ノイズレスサーチの更新履歴(今までの機能追加など)

ノイズレスサーチを使いやすい検索エンジンにするために、どのような追加や変更を行ってきたのかまとめました。

「いつから始まったの?」「何をしてきたの?」と疑問に思う人も稀にいるようなので書きました。

もくじ

2016年3月25日 ノイズレスサーチ開始

2016年3月22日にGoogleブログ検索が完全に終了して使えなくなり、商品レビューの検索に困ったので情報収集するも、良い方法が見つからず。

Googleカスタム検索でできるかもしれないと思い、ホワイトリストで作ってみたけど大失敗。

ブラックリストで試してみると良い感じだったので、2016年3月25日からノイズレスサーチに除外サイトの登録をし始める。

ちなみにサービス名は結構悩みました。

覚えやすい、聞いただけで何となく意味が分かる→ノイズ(雑音)・レス(無い)・サーチ(検索)、誰かに口頭で教えた時に間違われない、検索した時に同じフレーズで強いページが無い、文字数が多すぎない(少し多い)。

2016年4月2日 除外上限5000件に達する

最初は除外上限が5000件ということを知らず、あっという間に上限に達してしまい、愕然とする。

この時から、5000件という枠内で如何に検索精度を高くするかという戦いが始まる。

現在は何回か除外方法のブレークスルーを発見したり、全てのサイトを2回くらいは手動で見直しして閉鎖されたサイトを解除したりしてるけど、5000件では全然足りず、最低でも20,000件くらいは除外したい。

もし20,000件も除外できたら検索の品質が桁違いに上がるけど、その方法は今のところ無い。

リンク型カスタム検索という機能を使ったらできていたかもしれなかったが、2017年2月に終了してしまった。

2016年5月8日 サイトに設置&スマホ対応

サイト内に組み込んで、高速化とスマホ対応。

2016年5月8日 ブックマークレットの作成

どこからでも検索できるブックマークレットを作成。

2016年7月5日 バズ

このツイートがきっかけで利用者が増え、それに伴って除外サイトの最適化・機能の追加・使いやすいレイアウトについて考える機会が増える。

2016年7月9日 検索結果のツイートボタンを設置

ツイートボタンを設置。検索キーワードとURLが挿入される。

2016年7月13日 ページナビを大きく

検索結果下にあるページ送りのボタンが小さくてクリックしにくかったのでサイズを大きく。

2016年8月29日 カンパを設置

Amazonギフト券にてカンパを設置。

個人でサービスを公開してる人はカンパ設置してみることをオススメする。(ただし”お願い”じゃなく、”お礼がしたい人だけ”どうぞ、という形で)

実際にカンパもらうとわかるけど、金額的なものよりも、「見返りもないのにただただお礼としてカンパしてくれてありがとう」という嬉しさのほうがモチベーションアップに繋がる。

個人で”お願い”すると、「いただいた」「あげた」という意識になるかもしれないのでオススメしない。

2016年9月7日 ドメイン絞り込みボタン設置

検索した後にドメインを絞り込みできるボタンを設置。医療検索の精度が少し上昇。

(※ただしこの時点ではドメインの分け方が医療検索に最適ではない)

2016年9月7日 専用のTwitterアカウントを作成

サービス専用のアカウントがあったほうが良いと思い、Twitterアカウントを新規作成。

ノイズレスサーチ(@labosearch)さん | Twitter

2016年10月13日 他サイトジャンプボタン設置

検索中のキーワードで他のサイトに飛べるボタンを設置。

手始めにGoogle、Google画像、YouTube、Amazon。

ノイズレスサーチの検索結果に満足できない時や、他の切り口で検索したい時に飛んでもらう。

2016年10月15日 ジャンプボタンにWikipediaを追加

「~とは」検索で使うことがあるのでWikipediaへのジャンプボタンを設置。これで辞書的な検索にも使えるようになる。

2016年10月16日 バナーアドセンスを撤去

検索をするためのページということを考慮すると、バナーのアドセンスはデメリットが大きいと判断したため撤去。

※ただし検索結果のアドワーズ広告は表示されます。(どっちみちカスタム検索のルール上撤去もできませんが)

