ローマ字テーブルをカスタマイズして爆速タイピングにするアイデアいろいろ

タイピングを速くする方法としては、

  • 最適化
  • 音ゲーや楽器を練習する
  • キーボードを変える
  • 単語登録を駆使する
  • 漢字変換の仕組みを熟知する(同音異義語を打ち分ける)

などの方法がありますが、ローマ字テーブルのカスタマイズをして、ローマ字入力を拡張するアイデア例を紹介していきます。

ただし、このカスタマイズはタイピングゲームには反映されないので、タイパー向きではありません。

また、タイピングの最適化と似たような、運指を変える労力がかかるため、初心者向きでもありません。

それらを考慮すると、漢字変換ありの実用入力を突き詰めたい人向けのテクニックとなります。

仕事で文章を入力することが多く、ローマ字入力以外の配列を導入するのは難しい職場で、ローマ字入力のまま、さらに速く楽にタイピングしたい、という人なら効果が大きいと思います。

ーーー

ローマ字入力には、

  • 左手小指を酷使する
  • 打鍵数が多い

というデメリットがありますが、ローマ字テーブルのカスタマイズをすることによって、既存のローマ字入力はそのまま使えて、さらにこの弱点を軽減できます。

まず、既存のローマ字入力の「あまり使われていないキー」「小指がきついキー」「運指が悪くなるキー」を図解するとこのようになり、

これらを解決するためのカスタマイズをざっくり図解すると、このようになります。

細かいメリットは以下のとおり。

  • 打鍵数が減る
  • 同指連続打鍵が減る(特にza
  • 小指の負担(zp)が減る
  • 片手3打以上の連打数が減る
  • アルファベット混じりの単語登録にほとんど影響が無い
  • 職場のパソコンでも使える
  • 共用パソコンで迷惑がかからないカスタマイズもできる
  • ローマ字テーブルに空きが多いのでカスタマイズの可能性が広い

このページでは、ローマ字テーブル設定方法の基本から、具体的なカスタマイズを「なぜそうするのか」という解説とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

