ディアウォールの耐荷重は74kgでも余裕あり|壁掛けテレビなど使い方いろいろ

アパートやマンションなどの賃貸物件で壁に穴を空けられないけど壁面収納や壁掛けテレビにしたいという人におすすめのディアウォールというアイテム。

コーナンとかホームセンターに売っているツーバイフォー(2×4)という木材を使うので穴を開け放題だし、価格の割にすごい強度と耐荷重があって棚板もしっかりすればテレビも置けるようなDIYができます。

※同じようにツーバイフォーを使った突っ張り棒としてラブリコという商品も発売されました。この記事の最後のほうにちょろっと出てきます。

スポンサーリンク

ディアウォールの使い方

ディアウォールの使い方は説明する必要が無いほど簡単ですけど、

  1. ホームセンターでツーバイフォー木材の8フィート(約240cm)を買う(一般的な6フィート約180cmだと長さが足らないから気をつけて)

    ツーバイフォー8フィート
    「2×4材 8F」のように8フィートであることを書いてるはずです。ホームセンターのコーナンだと税込みで518円でした。反っているものが多いので真っ直ぐなものを選びます。

  2. ツーバイフォーをちょっと切る(説明書には突っ張る長さから45mmカットと書かれていますが実際には突っ張る長さから40mmカットくらいがおすすめ
  3. カットしたツーバイフォーの上下にディアウォールをはめる
  4. 床と天井で突っ張る

これだけで床から天井までの突っ張り棒ができあがります。

↓この写真の右側にあるように1本立てて小物掛けにしたり、

ディアウォールの使い方

↓この写真の左側にあるように2本立てて棚板を付けて自由なサイズで壁面収納が作れます。

ディアウォール耐荷重

キッチンの調味料置き場などを作りたければツーバイフォーの長さを変えればどこでもはめることができるし、ディアウォールを2セット以上使えば壁掛けテレビや壁面も作れちゃいます。

ディアウォールの耐荷重

↓気になるのはディアウォールの強度や耐荷重ですが実際に使っている様子はこちらの動画がわかりやすい。

動画を見たらわかる通り体重74kgのカズさんがぶら下がっても大丈夫なほどには耐荷重があるのでテレビでもいけます。

ツーバイフォー材は厚み3.8cmと結構太いので、耐荷重のコスパはかなり優秀。

棚板をしっかりと固定できれば結構大きな本棚でも耐えてくれます。(むしろ棚板や取付金具の強度を気をつけないといけません)

ディアウォールの価格

↓ホームセンターコーナンの店頭ではディアウォールの
通常価格が税込1,382円
セール価格が税込1,274円

でした。

ディアウォールの価格(ホームセンターコーナン)

↓そしてこちらはAmazon。
送料無料950円前後

カラーはホワイト・ライトブラウン・ダークブラウンの3種類。

「ディアウォール」で検索

念のため楽天も載せておきますが、だいたいAmazonのほうが安いことが多いです。
楽天:「ディアウォール」で検索

ほとんどの場合はAmazonで買うことになると思いますが、たまに在庫が少なくなって1500円くらいになっていることもあるので、ホームセンターとAmazonを比べて安いほうを買うべし、です。

ディアウォールの棚柱・棚受け

↓こちらはディアウォール純正の棚受け。

この商品画像の右上にある写真のようにツーバイフォーの間にツーバイフォーを橋渡しする時に使えます。奥行きが狭いキッチン収納棚にマッチします。

ガチャ柱と棚受け

ディアウォール純正の棚受けがあるとは言え、ツーバイフォーが支柱なので自由にカスタマイズすることもできます。

棚受けとして人気があるやり方はガチャ柱という棚柱と、棚受けを使って20~30cmほど奥行きがある棚を作ること。

↓ガチャ柱と棚受けを組み合わせた完成図のイメージ。

ダボレール

↓こういうのがガチャ柱で、

「ロイヤルチャンネルサポート棚柱」で検索

↓こういうのがガチャ棚。

「ロイヤル木棚受」で検索

ロイヤル社の耐荷重が気になる人は以下の公式サイトをどうぞ。ガチャ柱とガチャ棚の組み合わせによる耐荷重が非常にわかりやすくまとめられています。

公式:安全目安荷重|株式会社ロイヤル

ダボレール棚柱

ダボレールというやり方の棚柱もあって、これは4方向にダボのような棚受けを付けて、自分で用意した棚板を乗せます。

4方向から支えるのでガチャ柱に比べて耐荷重が優れているのが特徴です。

棚の面積が大きいものや、押し入れの中など左右に壁がある場合はダボレールのほうがしっかりした棚を作れます。

棚柱と棚受けのお得な買い方

棚柱を2本買うだけならホームセンターのほうが安いですが何本もまとめ買いするならネットで送料をまとめたほうが安いことがあります。

↓例えばガチャ柱のロイヤル棚柱の1500mmだとハードボックスというショップは1本463円(税込)、送料600円になってます。(2016/03/31時点の価格)

商品ページのトップは送料無料1062円のショップが表示されてますが無視して画面下に進んでいき、

出品一覧のリンクがあるので価格のところをタップすると、

すべてのショップの価格と送料が見れます。

一見すると送料込みだと1062円のほうが安いように見えますが1本あたりの送料じゃなくて1注文あたりの送料になっているショップも多くあります。つまりまとめ買いすると送料が割安になります。

