【YouTube】一つの動画で100万回到達|どうやって再生数を増やすか

YouTubeに投稿している一つの動画が100万再生に到達しました。(チャンネル全体では登録者数5,500人、約550万回、動画数は約300個)

↓100万再生になった瞬間のツイート。

もうすぐでブログ書く書く詐欺になるところでしたけど、重い腰を上げて、「なんで100万再生もされたのか分析」とか「再生回数を増やすコツ」とかをまとめていきます。

ちなみにYouTube関係で最も関心が高いであろう広告収益に関しては、当然100万回も再生されればある程度ありますが、もともとそれ目的で投稿していないし収益率も低めなので、「お金目的だと割に合わないよ」というスタンスです。

アドセンスの規約的に、収益やPVなどの公開は禁止されてるっぽいので、関連動画などの流入別の再生回数は削除しました。まぁ具体的な数字が分からなくても、

・検索は意外と少ない
・関連動画が一番多い
・トップページ掲載はボーナス

ということくらいを覚えて読み進めていけばOKです。

スポンサーリンク

100万回再生された動画

100万回再生されたのは、「寿司打」というタイピングゲームの動画です。ユーチューバーもよく遊んでますね。

え?なんでこの動画が?と思うようなクオリティだと思いますが、実はクオリティはあんまり関係ありません。見る人にとって必要なクオリティがあれば十分です。それよりも、誰にとって、何のための動画なのかのほうが大事。

再生された理由は分析によってわかっている部分も多いので、逆に、趣味の動画を投稿している人にとっては参考になる部分が多いかもしれません。

2018年2月時点
  • 2014年6月に投稿(約3年半で100万再生)
  • YouTube検索「寿司打」で2位
  • Google検索「寿司打」で1ページ目、動画の中で1~3位
  • 関連動画からのアクセスがほとんど
  • トップページのおすすめに掲載されることがある
  • SNS流入はほとんど無い
  • 急上昇」に掲載されたことはない

その後少し変化があったので追記。

2018年10月時点
  • 1年前くらいからYouTube検索が微増し続けている
  • Google検索はアクセス数に変化なし
  • Google検索の表示がタイル状に変わった
  • 2018年7月辺りから関連動画からのアクセスがかなり減ったので全体のアクセス数が減った
  • たまにトップページのおすすめに表示されてアクセス爆発することはある

おそらく「急上昇」以外の掲載はすべて経験しているので、アクセスが増えるきっかけのヒントになるんじゃないかと思います。

上の内容から、今回は以下のことについて分析していきます。

YouTubeの流入元
  • 検索系
    • YouTube検索
    • Google検索
  • リコメンド系
    • 関連動画
    • トップページ

趣味の動画だったら、最初のうちは検索系が上位にしやすく、評価が高まってくるとリコメンド系に表示されるようになり、安定したアクセスが増えます。

※SNS系は自分がそんなに強くないので検証できませんが、今回は必要ありません。

ちなみに、アクセス解析の「YouTubeアナリティクス」と、「YouTubeクリエイターアカデミー」と呼ばれる公式ヘルプ的なページを多用するので、自分の動画と照らし合わせながら役立ててみてください。

注意点としては、「◯◯すれば再生回数が伸びる」という即効薬ではなく、試行錯誤の方法について書いているため、かなり気合を入れて動画投稿をする人には向いてますが、簡単に再生回数を増やしたいという人には全く向いていません。

また、この記事を書いた後も突然アクセス元が変化することもあったので、「書いてあることが正解というわけではない」ということは重々承知しておいてください。

YouTubeの再生回数を増やす要素

YouTubeが再生される入口についてもう1回載せておきます。

YouTubeの流入元
  • 検索系
    • YouTube検索
    • Google検索
  • リコメンド系
    • 関連動画
    • トップページ

それぞれ、チャンネルや動画の成長度合いによって有効な方法が変わってくるので、自分のチャンネルの規模も照らし合わせて読んでみると、動画づくりの参考になるかもしれません。

YouTube内検索

実は、YouTubeでは(Googleほど)ユーザーが「検索」そのものをあまりしていません。

検索よりも、トップページの「あなたへのおすすめ」や、再生動画の横に表示される「関連動画」など、タップで次々と動画が見られるリコメンド機能のほうが絶対数が多いと思われます。視聴端末がスマホやタブレットだとその傾向がさらに強くなりそうですね。

今回分析している寿司打の動画も、関連動画からの再生と比べたら、検索からの再生は微々たるものです。(ただし関連動画が減れば逆転することもあります)

なので、検索上位になっても意外とアクセスは多くないことがありますが、自分のチャンネルが弱いうちは(相対的に)上位表示しやすいというメリットもあります。

なぜなら、後述する「関連動画」や「トップページ」からの再生ほどハードルが高くなく、キーワードとの関連性が重視されるからです。

Google の検索エンジンと同様に、YouTube の検索は、キーワード クエリへの関連性が最も高い結果を表示します。動画のランクは、タイトル、説明、動画コンテンツが視聴者のクエリにどれだけ一致するかなど、さまざまな要因に基づいて決まります。

