これはひどいwww

書けなくなったマーカーがありますが思い当たる節がありまくりです。

ホワイトボードマーカーの成分

ホワイトボードマーカーの中には数種類の成分が混ざっていて均一に混じっている状態できちんと書けるものらしいです。

↓以下、4種類の成分。

  • 着色料(顔料)(※比重が重い)
  • 樹脂(バインダー)
  • はく離剤
  • 溶剤(主にアルコール)

この中では着色料の比重が一番重く沈むとのこと。

ホワイトボードに書いた時に成分がバランス良く出てこないと本来の働きをしてくれなくなります。

縦置きで保管すると重たい(比重が重たい)着色料が沈みそれ以外の軽い成分が浮いてしまうのでマーカー内のバランスが偏ってしまいます。

なのでペン立てについつい入れたくなるかもしれないけど入れたらダメです。

上向きで保存すると着色料が出てこない

ペン先が上になる状態で保存すると比重の重たい着色料が下に沈みペン先のほうには溶剤・はく離剤・樹脂だけが残ります。

この状態で筆記すると書けることは書けるんですが着色料が出てこないのでインクの出が薄くなってしまうとのこと。

自分は上向きで保存したものが無かったので実際に確認することはできず。

下向きで保存すると着色料が目詰りする

ペン先が下にある状態で保存すると着色料がペン先のほうに集まってしまい目詰まりを起こす原因となってしまいます。

ホワイトボードマーカーを縦向きで保存

↑この写真のように自分は下向きで保存していて実際に書けなくなったマーカーがありました。

↓こんなふうにほとんどインクが出てきません。ペン先はカラカラに乾いてました。

ホワイトボードマーカーが目詰りして書けない

期間にして2~3ヶ月くらい縦向きで放置してたかな?正確な期間がわかりませんけどかなり放置してたと思います。

ホワイトボードマーカーの保存状況

そのような理由からホワイトボードマーカーはすべて横向きで置くようになりました。

ホワイトボードマーカーの保存は横向きで

ペントレイがある場合はそこに置くし、無い場合は磁石にマーカーのお尻を引っ掛けて横向きにしてます。

仕組みが分かった上で横向きに置くと気持ち的にも安心できます。ブラック以外は使用頻度が少ないのでなおさら横向きで保管しておいたほうが良さそうです。

壁掛けホワイトボードの自作コクヨの吸着ホワイトボードについて記事も書いているので興味があればどうぞ。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。