Amazonアソシエイト「マイナンバーご提出のお願い」メールと、自衛する方法いろいろ

2017年から、ある程度のAmazonアソシエイト報酬がある人には、マイナンバーを提出するようにお願いがくるようになりました。

ただし、本物かちゃんと確認しないと詐欺に合う可能性もあるため、注意事項などを書いておきます。

↓要点はこの3つくらいだと思います。

  • Amazonアソシエイト公式サイトのお知らせを確認
  • メールアドレスのドメイン部分(@以降)に不審な点がないか確認
  • メールからWebサイトへの飛び先に不審な点がないか確認

↓ここから2017年当時のことなども書いているため、適宜読み飛ばしてもかまいません。

ーーー

2017年1月7日の夕方頃、三聖トラスト会計事務所というところから

【アマゾンジャパン合同会社】マイナンバーご提出のお願い

という件名でメールが来て、マイナンバー詐欺じゃないか?という声がネット上に溢れていたので、念のためAmazonアソシエイトに問い合わせしておきました。

→追記:Amazonアソシエイト公式のお知らせでアナウンスされました。

【2017/1/9:マイナンバー収集について】マイナンバー制度の施行に伴い、税務署への書類提出にマイナンバーの提出が義務付けられており、一部の対象者にマイナンバー提出のご依頼を送付しております。ご面倒をお掛け致しますが、ご提出にご協力くださいますようお願い申し上げます。なお収集は外部事業者(三聖トラスト会計事務所)に委託しておりますこと、予めご了承ください。

公式でアナウンスされたのでどうやら本当にマイナンバーを収集しているようですが、すぐに信じてしまわないようにしましょう。

(特に、最初の2017年ではAmazon公式の通知より先に、いきなり委託業者からメールが来たので詐欺だと思っても仕方ない案件でした。)

スポンサーリンク

Amazonアソシエイト公式で確認

とりあえずAmazon公式で、このメールが本当かどうか確認します。

Twitterやブログで「マイナンバー詐欺じゃね?」という噂程度の情報を見ても時間の無駄なので、本当に気になるなら「公式サイトのお知らせを確認」するか、「公式に問い合わせ」しましょう。

(公式に問い合わせした結果が書かれているサイトでさえ、詐欺グループが用意している可能性もあるので、どんなに調べても公式以外の発表は、絶対の信頼性はない、と思っておきます。)

公式のお知らせを確かめる

まずは問い合わせする前に、Amazonアソシエイトのトップページの「お知らせ」に掲載されているのか確認します。

↓ここから自分のときの過去の話。飛ばしてもかまいません。

2017/01/09 01:00の時点ではお知らせにありませんでした。

2017/01/09 15:15頃、お知らせにアナウンスされていました。

ただし、外部事業者がどこなのか明記されていないので、メールが本物か判断できません。

【2017/1/9:マイナンバー収拾について】マイナンバー制度の施行に伴い、税務署への書類提出にマイナンバーの提出が義務付けられており、一部の対象者にマイナンバー収拾のご依頼を送付しております。ご面倒をお掛け致しますが、ご提出にご協力くださいますようお願い申し上げます。なお収集は外部事業者に委託しておりますこと、予めご了承ください。

2017/01/10 18:00頃、外部事業者が三聖トラスト会計事務所であることがお知らせに追記されました。

【2017/1/9:マイナンバー収集について】マイナンバー制度の施行に伴い、税務署への書類提出にマイナンバーの提出が義務付けられており、一部の対象者にマイナンバー提出のご依頼を送付しております。ご面倒をお掛け致しますが、ご提出にご協力くださいますようお願い申し上げます。なお収集は外部事業者(三聖トラスト会計事務所)に委託しておりますこと、予めご了承ください。

追記:その後、2018/11/21、2019/11/212020/11/02のように、だいたい1年ごとに公式のお知らせに案内が掲載され、2019年からはURLも明記されるようになっていました。

