タイピング検定(資格)と練習方法|ビジネスキーボード認定試験がおすすめ

もう今では「タイピング検定の資格=就職に有利」ということも無くなり「タイピングくらいできて当たり前」とか「履歴書に書いてもアピールにならない」という時代になりました。

ただしそれでもタイピングが速ければ仕事では役に立つので、いまだに重要なスキルのひとつではあります。

自分自身、今までいくつかのタイピング検定を受験してきたので、タイピングの資格についてまとめて、分かる範囲で効果的な練習方法を書きました。

まとめたのは以下の6種類のタイピング資格。

  • ビジネスキーボード
  • パソコンスピード認定試験
  • 日本語ワープロ検定
  • 毎パソ
  • キータッチ2000
  • 全商ビジネス文書実務検定(旧ワープロ実務検定)
  • イータイピング・マスター

そもそもタイピングの資格が就職で有利になるのか?とか実際に受験するとしたらどの資格がおすすめなのかということについて書いてます。

スポンサーリンク

タイピングの資格は履歴書に書けるのか

「タイピングを活かした仕事はありますか?」「タイピングの資格を持っていると就職に有利になりますか?」

という質問を知恵袋で見掛けますけど、残念ながら「就職に有利になる」という類のものじゃありません。

「タイピング 就職」や「タイピング 履歴書」で検索してきた人に言っときますが、

「タイピングが速い=仕事ができる」という考えを一刻も早く捨てたほうが身のためです。

逆にタイピングスピードばかり速くしてもアンバランスになるので、パソコンスキルをアピールするならExcelなど、よく使うソフトに詳しい方がよっぽどマシです。

ただ、そうは言ってもタッチタイピングについて書いた記事でも調べた通り、「今どきの若者はブラインドタッチができて当たり前」なんてことは全然なくて、大学生でもブラインドタッチできるのは20%以下、みたいなのが当たり前なので、タイピングが速いと重宝されることはあるかもしれません。

資格として活用するというよりは、スキルとして持っていれば役に立つ、という感じですね。

ーーー

ちなみに自分が持っているタイピング資格は「ビジネスキーボードオールA判定」と「キータッチ2000ゴールドホルダー」になります。ビジネスキーボードを取得すればスキルを証明するのに十分なので、社会人なら、他の資格は取る必要が無いと思います。

ビジネスキーボード

ビジネスキーボード

  • 日本商工会議所
  • 公的資格
  • 受験料 2570円
  • 実用度 ★★★★★

⇒ ビジネスキーボード

以前は「ビジネスキーボード認定試験」という名前でした。タイピング検定の中で一番おすすめです。

ビジネスキーボードで高ランクを取得すれば、実用的にもアピール的にも他のタイピング資格が必要なくなります。

以下、自分で実際に受験もしているので、ビジネスキーボードの難易度・練習ソフト・受験の流れなど、詳しく解説していきます。

ビジネスキーボードの特徴

  • 正確性とスピードの両方をアピールできる
  • A判定だと仕事で十分過ぎるほどの速度
  • レベルごとに受験する必要が無いので受験料が割安
  • 日本語・英語・数値の3種類で幅広いタイピングスキルが身につく
  • 検定の練習が普段の実用的なタイピングスキルに直結する
  • 受験会場が多くて日程を調整しやすい

こんな感じで、今回比較しているタイピング検定の中でほぼ欠点がありません。タイピングの資格を取るならビジネスキーボードだけで十分です。

ビジネスキーボードの合格ライン

ビジネスキーボードは、日本語・英語・数値の3科目があり、それぞれ入力できた文字数に応じてS・A・B・C・Dの5段階で評価されます。S判定はノーミスですべて入力する必要があります。

ビジネスキーボード合格ライン

日本語

  • S・・・900字(満点)
  • A・・・800~899字
  • B・・・600~799字
  • C・・・400~599字
  • D・・・0~399字

英語

  • S・・・3,000字(満点)
  • A・・・2,500~2,999字
  • B・・・2,000~2,499字
  • C・・・1,500~1,999字
  • D・・・0~1,499字