お店によって送料を決めるルールが違いますけど注文確定の手前で送料を確認してみればわかるので1注文あたりの送料だとまとめ買いでお得に買うことができます。

さっきのハードボックスというショップの右側矢印をタップして、次の画面でカートに入れて、注文数を10個に変更してからレジに進むと、

↓送料が1回分になってることがわかりました。こういう料金設定のショップならまとめ買いがお得になります。

ガチャ棚のほうもハードボックスから結構出品されているのでガチャ柱と合わせて買って送料をまとめることができます。

1500mmなんて長さの棚柱をホームセンターで買ったら1本1000円以上することも当たり前なので大量に買うならネットでのまとめ買いがおすすめです。

ダボレール棚柱のほうも同じように「株式会社 岡本繁樹商店」というショップが「1本あたり260円+まとめて送料」という値段設定なのでまとめ買いするとお得に買えます。

ディアウォールで壁掛けテレビ

ディアウォールの耐荷重がかなり丈夫なので壁掛けテレビも定番の使い方になってます。↓こちらは取り付けの様子がわかる動画。

↓この動画で使われている金具は結構良いやつですけど、

他にも壁掛けテレビの金具はいろいろあって安いものだと3000円程度からあります。

「壁掛けテレビ 金具」で検索

テレビの売れ筋ランキング

「HDMIケーブル」で検索

楽天:「壁掛けテレビ 金具」で検索

バイクハンガー(ロードバイクの壁掛け)

ディアウォールはロードバイクの壁掛けにもよく使われます。

ミノウラのバイクハンガーが定番で、このブログからもちょこちょこ売れてました。

↓実際に使った様子は、この動画が奥行きの説明とかもあって分かりやすかったです。

ミノウラの横向きスタンドが定番みたいですが、縦置きタイプのバイクハンガーもあります。

「バイクハンガー」で検索

楽天:「バイクハンガー」で検索

ギターハンガー

ギターなどの楽器は壁面収納がおすすめ。足で蹴ることが無くなるし、ギタースタンドってギター本体よりも広く足を広げないといけないので、結構邪魔になる。

↓こういうギタースタンドだとだいたい横幅50cm・奥行き40cmくらいスペースが必要。

↓そしてこちらがツーバイフォーにギターハンガーを取り付けた様子。設置場所のデメリットが解消されます。

ギターハンガーは値段もそんなに高くないし取り付けも超簡単なので、ギターの収納に頭を悩ませてる人はおすすめ。

キャットタワー・キャットウォーク

ガチャ柱と棚受けを使えば、キャットウォークやキャットタワーを自作することもできます。

↓キャットタワーと言えばこういう据え置き型のものが一般的ですが、

ディアウォール&棚板のほうが猫の成長に合わせて高さ調節できるし、使わない部分を壁面収納としても併用できるのでコスパが良くておすすめ。

ディアウォールを好きな色にできるフィルム

ディアウォールは必ずツーバイフォー木材を使うのでお手軽で安いというメリットはあるんですけど材質は選べないというデメリットもあります。

だから部屋の壁紙に合わせるにはワトコオイルを塗ったりすることになるんですがもっとお手軽な方法もあります。

ざっくりいうと200mm幅のマスキングテープを巻きつけるだけ

↓この動画で使っているフィルムはこれ。

薄いとか気泡が入るとかそれなりの品質ですけど値段が安く済みます。10m巻きだからツーバイフォー4本に使える計算。

カモ井加工紙はマスキングテープを販売しているメーカーだけあって、カラーや模様が豊富に揃ってます。↓こういう柄が付いたものも。

↓200mm幅だけでも40種類以上のラインナップがあります。

「mt CASA 200mm」の検索結果

ワトコオイルで塗装

そしてこちらがワンバイフォーやツーバイフォーの塗装で人気のワトコオイル。ムラになりにくく、塗装としては塗るのが簡単なほうです。

↑上記商品ページ内には3種類のサイズと、カラーが8種類の選択肢があります。

動画ではダークウォルナットが使われていて、8種類あるうちの2番目に濃いくらいのカラーなんですが、商品ページのカラーよりも薄く見えます。

他にも色合いが気になるようならYouTubeでワトコオイルを検索してみてください。

天然型浸透性塗料なので、木目を活かしつつ本格的な風合いを出したい人向け。

ラブリコ

同じようにツーバイフォーで突っ張り棒が作れるラブリコという商品も発売されました。

ディアウォールよりも薄いので壁にピッタリ付ける用途に向いているとのこと。

↓こちらは公式動画。

用途などはラブリコのレビューにいろいろ写真付きで書かれているので興味があればリンクからどうぞ。

「ラブリコ」を検索

楽天:「ラブリコ」を検索

ワンバイフォー用のディアウォール

ここまで紹介してきたディアウォールは、一般的な厚み3.8cmのツーバイフォー用のディアウォールですが、半分の厚み1.9cmのワンバイフォー用のディアウォールも発売されました。

↓ご覧のとおり、ツーバイフォーと比べたらだいぶ薄いので、床から天井までの突っ張り棒としてはおすすめできませんけど、キッチンで調味料棚に使う程度なら、見た目もスッキリして良いと思います。

当然、強度は落ちるだろうから、見た目にこだわりがある場合だけどうぞ。

まとめ

すごく長くなってしまったので、最後に普通のツーバイフォー用ディアウォールのリンクだけ貼っておきます。

<DIY関連記事>
大きな壁掛けホワイトボード自作

大きな本棚の自作

石ブロックの門扉にセンサーライト取り付け

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

『ディアウォールの耐荷重は74kgでも余裕あり|壁掛けテレビなど使い方いろいろ』へのコメント

  1. 名前:東大阪の海老蔵 投稿日:2017/02/08(水) 18:38:17 ID:fb58dffaf 返信

    こんにちは、55型テレビでも、前に倒れてこないでしょうか?

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。