引用:チャンネルを発見しやすくする – YouTube

実際、YouTube検索「寿司打」の結果は、投稿2ヶ月目くらいですでに上位になって、嬉しいと思う程度には再生されましたが、その後検索からの流入はほとんど変わらず3年間くらいそのままだったので、チャンネルや動画が弱くても検索の上位は狙いやすいことがわかります。

定期的に有名YouTuberが寿司打動画を投稿しても順位があまり変動していないので、チャンネルの強さよりも、「検索キーワードに対する関連性の高さ」のほうが重要視されていると実感します。

どのくらいアクセスされるのかは、そのキーワードで検索する人たちがどれだけいるのか、他チャンネルがどれだけ強いのか、自分の動画がどのタイプに属するのか、などに影響を受けるため、事前に検索してみて、検索結果をチェックすれば、何となく予想することができます。

クリエイターアカデミーのコンテンツ戦略を評価する – YouTubeによると、動画には「娯楽・教養・刺激」の3つのタイプがあり、寿司打はタイピングの練習として見れば教養、タイピングゲームとしてみれば娯楽、に属することになり、「寿司打」という検索キーワードには両方の可能性が含まれます。

タイトル・説明文をしっかり書く

YouTubeで検索されることを考慮すると、動画タイトルと説明文は重要です。(特にタイトルはダイレクトに影響します)

もったいないタイトル

たまに「2018 01 01 23 59 30」 みたいな、あまりにももったいないタイトルもあるので、せめて「内容がわかるタイトル」を付けると改善されます。

↓以下、クリエイターアカデミーの参考になるページ。かなり具体的に書いてくれているので、今までタイトルと説明文が面倒だと思っていた人は必読です。

  • 動画のタイトル、タグ、説明はコンテンツを正確に表しているか
  • 動画のタイトルの先頭に最も重要なキーワードがあるか
  • 動画との関連性が高い順にタグを並べているか
  • 検索されやすく、わかりやすい説明を動画に付けているか

引用:発見しやすさを評価する|メタデータを新規投稿して発見しやすくする – YouTube

↓検索されやすい説明文について。

  • キーワードを並べるだけではなく、自然な表現で動画の概要を伝えましょう。
  • 特に重要なキーワードは、説明の最初の部分に入れましょう。
  • 動画を説明する中心的なキーワードを 1~2 語決めて、説明とタイトルの両方で目立つように使いましょう。
  • Google トレンドや AdWords キーワード プランナーを使用して、人気のキーワードやその類義語を探しましょう。自分の動画ができるだけ多くの検索結果に表示されるように、これらのキーワードを説明に含めましょう。
  • 動画と関係のないキーワードは使用しないでください。視聴者の期待を裏切るだけでなく、Google のポリシーに違反することにもなりかねません。

引用:スマートな説明を書く|検索されやすい説明を書く – YouTube

特にタイトルは検索のアルゴリズムに利用されるだけでなく、検索結果・関連動画などの表示で、タップされるかどうかにも影響してくるので、説明文よりもタイトルが重要になります。

  • タイトルは簡潔(60 文字以内)にし、最も重要な情報を先頭に置きましょう。
  • エピソード番号やブランド名は最後のほうに入れましょう。
  • 関連動画、検索結果、モバイルに表示されるときにタイトルが途中で切れてしまわないか確認しましょう。

引用:効果的なサムネイルとタイトルを作成する|目を引く的確なタイトルを付ける – YouTube

まとめると、無名な時こそ検索されることを意識して、初期のアクセスを積み重ね、関連動画に掲載されるための評価をためる、というのが一つの流れになります。

Google検索

Googleの検索結果にも動画が表示されることがあるので、動画の内容によってはこっちのほうがアクセスが多いこともあるかもしれません。

でも「寿司打」はYouTube検索よりもGoogle検索のほうがさらに少なく、ほとんど影響がありませんでした。

※2018年10月追記

いつ切り替わったのかわかりませんが、Google検索での動画表示方法が変わっていました。タイル上になっているので、少しYouTubeの見た目に近くなりました。また、順位が公式サイトの次に上がっています。

ーーー

いろんなパターンがあるので一概に言えませんが、YouTube検索で上位の動画はGoogle検索にも表示されます。

1ページ目に表示されるとは限りませんが、YouTubeのドメインは割と優遇されていて、他の競合サイトが強くても、割と上位表示されることがあります。これは検索キーワードにたいして、「動画を見たい」という需要が大きいワードほどその傾向が強いかもしれません。寿司打なんかはその可能性はありそうですね。

Google検索で「~する方法」的な検索をしていて、動画が役に立つ答えになっているなら有効なアクセスが増えるかもしれません。

ただし、どっちみちYouTube検索で2位以内じゃないとあまり意味が無いので、Google検索のことはそこまで意識しなくてもいいでしょう。

関連動画

いよいよ再生回数のほとんどを占める「関連動画」の分析です。100万再生のうち関連動画からの再生が過半数を占めます

ちなみに関連動画は、PCだと画面右側、スマホだと画面下に表示される部分です。関連性の高い動画や、視聴履歴から判断されたおすすめの動画が表示されます。

※しかし、記事を修正するために再度チェックしてみると、関連動画に表示される動画がかなり様変わりしていたのでそれについて書きます。

関連動画アルゴリズム変更?

