せどりで初めてAmazonマーケットプレイスに出品するまで

ブックオフ

知り合いがせどり始めるかも」という記事を書きましたが記事を書いた時点で出品はまだ販売開始してなくてアカウント作成や出品を実際にする時には僕が直接出向いてサポートをしました。

実際に進めた手順などを書いてみたのでこれからせどりを始めるという人は参考になるかもしれません。

ただし部分的に説明しきれない部分は割愛しているので最終的には自分でGoogle検索する必要も出てくると思います。後半に検索方法についても書いています。

スポンサーリンク

Amazonアカウントを作成する前の下準備

基本的には受注・印刷などパソコンを使った作業になるのでいろいろ下準備が必要です。

Gmaiのアカウント作成

まずAmazonで使うメールはその後の管理や過去メールの検索を考えるとGメールが良いと思ったので新しくGメールアカウントを作成したいました。

他にメールアカウントを作るとしたらYahoo!メールを想像する人もいそうですがビジネスに使うならYahoo!メールは使いにくさが半端じゃありません(笑)

とくにスマホで使えるメール連携アプリの選択肢がほとんど無かったりパソコンでYahoo!メールを見るのも非常に使い勝手が悪いのでGmail一択だと思います。

⇒ Googleアカウントの作成

GoogleChrome

Webブラウザはインターネットエクスプローラーを使っていたのでこれを機会にGoogleChromeをインストールしてもらいました。

早速その後はChromeを使ってもらいましたが表示速度の速さにびっくりしていました(笑)

⇒ GoogleChromeダウンロード

また、Google Chromeにするメリットとしていろいろな拡張機能があるのでパソコン作業の効率アップがしやすくなります。

Googleリモートデスクトップ

最初は何かと質問したいことが出てくるかもしれないから画面を見ながらサポートできるようにChromeリモートデスクトップをインストールしました。先ほどインストールしたChromeの中のアプリのひとつです。

見てもらう人と見る人がお互いリモートデスクトップアプリを起動して番号を入力するだけで遠隔地でも接続されて相手方のパソコンを操作することもできます。

⇒ Chromeリモートデスクトップダウンロード

Dropbox

何かファイルのやり取りをする時に共有フォルダを作っておけばファイルをドラッグするだけで受け渡しできるのでDropboxのアカウントを作成しておきました。

⇒ Dropbox

↑このリンクからアカウント作成してフォルダをインストールしたら500MB増えた状態で始めることができる招待リンクです。新しくDropboxアカウントを作るならどうぞ。

Amazonアカウントの作成

ここからやっとAmazonアカウントの作成に取り掛かりました。

Amazonマーケットプレイスにテスト出品

まずは商品ページの中にある「マーケットプレイスに出品」というボタンをクリックして、出品作業をしながらAmazon出品アカウントを作る流れになります。

Amazonマーケットプレイス出品

アカウントを作成

出品が途中まで進むとアカウントを作成する段階になりました。予めAmazon用に用意していたメールとパスワードでアカウントを作成して途中に電話認証をする必要があるので4桁の番号を携帯電話で入力したりする部分があります。

Amazonマーケットプレイスに出品

アカウントの作成まで終了したらいよいよ本当に出品しようとしたものを出品します。

これは人に教えて初めて気づいたんですがSKUとか画像とか別に入力しなくてもいい項目が結構ありますね。

Amazon出品の画面

とりあえず最初は必須じゃない項目

  • 出品者SKU
    • 出品数が非常に少なくて今後規模を拡大するかわからないのであれば空白のまま出品しても構いません。始めた時点で将来の規模を想定している場合はSKUについて調べて在庫管理に利用したほうが良いと思います。
  • SKU画像
    • Amazonの商品画像で分かるので必要なし。マーケットプレイスを知らない場合は画像を設定しないといけないように見えてしまうらしい。この機能を使うのは付録などのAmazon画像だけじゃ分からないものを伝える時。
  • セール価格
  • 販売開始日
  • 商品の入荷予定日
  • 生産国
  • 予約商品の販売開始日

