マウスのリフトオフディスタンスを調整する方法いろいろ

先日購入したゲーミングマウス ELECOM「M-DUX31BK」レビューの後日談。

軽いし多ボタンだしハードウェアマクロが使えるし機能的に大満足なマウスなんだけど、唯一リフトオフディスタンスが長いのが気になったので調整した方法を書いておきます。

ゲーミングマウスでリフトオフディスタンスに悩んでいる人は参考にしてみてください。特にfpsゲーマーやつまみ持ちでマウスを使う人ならちょっと調整するだけで使い勝手がかなり上がりますよっと。

広告

リフトオフディスタンスとは

マウスにおけるリフトオフディスタンス(Lift-off Distance, LoD)というのはマウスを持ち上げた時にセンサーが届かなくなる距離のこと。

この距離が長いとマウスパッドから離れてもマウスカーソルが動いて操作性が悪くなります。

「長い」ってのがわかりにくいですけど、

リフトオフディスタンスが長いとマウスが使いにくい

ってことだけ覚えればOKです。

※リフトオブディスタンスと言い間違えることがありますが「オブ」じゃなくて「オフ」です。

リフトオフディスタンスが長いと使いにくい

リフトオフディスタンスが長い(高い)とこんな現象が起きます。

  • マウスを持ち上げる時 → マウスパッドから離れているのにカーソルが動く。
  • マウスを降ろす時 → まだ下に降ろしていないのにマウスカーソルが動く。

上げる時と下げる時にマウスカーソルが上下にグラグラ動くので使いにくいったらありゃしないって状況になってしまうわけです。

リフトオフディスタンスが長くなりやすいマウス

センサーの位置が後ろのほうにあるとマウスを持ち上げた時にセンサー部分がマウスパッドからすぐに離れないのでマウスカーソルが余計な動きをしやすくなります。

自分の使っているM-DUX31BKの裏面を見てみると真ん中よりもちょっと後ろのほうにセンサーがあります。

ただ、他のマウスと比べて後ろすぎるというほどでもないような気もしますけど。

あとセンサーの性能が高すぎ(敏感すぎ)るとマウスパッドから離れても反応してしまいます。

センサー方式にも「光学式」と「レーザー式」があって、レーザー式はリフトオフディスタンスが長くなりやすいとか言われたりしますけど自分の持ってるM-DUX31BKは光学式なのに問題が発生したので一概にそうとも言えません。

なのでマウスを選ぶ時にやたらセンサーの性能をウリにしているものは事前にネットでリフトオフディスタンス問題があるのか調べてみたほうが良いかも。ゲーミングマウスだと安い買い物じゃないし。

なお、さらにお値段が高くなるけどリフトオフディスタンスの調整機能が付いたマウスもあったりします。こんなのとか。

リフトオフディスタンスについて検索しているとDeathAdderやg402がGoogleのサジェストに出てきたりしました。

マウスとマウスパッドの相性

今回自分がリフトオフディスタンスの問題が発生した組み合わせ。マウスはこれ。

マウスパッドは布製、といっても一般的ではない巨大なデスクマットを使っています。なのであまり相性の参考にはならないかも。表面の質感は一般的なAnkerやQcKの布製マウスパッドと似たようなものです。

Ozone
※余談:巨大マウスパッドの中で唯一の奥行45cmで肘を置ける

この組み合わせで使うとすぐに気付くくらいリフトオフディスタンスの問題が発生してしまいました。

リフトオフディスタンスの調整

さて、いよいよリフトオフディスタンスを調整していくんですが基本的には2種類のアプローチがあります。

ひとつはマウスソールを使って嵩上げしてセンサーとマウスパッドとの距離を離し、敏感過ぎるセンサーに合わせた距離にすること。

もうひとつはセンサー部分を塞いで敏感過ぎるセンサーを鈍くする方法。

マウスソール重ね貼りでセンサーとマウスパッドを離す

最初にやってみたのはセンサーとマウスパッドの距離を離すために別売りのマウスソールを貼ってみること。

このマウスソールをもともとのマウスソールの上に重ね貼りして高さを上げてみます。

結果、持っていたソールの厚み(0.65mm)が薄かったからでしょうけどマウスソールではリフトオフディスタンスには違いが出ませんでした。

マウスソールで高さを変えるんだったらもっと厚みのあるものを使ったほうが良さそう。(でも0.65mmで全然ダメだったら0.95mmも効果があるのか疑問だけど。)

※余談ですけどマウスソールを調べている途中で見つけたカグスベールというのが人気あるらしいです(笑)重ね貼りでリフトオフディスタンスの調整にも使えるんだとか。

参考:4Gamer.net ― 最高のコストパフォーマンスを誇るマウスソールの代替品「カグスベール」を今さら紹介してみる

テープでセンサー部分の穴を塞ぐ

こっちが本命です。結果的にセンサーを塞ぐことでリフトオフディスタンスの調整がうまくいきました。半透明のテープで部分的にセンサーを塞ぐとちょうど良かったです。

↓もともとのセンサー部分がこれで、

何回か微調整して辿り着いた姿がこれ。(当然マウスパッドによって位置は変わります)

塞ぐのにおすすめのテープはメンディングテープという半透明のやつ。

ホームセンターで緑色のパッケージを探せばすぐに見つかります。

ホームセンターメンディングテープ

メンディングテープは「メンディング(修繕)」が意味する通り劣化しにくくベタつきにくいテープなので長期間貼り続けても大丈夫です。

穴が塞げればどのテープでも良いですけどメンディングテープが粘着力・剥がしやすさ・劣化のしにくさの点で最も優れているんじゃないかなと。

とりあえず「クソ高いゲーミングマウス買ったもののリフトオフディスタンスが長くて使い物にならねぇ!」と凹んだ人は試してみたらどうでしょ。

※追記:遮蔽するイメージがとてもわかりやすい記事があったので参考リンクを載せておきます。

参考:#LogicalGaming: マウスのLoD調整

この記事の説明を読む限り原理的に遮蔽物は「マット(粗い)な黒い物」が良さそうだと書かれてます。

もしメンディングテープだけで満足行く結果にならなかったら画用紙ごとメンディングテープを貼り付けたりするのが良いかも。

マウスによって方式も違うので実際に試してみないといけませんが。

リフトオフディスタンスに関する参考サイト

参考:あなたとわたしのPCゲーミングライフ!! 【連載第2回】「佐藤カフジのPCゲーミングデバイス道場」
→半透明ゴミ袋でセンサーを全部覆う。

おそらくテープの種類と隠す面積をいろいろ試せばどんなマウスでも調整できるんじゃないかと思います。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。