YouTube収益化の新基準をクリアするための分析|1,000人のハードルがやっぱり厳しい

2018年2月20日からYouTubeを収益化するための基準が大幅に引き上げられることが話題なので、収入を得るのがどのくらい難しいのか分析してみました。

↓YouTubeクリエイターブログより引用。

新たなチャンネルが収益化を有効にするためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であり、かつ、チャンネル登録者数が 1,000 人以上いることが必要となる新しい条件を設けます。

引用:日本版 YouTube クリエイター ブログ: クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP)の新たな変更点に関するお知らせ

↓主な基準は以下のふたつ

YouTube収益化の基準
  • チャンネル登録者1,000人以上
  • 過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上

2017年4月に始まった基準(総再生回数10,000回)はそんなに厳しくなかったんですけど、2018年2月からの新しい参加基準は、特にチャンネル登録者の審査が厳しそう。

分析したデータからも明らかで、基準を超えられるかどうかはチャンネル登録者1,000人を突破できるかどうかで左右されそうです。

どうやって再生数を伸ばせば良いのか、という記事も書きました。合わせてご覧ください。

↓ちなみに筆者のYouTubeチャンネルはこちらです。今までの運営の経験を元に記事を書いています。

スポンサーリンク

チャンネル登録者1,000人ってどのくらい難しいか

厳しい厳しいと言われるチャンネル登録者1,000人という参加基準。いったい1,000人だと上位何%くらいになるのか、調べてみました。

分析に使用するのはSOCIALBLADEというサイト。

YouTubeを分析するサイトの中では最も登録数が多く、YouTubeチャンネルの細かい情報をほぼリアルタイムで見ることができます。

この記事を書いている時点でSOCIALBLADEに登録されているチャンネルは21,075,277個。パッと見でわかりにくいくらい桁が多いんですが、約2,100万のチャンネルが登録されています。(2018年1月18日時点)

それに、SOCIALBLADEにはチャンネル登録者5人未満のチャンネルは登録できないようになっているので、登録されているのはほぼ動画投稿者のみになっていて、その点でも今回の分析に適しています。

分析する方法は面倒だけど単純。チャンネル登録者がピッタリ1,000人のチャンネルの順位を、SOCIALBLADEに登録されている全体のチャンネル数(約2,100万)で割り算すると、上位何%のポジションにいるのかわかります。

ーーー

ということでチャンネル登録者がピッタリ1,000人のチャンネル見つけました。(チャンネルはわからないように、その他の情報は隠してあります。順位は変わるので特定することはできません。)

  • チャンネル登録者1,000人
  • SOCIALBLADE内のランク2,354,015位
  • SOCIALBLADE全体のチャンネル数21,075,277個

2,354,015 ÷ 21,075,277 = 0.1116…

計算した結果、チャンネル登録者1,000人は、上位11%くらいのポジションになりそうってことがわかります。

しかもSOCIALBLADE上に登録されているチャンネルは、小さいものほど登録されていないことが多くなるので、実際はチャンネル登録者1,000人だと11%よりもさらに上位になるのは確実だと思われます。

ーーー

さらにあとで詳しく書くけど、1,000人になるまで1年以上かかることは当たり前、1,000人まで収入はゼロで、収益化できたとしても一体どのくらいの収益になるのか分からないまま突き進まなきゃいけないので、1000人になるまでモチベーションを保つのがはっきり言って厳しすぎます。

そう考えるとYouTubeがぶち上げてきた、収益化のためにチャンネル登録者が1,000人必要というハードルは、やっぱりかなり高いってことがわかりますね。

YouTubeチャンネル登録者数の割合

せっかくなのでチャンネル登録者数の分布がどのようになっているのか、他の人数もかなり細かく分析してみました。

区切りの良いチャンネル登録者数を探し、全体のSOCIALBLADE登録数(21,075,277)で割り算して、上位何%なのか計算しています。

※ただし1,000人まではたくさんいるのでピッタリのチャンネルを見つけられましたが、それ以降は0.05%くらいの誤差があるのでご了承ください(10万人で前後50人くらいなので、ほとんど無視できる誤差だと思います)

小さいチャンネルはもっと多い

さっきも書きましたが、あくまで「SOCIALBLADEに登録されているチャンネルだけで集計」しているので、登録者数が少ないチャンネルほどSOCIALBLADEに登録されてないことが多く、実際はもっと偏りが激しくなります。