ローマ字テーブルのカスタマイズとは

まずローマ字テーブルの設定方法について説明しておきます。

普通の人は「ローマ字テーブル」というものに馴染みがないと思いますが、

ka →「か」

という、どのキーがどの文字になるのか、ルールを定義したものです。

たとえばGoogle日本語入力のローマ字テーブルを見てみると、このようにあらかじめローマ字入力の定義がたくさん入っています。

Google日本語入力で話題になることがある、

  • zh 「←」
  • zj 「↓」
  • zk 「↑」
  • zl 「→」

なんてカスタマイズも、ローマ字テーブルが使われています。

そして、このローマ字テーブルは自分で書き換え・追加・削除することができるので、アイデア次第でとんでもない効率化ができます。

とはいえ、たとえば

oh →「おはようございます」

にしたら最強!と思っても、o の時点で「お」が確定されなくなって、他の部分に影響が出てしまう、なんてこともあるので、

  • 日本語の子音と母音
  • 「てぃ」thiなどの特殊なつづり

などを把握していないと思うように設定できないこともあり、扱いには注意が必要です。

ローマ字テーブルの設定方法

日本語を入力するためのIME(Input Method Editor)(インプット・メソッド・エディタ)には、代表的なものとして

などがありますが、Google日本語入力の設定方法を図解していきます。他のIMEでもだいたい同じような手順になります。

まずは画面のどこかにある言語バーのスパナをクリックして「プロパティ」をクリック。

そしてローマ字テーブルの「編集」をクリックします。

そしたら、「どのキーを打つとどの文字が出力されるのか」という一覧が表示されます。

既存のルールを変更する場合は該当部分をダブルクリック。

新規追加や削除をする場合は「編集」ボタンから操作します。

これで基本的なローマ字テーブルのカスタマイズはできるようになりました。

ーーー

このページでは、oh →「おはようございます」みたいな豪快な方法は使わず、普通のつづりの範囲でローマ字テーブルをカスタマイズしていく例を紹介していきます。

ローマ字テーブルのカスタマイズ例

ここから説明するカスタマイズすべての共通することですが、ほとんど元のローマ字テーブルは残したまま、新しいカスタマイズを追加していきます。

新しく覚える負担は少なめで、もし忘れたとしても影響が無い、というのがこのカスタマイズの特徴です。

※「ざ」だったら、元の za は残しておいて、va を新たに追加します。こうしておくと、他の人がパソコンを使っても迷惑がかかる可能性がほとんど無くなります。

ーーー

↓細かい説明に入る前に、全体的にどのように変わるのか図解しておきます。

「ざ」va

ローマ字入力で明らかに打ちにくい「ざ」za を、元の設定は残したまま、「ざ」va を追加します。

これにより、運指の改善と小指連打を回避します。

たとえば、以下のような単語の打ちやすさが改善されます。

  • 洗剤、現在、人材、材料、存在、素材、財務、財産、ザブザブ、残念、残暑、雑魚、無残、登山、さざ波、サザンカ、座談会、火山、まざまざと、~ございます、ふざける、いざこざ、ねんざ、前座、あざ、きざ、ひざ、レーザー、目覚め、ユーザー、マザー、ブラウザ、モザイク、

最適化の記事zを薬指で打つ方法も紹介しましたが、それよりもさらに打ちやすくなることが体感できるんじゃないかと思います。

ーーー

また、「ざ」ほどじゃないですが、「ず」vu、「ぞ」vo も、以下のような単語が打ちやすくなります。

  • まず、まずまず、ひとまず、つまずく、ずかずか、すかさず、さずける、あずける、うなずく、まずい、貧しい、恥ずかしい、ジャズ、数、わずかに、バズる、パズル、はずみ、
  • 数える、家族、さぞ、さぞかし、なぞる、魔族、~だぞ、

要するに、どれも za や az のような小指連続を回避できるときに効果があるということですね。

ーーー

「じ」はもともとjiが打ちやすいのでviを追加してもあまり使いません。

「ぜ」はve自体がそんなに打ちやすい運指にならないし、~aveのような運指だと左手が3打鍵になってどうしても減速してしまうので、結局~azeとの差がそんなに大きくならず、使わなくなりました。これは個人差がありそうです。

この中ではダントツで「ざ」va が使いやすく、自分も実用で完全に定着したのでおすすめのカスタマイズです。

ヴ行を他のキーに移動する

さっきの「ざ行」をvにするカスタマイズによって、

「ヴァ」va、「ヴィ」vi、「ヴ」vu、「ヴェ」ve、「ヴォ」vo

が打てなくなるので、他のキーで「ヴ行」が打てるようにしておかないといけません。

なので、適当ですが「ヴ」wu に割り当てて一時しのぎします。

「ヴ」wuだけ定義できれば、「ヴァ」wula のように入力できるので、ヴァヴィヴェヴォも問題なく入力できます。

もともとのwuは「う」なので変更しても影響はありません。

もしヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォ をひとつの行で使いたければ、qa qi qu qe qoを使うのもひとつの方法です。もともとの クァ クィ ク クェ クォ とどちらが重要か考えて決めてください。

「き」ci

ほとんどの人は疑問に思ってないだろうけど、「き」kiは、kがホームポジションにあるにも関わらず、同指連続打鍵なので一定以上速く打つことが難しく、しかも日本語の文章ではuonと前後で絡むことが多いので、指がもつれやすくてミスしやすいキーになっています。

なので、もともと ca ci cu ce co「かくせこ」となっている、
ci「し」を、 ci「き」に変更します。

「き」ki の同指連続打鍵を避ける最適化についても書きましたが、単語によって人差し指か薬指どちらを使うのか判断が難しいため、最適化は気軽におすすめできる方法ではありませんでした。

※だからといって「き」ciも瞬時に判断するのは難しいですけど。

↓「き」ciで打ちやすくなるワードの例

雪、勇気、好き、ほうき、たぬき、さぬき、たすき、あずき、みかづき、ぞうきん、浮き輪、武器、茎、向き、抜き、月、はぐき、すき焼き、ケーキ、沖縄、領域、生きる、いきいき、~おきます、のんき、キンキン、金属、乱気流、短気は損気、大吉、満期、ハスキー、スキップ、マスキング、ゴールキーパー、

