YouTubeの広告を消すためにYouTubeプレミアムに加入しようか迷う→加入した

最近、YouTubeプレミアムに加入しようか迷ってます。(※追記:加入しました)

1,180円/月というなかなか高い料金なんですが、調べ物するときに、それに見合う価値があるのかどうか……。

YouTubeプレミアムの主な機能はこんな感じ。

  • 広告なし
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • YouTube Misic Premium

調べ物の場合は、「広告なし」が主な目的になります。

YouTubeの広告について

広告は、別にそんなに詳しくなくてもパソコンだったら無視できたり(ごにょごにょ)、iPadでもサードパーティアプリ使えば回避できたりするけど、スキップや再生リストの都合で、iPadのYouTube純正アプリを想定しています。

スポンサーリンク

YouTubeプレミアムの機能

主な目的は「広告なし」ですが、それ以外にもYouTubeプレミアムの機能がいくつかあります。

YouTubeの広告なし

YouTubeプレミアムに加入して、広告を非表示にしようか考えているところ。

調べ物するためにYouTubeを検索するときって、動画をたくさん見ることが多いので、動画を開くたびに広告が表示されます。

YouTubeの広告の種類はいろいろありますが、たくさん広告を見てきた経験上、動画開始のとき、

  • 5秒後にスキップできる広告
  • 6秒間強制表示される広告(バンパー広告)
  • これらがランダムで2連続

というパターンの広告が流れることが多く、とくに2連続だと、
最長12秒間の待ち時間が発生します。これがストレス大。

さらに8分以上の動画だった場合、動画の途中にも「ミッドロール広告」があって、再生が中断されることがあります。

とくに、再生したけど見る価値がない動画をすぐに閉じるときにタイムロスになってしまいます。

個人的な再生リストを作って、連続再生するときも広告が邪魔になるし。

なので、動画を大量に見る人は、広告なしの恩恵を最大限に受けられるでしょうね。

あと、動画を流しっぱなしで寝落ちする人とかは、ミッドロール広告がなければ快適なはず。

コンプレックス商材の広告

コミック形式のコンプレックス広告がすごく増えたのも理由のひとつ。

ストーリーに「コミック」と「吹き替え」を外注したであろう広告を作り、ダイエット商品などに誘導するやつ。

広告作成側のどす黒いイメージが感じられるので、あんまり気分の良いものじゃありません。

個人的にはもちろん世の中から消えてくれと思うけど、規制があるわけじゃなし、コスパの良い広告市場としてYouTubeが選ばれているだけなので、防ぎようがありません。

コンプレックス広告の問題については記事もいろいろ書かれていますね。

参考:【Youtube広告】最近よく見る「サプリ」や「身体、外見蔑視」「扇情的」な動画広告について、現・広告運用者目線から考えてみた|カルテットコミュニケーションズ