登録者数 SB順位 上位%
100 8683358 41.202%
200 6099032 28.939%
300 4876607 23.139%
400 4134417 19.617%
500 3629706 17.223%
600 3246208 15.403%
700 2950548 14.000%
800 2714180 12.879%
900 2520144 11.958%
1,000 2354015 11.170%
2,000 1452189 6.890%
3,000 1077691 5.114%
4,000 866570 4.112%
5,000 730720 3.467%
6,000 633939 3.008%
7,000 561721 2.665%
8,000 504983 2.396%
9,000 459741 2.181%
10,000 421586 2.000%
20,000 288922 1.371%
30,000 171300 0.813%
40,000 134458 0.638%
50,000 111300 0.528%
60,000 95258 0.452%
70,000 83574 0.397%
80,000 74480 0.353%
90,000 67200 0.319%
100,000 61500 0.292%
200,000 32100 0.152%
300,000 21300 0.101%
400,000 15700 0.074%
500,000 12500 0.059%
600,000 10000 0.047%
700,000 8320 0.039%
800,000 7150 0.034%
900,000 6180 0.029%
1,000,000 5468 0.026%

↓これを「0人~100人」のように区間分けすると、以下のような円グラフになります。

ーーー

↓このうち100人から1,000人の推移だけを見ても、1,000人どころか、100人の時点ですでに半分よりも上位(41.2%)になってますね。

登録者数 SB順位 上位%
100 8683358 41.202%
200 6099032 28.939%
300 4876607 23.139%
400 4134417 19.617%
500 3629706 17.223%
600 3246208 15.403%
700 2950548 14.000%
800 2714180 12.879%
900 2520144 11.958%
1,000 2354015 11.170%

チャンネル登録者が少ないチャンネルほどSOCIALBLADEに登録されていないことが多くなるので、このグラフの左側は、実際はもっと多くなります。

「過去12ヶ月4000時間」に必要な再生回数

もう一つの基準についても書いときましょうか。

過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上

ってことですけど、普段目にする数字は「再生回数」のほうなので、時間で書かれてもイマイチピンときません。

平均視聴時間が分かれば簡単に計算できるので、動画を投稿している人は自分のアナリティクスの平均視聴時間を見てみてください。

アナリティクスの平均視聴時間は分単位なので、割り算しやすいように4,000時間×60=240,000分を計算に使います。

この240,000分を平均視聴時間(分)で割り算すると、1年間に必要な再生回数ということになりますね。

平均視聴時間が2分なら、240,000÷2=12万回(年)=1万回(月)が必要な再生回数になります。

平均視聴時間ごとの必要な再生回数は以下の通り。

平均視聴時間(分) 必要な再生回数(年) 必要な再生回数(月)
1 240,000 20,000
2 120,000 10,000
3 80,000 6,666
4 60,000 5,000
5 48,000 4,000
6 40,000 3,333
7 34,285 2,857
8 30,000 2,500
9 26,666 2,222
10 24,000 2,000

なぜ「再生回数」ではなく、「再生時間」が基準になっているかというと、たぶん、チャンネル登録者と再生回数はツールで簡単に水増しできてしまうので、ズルしにくいように「再生時間」を基準に組み込んでいるんだと思います。

もし不正にツールを使って時間を増やそうとしても時間がかかりますからね。ある意味、防波堤として非常に重要な役割を持ってそうです。

ーーー

さて、ここまで書いてきたことを踏まえて、

  • チャンネル登録者1,000人
  • 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上

どちらの基準を達成するのが難しいでしょうか。今まで様々なチャンネルのSOCIALBLADEを見てきた限りでは、チャンネル登録者1,000人のほうが難しいと感じている人が多い印象でしたが、どのようなチャンネルを運営しているかでも変わってきそうです。

検索や関連動画からの流入が見込めるような、情報として需要がある内容であれば、1ヶ月の再生回数が数万回のチャンネルはよく見かけることがありました。

そのようなコンテンツありきの内容だと、その情報を探している人が多くて再生回数はあっても、満足(問題が解決)したら離脱してしまうという理由で、チャンネル登録者を伸ばすのが難しくなります。

逆に顔出しYouTuberやVtuberのように、人物(キャラクター)に対する人気が重要になってくるチャンネルだと、先にチャンネル登録者の基準を超えることがあるかもしれません。

例えば、VtuberはFaceRigなどの上半身だけ動かすタイプだと物体を表現できる幅が極端に狭いので、キャラクターそのものがますます重要な要素になり、ゲーム実況もしくはラジオ形式の雑談を「◯◯さんだから見る」という動機で視聴するパターンが多くなります。これだと相対的にチャンネル登録者は伸びやすくなりますね。キャラクターありきの視聴で配信(生放送)を主軸にするなら、再生回数は気にせずに一人あたりの視聴時間を長くしてスパチャで収益性を高める方向でも良いのかもしれません。