2018年10月追記

関連動画には、およそ寿司打との関連線が高いとは思えない動画ばかりが並んでいました。(Chromeのシークレットモードで見ているので自分の視聴履歴は影響を与えてないはずにも関わらず)

7月から関連動画のアクセスが減った原因かどうかはわかりませんが、視聴者の立場として見ても、このような動画よりは、今見ている動画と関連性が高い動画を提示してほしいなと思いますね。アルゴリズムが変わってしまったのなら残念なことです。

ーーー

話は初期の関連動画に戻ります。

寿司打の場合は投稿してから1年半後くらいから、他動画の関連動画に表示され始め、流入が多くなり、安定しました。

再生回数はYouTube検索よりも関連動画のほうが遥かに多く、検索の50倍くらいが関連動画からの再生になっていました。

ただし、再生数の多い動画の関連動画として表示されないと増えないので、割と他力本願なところが弱点とも言えます。

つまり、ジャンル全体の人気が少ないと、関連動画からのアクセスも少なくなります。

関連動画からのアクセスを期待するなら、あらかじめ関連性の高そうな人気の動画があるかチェックするのも大事になってきますね。

寿司打の場合はフリーゲームとしてそこそこ人気があったのに加えて、有名ユーチューバーが時々動画ネタとしてプレイするので、関連動画に関しては割と条件が良かったほうだと思います。

ーーー

ちなみにクリエイターアカデミーには、どのようなアルゴリズムで視聴者に最適な動画を選んでいるのか記載されています。

  • 視聴者がどのような動画を見ているか
  • 視聴者がどのような動画を見ていないか
  • 視聴者がどれくらいの時間見ているか
  • 動画への高評価、低評価
  • [興味なし] のフィードバック

引用:チャンネルを発見しやすくする|視聴者をフォローするアルゴリズム – YouTube

このうち、どのような動画を見ているのかは視聴者の好みなのでどうすることもできませんが、「視聴時間」と「評価」は、動画の内容によって高めることができる部分です。

他の良質な動画が現れたら関連動画枠を奪われる可能性があるかもしれませんが、そもそも関連動画に表示されるようになるためのハードルはそこそこ高いと感じるので、競争の激しいジャンルじゃないと、ほとんど入れ替わることがないと思います。

ーーー

これらのことを考えると、投稿直後からたくさん再生と評価をしてもらえる有名チャンネルだと関連動画に表示されるまでの期間が短く、むちゃくちゃ有利ってことがわかりますね。

寿司打の動画は結果的に100万再生ってすごく見えるかもしれませんが、関連動画に表示されるまで1年半は閑古鳥が泣くような状態で、しかも伸びるかどうかもわからずやってるので、確実性(再現性)は低いです。

再生時間や評価が指標になるとは言え、具体的な基準がわからない状態でやるのはなかなかしんどいと思います。

トップページ(あなたへのおすすめ)への掲載

具体的な基準はわかりませんが、各ユーザーのトップページの「あなたへのおすすめ」などに動画が掲載されることがあります。

視聴者がホーム画面にアクセスすると、その視聴者が登録しているチャンネルの動画や、趣向が似ている他の視聴者が見た動画などが表示されます。動画の選択には、次のようなデータが考慮されます。

  • パフォーマンス — 嗜好が似ている他の視聴者による動画へのエンゲージメント度と満足度。
  • 視聴者の再生と検索の履歴 — 視聴者がチャンネルやトピックをどのくらい頻繁に再生しているか、またそれぞれの動画を視聴者に何回表示しているか。

引用:チャンネルを発見しやすくする|ホーム – YouTube

トップページ(ホーム画面)に掲載される基準は、動画に対する「エンゲージメント度と満足度」という、ふんわりした表現になっているのでわかりにいですね。

満足度に関わってきそうな指標を考えてみると、視聴時間・評価・コメント数・シェア数・再生リストへの追加数、、、っていうかユーザーが起こす行動全部が満足度に関わってくるので断定できません。

自分が投稿している他の動画を見ても、関連動画よりもトップページ掲載のほうがかなりハードルが高く、そのぶん、再生の爆発力もとんでもなくなります。

トップページへの掲載は2種類ある?

まだトップページへ表示された経験がそんなに無いのでよく分かってないんですが、再生のされ方が、

  • 1日1万回以上再生されて、数日で無くなる
  • 1日3,000回前後再生されて、1ヶ月で終わる

という2種類のパターンがありました。

トップページの中に掲載される場所が違うのかもしれません。アナリティクスではそこまでは分かりませんでした。

個人的な予想なのであんまり当てになりませんが、ホーム画面の「あなたへのおすすめ」は最初から見える部分と、「もっと見る」ボタンを押して表示される部分があって、そういう序列があるのかも。

トップページ掲載はボーナス

関連動画よりも掲載基準が厳しそうなので、表示されれば爆発力がありますが、狙ってできることでもないので、ほとんど運が良かったとしか言えません。

あと、致命的な点として、トップページに表示されても「トップページから再生された」ということしかわからないため、動画を改善するヒントが得られません。

それと比べたら「関連動画はどの動画から来たのか」「YouTube検索はどのようなキーワードで検索したのか」わかるので、どんな人が来たのか想像しながらタイトルや説明文を編集したり、「終了画面」「カード」にどんなリンクを用意するのか考えたりすることができます。

