かな入力練習ソフト・サイトのまとめ

今やローマ字入力:かな入力=9:1とも言われるほど肩身の狭いかな入力。

練習サイトやソフトも基本的にローマ字入力がベースで、かな入力は対応していれば使えるという位置づけになってますよね。

でも、極めれば速いということは分かっているので、かな入力が練習できるサイトやソフトを探してまとめました。

Webブラウザでプレイする寿司打のようなFlashゲームがほとんどかな入力に対応してないので、パソコンにインストールするソフトが多いですが、それでも練習するには十分な数があります。

広告

タイピングオブザデッド

かな入力はゲーム性の高いサイトがぐっと減ってしまい、練習のモチベーションが保ちにくいという難点があるので、かな入力こそタイピングオブザデッドが向いてるとも言えます。

フルボイスで「タッチタイピングへの道」をわかりやすくレクチャーしてくれるので、まったくの初心者にもおすすめできます。

超上級者になっても楽しめるゲームなので、タイピングソフトを買うならこのタイピングオブザデッド一択。

タイピングオブザデッドのゲーム内容やOS対応などは別記事で書き尽くした感があるので、こちらのページをどうぞ。

関連:タイピングソフトおすすめ10選

イータイピング

⇒ イータイピング | かなタイピング

イータイピングはローマ字入力と同じようなボリュームで練習メニューがたくさんあるのでありがたい存在。

ブラインドタッチ(タッチタイピング)できていない人は、まずはイータイピングの「基礎練習」「応用練習」で見ずにタイピングできるようになるのが良い流れだと思います。

短文5文字練習とかが、日本語でよく使われるワードが出題されるので実用的で良い感じ。

練習メニューがレベル別に細かく分かれているので、どんなに初心者の人でも練習し始めることができるはず。

美佳タイプ

美佳のタイプトレーナ

これからタッチタイピングを練習するという超初心者向け。1文字ずつ指のガイドも見ながら練習できます。

パソコンにインストールするフリーソフトなので、ネットに繋げないパソコンで使えます。

上記ページの中にある「美佳のタイプトレーナ カナ編」リンクからダウンロード。

ただし、かな入力で練習するためには半角カナ文字で入力する必要があり、結構設定がややこしいので公式のQ&A載せておきます。

参考:美佳カナがマイクロソフト社の日本語入力プロセッサーMS-IMEでうまく動きません。

また、単語練習まで進むと、出題される単語の種類に限りがあるので、ブラインドタッチができるようになったと思ったら他のソフトもやることをおすすめします。

P検無料タイピング練習

⇒ P検無料タイピング練習(日本語編)

短文の質が良く、実用的な文章の練習に最適です。

かな入力で練習するためには、スタートを押した後に、入力方式でかな入力を選択。

短文の質としては最も実用的な文章に近く、この文章に慣れれば、使えるフレーズをたくさん覚えられると思います。

タイピング速度測定

タイピング速度測定

入力しやすい文章が多く、出題パターンが少なめなので、ストレスをあまりかけたくない時に良いと思います。

操作性や効果音が快適でタイピングしていて気持ちのよいサイトなので、慣れてくるとついつい長時間練習してしまいがちなので気をつけてください。

画面右上にある「かな入力に切り替える」ボタンを押すと入力が切り替わります。

タイプウェル

タイプウェル

日本語でよく使われる単語を集中的に練習できるフリーソフト。

タッチタイピングができるようになって、本格的にかな入力の練習がしたいなら絶対におすすめ。

何より他のソフトと比べると、「自分が成長してる感」をものすごく感じれるソフトなので、モチベーションの上がり方が全然違います。

ダウンロードするには、「タイプウェル国語K」というところの右側にあるダウンロードボタンから。

打鍵トレーナー

ローマ字入力と比べたらだいぶ少ないけど、いろいろな問題文で公開されています。この中だったら「タイピング無料ゲームスタジオ」が豊富。

注意点として、言語バーの「KANA」というボタンをクリックしないとかな入力で打鍵トレーナーできないので忘れずに。

WeatherTyping

WeatherTyping

パソコンにインストールするフリーソフト。

このソフト独自の点として、「前半ワード」と「後半ワード」があって、それらがランダムに組み合わさって出題されること。

なので、すごい変な文章がこれでもかと出題されて、意外と単調にならずに練習できたりします。

また、自分で作った問題文で練習することも可能。

公式ワードはランキングもあり。

Fighting Typers

⇒ Fighting Typers

パソコンにインストールするタイプでかな入力に対応していて、完成度も高いという数少ないソフトの一つ。

ただし、Shiftを押しっぱなしでも都合の良い入力ができてしまうというシステムの穴もあったりするので、かな入力の基本は理解した上で遊んだほうが良さそうです。(※例えば「や」が出題されているのに、本来なら小さい「ゃ」になるShift押しながらでも正解になってしまう)

PHOTON

PHOTON

こちらもパソコンにインストールするフリーソフト。

速く打てるようになるとめちゃくちゃ気持ち良いタイピングゲーム。BGM・効果音・視覚効果・ゲームシステム、どれをとっても「気持ちよくなる」ように作り込まれているとしか思えない。

逆に、遅いと爽快感はあまりないので、かなり速くなってからプレイするのがおすすめ。

タイプショック

タイプショック

ゲーム画面はかなり古めかしく見えますが、意外と真面目に練習しやすいシステムになってて好印象でした。

特に例文が豊富で、句読点や拗音もバランス良く出題されるので、単語の練習ばかりになるソフトよりは良い練習ができます。

ストーリーモードの他に、延々と練習できるエンドレスモードというものがあるので、もくもくと練習できるタイプの人なら相性が良さそう。

バトタイプ

バトタイプ

ネット対戦ができるタイピングサイト。

なんと、ローマ字入力・かな入力のプレイヤーが入り混じって対戦できるので、純粋に日本語入力のスピードを競えます。

1人で練習した場合は打鍵トレーナーと似たような感じ。

あえて気になる点を挙げると、単語モードの時は、単語間にスペースを入力しなくてもミスにならないため、実際の漢字変換のリズムのことを考えたらタイプウェルみたいにスペースが必要な方が実用的かなと思いました。

成功タイピング

成功タイピング

問題文の種類はものすごく多い。けど、切り替えと読み込みが結構めんどくさいし、1個あたりの問題文のパターンは少なくて単調になりがちなのでモチベーションの維持が微妙かも。

まとめ

ローマ字入力と比べてかな入力は寿司打みたいなFlashゲームがほとんど対応していないので、どうしてもパソコンにインストールするソフトのほうが充実してます。

ただしインストールするソフトの場合は新しいOSで対応できるのか不安が続くので、かな入力が安心して練習できる環境を長続きさせるのは難しいですね。

とりあえずいろんなサイトやソフトを試してみてください。個人的にはやっぱりタイピングオブザデッドが超初心者から超上級者まで満足度が高いのでダントツでおすすめ。

↓ダウンロード版


The Typing Of The Dead

ーーー

↓ローマ字入力の練習サイトまとめはこちら
関連:タイピングの練習におすすめの無料ゲームとフリーソフトまとめ

↓英語のタイピングも練習したい人はこちら
関連:英語タイピング練習サイトとフリーソフトまとめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告
広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。