タイピング打鍵数のカウントソフト「タイプ数カウンター」をしばらく使った結果

キーボードのタイピング打鍵数やマウスのクリック数をカウントしてくれるフリーソフト「タイプ数カウンター」の紹介です。

パソコンを起動した時から常駐して全てのタイピング打鍵数をカウントしてくれるので一度設定してしまえばあとは意識することなく計測し続けてくれます。

おまけに日ごとの平均打鍵数キー別の打鍵数など自分のタイピングの傾向を見ることができてなかなか面白いです。

広告

タイプ数カウンターのカウント内容

カウント内容
  • 今までのトータル打鍵数
  • 今日の打鍵数
  • 昨日の打鍵数
  • 1日辺り平均の打鍵数
  • 最も打鍵しているキー

となっていて自分が普段どのくらいタイピングしているのか細かくわかるようになっています。自分の練習成果を見てニヤニヤする人だときっと楽しめると思います(笑)

キー別の打鍵数

img_54c7837b324aa

タイプ数カウンターはさらに細かい計測もしていてなんとどのキーが何回押されているのかという数字まで細かく分かります。

そして打鍵数の頻度によって色分けされてキーボードレイアウト上で一覧できるので非常に傾向がわかりやすいです。

上記の画像は僕が4ヶ月ほどタイプ数カウンターを動かした結果なんですがタイピングソフト(タイプウェルなど)やメールでの日本語入力など、文章を入力することがほとんどなのでローマ字の母音「A I U E O」とスペースキーが基本的に打鍵数が多く子音は「K S T N」あたりが多いということがわかります。

欲を言えば過去の日付の打鍵数がすべて履歴で見れたら嬉しいんですけど見れるのはトータル・今日・昨日・平均の4種類だけです。

曜日別の打鍵数

曜日別の打鍵数を見ることもできます。これは何に活用できるんだろうか・・・。

時間帯別の打鍵数

1時間ごとの打鍵数。1日のデータだけだとグラフがかなり上下しますが平均のデータだと傾向が分かりやすくなりますね。傾向がわかったところでそれがどうした?って感じですが(笑)

マウスのクリック数

なんとマウスのクリック数までカウントされます。これは結構実用的なカウントで、マウスの耐久性を判断するのに使えます。

キーボードやマウスの耐久力チェック

打鍵数を見てニヤニヤするのも使い方の一つかもしれませんがカウント数からキーボードやマウスの耐久性チェックにも使えます。

メニューから簡単に数値をリセットできるので新しいキーボードやマウスを購入した時にリセットすれば壊れるまでの打鍵数やクリック数を計測できますね。

ただし残念なのはキーボードとマウスを個別にリセットすることはできずリセット作業をすると両方共リセットされます。リセットしても過去のデータを残せたら良いんですけどね。

タイプ数カウンターの基本設定

メニューから「スタートアップに登録」「起動時に最小化」を設定しておけば意識しなくても勝手に裏で計測し続けてくれます。

普段からタイプ数カウンターが起動しているかどうか気にする必要はありません。

現在使用しているパソコンのOSはWindows7の64bitですが問題なく使えるようです。一度も不具合はありません。

タイプ数カウンター自体が古いソフトで対応OSにはXPまでしか書かれていませんが使えます。

ツイッターを検索した限りでも使えないという情報は見かけなかったのでたぶん相性の問題は無さそうです。

動作確認できているタイピングソフト

一応自分が持っているタイピングソフトやWebでプレイできるタイピングゲームで計測してみましたがどれも問題なく計測できるみたいです。

カウント確認済み
  • タイピングオブザデッド(フルスクリーン表示)
  • タイプウェル
  • WeatherTyping(フルスクリーン表示)
  • 美佳タイプトレーナー
  • 毎パソ練習ソフト
  • 寿司打

全てのソフトウェアで調べたわけじゃありませんがたぶんパソコン操作の打鍵数をすべてカウントしてくれるんじゃないかと思います。

Vector:タイプ数カウンター

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。