なので、トップページへの掲載はボーナスと思って、あまり最初から当てにしないほうが良いと思います。

まとめ

「関連動画」と「トップページへの掲載」の説明を読むとわかる通り、基本的に動画の満足度が高くならないと取り上げてもらえず伸びないということになります。

そのため、安定して再生してもらうために必要なのは、

  • 満足度の高い動画
  • 初期のある程度の再生時間

ってことが分かってきましたね。

まとめの大事なポイント

初期のある程度の再生時間のためには、YouTube検索・Google検索・SNSでの拡散など、いろいろな方法でまずは見てもらって、その時に動画を最後まで見たか、高評価したか、再生時間がどのくらい長いかなど、視聴者の反応によって決まるといった感じ。

YouTubeの広告収益

みんな気になる、YouTubeの広告から得られる広告収益

規約があるので具体的に書けませんけど、よくあるじゃないですか、

「YouTubeの収益は◯再生◯.◯円」

みたいなの。自分の場合はあれより低いです。

見聞きする範囲だと、1再生0.05円~0.3円くらいの開きがありますね。0.1円という目安はあまり参考になりません。

そして100万再生を狙ってできるわけじゃないし、どんな動画を作るのかや、YouTube内をいろいろリサーチしたりして、約300個も動画を投稿して、そのうちのひとつだけが100万再生に到達してるような状況です。

お金目的で割に合うわけがない。

と思ってたほうが精神衛生上、良いんだと思います。よく再生されるようになったらラッキー、程度で。

収益化の新基準について書いた記事にもあるように、チャンネル登録者1,000人のハードルが高いですしね。

よっぽどYouTubeと相性の良いスキルやキャラクターなどを持っていなければ、別の方法でお金を稼いだほうが良いと思います。

動画投稿を継続するための考え方

動画を投稿するモチベーションとしては、収益第一よりも、誰かの役に立つとか、それが単純に好きで苦にならないとか、お金以外のことを軸にしたほうが確実に長続きします。

というかお金の優先順位が高くなると危険信号です。

収益だけが目的でYouTube始めると、まぁ~弱小チャンネルのうちはとにかく再生されないので、収益ない状態なのに試行錯誤して改善し続けるのは相当しんどいと思います。

自分なんか初期の頃に50個くらい動画を投稿してましたけど、5年間は再生回数が多い時でも1ヶ月1万回とかでしたからね。お金目的だと続くわけがない。

その点、寿司打の動画は見た人が「タイピング練習してみよう」と思ってくれたりするので、練習に関する質問がコメントに来るだけでモチベーションが上がる、プライスレスな価値があります。

そういうお金以外の楽しみがあれば、収益がなくてもストレスになりません。

動画を見てもらうためにやったこと

ここからは動画を再生してもらうために、どんなことをやってきたのか、どんな考えてで取り組んできたのかなど、細かい考察が続きます。

めちゃくちゃ細かいので、動画を改善しようと思った時に、照らし合わせながら読んでみてください。

自分のことを把握する

できること・できないこと、得意なこと・苦手なこと、好きなこと・嫌いなこと、他に人員、予算、知識、時間など、自分が持っているリソースを正しく把握します。

苦手だからダメというわけじゃなく、例えば絵が壊滅的に下手だったら画伯キャラでいけるかもしれない。

顔出し・声出しできなくても、自分が投稿しようとしているジャンルで顔出し声出し無しで人気のチャンネルがあるかどうか探してみる。もし人気チャンネルがあるなら、そのジャンルでは顔出し声出しは必須ではないことがわかります。

また、よくある勘違いとしては、「自分なんて大したことできないし無理だ」と思っていても、そもそもYouTubeで需要がある・需要がないことに関して知らないだけなので、調べたり動画投稿してみないとわかりません。

自分の特徴を良いか悪いかで分類しても意味はなく、何の変哲もないことでも需要があるかもしれません。

YouTube での取り組みレベルを決めるときに重要なのは、成果を上げることができるコンテンツの掲載先を作成するために必要なリソース(人、アイデア、予算など)を正しく評価することです。必ずしも会社のすべてのチャンネルを使わなくても、YouTube での目標を達成することはできます。

引用:コンテンツ戦略を立てて方向性を明確にする – YouTube

他の動画を分析する

自分が投稿しようと思っている動画に関連するキーワードでYouTubeを検索してみて、興味を惹かれた動画の内容・タイトル・説明文・評価の割合・コメントを見る。そして、関連動画から次々と別の動画を見てみます。

しっかり見ると、自分が投稿しようとしているジャンルについて、どういう動画を投稿すればどんな結果になるのか、おぼろげに想像できてきます。

そのカテゴリで特に大きな影響力を持っているクリエイターを見極め、その人たちのコンテンツが視聴者にどのような価値をもたらしているかを分析する

トップクラスのチャンネルで効果を上げている方法を自分なりに評価し、その情報を自分がコンテンツを作るときの大きなテーマやベスト プラクティスとして役立てましょう。ただし、利用できるリソースは各チャンネルの事情によって異なります。評価と実践においては、現実的な視点も忘れないようにしてください。