モチベーションが下がる問題

YouTubeクリエイターブログには、影響を受けるチャンネルについて以下のように書かれています。

このたびの変更により相当な数のチャンネルが影響を受けることが予想されますが、そのうち 99% は年間の収益が 100 ドル未満のチャンネルで、その 90% は先月の収益が 2.5 ドル未満であったことがわかっています。

引用:日本版 YouTube クリエイター ブログ: クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP)の新たな変更点に関するお知らせ

ざっくり日本円に換算してまとめると、

  • ほぼすべてのチャンネルが年間収益 約11,000円未満
  • 90%のチャンネルが月間収益 278円未満

ということになり、しかもお支払い基準額 – AdSense ヘルプによると、収益の振込は8,000円を超えてからになるので、収益をまだ受け取っていないチャンネルも多いんじゃないかと思います。

なので元々「YouTubeの収入が無くなると生活ができなくなる」という人はほとんどいなくて、「収益発生するのが面白かったのに楽しみが無くなるやん。やる気なくすわー」という人のほうが多いように思います。

確かに全然生活できる収入じゃなくても、なんか自分の投稿した動画から収益が発生するってプライスレスな面白さがあるので、突然無くなると愚痴の一つも言いたくなります。

それに年間数千円だったとしても動画に使う機材を買ったりできるので、より良い動画を作ろうという動機付けにもなります。

なので、心配なのはニッチなジャンルで一生懸命活動している人のモチベーションが落ちて、更新をやめてしまうんじゃないかということ。

元々視聴者が少ないジャンルだと、高クオリティな動画を投稿していてもチャンネル登録者が1,000人に満たないことがよくあります。

できればそういうクリエイターの動画は情報として役に立つことが多いのでやめてほしくないですけど、動画投稿って撮影や編集に手間がかかることなので、モチベーションが高くないとなかなか継続できません。

かと言ってチャンネル登録者はすぐに増えるものじゃないので、1,000人未満で収益がそこそこあった人はいったいどうすりゃいいんでしょうか。

動画がしっかりしていて1,000人までもう少しなら続けられるでしょうけど、例えば300人くらいで、増えるペース的に1,000人に到達するのが1年後になりそう、という状況だとつらい。

そういうことを考えると今回のYouTubeの決定は結構過激で、金額以上に衝撃を受けているクリエイターが多いだろうと思います。

どうやったら新基準をクリアできるのか

ここまで長々と「新基準がどのくらいの難しさなのか」ということについていろいろと分析してみましたけど、じゃぁ実際に基準をクリアするために何をすればいいのか・・・。

当然ですけど、YouTubeのチャンネル登録ってその人の動画を次も見たいから登録するのであって、まずは自分の動画を見た時に次も見たいと思うかどうか客観的に見ることが大事ですよね。

あと、そもそも自分の投稿しているジャンルの動画は、YouTubeの視聴者が多いジャンルなのかどうか。(→例えば、同じようなジャンルで上位の動画の再生回数が多いかどうかで判断)

そして、競争相手がどのくらいいて、その人たちはどのくらいのクオリティの動画をアップしているのか。(ただし強い人がいるのは悪いことばかりじゃなく、2番手以降でも関連動画からの流入が見込めるメリットも有る)

そういう外部要因にも強く影響を受けるので、当然その条件が良いほど、クオリティが高くなくても見てもらいやすくなります。

そういう意味ではゲーム実況はレッドオーシャンなので、差別化できるもの(プレイの上手さ・編集・トーク・知識・ゲーム好き・声・新作ソフト・人気ソフトの選択眼)などを持っていないといくら頑張っても伸ばせません。

とにかくがむしゃらに良い動画を作ろうとするより前に、まずは検索や関連動画に出てくるチャンネルの動画をいろいろ見て、自分と何が違うのかよく観察することが大事。

そして、もし「自分には無理っぽい」と思った時にどうすれば良いのか迷ったら、好きだったり伝えたい事があるならお金のことを考えずにやれば良いと思います。同じような人と交流できるし、お金以上のメリットがあるはず。

逆にお金が最優先の場合は稼げないとモチベーションが下がるので、自分のできることやジャンルの条件の良さを吟味して、良いジャンルを探し、良い切り口を考えましょう。(どっちみち動画を投稿してみないとわからないことのほうが多いですが)

