せどりの売上管理をExcelでするかどうか

せどりブログのほうでコメントにて質問をいただいて長文になりそうだったのでこっちで書こうかと思います。

せどりを始めたばかりでExcelを使ったことが無い状態において商品の仕入れや出荷など何をどう管理するべきか迷っている。最低限やるべきことは何か。

というような質問をいただきました。(要約したのでニュアンスが違っていたらすいません)

広告

せどりの売上をExcelで管理するべきか

身も蓋も無くなりますが(笑)そもそもせどりの管理をExcelでしたほうが良いのかどうか?ってことですね。

今までExcelを「使ったことが無い」という状態だといきなりしたいことをしようとしてもつまずくポイントがものすごく出てくるんじゃないでしょうか。

「こうしたほうが良いよ」と人から聞いて『すっごい!』と思ってもそもそもそれなりの知識を要する操作(ピボットテーブル・CSVの扱い・関数など)だとしたらかえって時間がかかり操作を間違ってデータがずれてしまう危険もあります。

またAmazonマーケットプレイスで販売するせどりのように一期一会の商品を新規客に数多く販売する場合は管理に時間をかけるよりも仕入れやリサーチ・商品知識に時間をかけて仕入れを効率化したほうが良い場合もあると思います。

お金の管理はExcelが無くてもできる

せどりの管理をどうしていきたいのかによって答えも変わってくるんですが例えば月々のお金の出入りを管理したいだけであればExcelを使う必要が無いかもしれません。

お金の出入りをどこから見るか

「お金の管理」と言っても出るお金と入るお金を正確に把握しておけばとりあえず最低限の管理になります。

売上(手数料が引かれる前)

管理画面のビジネスレポートを開けばとりあえずいつ、いくらで売れたのかが把握できるんじゃないでしょうか。月別・日別などの集計期間も変更できるのでExcelでピボットテーブルを使っているようなものです。

入金(手数料が引かれて口座に振り込まれる金額)

先ほどのビジネスレポートの数字はAmazon手数料が引かれる前の金額なので自分の口座に振り込まれる入金額ではないですよね。

ということでAmazon手数料を引いた後の実際に振り込まれる金額は管理画面「ペイメント」から確認することになりますね。

2週間毎の表示なので月単位の入金額を把握しにくいですが月単位で合計金額を知りたい場合はCSVをダウンロードして少し加工することになるのでExcelが必要になってきます。

仕入れや消耗品など

購入したレシートを1ヶ月毎に集計して1ヶ月でいくら使っているのか把握って感じでしょうか。ネットでクレジットカードを使って買い物している場合はWebから明細を見れるならWebから確認って感じでしょうか。郵送の明細のみだとお金の流れが把握しにくくなる可能性が高いかもしれませんね。

家計簿を付ける感覚

上記のようにいくらお金を払っていくらお金が入ってきたのか見るというのは家計簿と同じなのでデータをメモして手書きでまとめるだけでも十分かもしれません。

ビジネスレポート、ペイメントなど予めAmazonのシステムが集計してくれている機能があるのでそれを利用したほうが間違いが少なく効率的だと思います。

ポイントはすでにある機能を活用して2度手間を減らすということですかね。

どんな時にExcelを使うことがあるのか

じゃぁそれでもあえてExcelを使うのはどんな時かというと、

単品管理・利益率・回転率を把握したい時

などでしょうか。

例えばいくらで仕入れてどのくらいの期間で売れていくらで売れて、という情報がすべてわかっていると自分が扱っている商品の全体の利益率・回転率が分かりどのくらい仕入れに突っ込んでも良いのか把握できて傍目からは危ない橋をわたっているように見えても確信を持って仕入れができたりします。

1件ずつ手入力するかどうか

ただしExcelで単品管理をしたいという場合に気をつけないといけないのが、

1件1件手入力するコストに見合うかよく考える

ということです。そこまで細かく分析できたら当然良さそうに見えますが家計簿を付けるだけの感覚に比べると難しくなりExcelが使えない場合は余計な時間がかかってしまいます。

それでも単品管理をやりたかったら1件ずつExcelにて入力していくことになりますが正直データを手入力するのはオススメできません。

商品単価が低ければ1件のデータ入力にかかる時間による損失の割合が大きくなります。

同じ商品をリピートで何度も売るのなら回転率などのデータが役立つ可能性がありますが一期一会のせどりの場合はデータを溜めるだけ溜めて自己満足になってしまう可能性が高そうです。

データを管理するかどうか迷った時の判断基準のひとつとして、

  • あとあとデータを活用して利益に貢献する可能性がありそうか。
  • せどり以外に役立つ可能性があるか。
  • 1件のデータ入力や管理にどのくらいの時間的コストがかかるか。

などを想像してって感じでしょうか。

SKUに暗号化して情報を入力する

これは小口出品か大口出品かによっても変わってくるかもしれませんがAmazonマーケットプレイスでは出品する時にSKUという任意の管理番号を入力することができるので、その中に自分が把握したい情報を暗号化して入力しておくという方法も考えられます。

売上が上がって注文詳細を見た時にSKUが表示されているのでその商品に関する情報を確認できたりします。

出品ツールがデフォルトで採用しているSKU番号が日付と3桁の連番で

20140327-001

だったりするのでそれ以降の桁に自分だけの情報を入力しておくとかですかね。これはあとあとCSVをダウンロードしてExcelで集計することになるとさらに役に立つ内容ではありますけど目視で確認して商品の情報を見るだけでも1件1件Excelにて入力するよりはマシかもしれません。