引用:YouTube のカテゴリ|カテゴリのベストプラクティスを知る – YouTube

また、全く再生されていない動画や、低評価が多い動画の理由を考えてみます。特に半分以上低評価が入ってしまう動画は、不快に感じる部分があることが多いので、視聴者になったつもりで見てみます。

他にも、そのジャンルの視聴者のボリュームが多い場合は、関連動画に表示されるようになると再生回数の増え幅が大きいことも予想できます(表示されるハードルが高くなるかもしれないけど)

視聴はシークレットモードで

関連動画から次々と動画を見る時は、Ctrl+Shift+Nのシークレットモードを使いましょう。YouTubeにログインしている状態だと、関連動画が視聴履歴の影響を受けてしまいます。

※この時、リサーチしたジャンルがあまり再生数を見込めないと思っても、情熱を持っていることはとても価値のあることなので、やりがいを感じられるならやってみても良いと思います。

駆け出しの YouTube クリエイターの多くは、成功とは自分の動画をできるだけ多くの視聴者にアピールすることだと考えがちです。しかし、規模は小さくても活力にあふれたコミュニティをうまく活用して成功を収めてきたクリエイターたちがいるのも事実です。

引用:情熱を注げることを見つける – YouTube

マニアックなことになればなるほど、その分野の第一人者になりやすく、YouTube以外のメディアから声がかかることもあるかもしれません。(マツコの知らない世界とか)

また、後述する「関連性の高いテーマと掛け合わせる」がうまくいけば、良い方法が見つかるかもしれません。「見せ方」によって全く変わってきます。

ターゲットを明確にする

リサーチした結果を元に、誰が何のために視聴するのか明確にして、どのような動画にするのか考えます。

コンテンツを作成するときには特定のグループやユーザー層を念頭に置くようにしましょう。このようなグループは乳幼児の親など大きなグループの場合もあれば、ディズニー グッズのコレクターなど小さな分野に特化したグループの場合もあります。どちらの場合でも目的のユーザー層をしっかりと設定できているほうがより多くの支持を集められることがわかっています。熱心なコミュニティとつながりを築いたチャンネルは、短期間で成長することができます。視聴者を理解し、視聴者を引き付けるための特徴を明確にしておいてください。

引用:制作の戦略を立てる|ターゲットを絞る – YouTube

この時、足りないモノ(知識・機材など)があるなら必要不可欠なら新しく習得したり買ったりします。

例えば自分の場合は、タイピングの動画には音質が不可欠なことが分かったので、(ちょっとオーバースペックだったけど)機材について調べて動画のためにビデオカメラとマイクを買いました。

関連:YouTube撮影でおすすめのビデオカメラと外部マイク|高画質・高音質を求める人向け

ーーー

また、予想していたターゲットが視聴しているか、どのような反応をしているかは、動画につくコメントが一番ダイレクトにわかります。ある程度再生されるようになってコメントが付いたら、より分析の精度が上がります。

自分の動画のタイプを把握する

視聴者は大まかに娯楽・教養・刺激を求めてYouTubeにアクセスします。

寿司打はゲームという娯楽要素と、タイピングの練習という教養要素が含まれます。刺激要素はほとんどありません。(※「刺激」要素は、タレント性のあるYouTuberの動画みたいなやつです)

通常ユーザーは、娯楽、教養、刺激を求めて YouTube にアクセスします。コンテンツが視聴者の目的に合致していると、視聴者を強く惹きつけることができます。

引用:コンテンツ戦略を評価する – YouTube

どのスタイルを選ぶのかは、どのような活動をしていきたいかによっても違ってきます。

例えば刺激型はいわゆる「顔出しユーチューバー」を思い浮かべてみて下さい。動画の主役はコンテンツじゃなくてその人自身(キャラクター)です。

刺激型は、一見勢いのある人が向いてそうですが、実は更新し続けないと再生数がガタ落ちするので、マメな人じゃないと向いていません。ある日突然飽きてやめたら、そこまで育ててきたものが無駄になります。

しかもすでにYouTubeに供給され続けている刺激型の動画は飽和状態で、次から次へと視聴者の興味は移り変わっていくので、継続する難易度がめちゃくちゃ高いです。(そのぶん、人気が出た時の爆発力はすごいことになります)

ーーー

逆に動画の主役が人物ではなくコンテンツで、検索で問題を解決するような動画の場合は教養型になります。(「~する方法」的な)

たぶん無名な一般人が教養型の動画を投稿したら、最初は検索からしか再生されないので全然再生数は伸びません。というかあまりに再生されなくてモチベーションが無くなります。

その代わり検索需要がある内容ならアクセスは減りにくいので、放置しても気が楽で、自分のペースで投稿できるメリットがあります。

自分は更新に追われたくなかったのでこのタイプにしました。実際、2017年は5本しか動画を投稿していません。(ただしジャンル選びを間違えると一生伸びないかもしれません。再生数が気にならない趣味の動画なら最も相性が良いと思いますが、再生数を求める人だとしんどくなるかも)