という感じでこれらはわからなければ必須項目ではありません。とりあえず最初のうちは必要ない項目がこんなにあります。

必須の項目

  • コンディション
  • コンディション説明
  • 販売価格
  • 在庫数
  • 出品方法(自分で発送するかAmazon倉庫に預けるか)

まぁ見たら必須だとわかるものが多いと思います。出品方法はこの記事だと説明しきれないので割愛。

せどりを知らない状態からAmazon出品するには

この一連の出品作業・・・何も知らない状態でネットやパソコンにもあまり慣れていない人だととてもじゃないけど出品まで行き着かないと思いました。

Amazonマーケットプレイスで販売したいと思った時どうやったら出品まで行き着けるか考えてみました。

知り合いのせどり経験者に教えてもらう

今回の僕のような知り合いが居るパターンですね。でもそんなことはまずありません。もしいたら超ラッキーです。

「せどりやってみたい」というのを周りにアピールしておけばどこかで見つかることがあるかもしれません。

※でもぶっちゃけ教えてもらう主導で進めていっても続くとは限りません。結局自分で面白いと思ったり壁にぶつかった時に自分で解決していかないと挫折します。

なので教えるほうはそんなに深入りしないようにしましょう。せどりを始める前の「やってみたい!」というセリフほどあてにならないものはありません。

自分でGoogle検索する

知り合いにせどり経験者が居る可能性は基本的には低いのでおそらく自分でひたすら検索するのが現実的な方法になってくると思います。とにかくひたすらGoogleで知りたいことを検索していきます。

⇒ Google

  • Amazonマーケットプレイス 出品 方法
  • せどり 仕入れ 方法
  • せどり 携帯サーチ
  • ビームせどり バーコードリーダー
  • せどり 消耗品
  • せどり 在庫管理
  • せどり 受注
  • せどり 発送
  • せどり 発送方法 使い分け
  • せどり 発送通知
  • せどり 納品書
  • せどり コンディション 書き方
  • CD研磨機

などなど、複合キーワードで知りたい内容をひたすら検索して調べていきます。

Googleで検索する癖が付いているかどうかでAmazonマーケットプレイスでの販売が続けられるかどうかが変わってくると言っても過言ではないほどググる力は超重要になってきます。

Google検索する力は知り合いにせどり経験者が居たとしてもどっちみち必ず必要になってくるものなので避けては通れません。いつまでも同じ内容を知り合いに聞き続けるわけにもいかないですしね。

会社だったら業務上の不明点は先輩が知ってるから自分でGoogle検索しなくてもいいですけどせどりの場合は自分が欲しい情報が周りにない場合は検索する必要が出てきます。

やってることは会社勤めじゃなくて個人事業主と一緒なので自分で調べるのがまず第一の基本になります。だから調べる力はとても大事になってきます。

でもねー、結局「ひたすら」検索することができないから途中で挫折しちゃうんですよねぇ・・・。これはいくら電話で話したりマニュアル的なものを作って見せても変わりません。教える方の熱意はたいてい空回りします。

せどりブログを読む

もう全然更新していませんが、せどりのブログも書いていたりします。

記事数が1100記事以上あってめちゃくちゃ多いので全部読むのは相当しんどいですがカテゴリをピックアップするとこのあたりが役に立つかもしれません。

※現在は情報が古くなりすぎているので扱う商品や仕入先に関してはまったく通用しなくなってると思います。在庫管理や梱包関連のアイテムなどはまだそれなりに使えます。

「運」も必要

ここまで書いておいてアレですが・・・。最後の最後は自力・他力に関わらずやろう!と思うきっかけを掴む運が必要な時もありそうです。

ただ、まぁ目の前にラッキーが転がってても自分が掴む準備ができてないことがほとんどなので良いことが無いからといって「運が悪い」ということではないです。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。