ハードディスクを分解して徹底的に破壊!処分方法を実験した結果

HDDを叩いているところ

先日、もう10年以上前の動かない古~いパソコンを処分しようということになり個人情報が入ってるので破壊したほうが良いかな?という話に。

パソコン本体やHDDを破棄する方法についていろいろ検索してみると「ハードディスク 破壊方法」とか「ハードディスク 破棄」「ハードディスク 壊し方」などが検索候補に出てきます。

じゃぁHDDを実際に破壊したことを写真付きでブログに書いたら見たい人がいるんじゃない?と思ったが吉日。

自分で分解すると見たことない部分が見れてなかなか楽しかったしHDDの処分方法について他の方法も調べたので合わせて紹介してみます。

スポンサーリンク

ハードディスクを破棄する理由

知ってる人は知ってますがパソコンのゴミ箱を空にするだけだと素人でも簡単にデータを盗むことができてしまいます。しかもフリーソフトで。

ごみ箱を空にしても復元できる

Vectorにファイル復旧のカテゴリページが用意されるほどいろいろあります。

「ゴミ箱を空にする」というのはそのデータが見えないようになっているだけで実際にはHDDの上にデータが残っていて簡単に復元することができてしまいます。

これをHDDを壊さないまま盗まれないようにするためにはデータを完全に消去する専用のソフトを使って何回もデータを上書きしてデータをグチャグチャにしないといけません。

何回も上書き処理をするので結構時間もかかります。(1時間で20GB~60GBほど。1TBのHDDだと丸一日以上かかることも)

1TB以上あるHDDだとかなりの手間がかかるので自分でのデータ抹消はあまりおすすめしません。誰も信用できない・機密情報だから絶対に抹消する!というレベルなら止めませんけど。

自分で抹消するのは大変なのでデータ消去も無料のパソコン回収サービスを利用するのも一つの方法です。

大事なのは個人情報てんこ盛りのHDDを復元できる状態で捨てないということなのでHDDの処分についてはおおまかに言って以下の4通りのいずれかを選ぶことになると思います。

ハードディスク破壊サービス

ソフマップなどに持っていけば1000円くらい費用はかかりますがあっという間にHDDを復元不可能な状態まで破壊して廃棄処分までしてくれます。

↓業者が使うようなHDD破壊のための機械の動画(※音量注意)

自分で同じレベルで破壊しようとすると鉄工ドリルで貫通させる必要があるので大変そうだなと思うなら破壊サービスを利用するのもひとつの方法です。

ーーー

さて、やっとこれから本題の「自分で物理的にHDDを破壊」をしていきますがパソコン無料回収サービスやHDD破壊サービスと比べたら手間も道具も必要になるので自分でいろいろ試したいという人に向いてる方法だと思います。

ハードディスク分解スタート!

さてさて10年以上も蓋を開けていないパソコンの中身はどうなっているでしょうか。

パソコンの中身

予想通りというかあたりまえですがホコリがこびりついてて触りたくない!

写真右側にあるHDDをガコっと取り出して早速分解スタートしていきます!

トルクスネジを外す

まずハードディスクの蓋を外すためにネジを外そうとしたんですがネジ穴が普通の形じゃない!星形!(トルクスっていうらしいです)

トルクスネジ

なんかMacだったら星形(トルクス)のドライバーを使うことがあるって聞いたことはあるんですけど初めて見ました。

自作パソコンをいじる人にとってはトルクスなんて当たり前の形なんでしょうけどね。検索したら結構安い値段でひと通りの特殊ネジ用のセットがあります。

アカウント株式会社

そしてパカっとな・・・と思ったら開かない!

なぜかパカっじゃなくてクルっと回る。

HDDの円盤(プラッタ)が見える。う、美しい。

HDDプラッタが綺麗な様子

隠れたネジ穴を出す

美しいのはわかったけどそんなことより蓋が外れない。

どこかを支点にクルクルと回るのでシールが怪しいと思って剥がしてみると、

HDDの隠れたネジ

ネジが現れました。こんなところにネジが隠れてやがりました。

たぶん「このシール剥がしたら保証が受けられませんよ」的なやつですね。

蓋を外すとついにハードディスクの全貌が現れました。いやー、プラッタ(円盤の部分)めちゃくちゃ綺麗。もう完全に鏡。

HDD中身

たぶん蓋の隠れてたネジはこの真ん中のネジ穴(ステッピングモーターという部分)に止まってたと思われます。

ハードディスクのステッピングモーター

そして円盤の中心のトルクスネジを全部外した姿がこれ。(中心部分はスピンドルモーターというらしいです)