ーーー

ちなみにローマ字入力はもともと「かくこ」を ca cu co で打つことが可能ですが、本来のローマ字表記のルールによってciは「し」になっています。

使い勝手を考えるとciは「き」のほうが打ちやすいんですけどね。

「~ょう」~yi

小さい「ゃゅょ」の中でもよく使われるのは「しょう」syou などの「~ょう」ですが、実はこの ~you はuが人差し指以外で打ちにくく、次の打鍵がhnjmの場合に人差し指連続打鍵になり、地味に疲れが蓄積しやすく、一定以上速くできない打鍵パターンです。

↓最適化の記事から引用。uを中指にするメリットを書いています。

す。

uを中指で打つ最適化。

最適化のテクニックによって ~you の u を中指にすれば同指連続を避けることができますが、無理な指の形で3連打以上することになるので結構難しく、気軽におすすめできる方法ではありません。

そこで、~you の部分を ~yiと定義することによって、最後の打鍵が中指になるので、同指連続打鍵をほとんど回避することができて、さらに打鍵数も1打減らせます。

ーーー

ローマ字テーブルを設定するときの注意点としては、kyiなどはもともと「きぃ」のように既存のものがあるので、出力側を「きょう」のように書き換えます。

  • kyi「きぃ」→「きょう」
  • syi「しぃ」→「しょう」
  • tyi「ちぃ」→「ちょう」
  • ・・・以下同様にすべての行で

※もともとの「きぃ」「しぃ」「ちぃ」などは日本語の文章で使う機会はほぼなく、kiliのように入力しても代用できるので、無くなっても大丈夫だと思います。

↓打ちやすくなる単語の例

象徴、少量、商業、商標、帳票、……他たくさん

※とくに速く打てそうな例を上げましたが、「~ょう」は頻度がかなり多いのでいくらでもあります。

ーーー

あと、yを左手で打つ最適化ができれば、nyihyimyikyiが、さらに打ちやすくなります。

「~ou」~l

これはアルファベットで書くとわかりにくいですが、たとえば、

「こう」kou を kl のように、L に ou の役割を持たせるということです。

  • kl「こう」
  • sl「そう」
  • tl「とう」
  • ・・・

これも「しょう」syi と同じような理由で、ou の u が人差し指になるのを回避できるので、同指連続打鍵を減らして、打鍵数を1打少なくすることができます。

  • 高校、走行、工場、道場、相乗効果、想像、総合、情報、方法、堂々、とうとう、高層、構造、高等、効能、後方、行動、労働、もうろう、のうのうと、そうそうたる、同窓会、光合成、合同、……他たくさん

前述の「~ょう」~yi も合わせたら高速入力できる可能性がさらに広がります。

  • 農業、共同、競争、消耗、症状、消防、商法、消灯、投了、同僚、称号、送料、増量、同業、衝動、状況、……他たくさん

「パ行」x

日本語の文章でパ行は使用頻度が少ないとはいえ、pが小指担当で、さらに「ピュ」pyu、「ピョ」pyoの打ちにくさはひどいもんです。

なので、x をパ行として使い、「ピ・プ・ポ・ピュ・ピョ」を打ちやすくします。

直前の打鍵がuionのときはxでパ行のほうが打ちやすいことが多いので、カタカナを入力する機会が多い人は練習してみると良いかもしれませんよ。

↓例

タイピング、ポピュラー、ポイント、コピー、スピード、ショッピング、ポンプ、コンピュータ、レシピ、ピーク、ピッチ、しっぽ、ポムポムプリン、ぴょんぴょん、ポキポキ、ポプテピピック、ポンキッキ、ポップ、ピンポン、ピューレ、ピョンヤン、ジッポ、