ーーー

いろいろ試してみるのは良いことなので、上手くいった方法を続けて、上手くいかなかった方法はやめて他のことを試すのが良いと思います。判断材料はユーザーからの反応です。

相性の良いジャンルと掛け合わせる

例えば「タイピング」そのもの(上達方法とか)に興味を持っている人は少ないです。

なので、これを関連性の高いテーマと合わせられるか考えます。

寿司打の場合は「タイピング」と、「ゲーム」「音フェチ」「スゴ技」あたりの掛け算。

それぞれのキーワードを使うユーザーごとに求める動画の内容が変わってきます。さらに視聴者の人数が多いジャンルと相性が良ければ、再生数を伸ばしやすくなります。

どのテーマが人気があるのかは、メインテーマのキーワードで検索して、人気の動画の共通点を見てみます。

扱っているテーマの将来性を考える

例えばパズドラやマイクラなど、特定のゲームに特化しているチャンネルだと、そのゲームが下火になった時に軌道修正が大変になります。

チャンネルの専門性が高いほど濃い視聴者が集まりますが、逆に言えば方向転換もしにくくなります。

すでに獲得している視聴者が好きそうな動画に方向転換できるか考えておくと良いかもしれません。(パズドラ→スマホゲーム、マイクラ→PCゲーム箱庭系PCゲーム、PUBG→FPSゲームなど)

チャンネル登録者は重要視しない

これは前述の娯楽・教養・刺激、どのタイプのチャンネル運営をしているかによって変わってきますが、コンテンツが主役の教養タイプだったら、チャンネル登録者数はそんなに気にしなくても良いです。

教養型だとコンテンツの中身を求めて検索や関連動画からアクセスしてくるので、そもそも動画を見てもチャンネル登録しない場合も多いです。

逆に娯楽・刺激型だったらチャンネル登録者は非常に重要になるので、次も見たいと思えるような動画を投稿して、チャンネル登録を呼びかけます。

画質より音質にこだわる

YouTubeはスマホやタブレットでの視聴が多いので、画質は1080pでも十分綺麗に視聴できます。ましてや4K環境のユーザーは限られるので、4Kにするよりは音質にこだわったほうが良くなります。

ただし基本的には自分の投稿しようとしている動画を見る人達が求めているかどうかで判断します。「4Kでめっちゃ綺麗なほうが良いだろう」という自己判断は役に立ちません。

例えば自分が投稿しようとしている動画のジャンルで、4Kの動画とそれ以外の動画についているコメントを読んでみてください。

そこで4Kの画質に対して感動したとかコメントがあるならやる意味があるかもしれません。逆に「4Kで撮ってみたよ!」と言っているのに無反応だったら、4Kにする意味がないってことなんでしょうね。

ーーー

クリエイターアカデミーにも書いてあるように、優先順位は画質よりも音質ということを意識しておいたほうが良いでしょう。

視聴者は一般的に、カメラや照明のミスよりも音質や録音の悪さを気にします。

引用:優れたサウンドを録音する – YouTube

また、高音質の機材を買うだけの予算が無ければ、せめて音質は最低限、「音が不快」「録音レベルが小さすぎる」「こもって聞こえにくい」というようなことがないようにします。(低評価の割合やコメントでだいたい判断できます)

自分は「YouTubeに使っているビデオカメラとマイクについての記事」も書いていますが、ちょっと音質を求めすぎて扱いにくい点もあるので、ここでは割愛します。

「不快にならないレベル」で良いなら、ビデオカメラなら内蔵マイクでも良いかもしれません。

クオリティを最優先にしない

誰が動画を見るのかによって求められていることが違うので、必ずしもクオリティ(画質・音質)が高い必要はありません。

言い換えると、画質や音質が良くても、中身が無ければ意味が無いということです。

めちゃくちゃクオリティだけ強調している動画はめちゃくちゃつまらないとも言えますね。

↓例えばこの動画は画質も音質も悪いし、背景に気を使ってないし、ブレブレだけど、得体の知れない面白さがあって再生回数も(彼が有名になる前から)多いです。

上級者よりも初心者向けを意識する

世の中には初心者のほうが人数が多く、悩み・需要も多くなります。

寿司打の動画は初心者から見ると25,000円も23,000円も違いがわからないので、それだったら余力を持ってミスを少なくしたほうが、より「あんなふうになりたい」と思ってもらえます。(そしたらタイピングを練習する動機付けにもなる)

見せる相手によって、見せ方やプレイスタイルも変えると効果的な場合があります。

↓例えばこの動画では五十音をめちゃくちゃゆっくりタイピングするだけの動画ですが、関連動画や検索キーワードを見ると、初心者の人が利用していることが分かっています。そして再生時間も10万回を超えているので、それなりに利用されています。