将来的にExcelが必要なくなる可能性

Amazonのビジネスレポートなんかは比較的最近登場した機能だしAmazonはこれからもどんどん機能を追加したりしてシステム化していくんじゃないでしょうか。

だから意地になってExcelでどうにかしてやろうと思わなくて良いと思います。Excelだけエキスパートになってももうすでにクラウドとの連携など既存のサービスを組み合わせるほうが重要になっているので逆にひとつのことで視野が狭くなるのは得策とは言えないような気もします。

ただしExcelは勉強しとけば役に立つ

そうは言ってもExcelがある程度使えればデータ処理において様々な連携が可能になるしせどりとは関係なくExcelはこれから勉強しても損にはならないと思うのでいきなりせどりでやりたいことを達成しようとするんじゃなくExcelはExcelで基礎から始めても良いんじゃないでしょうか。

これからもせどりに限らずパソコンで数字を管理する場面が少しでもあるなら確実に役に立つスキルになると思います。

僕の感覚ではありますけどExcelって細かな知識の引き出しが増えた時に初めてやりたいことをスムーズにできるようになるのでいきなり大きなことをやろうとしても上手くいきません。

なのでできるシリーズなどの基礎的な本を最初から最後まで書いてある通りに操作するだけで全然違います。一生懸命覚えるというよりは書いてあることをなぞるだけ。覚えられているかどうか不安になるよりはなぞる。そして2回なぞる、3回なぞる。

小舘由典,できるシリーズ編集部

できるExcelを検索

あとはショートカットキーと関数ですかね。ショートカットキーは「Excel ショートカットキー」などでググって書いてあることをそのままなぞる。

関数は薄い本を買って書いてあることをなぞる。関数は理解するのが難しいだろうから無理に時間をかけずに実際に使いたい場面になった時に本を引っ張りだす程度でも良いかもしれません。

せどりの集計や管理だと関数以外にも「検索」「置換」「オートフィルタ」「CSV取り込み」「オートカルク」「ピボットテーブル」など他の機能もよく使うので意外と関数の利用頻度って低かったりするんですよね。

そういう意味でも関数から始めるよりもできるシリーズなどのExcel入門本から始めるのがオススメです。

最低限何をやるべきか

ということでせどりのデータ管理で「最低限」何をやるか?と言われたらお金の出入りを把握することかな?と思うのでExcelが使えなくても良いということになってしまいますね(笑)

売上「金額」の集計に関してはAmazonのビジネスレポートがやってくれてるのでExcelを使うのは商品にフォーカスして傾向を分析したい時くらいでしょうか。

商品の傾向を把握して今後の販売に活かしてー、、、とか難しいことを考えるよりも資金がショートしないかなどの単純なことを考えたほうが小規模レベルであれば役に立つんじゃないでしょうか。

質問の内容から推測に推測を重ねて(笑)回答していて話が違う方向に飛んでしまっている可能性も高そうなので「そーじゃねーんだよ!」というツッコミがあったら遠慮なくコメントに書いてくださいませ。

ーーー

昔せどりブログのほうに書いたせどりExcel講座というカテゴリがあるのでせどりで使えるExcelテクニックに興味がある人は覗いてみてください。

広告

このページのシェア・保存はこちら

『せどりの売上管理をExcelでするかどうか』へのコメント

  1. 名前:タコス 投稿日:2014/03/27(木) 23:59:10 ID:8abd4e0fd 返信

    パソ活さん

    ちゃんとした記事まで書いて頂いて、ありがとうございます!

    商品の管理に関しては、最初から色んなデータをまとめておかないと後々で後悔してしまうだろうなぁと思い、焦って色んな事を一気にやろうとしていました。

    ですが、パソ活さんの言うとおり、出来ないことは無理にやるべきではないと思いましたし、まずは単純にお金の出入りだけでも管理しようと思います。

    まだまだ分からないことだらけで、これからも色々とお聞きすることがあるかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2014/03/28(金) 23:40:12 ID:d50abf4d1 返信

      タコスさんコメントありがとうございます。

      >商品の管理に関しては、最初から色んなデータをまとめておかないと後々で後悔してしまうだろうなぁと思い、焦って色んな事を一気にやろうとしていました。
      →たぶんですが、曖昧であればあるほど焦るんじゃないかな?と感じます。

      「色んなデータをまとめておかないと」という部分が曖昧ポイントでしょうか。

      そのデータは何のためにまとめるんでしょうか。
      得られる効果はどのくらいあるでしょうか。
      かかる時間はどのくらいでしょうか。

      という質問を自分にしてみたらどうでしょか。

      そうすれば、何でもかんでもデータを集めるんじゃなくて、必要ないデータは切り捨てることが出来るかもしれません。

      その上で、Excelなどのツールを使うスキルがあれば、やりたいことが実現できる、という感じですかね。

      おそらく、Excelのスキル不足が問題ではなく、その前の段階の計画部分が原因じゃないでしょうか。

      >ですが、パソ活さんの言うとおり、出来ないことは無理にやるべきではないと思いましたし、まずは単純にお金の出入りだけでも管理しようと思います。
      →そうですね。こういうのって最初から「完璧にできた状態」を想像したくなっちゃうんですけど、自分である程度手を動かして初めて進めるような感じなので、なかなか一歩目が出るか出ないかで大きな違いになっちゃうんですよねぇ。

      そういう意味では無理にやったことないExcelで管理するよりも、お金の管理をしていって、途中でもっと自分のやりたいことが明確になってきたらExcelで出来るか探ってみる、という流れでも良いかもしれません。

      >まだまだ分からないことだらけで、これからも色々とお聞きすることがあるかもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。
      →どうぞどうぞ。質問が殺到する状況にでもならなければ(笑)返事できる時はしようと思います。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。