上記記事の後半にも具体的な方法が書かれていますが、けしからんと思う人は各自Googleに報告してください。

※ただし「広告のカスタマイズ」をオフにしているので、オンの人とは事情が違うと思います。オンにすると、より関連する広告が表示される可能性があるかもしれません。

ーーー

YouTubeプレミアムにしてから

YouTube Premiumに加入してからしばらく使ってみました。

当たり前ですが、広告なしは、やっぱり非常に快適です。

動画再生開始の広告がないから次々と動画を見れるし、長い動画をシークするとき、途中でミッドロール広告が邪魔することもありません。

ただ、かなり日常的に動画を見る人じゃないと、月1,180円の価値を感じられるかどうかは微妙かも。

少なくとも、調べ物で検索して次々と動画を見ていくときは、広告無しで良かった、と思えます。

オフライン再生

YouTubeプレミアムになると、iPhone・iPad本体に動画をダウンロードして、オフライン再生することもできるようになります。

通勤中やスポーツジムで再生したいときに役に立ちますね。

※といっても音を聴くのだけが目的なら、画質を最低にすれば通信量をそんなに消費しないので、オフライン再生はめちゃくちゃ重要というわけでもないけど。

YouTubeプレミアムにしてから

オフライン再生は、まだ活躍する場面がありません。

外出先でYouTubeを見ても480pまでの画質なので、そこまで通信量が気になることってないんですよね。

長時間見るわけでもないし、聴くのが目的なら画質を144pまで下げたらめちゃくちゃ通信量少ないし。

「格安SIMで通信が不安定な人」や「月1GBみたいな超少ないデータ契約している人」ならオフライン再生が役に立つんじゃないかと思います。

バックグラウンド再生

YouTubeアプリは、アプリを閉じたら再生が止まるけど、YouTubeプレミアムなら、アプリを閉じたりiPhoneをロックしても、そのままバックグラウンド再生されるようになります。

※YouTubeプレミアムじゃなくても、ブラウザやサードパーティアプリを駆使すれば可能かもしれないけど、手間がかかるのでこの記事では無視。

バックグラウンド再生するのは、主に音楽をBGMにしたい人向けでしょうね。

「YouTube Music Premium」も利用できるので、ますます音楽が目的の人には相性が良さそうです。

※ただ、音楽だけが目的ならYouTubeである必要もなさそうですけど。

YouTubeプレミアムにしてから

YouTubeプレミアムにしてからバックグラウンド再生を試してみましたが、これは便利だと思います。

音だけ聞けばわかる動画であれば相性が良いし、なんと、オフライン再生すれば通信量も節約できます。

↓実際に通信量を計測した事例がいくつかあるので紹介しておきます。

参考:YouTube Premium/Musicのバックグラウンド再生時の通信量を計測し徹底検証 | ドハック

参考:YouTubeのバックグラウンド再生の通信量ってどれくらい? | カミアプ | AppleのニュースやIT系の情報をお届け

参考:【人柱レポ】YouTube Premiumでバックグラウンド再生したら通信量に違いはある?調べてみた | ひとぅブログ

だいたい計測では半分から5分の1くらいの通信量になるみたいですが、バッファ読み込みで映像データもある程度含まれてしまっているので、長い動画であればもっと通信量を節約できることになります。

音楽の再生リストとか、長時間のラジオ的なものを聴くなら、とても相性が良さそうですね。

iPadのYouTubeアプリ スキップ設定

ちなみに、パソコン、iPhone、iPadのいずれかで使うことになるんですが、アプリが快適です。

↓以下の動画は連続でスキップしているところ。

再生画面の右半分の領域をダブルタップすると5秒~のスキップができて、iPadの性能によってはスキップ後のライムラグがほぼありません。

「初代iPad Air」と「iPad Air 3」の比較によると、いま記事を書いている時点では、iPad Air 3ならめちゃくちゃ快適です。

たぶんパソコンでも性能や回線速度が良ければ同じように速いだろうけど、マウスのクリックって照準を合わせるのが地味にだるいので、iPadのほうが快適だと思うことがあります。

ーーー

ダブルタップでスキップできることを知らない人もいそうなので簡単に紹介すると、

YouTubeアプリ右上のアカウントアイコンをタップして、

「設定」をタップ。

「スキップ送り / 戻し」をタップ。

スキップ単位を選ぶ。

という手順になります。

まとめ

情報収集の効率化のためだけにYouTubeプレミアム税込1,180円/月は高いかなぁ……と思って足踏みしてるところ。

→YouTubeプレミアム加入しました。YouTubeをよく使うなら料金に見合った価値があるかな、といった印象。たぶん継続する。

ーーー

関連:iPad Air3レビュー

関連:ひとつの動画で400万再生到達

関連:YouTube動画が「ストーリー」に掲載されてバズってる?

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

大きな買い物をするならAmazonチャージがおすすめ。チャージ金額に応じて余分にポイントがもらえます。
プライム会員ならさらにポイント上乗せ(学生はPrime Student

スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。