ーーー

ただし、一般の人は小さい文字を「あ」xaのように入力する人が一定数いるので、共用PCで設定するなら注意が必要です。

記号

ローマ字テーブルは、ひらがな以外の、数字・漢字・記号など、入力できる文字ならたいてい出力側に設定することができます。

通常はShiftを押さえながら打つ必要がある記号を楽に打つことができます。

↓ちなみに使用するアルファベットは、単語登録につかう文字などによって個人差があると思うので、この左側はあまり参考にしないでください。

  • jl 「
  • lj 」
  • j; (
  • ;j )

人によってはjkのほうが楽だろうし、左右1打ずつのほうが楽だと思う人もいるでしょう。子音→子音の組み合わせで他の部分に影響が無いなら自由です。

ただ、ちゃぶ台をひっくり返すようですが、ローマ字テーブルだと同指連続打鍵の可能性が残ってしまうことが多く、快適ではないこともあります。

なので、実は記号なら単語登録でアルファベットを変換したほうが、最後がスペースになって同指連続を避けて快適になることが多いので、記号は単語登録を使うことが多いのが実際のところです。

↓いったん話がそれますが、こういう単語登録を使っています。

  • j → 「
  • k → 」
  • っj → (
  • っk → )
  • h → ?
  • y → !
  • m → ●
  • b → ・
  • t → &
  • r → ×
  • d → ◯
  • っd → ◎
  • s → ★
  • っs → ☆
  • q → “
  • c → →
  • っc → ←
  • x → ↓
  • っx → ↑
  • z → ※

?は「はてな」の頭文字でhとか、意味を持たせているものもありますが、ほとんどは空いている子音に割り当てているだけなので自由です。使用頻度によって押しやすい場所に割り当てればいいと思います。

どうせ文章中で記号の前後は文節が切れるので、単語登録でもほとんど影響はありません。細かいことを言えば、閉じカッコはローマ字テーブルのほうが使いやすいことがあるくらいです。

ーーー

あとは、たとえば丸付き数字など、変換は面倒で、単語登録を使うこともできるけど、さらに打鍵数を減らせるような定義とかが打ちやすくなります。

  • m1 ①
  • m2 ②
  • m3 ③

あんまりテーブルを増やしすぎると単語登録に影響が出たり、他の場面で思わぬ文章になったりするので、自分なりに考えてみましょう。人それぞれ、よく使う記号も違うはずです。

漢直(漢字直接入力)

ローマ字入力は、「子音→子音」の順番ならテーブルに大量の空きがあるので、漢字を変換せずに直接入力していく、という芸当も、やろうと思えばできます。

↓実際に1~2文字の漢字を割り当てるアイデア例。

参考:ローマ字入力、AZIKや行段系配列に少しだけ漢直を足す実例 – 川は渡るため、壁は越えるため

これを見れば分かるとおり、ローマ字入力には2キーの組み合わせにまだまだ空きがたくさんあります。さらに3キーの組み合わせも使うならパターンが爆発的に増えます。(記憶も大変になりますけど)

※ただし、定義の文字列によっては単語登録に影響がでるので、単語登録を多用している人は注意が必要です。

定型文

一応ですが、かなり長い定型文でもローマ字テーブルに追加すれば好きなように設定できます。

  • js「◯◯県◯◯市◯◯……」

みたいなこともできます。

ただ、個人的には長い定型文はローマ字テーブルだと編集がやりにくいので、単語登録を使うほうがおすすめです。

「わ」la

ちょっと番外編のようになるので最後に紹介しますが、L の使いみちとして他の方法を取り上げておきます。

ローマ字入力では、さ行・ら行・わ行が絡む「あ・え・さ・せ・ら・れ・わ・うぇ」が連続するワードで、左手がもつれやすい運指になります。

それを回避するため、例えば、「わ」LA に割り当てるカスタマイズをします。

※ら行・さ行でもいいかもしれません。要するに、左手のごちゃごちゃした運指を、右手に肩代わりさせる、というコンセプトです。

↓「わ」LA によって入力しやすくなる単語の一例。

わざわざ、ざわざわ、我々、我ら、割れる、割れた、割れ物、触る、触った、騒がしい、騒ぐ、笑う、泡、わらわら、早稲田、世話、話題、

ーーー

ただし、「わ」LA にすることによって、もともとの「ぁ」を xa で入力するか、他の割り当てを考えないといけないので、前述のカスタマイズとの共存は難しくなります。

