Realforceの静音化改造|いろいろな厚みのオーリングで実験

東プレのキーボード、Realforceの「静音化」と「キーストロークを短くする」改造について書いていきます。

ざっくり言うと、キースライダに Oリング(オーリング)を取り付けます。

これによる効果をまとめると以下のとおり。

  • 静音化
  • キーストローク(底打ちまでの深さ)が浅くなる
  • アクチュエーションポイントが浅くなる

これらが好みの人は相性の良い改造でしょう。

スポンサーリンク

分解

まずはRealforceを分解していきます。

分解方法は「Realforceの分解手順」を見てください。

※今回、この記事ではRealforceテンキーで作業した写真を掲載しますが、スイッチ部分の構造は同じです。

スライダを取り外すところまで分解を進めてください。

分解すると当然、保証が受けられなくなります。自己責任でお願いします。

↑写真左側のスライダに、「Oリング(オーリング)」という小さい輪ゴムみたいな輪っかをはめ込みます。

※どんなOリングを選べば良いのか、細かいことはあとで説明します。

静音化の効果

どれも静音化には十分な効果がありました。

↓打鍵音比較動画(動画内の打つ順番)

  • オーリング無し
  • 厚さ 1.5mm
  • 厚さ 0.6mm(横幅1mm)
  • 厚さ 1mm

とくに跳ね返りの「パチッ!」というプラスチック音が大きく軽減されます。

ーーー

↓ここから、目的別にどの厚みのオーリングを選べばいいのか解説。

オーリングの内径

Realforceのスライダにつけるなら内径 8mmのOリングがちょうどいいです。これはあまり悩む必要ありません。

7mmは無理やり伸ばせば入るけどきつく、9mmは隙間ができるからダメです。

オーリングの厚み

まず、静音化の効果はオーリングの厚み1mmあれば十分で、1.5mmでさらに静かになるわけではありません。

というか、上下の厚みは1mmより薄くても大丈夫で、横幅が1mmくらいあるかどうかが重要です。

Oリングの厚みがありすぎるとスイッチが入りっぱなしになる誤作動を起こしてしまうので、厚み2mmは使いません。

1.5mmでもキーが押さえっぱなしになる誤作動が起こってしまって、なんとか直そうとしましたが断念しました。

ーーー

さて、Realforceのキーを押し込む深さは、通常モデルで以下のようになっています。

  • 底打ちまでのキーストロークが4mm
  • 文字が入力されるアクチュエーションポイントが2.2mm

これが、オーリングの厚みのぶん、キーストローク・アクチュエーションポイントどちらも短くなります。

↓図にするとこのように、オーリングを付けたら最初から何mmか沈んだ状態になるということです。

↓1.5mmのオーリングをつけると見た目もはっきり違いがわかります。

厚み1.5mmオーリング

内径8mm、厚さ1.5mmのオーリング。(商品名の11mmは外径)

uxcell
※海外発送 2週間ほど。
キー入力されっぱなしになる不具合が解消できなかったので使わないことにしました。

厚さ1.5mmのオーリングをつけると、

  • キーストローク 4mm → 2.5mm
  • アクチュエーションポイント 2.2mm → 0.7mm

と、非常に浅くなるので、市販のキーボードで体験したことがない押下特性になります。

実際、ほんのわずかに押さえただけで反応するようになりました。

静音化のために1.5mmのような厚めのオーリングをつけると、あまりにもキー反応が敏感になってミスが起きやすくなるかもしれないので気をつけてください。

わずか0.7mmで反応することになるので、分解→再組み立てをミスってラバードームが干渉したら押さえっぱなしになる可能性もありそうです。

自分は1.5mmにしたかったんですが、ラバードームの位置を気をつけながら組み立て直しても直せませんでした。

ーーー

もし1.5mmオーリングでも不具合が起きずに使えた場合の話ですが、

1.5mmキーストロークが短くなるということはつまり、
押下圧が軽くなります。

というのも、公式サイトの押下特性を見てみると、1.5mmの深さはすでにピークの荷重を超えています。

引用:特徴 | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

自分が改造したテンキーはすでに押下圧をいじっているので参考になるかわかりませんが、実測30g → 28gに軽くなりました。

まとめると、1.5mmオーリングはとにかく軽く浅くしたい人向けですが、不具合が発生する可能性が高いのであまりおすすめできません。

自分はキー入力され続ける状態になったのでUSBを抜いたら、それでも入力され続ける状態になったので、再度分解してオーリングを違うのにして接続し直すという、非常に面倒なリカバリー作業が発生しました。

APCモデルなら使えるかも?