2016年10月29日 キーワード報告欄を設置

邪魔なサイトが表示されたと思った時の検索キーワードを報告してもらう入力欄を設置。

自分の守備範囲以外のジャンルでヒントがもらえるようになる。(ユーザーが気軽に送れて、返信の必要が無い仕組みが重要)

2016年11月7日 ドメイン絞り込みボタンを変更

病院と政府がよく使うドメインに絞り込むボタンを作成し、医療関係の精度がかなり向上。

↓そのことに気づいた時のツイート。

2016年11月14日 ドメイン絞り込みにメルクマニュアルを追加

旧メルクマニュアル(現在のMSDマニュアル)を、ドメイン絞り込みボタンに追加。医療検索が少し充実。

2016年12月5日 ジャンプボタンにTwitterを追加

Google検索でも引っかかりにくい、リアルタイム性の高い情報を探すためにTwitterの検索結果へのジャンプボタンを追加。

また、あらかじめ検索キーワードに「-bot -“相互フォロー” -“matome.naver.jp” -“amazon.co.jp” -“itunes.apple.com” lang:ja」と加えてなるべくノイズを減らしている。

2016年12月8日 検索演算子ボタンを設置

完全一致・タイトルを対象に検索・PDF絞り込みなど、検索演算子を使う機能をクリックだけで使えるように。

2016年12月15日 ジャンプボタンにニュース追加

ヤフーニュースの新着順にリンクするボタンを設置。

ヤフーニュースはいろいろなニュースサイトや新聞社のニュースをキュレーションのように発信しているので、メディアの情報だけ追いたい時に時短できて便利。

2016年12月26日 スマホの検索結果を読みやすく

スマホ画面のサムネイル画像や文字のレイアウトを変更して読みやすく変更。

2016年12月30日 「レシピ」ボタンの追加

検索キーワードに「 レシピ」を追加するボタンを設置して、レシピ検索の精度を向上。(レシピ検索についてもどうぞ)

2017年1月10日 ジャンプボタンに地図を追加

Googleマップの検索結果へジャンプするボタンを設置。

駅名やお店の名前を入れればドンピシャで表示してくれるし、スマホだと自動的にGoogleマップアプリを開いてくれるので、そのままルート検索もできる。

2017年1月20日 スマホで検索窓をタップしやすい高さに調節

(偶然だったけど)検索窓の位置を少し下げるとスマホでタップしやすくなるので位置を変更。

よく考えたらGoogleもそこそこタップしやすい位置なので、多分このほうがユーザビリティも上がると思われる。

2017年2月4日 PDFなどを見分けやすく

検索結果にPDFファイルやExcelファイルが表示された時に見分けにくいので、判別しやすいようにグレーに網掛け。

2017年2月6日 次のページへ進むボタンを大きく

特にスマホは次のページに進みにくかったので、大きな「次へ」ボタンを作成。

2017年3月4日 検索窓に気づきやすく

検索窓が平坦で目立たなかったので、Googleと同じように少し立体感を持たせて、マウスオーバーやフォーカスでボヤッと浮き上がるような処理。

2017年3月5日 パソコンの左余白を調節

パソコンでギリギリだった左余白をGoogleと同じくらいに調節。

パソコンは1画面で使用している人が多数派で、だいたい正面から画面を見ているだろうから、左に寄りすぎると見にくくなると思われる。

あと地味なことだけど、上記の画像のように、横幅1920pxのフルハイビジョンで左右半分(960px)にすると、ちょうど良いサイズになる。

2017年6月16日 ジャンプボタンにインスタと楽天を追加

一時期、ジャンプボタンに「知恵袋」と「クーポン」というものを設置していたが、ほとんど利用者がおらず、ノイズレスサーチの利用者層から考えてもマッチしていなかったので、画像とAmazonの関連として「インスタ」「楽天」に変更。

2017年7月5日 検索窓に戻るボタンを設置

検索窓に戻りたい時に、いちいちスクロールしなくて済むように、上に戻るボタンを設置。

ーーー

↓戻るにはこちら。

ノイズレスサーチ

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。