数値

  • S・・・1,200字(満点)
  • A・・・1,000~1,199字
  • B・・・800~999字
  • C・・・600~799字
  • D・・・0~599字

他の資格には無い特徴として、出題された文字を全てノーミスで入力した場合の「S判定」という存在があるので、タイピングに自信がある人の攻略魂を刺激するようです。

ビジネスキーボードの認定証

試験後は認定証が郵送されます。クレジットカードと同じような作りで、とてもしっかりしています。

↓自分の成績はこんな感じでした。(認定証の裏面スキャン)

  • 日本語(880字 / 900字)A判定 1ミス
  • 英語(2939字 / 3000字)A判定 1ミス
  • 数値(1056字 / 1200字)A判定

ビジネスキーボード認定試験認定証

タイピングを極めている人だとすべて満点のS判定を取るような人もいますが、事務仕事でアピールするならB判定でもそこそこ、A判定あれば十分過ぎです。

日本語科目のA判定は他のタイピング資格の1級と比べても難しめになります。(ミスペナルティが大きいため)

大量にデータ入力する仕事なら、日本語科目はS判定の1.5倍くらいスピードがあれば便利だと思いますが、入力速度が必要な仕事内容でなければB判定でも支障は無いはず。

ビジネスキーボードの難易度

ビジネスキーボードはミスペナルティにかなり厳しく、1文字でも間違えると1行の文字数がまるごと減点になるので、1ミスが数十点のマイナスになることも・・・。

A判定を取るためには、日本語だったらミス6回くらい、英語だったらミス9回くらいまでしか許されないので、かなりの正確性が要求されます。

科目の難易度は「日本語<英語<<数値」という順番で、数値が特に難しくなってます。

日本語は10分間で900文字のうち800文字以上でA判定なので、他の資格で例えると日本語ワープロ検定で1級よりも上の初段を、さらにミスペナルティを厳しくしたくらいの難易度です。

それでも日本語が3科目の中で最も難易度が低いので、日本語・英語・数値すべてで上位の判定を取るのは難しめ。

英語タイピングはもともとの基準が厳しいことに加えて、英語に慣れていない人が多いので、さらに難しく感じるはず。相当練習しても日本語より難しいです。

数値はさらに難しく、相当練習が必要です。漢数字を数字に直す問題が特に難しく、自分は漢数字を全部無視して残りを全問正解して、なんとかギリギリA判定が取れました。

まぁ普通は日本語のタイピングスキルを見られることがほとんどだと思うので、日本語だけ練習してても良いでしょう。

ーーー

ちなみに各科目でノーミス満点だとS判定になり、すべての科目でS判定を取ると「ビジネスキーボードマスター」という称号をもらえます。数値が難しすぎるのでマスター称号を持っている人は本当に凄すぎ。

これについてはdqmaniacさんのタイピング日記にてビジネスキーボードマスターを達成した時の詳細が書かれていて興味深いです。

ビジネスキーボードの練習ソフト

ビジネスキーボードの本番と全く同じ方式で練習できるソフトはありませんが、見た目が少し似ているソフトがあったので紹介しておきます。

Biz Keyというフリーソフトです。(Windows 7で動作確認済み)

あくまで本番と見た目が似ているソフトとしての紹介なので、普段の練習は後述する練習方法を参考にしてください。

Vector:Biz Keyの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

開発者公式サイト:Second Way

↓本番の見た目とよく似ています。

ただし、以下のような気になる点があるので、メインの練習ではなく、入力する流れを体験してみる程度に考えてください。

Biz Keyの気になったところ
  • デフォルトの問題文の文字数が実際の試験よりも少ない
  • 間違った行が赤くなる(実際の試験では赤くならない)
  • Shift+Tabで戻る時、5個前の行に戻ってしまう
  • 英語のフォントが非常に読みづらい
  • サンプルが少ないので実践的な練習をするには自分で問題文を作成する必要がある