使いこなせれば速くなるとは思いますが、実際のところ、定着させるのは難しいと思います。

その他カスタマイズの注意点

ここまで説明したカスタマイズ例は、なるべく記憶負担が少なめで運指が良くなるものを紹介しましたが、もっと本格的に練習できるなら、自分なりのカスタマイズをもっと突き詰めることもできます。

単打でも出せる

例えば;だけで「わ」にするとか、

もともとローマ字として使われていないキーなら、単打で文字を割り当てても影響がありません。(もとのを打ちたければF9F10で英数字変換します)

↓「わ」laでも紹介したワードを見てみると、「わ」でさらに速く打てることがわかります。

わざわざ、ざわざわ、わざと、技、私、幸せ、渡す、我々、我ら、割れる、割れた、あらわれる、触る、触った、さわやか、裏側、あらわす、騒がしい、騒ぐ、笑う、泡、関わらず、わらわら、綿、わたわた、早稲田、世話、話題、毛皮、はらわた、わっせわっせ、

はローマ字の影響を受けないトリガーキーのように使えるので、単打・1打目・2打目としても使えて、非常に自由度が高いキーでもあります。

2打目にしても影響が無いキー

「~ou」~lでも紹介したように、2打目に指定するキーは、ほぼ影響なく使えるのがLXQ、そしてのような右側にあるキーくらいしかありません。

これはnが影響していて、「な行」と「ん」という2つの役割があるため、n~という組み合わせが発生しないキーじゃないと使えません。

orenji、dandan、zenzen、のように、n~がいくらでもあるので、ほとんどの子音は2打目として適していません。

そう考えると、以下のような理由でLXQは2打目としてほぼ影響がないことがわかります。

  • 「んぁ」nlanxaという文字列は普通の文章では出てこないので使える
  • 「ンクォ」nqoなどは探せばグリーンクォーツとかがあったが、たぶん普通の文章ではほとんど出てこない
  • 「ん;」n;は日本語の文章ではまず出てこない

このうち、運指や指の筋力を考慮すると、Lが一番使いやすいんじゃないかと思います。(そのため代表例として~ouのカスタマイズとしても紹介しました。)

XQは、小指だったり押さえにくい場所だったりするので、指がよく動く人向けです。

トリガーキーとして;を使う

さっきも少し書いたように、は単打・1打目・2打目としても自由に使えて、日本語の文章だとaiueoの後に打鍵するので同指連続打鍵にならないので、キーとしてもなかなか優秀な配置になっています。

をトリガーキーのような感覚で1打目にして、記号や定型文の入力に使うと直感性も高くて個人的におすすめ。

運指を考えると、2打目は左手か、右人差し指くらいのほうが打ちやすくなります。

出力文字として何を設定するかは、完全に自由です。

AZIK

ローマ字入力を拡張する方法としてはAZIKという手法が知られていて、種類が多くて覚えるのは大変ですが、もっと多くのアイデアを見たい、もっと打鍵数を減らしたい、という人はチェックしてみてください。

ただしAZIKには、

  • 共用PCでは影響が出る
  • アルファベットを利用した単語登録に影響が出る
  • 小指の負担が増えるカスタマイズがある

などのデメリットがあるので、用途を把握してから取り組んでください。

ーーー

他に「AZIK」で検索して見つけた、ローマ字テーブルカスタマイズによる独自の工夫をしているページをリンクしておきます。

まとめ

以上、ローマ字テーブルをカスタマイズしてキーボード入力を効率化する方法について紹介しました。

このページで紹介したカスタマイズの特徴をもう一度書いておきます。

  • 打鍵数が減る
  • 同指連続打鍵が減る(特に z ⇔ a)
  • 小指の負担(Z・P)が減る
  • 片手3打以上の連打数が減る
  • アルファベット混じりの単語登録にほとんど影響が無い
  • 職場のパソコンでも使える
  • 共用パソコンで迷惑がかからないカスタマイズもできる
  • ローマ字テーブルに空きが多いのでカスタマイズの可能性が広い