ただしぶっちゃけ、お金最優先は単純に難しくて運にも左右されるし、手間もかかるのでおすすめできません。とてもじゃないけど結果が出るかどうか分からないのにモチベーションを保ち続けるのが大変でしょう。

なので、結局収益のことを考えない人のほうが1,000人に到達しやすいと思います。

登録者1,000人だとどのくらいの収入になるのか

これはあんまり鵜呑みにしてほしくないですけど、自分はチャンネル登録者1,000人の時点(2015年10月)で1ヶ月の再生回数が約5万回、収益はだいたい樋口一葉さんが1枚、まさにお小遣いという感覚です。

道のりはたぶん普通の人より長く、最初の動画を投稿したのは2009年6月。最初の3ヶ月で一気に53個の動画を投稿していたけど、そこからほぼ動画投稿はせず、2014年6月まで約5年間でチャンネル登録者は152人、月々の収益は数百円ほど。8,000円を超えないと振り込まれないので、1年以上収入にならない状態でした。お金目当てだったら絶対やめてたと思います。

2014年7月から何となく動画を撮りたくなったので、3ヶ月で186個ほどの動画をアップ。そこから徐々に伸びていき、2015年10月にチャンネル登録者1,000人に到達。約850人増やすのに1年3ヶ月かかった計算になります。

ーーー

なんか文字で書くとあっさりしてますが、機材と知識と試行錯誤が必要なので、1,000人の時点でも確実にお金の面では損してると思います。

収益目当てだったら全く割りに合っていません。面白さややりがいが無いと、とてもじゃないけど続けられないでしょう。

年単位でやっても面白いと思えるなら登録者1,000人は超えられると思います。

ちなみに、収益はチャンネル登録者数と比例するわけじゃないので、実際に収益化してみないとどのくらいの収益になるのかわかりません。

そういう意味では、1,000人になるまで収益額が全然分からないのに、収益目当てて突っ走るのはモチベーションを保てません。

チャンネル登録者が少なくても再生回数が多い人もいるし、その逆の人もいるし、また、動画のジャンルによって配信される広告が変わる(単価が変わる)、視聴者層が変わる(クリック率が変わる)ので、まったく予想ができません。

なので、まだ登録者が1,000人まで遠い人やこれから始める人は、収益を目当てにすること自体おすすめできない状況になっています。お金じゃない楽しみを見つけるのが一番良いんじゃないでしょうか。

グレーな動画は新しく始めにくくなる

テレビ・アニメの無断転載や、ネット上のコンテンツをパクった字幕スクロール動画など、お金儲けのためにグレーな動画を投稿する側の気持ちになったらよくわかると思いますが、新しく始める場合、これからはチャンネル登録者が1,000人になるまで収益化できず、収益率もわからないまま、しかも1,000人になっても審査に通らなかったらそこまでの作業がすべて無駄になるので、お金を稼ぐ手段としては非常にリスキーになると思います。

しかもこれらの手法はトップページ・関連動画・検索からの爆発的なアクセスが頼りなので、今まではすぐに収益化できていましたが、それが1,000人になるまで収益ゼロなので、作業が非常にしんどくなります。

YouTube運営は違反ビデオの対策チームを1万人に増員することを発表していて(現状の25%増)、YouTubeの規模からして妥当なのか疑問、という議論もあるみたいですが、果たしてどうなるか。

今後、上記のような手法のチャンネルが審査に通るかどうかで変わってくると思います。(YouTubeはなんだかんだ著作権違反の動画も放置しているので)

ということで、個人的にはお金最優先でグレーな動画を投稿する作戦は、長い目で見ると愚策になりそうな気がします。

相互チャンネル登録や登録者の購入は違反

そして他にも気をつけないといけないこととして、チャンネル登録者1,000人にもう少しだからといって、相互チャンネル登録をTwitterで呼びかけたり、チャンネル登録者を買うことは違反になるので、やらないように気をつけてください。

SOCIALBLADEで登録者の増減を見ると不正が簡単にわかりますし、公式ヘルプにもはっきりと書かれています。

別のクリエイターのチャンネルに登録することの見返りとして、自分のチャンネルへの登録を提案すること(Sub4Sub とも呼ばれます)は許可されていません。相互チャンネル登録を提案したクリエイターは、チャンネル登録者数が減らされたり、利用規約違反警告を受けたり、チャンネルが停止されたりするおそれがあります。