スピンドルモーターのネジを外したところ

そしてHDDを読み取る磁気ヘッド(下の写真左側)。

磁気ディスクとスピンドルモーター

予想以上の造形美に驚きます。

プラッタが外れない

しかしプラッタはがっちり固定されていて外すことができません。

分解してバッキバキに壊したいので見えるネジはすべて外したんですがプラッタは外れてくれませんでした。

裏面にシールに隠されたネジがありましたがこれは星形ではなく引っ掛かりの無い穴だったので回すことさえできず。

ハードディスクの裏面

そこでもっと本格的に壊すべく家の外へ。

青空が写ってる。う、美しい。

ハードディスクと青空

プラッタを破壊

プラッタを取り外せないのでとりあえず表面をいろいろなもので傷つけてみました。

カッターナイフ

HDDをカッターナイフで傷つける

カッターナイフでも一応キズが付く程度の強度みたいです。

カッターナイフの傷跡

ハードディスクはプラッタと磁気ディスクの隙間が10nm(ナノメートル)(0.00001mm)程度浮いた状態で高速回転する超精密なパーツなのでナイフのキズ程度でも読み取りは不可になりそうではあります。

マイナスドライバー

カッターナイフだと表面にキズを付ける程度しかできなかったのでマイナスドライバーでえぐるほどのキズを付けられるか試してみました。

HDDをドライバーで傷つける

おもいっきり突き刺しましたが意外とかなり硬かったですね。

HDDをドライバーで傷つけた跡

トンカチ

ナイフやドライバーなんて小さいものじゃインパクトが少なかったのでトンカチで大きくガッツンガッツンと叩きました。

HDDをトンカチで叩く

そしたらさすがにHDD全体が歪んておまけに景色も歪んだ(笑)

HDDをトンカチで叩いた跡

ペンチ

もうデータの読み取りは確実に不可能な状態になりましたがさらにひん曲げてみようということでペンチでつまんで思いっきり曲げてみました。

HDDをペンチで曲げる

ハードディスクの材質はガラスやアルミがあるらしいですがこれだけ曲がるってことはガラスじゃないのでアルミなんでしょうかね。

鉄工ドリル

最後の最後に鉄工用ドリルで完膚なきまでに貫通しました。ここまでやればさすがに復旧は無理でしょう。

HDDにドリルで穴を空ける

業者が使うハードディスク破壊装置も貫通穴を4箇所空けるパターンが一般的みたいなので鉄工ドリルによる貫通が最も確実な方法のひとつなんでしょうね。

ぶっちゃけドリルで貫通さえさせればトンカチで叩いたりしなくてもOKです。ハードディスクは円盤が高速回転して読み取るものなので穴が空いてるだけで読み取りは困難になります。

なのでドリルだけあればケースの蓋も外す必要なくて外側から貫通させればOKなんですけどね。今回は実験ということでいろいろやってみました。

プラッタが外れない

そう、データの破壊は完全に終わったんですけどこんなことやってる場合じゃないんですよ。プラッタ(円盤の部分)が外れないんですよ最初からずっと。ミッション忘れるとこだった。

しばらくしげしげと見つめていると裏面にいかにも何かがハマってそうな穴が・・・

HDD裏面

ガンガン叩いてみると

HDD裏面の穴をトンカチで叩く

パカッ!ビンゴ!

HDDからプラッタがついに外れた

どうやらこの怪しい穴にHDDの円盤がハマっていたみたいです。円盤が外れた中身はこんなふうになってます。

プラッタが外れた中身

トンカチで叩いた衝撃で派手に割れてますね。赤いコイル?で磁気を操作してプラッタを回すのかな?