あまりにも昔に投稿した動画なのでクオリティがとんでもなく低いですが、逆にクオリティが必要ないってことがわかりますね。

このように、技術的には非常に簡単で、見せ方でほぼ全てが決まります。

なので、むしろ再生回数を増やしたいなら、テクニック的なものよりも、「誰に見せるのか、見せ方をどうするのか」を突き詰めて考えたほうが良い結果にしやすいと言えます。

ーーー

よくあるのは、自分が上級者だと初心者にとって良い動画がわからない事が多いので、そもそも「自分の常識が非常識(少数派)」くらいに思ったほうが良いですね。

動画の露出を増やすテクニック

あとは基本機能の使いこなしについてです。

特に、動画が数十個くらいに増えたらナビゲーションを良くするために、「再生リスト」と「チャンネルレイアウトのカスタマイズ」はおすすめです。

再生リスト

同じテーマの動画があったら、再生リストを作ります。

参考:再生リストの作成と管理 – パソコン – YouTube ヘルプ

↓再生リストを作ると、検索結果や関連動画に表示されることもあります。

再生リストとは、動画を順番に再生できるように作成するリストで、SORTEDfood の「Food Gifts」などのようにテーマ別に作成するのが一般的です。再生リストは検索結果や関連動画に表示される場合もあります。

引用:アップロードと再生リストでチャンネルをこまめに更新する – YouTube

例えば自分が作ったキーボード打鍵音再生リストは、「タイピング音」でYouTube検索すると、検索結果に表示されることがあります。

また、検索結果や関連動画に表示されるだけでなく、視聴者にとっても興味のある動画を続けて見れるので喜んでもらいやすく、総再生時間も長くなります。

チャンネルレイアウトのカスタマイズ

意外とやってる人が少ないですが、自分のチャンネルのトップページには、任意の動画や再生リストを表示することができます。

参考:チャンネル レイアウトのカスタマイズ – YouTube ヘルプ

例えば自分のマイチャンネルトップページがこれ。

「タイピングゲーム」や「キーボード打鍵音」のような、特定のテーマの動画が多いなら再生リストを作って、それを配置すれば、初めて訪れた視聴者が、興味がある動画を発見しやすくなります。

このチャンネルレイアウトをカスタマイズしていないと、アップロードした動画が新しい順に並ぶだけになってしまい、チャンネルの魅力を伝えきれずに離脱されてしまう可能性があるので、結構重要だと思います。

また、「高く評価した動画」や「登録チャンネル」などの、パーソナリティを公開してしまっているチャンネルも見かけるので、見せるつもりがない人は設定で非公開にしておきましょう。

自分は再生リストが効果的なので重点的に配置していますが、他にも再生数の多い順の動画とか、ライブ配信中など、いろんなパーツを配置できます。

固定コメント

コメントの「固定」機能を使うと、任意のコメント1つを、コメント欄の最上部に固定できます。

特定のコメントをコメント欄の一番上に固定して、ファンがコンテンツを視聴するときに最初に表示されるコメントを決めておくことができます。自分自身のコメントとファンのコメントのいずれも固定できます。

引用:コメントの投稿、コメントによる対話 – パソコン – YouTube ヘルプ

この固定コメントに、説明欄に入力している説明を入れておくと、説明欄に気づかなかった視聴者にも見てもらえる可能性が上がります。

または動画の内容に誤りがあった時の修正欄として固定する使い方もできますね。

「終了画面」と「カード」

動画の右上や、動画再生終了前に、他の動画へのリンクや、チャンネル登録を促したりできる機能があります。

参考:カードを活用する – YouTube

申請すれば、自分のWebサイトにリンクを貼ることもできます。(ただし独自ドメインのみ。設定はやや難しい。)

参考:動画と関連ウェブサイトをリンクする – YouTube ヘルプ

あまり力を入れていないこと

ここまでは再生数を伸ばすために力を入れたことを書きましたが、逆に、自分の戦略的にほとんど力を入れていないこともあるので合わせて紹介します。

ただし、投稿する動画の方向性によって変わることなので、自分でよく考えて見極めましょう。

コメント返信は一部だけ

自分は主に他の視聴者がコメントのやり取りを見て参考になりそうなものだけ返信しています。

タイピングの動画であれば「どうやったら速くなりますか?」など、同じような悩みを持った視聴者が参考にできそうなコメントには1000文字を超えるような返信を当たり前のようにしています。

逆に、動画に対する感想などは全てに返信すると、コメント欄がくどく見えるし、動画に対するツッコミで視聴者同士で楽しんだりしているので、返信しなくても問題ない場合がよくあります。

ーーー

それに、もし人気チャンネルになって1日に何十件もコメントされるようになってくると、普段から全て返信するルールだとしんどくなってくるし、いくら時間をかけても返信しきれないことがあります。

また、普段から返信しているとリピーターとの距離が近くなり、新しい動画のたびに挨拶コメントと返信がずらずらと並ぶので、交流としては良いですがコンテンツの内容が優先される動画だと埋もれてしまうこともあって注意が必要です。

今まで何回かそういうチャンネルを見たことがありますが、いよいよパンクしてきて「返信する or 返信しない」どちらにするのか選択を迫られた時、批判と応援、両方にさらされるのでなかなかしんどくなってきます。

