ライフリングノートの書き心地が良すぎて買わなきゃよかったと思った話

ノートひとつで「すげぇ・・・」

声が漏れてしまうほどの書き心地。

ノートとしてはお高い。リピートしようか迷う。

それでも買ってしまうライフ(LIFE)クリッパーリングノート

まさに「魅せられた」と言っていい。

ただの「紙」なのに「ただの紙じゃない」

良いものは良いと感じさせてくれるノートを初めて体験しました。

広告

[ライフ]クリッパーリングノートの書き心地

正直初めはライフにリングノートがあるってことも知らなかったし期待していなかったんですが、書いた瞬間そんな考えは吹っ飛びました。

あまりにも書き心地が良いんです。あまりにも。

他にクオリティが高いノートとしてはマルマンのニーモシネがそれなりの定評があると思うんですけどライフのクリッパーリングノートはニーモシネが勝負にならないほど気持ち良い書き心地。

全部で10種類近くのリングノートを書き比べてますが、その中でもライフのリングノートが圧倒的な書き心地。

関連:5mm方眼ノートのおすすめ|A4・B5・A5のリングノート比較

なんでこんな素晴らしいノートが埋もれてるのか不思議に思うほど。

ペン・ノート・思考が繋がる錯覚

ハッキリ言ってノートにそこまで求めてねーよと言われること確実ですがライフのリングノートに書くとペン先とノートが繋がる錯覚に陥ります。

自分でも「こいつは何を言ってるんだ」と思いますけど確かに最初に書いた瞬間そう感じたんです。

パソコンのキーボードで言えば最高級のRealforceを初めて使った時の頭と指先が繋がる感触に近いかも。

頭の中がストレス無くペン先に伝わる感覚はすごいのひと言。

あらゆる筆記用具で書きやすい

万年筆以外にもいろいろな筆記用具でライフリングノートに書きましたけどどれもことごとく書きやすい。

  • 水性ボールペン(Vコーン・オートリバティ)
  • エナージェルゲルインキボールペン0.4mm・0.5mm
  • ハイテックCコレト0.4mm・0.5mm
  • フリクションスリム0.38mm
  • ジェットストリーム0.7mm・0.5mm・0.38mm

自分は油性ボールペンよりも水性ペンが好きなんですが、水性のボールペンや万年筆はほんとに相性が良い。

油性ボールペンも水性やゲルほどじゃないけど吸い付くような書き心地で滑らかに書けるのにペン先が暴れずしっとりと止めることができます。

紙質はツルサラしっとり

紙を触った感触はツルツルサラサラしていていかにもトゥルットゥルに滑りそうなんだけどしっとり感も含まれている不思議な紙質。

かなり滑らかに書けるけど止めたい時には止められる。そんな都合の良い紙質。

万年筆で書くとするするとなんのストレスもなく書けて止めたい時には「シュッ」と止められる。

ジェットストリームなどの低粘度ヌルヌルボールペンだと0.7mmはさすがに滑るけど0.5mmだといい具合に止められる。

ツルサラとしっとりのバランスが本当に絶妙で書くたびに感心します。

裏抜けしやすい個体もある

これでもかというほど手放しでライフクリッパーリングノートを絶賛しましたが弱点もあります。

万年筆で書くとちょっと筆記線が太くなってわずかににじみ、裏抜けすることがあります。

※追記あり。裏抜けしにくいものもありました。

下の写真は万年筆のカクノ中字(パイロット純正インクカートリッジ)を使った試し書きで、左側がライフリングノート、右側がニーモシネリングノートです。(縮尺は同じ)

ライフのほうが少し滲んでいます。太くなるのは逆に好みで自分にとってはあまりマイナス点ではありませんでしたけど。

ただし裏面を見てみるとライフのほうは裏抜けが目立つので万年筆でノート両面を使いたい人には向いてなさそうです。

ニーモシネは裏抜けしにくさに関しては優秀なので違って当然ですけど他のノートと比べてもライフは裏抜けしやすいほうでした。

※追記

2冊目のライフリングノートを買ったので万年筆(カクノ中字)で裏抜けと乾きやすさをチェックしたらなんと、

裏抜けが全くありませんでした。

個体差があるんでしょうか。万年筆でゆーっくり書いても全く裏抜けしませんでした。両面を使っても全然問題ないレベルです。

しかしその分インクがちょっと乾きにくくなっていて、

  • 裏抜けするノート → 5秒でかすれない
  • 裏抜けしないノート → 10秒でかすれない

という感じで裏抜けのしやすさと乾きやすさは比例するようです。

裏抜けしないのは嬉しいですがどちらが本来の裏抜け具合なのかわかりません。紙質にバラつきがあったら、それはそれで困りますね。

クリッパーレポート用紙とは紙質が違う

ライフのクリッパーシリーズにはレポート用紙もありますがリングノートとは紙質が別物です。

リングノートのほうが紙質が良いです。

レポート用紙のほうは十分書き心地は良いですけどリングノートほどの感動ではないので過度な期待はできません。

ボールペンで書くぶんにはレポート用紙も書き心地そこそこ良くて問題ないですけどね。まぁリングノートとレポート用紙の値段が倍近く違うので仕方ないとは思いますが。

ライフという存在を知らなきゃ良かった

以上、ライフのクリッパーリングノートの書き心地が良すぎて買わなきゃ良かった、という話でした。

あまりにも書き心地が良いんでね。もうこればっかり使いたくなるんですよ。ライフのノートを知らなければ「ニーモシネがやっぱり一番だよ!」で幸せになれてただろうに。

値段が高くて店頭での入手性がちょっと悪いのがネックですがA4とB5サイズは送料無料で買えます。

ライフのリングノートを検索

他のノートネタはこちら。

↓罫線が濃いと言われるロディアをニーモシネと比べてみました。
関連:ニーモシネとロディアの罫線の濃さを比べたらやっぱりロディアが濃い!

↓キーボードの手前で使うのにちょうど良いサイズのメモ帳
関連:ニーモシネのメモ帳N162と鉛筆を使うととっさのメモにいつでも対応できるのでおすすめ

↓リングノートやレポート用紙を全部比較した記事
関連:5mm方眼のリングノート比較
関連:5mm方眼のレポート用紙比較

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。