タイピング打鍵数のカウントソフト「タイプ数カウンター」をしばらく使った結果

キーボードのタイピング打鍵数やマウスのクリック数をカウントしてくれるフリーソフト「タイプ数カウンター」の紹介です。

パソコンを起動した時点から常駐して全ての打鍵をカウントしてくれるので、一度設定してしまえばあとは意識することなく打鍵数が記録されていきます。

さらに、日ごとの平均打鍵数キー別の打鍵数など、自分のタイピングの傾向を見ることができてなかなか面白いです。

スポンサーリンク

タイプ数カウンターのカウント内容

タイプ数カウンターがカウントする内容は以下のようになっていて、自分が普段どのくらいタイピングしているのかわかります。

カウント内容
  • 今までのトータル打鍵数
  • 今日の打鍵数
  • 昨日の打鍵数
  • 1日辺り平均の打鍵数
  • 最も打鍵しているキー

キー別の打鍵数

img_54c7837b324aa

タイプ数カウンターはさらに細かい計測もしていて、なんとどのキーが何回押されているのかという数字まで細かく分かります。

そして画面下のキーボード図では、打鍵数の多さによって色分けされるので、どのキーを酷使しているのかがひと目でわかります。

上記の画像は自分が4ヶ月ほどタイプ数カウンターを動かした結果で、タイピングソフト(タイプウェルなど)やメールでの日本語入力など、文章を入力することがほとんどなので、ローマ字入力の母音「A I U E O」とスペースキーが基本的に打鍵数が多く、子音は「K S T N」あたりが多いということがわかります。

曜日別の打鍵数

曜日別の打鍵数を見ることもできます。これは何に活用できるんだろうか・・・。

時間帯別の打鍵数

1時間ごとの打鍵数。1日のデータだけだとグラフがかなり上下しますが平均のデータだと傾向が分かりやすくなりますね。傾向がわかったところでそれがどうした?って感じですが(笑)

マウスのクリック数

なんとマウスのクリック数までカウントされます。これは結構実用的なカウントで、マウスの耐久性を判断するのに使えます。

キーボードやマウスの耐久力チェック

打鍵数を見てニヤニヤするのも使い方の一つかもしれませんが、キーボードやマウスの耐久性チェックにも使えます。

メニューから簡単に数値をリセットできるので、新しいキーボードやマウスを購入した時にリセットすれば壊れるまでの打鍵数やクリック数を計測できますね。

ただし残念な点として、キーボードとマウスを個別にリセットすることはできず、リセット作業をすると両方共リセットされます。リセットしても過去のデータを残せたら良いんですけどね。

タイプ数カウンターの基本設定

タイプ数カウンターの設定で「スタートアップに登録」「起動時に最小化」を設定しておけば、意識しなくても勝手に裏で計測し続けてくれます。

普段からタイプ数カウンターが起動しているかどうか気にする必要はありません。

現在自分が使用しているパソコンのOSは「Windows7・64bit」ですが、問題なく使えるようです。一度も不具合はありません。

タイプ数カウンター自体が古いソフトで対応OSにはXPまでしか書かれていませんが使えています。

ツイッターを検索した限りでも使えないという情報は見かけなかったので、たぶん相性の問題は無さそうです。

動作確認できているタイピングソフト

一応自分が持っているタイピングソフトやWebでプレイできるタイピングゲームで、問題なく計測できるものを列挙します。

カウント確認済み
  • タイピングオブザデッド(フルスクリーン表示)
  • タイプウェル
  • WeatherTyping(フルスクリーン表示)
  • 美佳タイプトレーナー
  • 毎パソ練習ソフト
  • 寿司打

全てのソフトウェアで調べたわけじゃありませんけど、たぶんパソコン操作の打鍵数をすべてカウントしてくれるんじゃないかと思います。

打鍵数カウントソフトに欲しい機能

キーボードの打鍵数をカウントするソフトは種類が少ないし、今後、新しいOSに対応していくのか不安な部分がありますが、もし新しく登場するとしたら、打鍵数カウントソフトに欲しいと思う機能を書いてみます。

欲しい機能
  • キー別の打鍵数
  • 1日、1週間、1ヶ月、1年などの絞込や、過去履歴の参照、グラフ化
  • アプリケーション別のカウント
  • カウントするチャンネルを切り替えできるように
  • エクスポート機能

キー別の打鍵数はすでにタイプ数カウンターができてますね。例えば親指シフトなどのキーボード配列の評価打鍵をしたい時に使えます。

ただし、タイプ数カウンターだと過去のデータは昨日までしか見れないので、日付ごとに打鍵数を記録して、後で様々な切り口で過去データを参照したりグラフ表示できたら理想的です。さっきのと組み合わせて、指定した期間のキー別打鍵数を見れたり。

アプリケーション別のカウントは、例えばタイピングソフトごとの練習量を把握したい時に。それに、ゲームで増えてしまうWASDやカーソルキーと別に管理したいと思う人もいそうです。

カウントするチャンネルはわかりにくい表現ですけど、例えば現在のタイプ数カウンターではカウントするデータは1箇所にまとめてしか保存されていないので、複数条件でカウントしたくてもリセットするしかないですが、もし複数のチャンネルを切り替えて、ローマ字入力の記録はチャンネル1に。親指シフトはチャンネル2に切り替えて、というふうにできたら、かなり活用の幅が広がりそうです。

エクスポート機能は日付別やキー別のCSV形式とか。理論的には行方向にキー別・列方向に日付にすれば、一つのCSVファイルで出力できるかな?

そんな感じで最後は妄想垂れ流しですけど、やりたい人が拾ってくれたら嬉しいです。

ーーー

↓タイプ数カウンターのダウンロードはこちらから。

Vector:タイプ数カウンター

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。