特に深く考えずに自分のキャラクターで人気を出していくYouTuberは気をつけましょう。伸びる時は爆発的に伸びて制御できない可能性があります。

まぁ、とは言っても炎上しているわけでもなく一過性のものなので、そこまで心配する必要もありませんけどね。

少なくとも「コメント返信に時間を取られすぎて動画作成の時間が無くなる」なんてことになると本末転倒なので、何が大切なのか、優先順位をよく考えましょう。

サムネイル画像は作っていない

YouTubeのセオリーから言うととんでもないことですが、自分はサムネイル画像をほぼ作っておらず、動画の中からキャプチャしているだけです。

一応、寿司打動画のサムネイルは、

  • 寿司打をしていることがわかる
  • 手元が映っている
  • 全体的な素人臭さ

という条件を満たしているため何の加工もしていませんが、必要であれば高品質なサムネイルがあったほうが良いんでしょうね。

逆に言うと、他のチャンネルのリサーチをした上でサムネイルに力を入れる必要がないとわかれば、やる必要がないということです。

傾向としては、前述の教養型の動画では検索キーワードや関連動画が重要なのでサムネイルの重要性が低めになり、刺激型の場合はその逆にサムネイルのインパクトがとても大事になります。

闇雲に「カッコいいサムネイルにしたい」と思っても、無駄になるかもしれないので、自分が投稿している動画がどのタイプ7日把握して決めましょう。

バーチャルユーチューバー(Vtuber)

再生数を伸ばすためにバーチャルユーチューバー(Vtuber)をやれ、って話では無いんですけど、自分が持っている強みと掛け合わせる例としてとても参考になります。

元々はキズナアイからブームが始まり、アイドル路線でしたが、その後爆発的にVtuberが増えて、様々なバリエーションが生まれます。

それぞれ持っている技術や知識はしっかりしたレベルで、バーチャルユーチューバーという媒体を使って、今まで知らなかった視聴者層に届けられるというのが画期的なポイントです。

富士葵

歌 × バーチャルユーチューバー。

バーチャルユーチューバーの中でもトップクラスの歌ウマで、音源やマイクの品質が追いついてないと視聴者からクレームコメントが入るくらいの歌唱力。ライブ音源でも音程が安定しているのは今どき珍しい。

「歌ウマVtuberといえば富士葵」が定着し、モデル更新のクラウドファインディングでは圧倒的な応援を受け、その後、トントン拍子にメジャーデビューまでしてしまった。

もちひよこ

3Dモデリング × バーチャルユーチューバー。

個人で作っているのにモデルのクオリティがめゃくちゃ高いと評判のチャンネル。上の画像のようなフルスクラッチ(全部自作)モデルの顔をゼロから作る過程を生放送で配信したりしている。

最果ての魔王ディープブリザード(深雪ちゃん)

イラスト × バーチャルユーチューバー。

イラストを描きたい人のための解説動画がわかりやすい。生放送でイラストを描く過程を配信したりもしている。

※ただし2DイラストはVtuberとの相性が良いため、参入者も多くなりやすいと思われる。

Midy(ミディ)

作曲 × バーチャルユーチューバー。

作曲ソフトを使ってサクッと良い感じの曲を作ってしまう。作曲する人に役に立ちそうなコツを頻繁に織り交ぜながら解説するので、知らない人が見ても凄さが分かる。

作曲系Vtuberとして知られたため、楽曲提供もすることがある。

食虫植物TV(ネア)

食中植物 × バーチャルユーチューバー。

元々キャラデザはあったけど、この動画で初めてバーチャルユーチューバーっぽくリアルタイムで動くモデルになったみたいで、界隈でちょっと話題になっていた。

まず普通の人なら知ろうとする機会も無いだろう「食虫植物」について、元々高画質と分かりやすい解説だったところにバーチャルユーチューバーが掛け合わされて、違う視聴者層にも見られるきっかけになっている。

ーーー

どれも素人目から見ると「すごい!」と思えるには十分なクオリティを持っているチャンネルで、「見せ方を変える」ことによって沢山の人に見てもらえる、良い事例です。

結果が出ない可能性も高い

自分は動画を作る前にリサーチして、それなりに根拠を持って撮影したけど、関連動画からのアクセスが増えるまで1年半、全部で300個近く投稿している動画の中の一握りなので、狙って結果を出すのはなかなか難しい。

「◯◯すればOK」という方法論があれば良いけど、投稿して反応を見ないと分からないので、どっちみちやってみて答え合わせの繰り返し。

チャンネル自体に人気があってすぐに反応がある人はそのサイクルを速く回せるけど、最初のうちはそれさえ難しい。

まとめ

ここまでの内容を読んだら感じると思いますが、

めちゃくちゃ窮屈でしょうね。

こんなの全部気にして動画を作ってたらイヤになるかもしれません。

だから、この方法(考え方)は相性の良し悪しがすごい分かれそうです。

自分のチャンネルを本気で気合い入れて成長させたいと思ってる人ならヒントになることはたくさんあると思いますが、楽しんで動画投稿したいという人にとってはちょっと重いだろうなと。

なので、部分的につまみ食いにするくらいがちょうど良いと思います。

ーーー

関連:YouTube収益化の新基準をクリアするための分析|1,000人のハードルがやっぱり厳しい

関連:YouTube撮影でおすすめのビデオカメラと外部マイク|高画質・高音質を求める人向け

関連:YouTubeとニコニコ動画の違い (ニコ動新仕様追記)|アップロード容量制限など8項目の比較

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。