知り合いがせどり始めるかも

ひょんなことから知り合いがせどり(Amazonマーケットプレイスで販売)を始めるかもしれません。

通っているカイロプラクティックの先生なんですがある程度コレクションしているものがあってちょっと溜まり過ぎたので処分がしたいとのこと。

そこで普段カイロの施術を受けながらせどりの話をしていたのでじゃぁAmazonで出品してみようかということになり、何かとアドバイスするかもしれないという状況に。

でもよくよく考えてみたら誰かに直接せどりを教えたことがないのでまったくせどりを知らない状態から始める場合なにから教えれば良いのかわからないですね(笑)

自分の場合はせどりを始めたときはすでに無職だったので四六時中ブログも読めるという特殊な環境で使える時間が違うのでそのまま当てはめることはできないし。

自分でせどりするのと人に教えるのは別の話ですね。聞かれた質問には答えらますけど。

スポンサーリンク

まずは不用品の処分

まずせどりを始める王道中の王道。やはり不用品の処分をしようかということに。

不要品の処分だけは初心者全員におすすめできる経験値を積みやすい方法ですしね。

Amazon価格を調べるツール

実際に出品する前に家にあるものがAmazonでどのくらいの価格になっているのか調べようということで無料で調べられるものとして以下のWebサイトやアプリを教えました。

商品のJANコード・書籍コード(ISBNコード)・商品名などで検索できます。

Amazonの相場検索

とりあえずモノレートさえあればAmazonの価格を調べることに関しては全部できるので誰にでもおすすめできるWebサイトです。

モノレート

素早く価格をサーチするツール

こちらは連続でサーチできる専用のアプリです。Android版のせどろいどとiPhone版のせどりすとがあります。

カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

 せどろいど(Google Play)

早速何個か売れそうなものが出てきたとのこと。

小口出品か大口出品か

これからせどりを始めようという場合に気になるポイントとして質問に上がったのでメモ。1ヶ月に49個以上販売なら大口のほうがお得です。

※月々の固定手数料。大口4900円。小口0円。
※1件販売あたりの成約手数料。大口0円、小口100円。
→だから49個販売が境目になっている。

Amazonの出品についてヘルプページ

自分はほとんど見たことがないですけど・・・。探している問題が明確な場合は役に立ちます。

⇒ Amazon.co.jp ヘルプ: マーケットプレイスへの出品

LINEをパソコンにインストール

質問のやり取りや参考サイトのURL、画像などをやり取りするのにSkypeよりもLINEが使いやすいのでパソコンにインストールしてもらうことにしました。

LINE

続くかどうかはわからない

せどりってインターネットでいろんなブログを見てもすでに販売にも慣れている人が多いのでちょっと楽そうに見えちゃうんですよね。

でもブログ書いてるってことは続いてるから書いてるわけで続かなかった人はネットからは姿が見えないぶんわかりにくくなってると思います。

これもさんざん話したんですけどやっぱりやってみないと続くかどうかわからないのでまぁとりあえずやってみよう。ということになりました。

やる前から変に期待させてしまうような儲け話もしないしめっちゃ大変ですよ!という話もしないし。性格や気質が違うから感じ方も違うと思うんですよね。

だから先入観はなるべく少なめで実際にやってもらったほうが辞めたいと思ったら辞めたら良いし面白いと思えたら続くだろうし。

自分でやっていく「せどり」なのに強制したりダメ出ししたりするのはなんか違うなぁと思っている今日このごろです。

<関連>
『ネットで稼ぐ人の確定申告塾』せどりの棚卸しや売上の解説もあり

せどりで初めてAmazonマーケットプレイスに出品するまで

今まで4回青色申告に使ってきたPCソフトとクラウド型確定申告ソフトの比較

せどりの管理をExcelでするかどうか

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。