---

また、今はもうVectorから無くなりましたが、見た目が似ている練習ソフトの動画も撮影したことがあります。こんな画面で試験を受けるという参考にどうぞ。

この動画くらいの速度だったら確かA判定になったはずです。

さて、次からはビジネスキーボードを攻略するためにどんな練習方法があるのか紹介していきます。

日本語の練習

日本語の練習ではタイピングソフト全般が使えるので、こちらの記事で紹介しているソフトをどうぞ。

参考:無料のタイピング練習ゲームとフリーソフトまとめ

参考:タイピングソフトおすすめ10選

そして最終的には初見の文章を漢字変換込みでタイピングすることになるので、パソコンスピード認定試験の過去問日本語ワープロ検定試験の過去問など、なるべく和文をタイピングしましょう。

とにかく漢字変換込みの日本語を練習すればOKなので、普段のタイピングも含めて練習材料はいくらでもあります。

本番では自分のパソコンを使えないので、IMEのユーザー辞書を初期状態にして練習するように気をつけましょう。

とりあえず就職などで求められるタイピングスキルは日本語でしょうから、A判定に満たない場合は日本語を重点的に練習。A判定が余裕で出せるなら英語や数値もどうぞ。

英語の練習

基本的な英単語は「10FastFingers.com」で練習。

ビジネスキーボードの本番では、誤打はバックスペースで修正する必要があり、また、次に入力する行が見えていて先読みが重要になるので、イータイピングのように1問ずつ表示されるものよりは、「TypingClub」「Key Hero」「美佳の英文タイプ テキスト編」「パソコンスピード認定試験過去問」あたりが良いかなと思います。

↓詳しくは英語タイピングについてまとめた記事に詳しく書いてあるのでをどうぞ。

数値の練習

数値はだいたいの人がテンキーで入力することになると思います。まずは手元を見ずにテンキーだけで数字とマイナス「-」、プラス「+」、ピリオド「.」、スラッシュ「/」が入力できるようになるだけでもかなり良くなります。

左手も使えるならマイナス(ひらがなの「ほ」のキー)、Enterあたりを担当させるとさらに効率が良くなります。

まずはある程度の桁数の数値を縦に並べてスムースに入力できるようにしましょう。例題は、価格表などの数値が載ってるサイトや書類なら何でも使えます。

テンキータイピングの練習で気をつけないといけないのは、イータイピングのテンキータイピングのように、1問ごとに表示されるサイトで練習してはいけません。ビジネスキーボードは次の数値が見えている状態で次々と入力していくので、初速より先読みが大事です。また、数字がスペースで区切られて横に並ぶものよりも、10桁未満の数値が改行で区切られているものを練習したほうが本番の環境に近くなります。

漢数字を数値にして入力する問題は、読み解くのが苦手なら飛ばしても良いでしょう。どのみち全体の難易度がかなり高いので、ほとんどの人はすべての問題を入力し終えることはできません。

練習ソフトとしては、先ほどのBiz Keyの他に、(記号はマイナスしか使いませんが)毎パソ練習ソフトが近いといえば近いです。

↓この動画は毎パソ練習ソフトをしています。このように数字はテンキーで入力して、Enterなどを左手で入力すれば効率が良くなります。

左右のリズム、左手でマイナスとEnterを入力、先読みで絶え間なく入力する参考にどうぞ。

ビジネスキーボード受験の流れ

ビジネスキーボードだけじゃなく、日本商工会議所のIT関連資格はとても受験がしやすい資格です。認定会場が多く、試験日にも融通が効きます。

↓まずは最寄りの試験会場を検索して、

商工会議所ネット試験施行機関 | 商工会議所の検定試験

会場に電話をかけて試験日程を決めるだけです。試験日程が「不定期」や「随時」となっているパソコン教室なら、割と自由に試験日を決められるので、電話して聞くほうが速いです。

自分の場合はパソコン教室の授業の合間の時間帯を教えてもらい、希望日を伝えればすんなりと受験日時が決まりました。

あと、会場によって違うかもしれませんが、自分が受験した会場はキーボードの持ち込みはできず、DELLに付属しているメンブレンキーボードしか使えませんでした。

10台ほどパソコンがあったので何とか無難なキーボードで打つことができましたが、普段からRealforceなどの高級キーボードで練習している人は、キーボードの下見もしたほうが良いかもしれません。

