ビジネスキーボードマスター(オールS)は複数回バラバラでも認定される

日本商工会議所の資格試験「ビジネスキーボード」のビジネスキーボードマスターは1回の試験ですべてSを取らないといけないのか、それとも複数回でバラバラにSを取ってもOKなのか調べました。

広告

ビジネスキーボードとは

ビジネスキーボードとはタイピングスキルを判定する日本商工会議所の資格試験です。

今回は検定そのものの説明がテーマじゃないのでこの記事では詳しく説明しませんが興味があればタイピング資格について書いた記事に書いてあるのでどうぞ。

※細かいことですけど名称が「ビジネスキーボード認定試験」から「ビジネスキーボード」になっています。

ビジネスキーボードマスターとは

んで今回の記事のテーマになるビジネスキーボードマスターとは日本語・英語・数値の3科目すべてでノーミスのS判定を取得すると与えられる称号です。以下は公式サイトからの引用。

なお、日本語、英語、数値の3科目全てについて、試験時間内に誤りなくすべての文字の入力を完了した者(S評価取得者)には、「ビジネスキーボードマスター」の称号が与えられます。

via:ビジネスキーボード | 商工会議所の検定試験

1回で全部Sなのか、バラバラでもOKなのか

結論から言うと複数回にわたってバラバラにSを取得してもビジネスキーボードマスターに認定されます。

  • ●年●月●日 日本語S 英語A 数値A
  • ●年●月●日 日本語A 英語S 数値A
  • ●年●月●日 日本語A 英語A 数値S

↑こんな感じで受験日バラバラでSを取ってもビジネスキーボードマスターになれます。

ちなみにすべての科目でSを取っても自分で申請しないと認定証はもらえません。公式ページに書いてある認定書の交付によるとFAXかメールで申請をする必要があります。

ビジネスキーボードマスターの難易度は超難しい

電話で聞いた限りだし正確な数字は非公表なんですけどここ5~6年はマスターの申請そのものが無いし感覚として10人もいないんじゃないかとのこと。

自己申請なので隠れたマスターがもう少しいるかもしれませんが、もう10年以上も経っているのに数人しかいないって異常な難しさじゃないでしょうか。(でもタイパーの実力者が受験すればもう少し増えると思いますけど)

ビジネスキーボードマスターのレベルになると一般的なタイピングスキルのアピールとしてはどのくらいすごいのか分かってもらえないかもしれません。

特にノーミスと1ミスのレベル差は理解されにくいと思います。2950点と3000点の違いは普通の人にとっては微々たるものに見えるけど実際やってみるとかなり違います。

日本商工会議所検定試験関係の問い合わせ先

検定の基本的な情報を問い合わせるならサイトの下のほうに大きく表示されてる検定情報ダイヤル(03-5777-8600)でOKでしょう。

僕は上記の電話にかけましたが質問がマニアックだったためか検定関係の本部である芝大門事務所の電話番号(03-6402-6154)を紹介されました。

アクセスマップ – 日本商工会議所

ただ、担当者からは間違った回答(マスターは1回ですべてSを取る必要があって今までひとりもいない)をいただいて危うく情報を拡散してしまうところでした。

その後ビジネスキーボードマスターの申請先である日商検定支援センター(03-3402-2109)に電話したら芝大門事務所に確認してくれて解決したので、おかしいなと思ったら検定支援センターに聞いてみるのもいいかもしれません。(芝大門事務所からは謝罪をいただきました)

ーーー

ビジネスキーボードマスターの基本情報についてもう少し詳しく知りたい場合はタイピング資格について書いた記事をどうぞ。

タイピングの練習方法やフリーソフトについても書いてます。

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告
広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。