Realforce R2は、1.5mm・2.2mm・3mmのアクチュエーションポイントを選べるAPC機能付きモデルがあるので、アクチュエーションポイントを3mmに設定していたら、1.5mm厚のオーリングも使えるかもしれません。

※自分は持っていないので検証できません。

厚み1.2mmオーリング

この記事を書いている途中で発見したんですが、内径7.6mm、厚さ1.2mmのオーリングもありました。

自分は確かめていませんが、試してみたい人はどうぞ。

厚み1mmオーリング

内径8mm、厚さ1mmのオーリング。

1mmのオーリングだと、

  • キーストローク 4mm → 3mm
  • アクチュエーションポイント 2.2mm → 1.2mm

のように、これでも一般的には浅めの押下特性になります。

シルバー軸やRomer-Gと近いアクチュエーションポイントですね。

1mmでも静音化は十分です。

あと、1mm厚のオーリングは日本国内のAmazon倉庫から発送されるプライム対象商品だったのですぐに試すことができました。

厚み0.6mm(横幅1mm)歯列矯正ゴム

これは少し特殊で、内径7.9mm、上下の厚み0.6mm、横幅は1mmある形状の、歯列矯正用のゴム(ペンギン柄のパッケージ)です。

Angzhili
※海外発送で到着予定2週間、実際は10日ほどで届きました。

浅くなる度合いは控えめ。

  • キーストローク 4mm → 3.4mm
  • アクチュエーションポイント 2.2mm → 1.6mm

浅くしすぎずに静音化したい人におすすめです。

さて、歯列矯正用ゴムなんて特殊なゴムを紹介した理由ですが、実は0.6mm厚の普通のオーリングだと静音化の効果があまりありません。(実験済み)

おそらくですが、厚みが薄くて断面が丸い形状だと、ハウジングとの接触面積が狭くなってしまうことに加えて、スライダとハウジングの隙間にほとんど埋もれてしまう可能性もあるかもしれません。

↓歯列矯正ゴムを拡大して見ると、このように角ばっていて、静音化に都合の良い形状になっていると思われます。

バラつきが多い

20キーくらいはめて気づきましたが、内径のバラつきが多く、Realforceに使うにはゆるいものが2割くらいありました。

また、断面もガタガタのものが多かったです。

バラつきのことを考慮すると、使用する数の倍くらい買っておくといいかもしれません。

元に戻すときの注意点

どの厚みのオーリングにも言えることですが、組み直すときにラバードームが浮くので、位置合わせが難しくなります。

↓こんな感じで、オーリングの厚みぶん、隙間ができるため、

組み立て直すとき、ラバードームの切り欠きに、ハウジングの正確な位置を合わせないといけません。

このようにラバードームの位置を慎重に合わせたあと、基盤を慎重にかぶせて、ネジ締めによる圧力でピッタリくっつける、という工程になるので、もしかしたらフルキーボードではものすごく難しい作業になるのかもしれません。

もしくは、多少ラバードームとハウジングが噛んでいても、ネジ締めで無理やりやり過ごせる可能性もあります。

まとめ

静音化だけが目的なら、0.6mm厚の歯列矯正ゴムが無難。

キーストロークも浅めにしたいなら1mmのオーリング。

ギリギリを攻めたいなら1.5mmだけど不具合が発生する可能性が高そうなのでおすすめはしない。

という感じ。

※分解すると当然保証が受けられなくなるので、自己責任でお願いします。

ーーー

関連:Realforceの分解手順

関連:Realforceの押下圧を30g以下にする改造

関連:キーボードの押下圧をチェックする重りを自作

関連:Realforceの比較・選び方

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。