パソコンスピード認定試験

パソコンスピード認定試験

  • 日本情報処理検定協会
  • 民間資格
  • 受験料 1,200円
  • 実用度 ★★★★

⇒ パソコンスピード認定試験

紙の文書を見ながら漢字変換込みの和文をタイピングしていくので、日本語入力で実用的なタイピングスキルを証明できます。

文書を見ながらのタイピングは実際の事務仕事でもありそうなシチュエーションだし、漢字変換のスキルも重要になってくるのでタイピング検定の中でもそれなりに実用的です。

パソコンスピード認定試験の難易度

タイピング検定にしては珍しくミスペナルティが「1ミスで1文字減」と非常に緩いので、ミスしてもどんどん入力したほうが成績は良くなってしまいます。

さすがに1ミスで1文字減は緩すぎて実用性がイマイチなのが残念。(実用的には1ミスで3~5文字減くらいは欲しいところ)

タイピングが速くて手元を見ずに入力できる人なら漢字変換さえも確認せずに書類だけを見てタイピングしたほうが点数が高くなるでしょう。

また、過去問のPDFを見ても分かる通り、文章がかなりやさしくて漢字含有率も少なく感じるので、スピードも出しやすくなってます。

↓各級の合格ラインは以下の通り。ミスペナルティは全ての級で1ミス1文字減です。

合格ライン 1ミス
初段 1,500文字 1文字減
1級 1,000文字 1文字減
2級 700文字 1文字減
3級 500文字 1文字減
4級 300文字 1文字減
5級 100文字 1文字減

ミスペナルティが緩くて文章がやさしいからなのか、1級の合格ラインは他の資格よりも少し多めの1000文字となっています。

1級のさらに上には初段1500文字というレベルもあるので、初段を獲得したら正確性はさておき、スピードの証明にはなります。

↓この動画はパソコンスピード認定試験の初段1500文字の合格ラインギリギリくらいをタイピングしています。初段のスピードの目安にどうぞ。(音量注意)

重要なことなのでもう1回言いますが、パソコンスピード認定試験は1ミスに付き1文字減と非常に緩いので、間違いを気にせずにどんどんタイピングしたほうが点数は高くなります。

上記動画はミスに気をつけながら打って1500点をちょっと超えるくらいですが、ミスを一切気にせずにやってみると数十文字減でも1900点くらいになったので、漢字変換を気にせずに入力したほうが試験の点数は高くなります。

そう考えると、正確性に自信は無いけどタイピングスピードをアピールしたいならパソコンスピード認定試験のほうが効果的な場合もありそうです。

「初段どやぁ!」みたいに。

パソコンスピード認定試験受験の流れ

パソコンスピード認定試験は基本的に団体受験を原則としていて「10名以上の受験者で試験会場として登録して受験をする」と公式サイトに書かれています。学校やパソコン教室がまとめて受験する想定ですね。

参考:学校団体申し込み|日本情報処理検定協会

参考:一般団体申し込み|日本情報処理検定協会

団体受験が難しい場合は対応校に申し込めば個人受験もできるようです。

参考:個人受験をお考えの方へ|日本情報処理検定協会

ただし個人受験できる対応校が無い都道府県もあるほど会場が少ないので、社会人の場合は比較的大きなパソコン教室にでも通ってないと受験が難しいかもしれません。

日本語ワープロ検定試験

  • 日本情報処理検定協会
  • 民間資格
  • 受験料 1,500~5,000円
  • 実用度 ★★★★

⇒ 日本語ワープロ検定試験

先ほどのパソコンスピード認定試験と同じく、日本情報処理検定協会主催の資格です。

タイピングとは別にWordによる文書作成問題があるので、どちらかというとビジネス文書を作成するスキル全般を証明する資格となっています。(ただ、Wordって職場によっては全然使わないので、パソコンソフトはExcelのほうが役に立つ気がしますけどね)

タイピングの試験は級によってミスペナルティが違い、準1級は5文字減なので気をつけないといけません。また、漢字含有率が増えていくので、同じ文字数でも徐々に難易度が上昇しています。

合格ライン 1ミス 漢字含有率
初段 800文字 5文字減 35~40%
1級 700文字 5文字減 25~35%
準1級 600文字 5文字減 25~35%
2級 500文字 3文字減 25~30%
準2級 400文字 3文字減 25~30%
3級 300文字 1文字減 23~26%
4級 200文字 1文字減 23~26%