Amazonアソシエイトに問い合わせる手順

昔は問い合わせ手順がわかりにくかったんですが、少し改善されていました。

もう手順を解説しなくても大丈夫だと思いますが、念のため紹介しておきます。

Amazonアソシエイトトップページ右上にある「ヘルプ」から「お問い合わせ」をクリック。

あとは必要事項を記入して問い合わせできます。

怪しいメール内のリンクはクリックしない

2017年の場合、本物だということはわかりましたが、それでも騒ぎになってから公式がアナウンスするまでに2日ほどかかってます。

とりあえず本物か詐欺かわかるまでは、メール内のリンクや添付ファイルはクリックしないように気をつけましょう。

ブログに今回の件を書いてる人は三聖トラストの公式サイトを見て検証しているみたいですが、ウィルスやマルウェアに感染して取り返しのつかないことになる可能性もあるので、普通の人はクリックせずに、公式がお知らせに掲載するまで保留しておきましょう。

なりすましメールが来ないかチェック

Amazon公式のお知らせで三聖トラスト会計事務所が外部事業者ということがはっきりすると、逆になりすましメールがくるかもしれないので、とくにメールアドレスのドメイン部分(@以降の部分)に不審な点がないかよく確認しましょう。

今は送られてくるメールアドレスがどうなっているのかわかりませんが、Amazon本体や委託事業者以外の不審なドメインから送られてきた場合は要注意です。

メール本文のリンクも直接クリックせずに、どうしても飛び先が知りたい場合は右クリックからアドレスをコピーしてメモ帳で確認したりします。

体験談など

↓三聖トラストに問い合わせした結果。
アマゾン、三聖トラスト会計事務所にマイナンバーを登録しなかったときのデメリット | 引き篭もりアフィリエイター

↓国税庁のソースや、Amazonの立場から見た場合を噛み砕いて解説。
Amazonアソシエイトのマイナンバー(三聖トラスト会計事務所)の件についてまとめ | 弱小アフィリエイターの税金メモ

↓主要ASPにマイナンバーが必要かどうか質問した結果が書かれています。2015/10/2時点では、Amazonアソシエイトはマイナンバーに対応未定でした。
マイナンバー制度:アフィリエイトの場合はどうなるのか主要ASPに訊いてみた | 会社にバレない副業の技術

まとめ

以上、マイナンバーというデリケートなものを扱うのに、外部委託しているせいで神経質にならざるを得ないので、不安になっている人はなかなか大変だと思います。

※マイナンバーを扱うんだから、Amazonは最初からそのくらい想定しろよ、と思いますが……。

ちなみにマイナンバー提出は、報酬が1年間で50万円(月4万円くらい)を超える人が対象なので、報酬金額を知られたくない人は「マイナンバー提出のお願いが来た」と、Twitterとかでうっかり言わないように気をつけましょう。

ーーー

関連:Amazonアフィリエイトリンク作成ツール「AmaQuick」の使い方

関連:Adblock PlusでAmazonのリンクが非表示になってしまう問題

関連:「nend」「AMoAd」の収益性を2ヶ月間テスト

関連:SEOに強い無料ブログを比較・考察

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

大きな買い物をするならAmazonチャージがおすすめ。チャージ金額に応じて余分にポイントがもらえます。
プライム会員ならさらにポイント上乗せ(学生はPrime Student

スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『Amazonアソシエイト「マイナンバーご提出のお願い」メールと、自衛する方法いろいろ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/01/09(月) 14:59:47 ID:6dc378512 返信

    【2017/1/9:マイナンバー収拾について】マイナンバー制度の施行に伴い、税務署への書類提出にマイナンバーの提出が義務付けられており、一部の対象者にマイナンバー収拾のご依頼を送付しております。ご面倒をお掛け致しますが、ご提出にご協力くださいますようお願い申し上げます。なお収集は外部事業者に委託しておりますこと、予めご了承ください。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/01/09(月) 15:17:52 ID:1de6bacd6 返信

      コメントありがとうございます。先ほどAmazonアソシエイトトップページのお知らせにも書かれていることを確認しました。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。