また、AZIKなど、既存のローマ字テーブルカスタマイズと比べた場合、打鍵数はそんなに減りませんが、記憶負担が少ない、同指連続打鍵が減るので運指が良くなる、共用PCでも影響がほとんどない、というのが相対的に優れている点なので、用途に合うようであれば導入を検討してみてください。

それに、ローマ字テーブルのカスタマイズに正解はなく、自分の工夫次第でどうにでもなるので、ぜひ自分でもアイデアを練ってみてください。

ローマ字テーブルのカスタマイズが面白いと思った人は、キーボードの割り当てを変更したり、単語登録を工夫する方法も相性が良いはずなので試行錯誤をおすすめします。

ーーー

関連:ブラインドタッチ練習のコツと上達方法

関連:タイピングの最適化と練習方法

関連:親指シフトとは|練習・キーボード・断念した理由・普及しない理由・その他の配列など

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『ローマ字テーブルをカスタマイズして爆速タイピングにするアイデアいろいろ』へのコメント

  1. 名前:めんめんつ 投稿日:2020/02/14(金) 16:36:00 ID:56e88cb45 返信

    共用PCでも影響がないというのはユニークで魅力的ですね。

    ただタイパー向けではないと冒頭に書いてありますがこういうのこそタイピングゲーム向けのカスタマイズではないでしょうか。
    実用でも使えたら強そうですが「創作文でタイピングに頭使ってられない」「そもそもそんなに速度要らない」「学習コストに対して効率化は微々たるもの」と言う人が多そうです。実用で使うにしても裏でかなり練習を積みたいのでやはりタイピングゲームで使えたらいいです。

    タイピングゲームでも使えるようにDvorakJやかえうち等で実装し、タイプウェル等での検証とかどうでしょうかね。。(書いてたらなんか私がやりたくなってきました)

    • 名前:パソ活 投稿日:2020/02/14(金) 20:45:28 ID:26c11f9b5 返信

      「タイパー向けではない」というのは、競技として競う場合を想定していて、たとえば以下のような例で、

      ・RTCで使えない
      ・tomoemonさんのAZIKがタイプウェルランキングでAZという扱いになっている

      これらが同じモノサシで比較される体制になっていればタイパーとしての活動に支障がありませんが、発揮できる場所が少なくなるというのであれば「タイパー向けではない」かなぁ、という感じです。

      こんなレベルの高い話ではなく、タイピングゲームの記録を自己申告する程度であれば別にいいんでしょうけどね。

      ーーー
      Dvorakやかえうちの使用は、自分の想定読者とは層が違うので、自分自身も食指が動かないんですよねぇ。

      もちろん使えば確実に効率化できると分かっていても、それを使おうとする人が激減するので。

      あと、そういう傾向の人はほっといても自分で情報収集するので、そんなに解説もしなくていいと思う部分もあります。

  2. 名前:めんめんつ 投稿日:2020/02/14(金) 20:53:03 ID:fa3eba8bd 返信

    お返事ありがとうございます。
    納得しました。確かに配列変える事はゲーム上ではチート扱いされてもおかしくないですもんね。下手にDvorakJの解説とかできないのも何となくわかりました。

    お遊び程度かもしれませんが触ってみたいので、私個人がかえうちを使ってタイプウェルで検証して発信してもよいでしょうか?

    • 名前:パソ活 投稿日:2020/02/14(金) 21:01:33 ID:26c11f9b5 返信

      お遊び程度かもしれませんが触ってみたいので、私個人がかえうちを使ってタイプウェルで検証して発信してもよいでしょうか?

      もちろんです。許可取らなくても勝手にやってもらってかまいませんw。

      むしろタイムを狙うのであれば、この記事以上のカスタマイズを自分で編み出してもいいんじゃないでしょうか。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。