↓こちらはワープロ検定1級の過去問を入力した動画。

↓こちらが日本語ワープロ検定初段を打ってみた動画。体感ではそんなに違いを感じませんが、漢字含有率が高いからか、1級よりも入力文字数が少なくなりました。

注意点としては、Wordについてそこそこ勉強が必要なことと、仕事で実際にWordを使うことがないかもしれないので、タイピングだけ練習・スキルを証明したいならビジネスキーボードのほうがおすすめです。

毎日パソコン入力コンクール(毎パソ)

毎日パソコン入力コンクール

  • 一般社団法人 日本パソコン能力検定委員会
  • 民間資格
  • 2570円(個人参加・一般和文B)
  • 実用度 ★★★

⇒ 毎日パソコン入力コンクール

毎日パソコン入力コンクール。通称「毎パソ」と呼ばれるちょっと特殊なタイピング民間資格。

というか、「全国最大規模のタイピング大会」と公式が銘打っているので、履歴書に書くための資格としてはちょっと特殊な部類だと思います。

受験する流れも独特で、事前に本番の問題文が収録されている練習ソフトをダウンロードして自分の都合の良いタイミングで本試験を実施してインターネットで成績を送信します。

公式:ダウンロード | 毎日パソコン入力コンクール

事前に問題を暗記するまで練習できるため、トップレベルになると長い文節でも一気に変換するようになったりします。

高い段位を取ろうとしたら同じ問題ばかりをやって記憶することになるので、実生活でのタイピングとはかけ離れてしまうのがちょっと残念。

仕事で実用的なタイピングスキルが欲しいという目的の人は、同じ問題ばかり繰り返すことになる毎パソはあまりおすすめできません。

そもそも、資格ではなく、学生の大会として位置づけられている面が大きいですね。

毎パソの難易度

毎パソはミスペナルティが非常に厳しめです。

例えば一般和文Bでは9文字ミスすると足切りされて級認定さえされません。

ミスに厳しいだけじゃなく、ミスが少ないと逆にボーナス(特別点)がもらえるので、正確性が非常に重要になってきます。

毎パソのボーナス
  • 0ミス・・・正解数の20%加点
  • 1ミス・・・15%
  • 2ミス・・・10%
  • 3ミス・・・5%

例えばビジネスキーボードSに相当する5分で450文字をノーミスで打った場合、90文字(20%)も加算されることになります。

1ミス違うだけで数十点変わってくるので、より正確性を意識する必要があります。

級位認定証

毎パソの結果は、級位認定証が授与されるようです。履歴書に書く場合の記入例についても記載があります。

◆認定証の活用
自己推薦、内申書や履歴書などに級位を書くこともできます。

【記入例】
文部科学省後援大会 毎日パソコン入力コンクール 第4部 英文B 5級
文部科学省後援大会 毎日パソコン入力コンクール 第6部 和文B 高校生 3級

【記入例】
・和文を1分間に40.2文字入力でき、正解率は100%です。
・毎日パソコン入力コンクール 和文中学生部門にて、3級(手書き文字と同等速度の「実用レベル」)の認定を受けました。