HDDがはまっていた中心部分

プラッタは2枚で構成されていたようです。最近は4枚プラッタも当たり前になっているので少ないほうなんでしょうね。

プラッタ2枚構成

これを見てもわかる通りプラッタ(円盤)が何枚もあるのは最近のハードディスクだと当たり前なのでやはり最も短時間で破壊できて有効な方法はドリルで貫通ということがわかります。

トンカチでガンガン歪ませても他のプラッタが歪んでなかったらデータ復旧できる可能性が残ってしまいますね。

ハードディスク破壊で気をつけること

ハードディスクを破壊する時に

鉄工用ドライバーがあると一番楽

最も確実な方法がドリルによるプラッタ貫通なので電動ドライバーと鉄工用ドリルの刃を持ってるかどうかで破壊の簡単さが変わってきます。

鉄工用ドリルは使う機会は多くないと思いますが、電動ドライバーはカラーボックスの組み立てとか、DIYで役に立つことが多いので持ってると結構便利ですよ。

分解にはトルクスドライバーが必要

鉄工用ドリルがない場合は分解するので蓋を開けるためにトルクスネジに使えるドライバーが必要になります。そんなに値段も高くないので電動ドリルに比べたら買いやすい。

隠しネジ

とりあえずハードディスクを分解する時は隠しネジを探しましょう。ただし剥がしたら保証が受けられなくなるので気軽に分解するのはやめておいたほうが良さそうです。今回は壊すから関係ないけど。

プラッタがなかなか外せない

ここまで手間をかけるかは人それぞれだけどプラッタまで外したい人はカナヅチでぶっ叩くなど強めに叩いてみることも試してみてください。

ハードディスク分解に使った道具

今回ハードディスクの分解に使った道具の紹介です。こんなに用意する必要は無いと思うのでほどほどにしておきましょう(笑)

特殊ドライバーセット

ハードディスクの蓋を開けるのに使用。とりあえずトルクスネジをたまにしか使わなさそうだったら1000円程度のトルクス以外もセットになったものを買っておけばほとんどの分解に対応できると思います。

特殊ドライバーを検索

また、今回のハードディスク分解には使わなかったけどこじるような分解の時はこのヘラセットが結構使えます。

ヘラが薄くていろんな隙間に入るんですけど強度が結構あって強くこじっても折れ曲がらないのでおすすめです。

鉄工用ドリル

ハードディスクを徹底的に破壊するためだけに鉄工用のドリルを買う人はいないと思いますが(笑)金属の加工って意外と手軽にできますよ。

鉄工用ドリルを検索

電動ドライバー

鉄工ドリルビットを付けてハードディスクを貫通するのに使えます。DIYで組み立て作業などするならビス止めに使えるだけで組み立てスピードが一気に速くなるので1個持っておくと便利。あまり使わないならバッテリー式よりも電源コードにつなぐほうがコスパは良し。

電動ドライバーを検索

・・・

やり方とちょっとした道具さえ揃えれば意外と簡単に破棄できることが分かったので今後は迷うことも無さそうです。

まとめ

さて、自分でHDDを物理的に破壊してみましたけど勝手がわからずに思ったより大変になっちゃいました。

鉄工ドリルを持っているなら簡単に破壊できるので自分で貫通させたほうが良いと思います。

自分でちゃんと破壊できる道具を持っていない人はHDD破壊サービスを利用するかデータ消去も無料のパソコン無料回収サービスを利用したほうが現実的かなと思います。

↓HDDの分解に使える特殊ドライバーセットのレビューはこちら。
関連:トルクスなど38種類の特殊ドライバーセットAC6088Aレビュー

↓こちらはマウスの分解修理
関連:ロジクールM570の分解とチャタリング修理

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

『ハードディスクを分解して徹底的に破壊!処分方法を実験した結果』へのコメント

  1. 名前:重富 修 投稿日:2016/05/15(日) 09:02:35 ID:a94e31490 返信

    ほかに何か使い道はないか考え中です、磁石は非常に強力なので道具部屋の壁に取り付けよく使うものを引っ付けています、気を付けないと磁石同士で指を挟むことがありました、ディスク自身何か良い使い道があれば教えて

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/05/15(日) 17:12:46 ID:5b2bcd209 返信

      再利用ですか、そうですねぇ。HDDのディスク部分で印象に残っているのは「ものすごく綺麗な鏡」というくらいなので、、、うーん思いつかない(笑)

      磁石は確かに強力ですね。100均でもネオジウム磁石であれば強力ですけどサイズが大きいものとなると値段も高いのでHDDの磁石再利用はなかなか良いかも。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。