また、自動化された方法やマーケットプレイスを利用して YouTube チャンネル登録者数を増やそうとするサービスは、YouTube 利用規約の以下の条項に違反します。

第三者のウェブサイトからチャンネル登録者を買うこと
第三者のウェブサイトで提供される、複数のチャンネルに登録させる代わりにチャンネル登録し返す相互チャンネル登録と、そのサービス

引用:チャンネル登録者数 – YouTube ヘルプ

ただ、そうは言ってもTwitterでは相互登録が当たり前のようにやり取りされているし、事実上は運営もスルーしているように見えますけどね。

それに、相互登録については以下のようにも書かれているので、相互し合う間柄によってはOKで、線引きはそこまで厳格に決められてはいません。

友だち同士でチャンネル登録することや、視聴者にチャンネル登録を呼びかけることは問題ありませんが、相互チャンネル登録の一環としてチャンネル登録を行うことは許可されていません。

少なくともYouTubeやTwitterで不特定多数に相互チャンネル登録を呼びかけるのは違反ということは知っておいたほうが良いと思います。

まとめ

もうすでにお金を稼ぐための市場としてはそんなに魅力的じゃ無くなりましたね。

何かで差別化できないと、埋もれて時間の無駄になるので、お金以外の楽しみを感じる人じゃないとおすすめできません。

ツールとしては優秀なので、今まで投稿したことがない人も、最初は収益化のことを考えずにやってみたら良いと思いますよ。

最後に、自分のチャンネルを貼っておきます。

この記事も実際にYouTubeチャンネルを運営しているからこそ書けているので、照らし合わせると面白いと思います。

ーーー

関連:一つの動画で100万回到達|どうやって再生数を伸ばせば良いのか

関連:YouTubeとニコニコ動画の違い

関連:YouTubeビデオカメラと外部マイクについていろいろ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『YouTube収益化の新基準をクリアするための分析|1,000人のハードルがやっぱり厳しい』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/02/03(土) 21:37:40 ID:2a01fa0fb 返信

    結局,収益目的ではなく自分の趣味範囲で動画を続けられるかどうかが鍵なんでしょうかね.それで,ある程度視聴者が付けば小遣い程度にはできる.
    今有名になっている方々も,もちろん初めから収入目的という方もいらっしゃいますが,大半は5年10年と長く継続されてきた方々だと思います.
    「継続は力」なりという言葉がありますが,YouTubeはまさにそれだと思います.チャンネル登録者1,000人を問題にしているようではどうにもならないようになってきているんでしょうね.実際,特定の主題を持ったチャンネルでなければ飽和状態ですし.

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/04(日) 00:04:16 ID:cd7e50927 返信

      そうですね。趣味の動画で収益を得るなら、続けられるかどうかはかなり重要になりそうに思います。

  2. 名前:上手い棒 投稿日:2018/05/07(月) 11:35:24 ID:93cef65e1 返信

    時折、再生回数が少ないのにチャンネル登録者数が、
    やたら多いと言う動画チャンネルがありますが、
    まぁ、それなりにユーチューブを見ている人であれば、
    買ったと分かりますし、結局、そのようなやり方は自分が損をすると思います。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/07(月) 16:36:25 ID:3bc932769 返信

      そうですね、今のYouTubeの仕様だと、チャンネル登録者を買ってもリスクが増えるだけだと思います。

      ちなみに「再生回数が少ないのにチャンネル登録者数がやたら多い」チャンネルは、長時間生放送主体だったり、元々知名度のある人が開設した時だったらありえるかもしれないので、最終的な確認はSOCIALBLADEというサイトでしたほうが良いと思います。

      チャンネル登録者を買っている場合は、普段ほとんど増減がないのに、1日だけ数百人単位で増えたりしています。(買っていなくて本当に話題になっている場合は1日数百人増えたとしたらその後数日間は余波が続くので違いがわかります)

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/05/29(火) 15:20:34 ID:b9cc76bee 返信

    3年で登録者500人、年に2万くらい収益があったのに
    それがゼロになって金額の多寡よりモチベーションが
    凄い下がる、登録者数よりも個々の動画の価値を重視してほしい

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/07/22(日) 20:32:25 ID:99b34d47f 返信

    でも個々の動画の価値ってイコールチャンネル登録者数なんじゃないの?

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/11/26(月) 01:41:59 ID:043787ddb 返信

    なんやかんや登録者は1500人近くなんだけど1300時間しかされてないんだよなぁ・・・そう考えると俺はやっぱ動画再生時間のほうが難しい気がする・・

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。