引用:認定証など | 毎日パソコン入力コンクール

資格として効果があるかどうかはともかく、和文の入力速度と正確性を証明できたら、面接相手にも伝わりやすいと思います。

毎パソのランキングは実名が掲載されるので注意

これも特殊な注意点なんですが、毎パソはインターネット受験でも上位入賞者は公式サイトに名前が公表されてしまうので、都合が悪い人は気をつけないといけません。

特に一般の部は参加者が少なく、あまりスコアが高くなくてもランキングに掲載されてしまうので注意が必要です。

毎パソ受験の流れ

個人参加と団体参加で流れが違うので公式ページを確認してください。

公式:参加案内 | 毎日パソコン入力コンクール

特に個人参加は特徴的で、自分の都合の良い日に毎パソ練習ソフトを使って、自宅で試験を受けるようになっています。

キータッチ2000テスト

キータッチ2000テスト

  • 日本商工会議所
  • 公的資格
  • 受験料 1540円
  • 実用度 ★★

⇒ キータッチ2000

思えば自分のタイピング資格のスタート地点でした。パソコン教室でもよく聞く資格なので最初の資格として受験する人も多いと思います。

10分間で最大2000打の問題を入力していき、打ち切ったら「ゴールドホルダー認定書」という賞状がもらえます。

↓自分がもらったゴールドホルダー認定書。作りはちゃんとした賞状でしっかりしています。

キータッチ2000テストゴールドホルダー認定書

ランダムな文字列と英単語が出てきて漢字変換も無いので日本語の文章入力には直結しませんが、まずはタイピング練習し始めで資格取得をきっかけに練習がしたいなら良いんじゃないでしょうか。

↓キータッチ2000の動画です。

ただ、この動画くらい速いなら他の資格をやったほうが良いと思います。

なお商工会議所の資格なので受験の流れはビジネスキーボードと同じで、最寄りの試験会場に電話して日程を決めます。

公式:商工会議所ネット試験施行機関 | 商工会議所の検定試験

ビジネス文書実務検定試験(旧ワープロ実務検定)

  • 全国商業高等学校協会(全商)
  • 民間資格
  • 受験料 ビジネス文書部門700~1200円、速度部門800円
  • 実用度 ?(高校生向け)

ビジネス文書実務検定試験

商業高校ではおなじみ、いわゆる「全商」の資格で、学校で受けるタイピングの資格として有名です。

紛らわしい名前

昔は「ワープロ実務検定」という名前でしたが、平成25年に現在の「ビジネス文書実務検定」に変わりました。なので、高校生の間では「ワープロ検定」と呼ぶことが通例になっていることがありますが、「日本語ワープロ検定(日本情報処理検定協会)」とは別です。

わざわざ社会人が自分から受験することは無いと思いますが、高校生が受験するにはちょうど良い内容だと思います。

「ビジネス文書部門」と「速度部門」の2つがありますが、この記事ではビジネス文書部門については話が逸れるので割愛しますね。

速度部門では、以下のように合格ライン+10文字の文章が出題されます。

出題文字数 合格ライン
1級 710文字 700文字
2級 460文字 450文字
3級 310文字 300文字
4級 210文字 200文字

つまり、どんなにタイピングが速い人でも、「余分に入力してミスしてもいいや」という方法が使えず、必ず見直しをする必要があるので、なかなか実用的な試験内容となっています。

過去問が公開されているので、受験する人はどんな問題が出題されるのか確認してみてください。基本的には漢字変換込みの和文なら練習方法は何でも良いので、他の試験の過去問でも練習材料はいくらでもあります。

イータイピングマスター(タイピング技能検定)

  • イータイピング株式会社
  • 民間資格
  • 受験料2700~5400円
  • 実用度 ★

イータイピングマスター

タイピング練習サイトとしては知名度が抜群なイータイピングが主催している検定試験ですが、実用性が低く受験料は高いので、資格としてはおすすめしません。

明らかに実用性が低い点として、「漢字変換が無い」「初速の反射神経が必要」という2点があります。

↓こちらはイータイピングマスターの模擬試験をしている動画なんですが、

漢字変換しないので実務とは指の動きが異なり、また、単語・短文・長文の3種目の中で、特に「単語」で初速の反射神経が要求されます。

でも、実際に仕事でタイピングする場面では初速が速くても意味がないことが多く、どちらかというと長文の先読み能力のほうが役に立ちます。

ということで、イータイピングマスターは練習した内容が実務に反映されにくくなっているので、仕事を視野に入れたタイピング資格ならビジネスキーボードなど、他の資格のほうが無難です。

ちなみに模擬試験は好きなだけできるので、自分が何級に相当するのか腕試しして競ってみるのは楽しいと思いますよ。

まとめ

ということで、タイピングの資格を取るなら、ビジネスキーボードをやっておけば十分です。

もともとタイピングの資格そのものが就職に有利になるほどでは無いし、練習する過程で実用的なスキルが身につく点ではビジネスキーボードが最もバランスが良いのでイチオシです。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。