ニコニコ動画プレミアム会員と一般会員の違いやビットレート制限について

ニコニコ動画プレミアムと一般の違い

ニコニコ動画への投稿もだいぶ増えてきてだんだん特徴が分かってきました。

最初からプレミアム会員で始めて自分なりに使い倒してみたのでニコニコ動画のプレミアム会員と一般会員の違いをまとめてみます。

ニコニコ動画に動画を投稿したい人でプレミアム会員になったほうが良いのかどうか迷っている人向けです。

※この記事に書かれている内容は2016/8/18から始まった新仕様以前について書いています。新仕様の対象になっているユーザーはこちらの記事も合わせてご覧ください。
ニコニコ動画1.5GBの新仕様で再エンコードの画質について検証した結果
広告

動画1個あたりの容量制限

アップロードできる動画の容量はYouTubeよりも圧倒的に少なくプレミアム会員でも100MBまでしかアップロードできません。ぜひ改善して欲しいところ。

プレミアム会員

プレミアム会員は動画1個あたり100MBまでアップロードできます。

ビットレートについては後述しますがニコニコ動画推奨のビットレート1Mbps以下の場合は約13分20秒の動画までしか投稿できない計算に鳴ります。

月額費用が発生するプレミアム会員なのにさすがに少なく感じますね。YouTubeだったら初期状態でも動画1個あたり2GBもアップできるのでひどい差です。

例えば自分が投稿している動画のひとつでは、

長さが9分50秒でファイル容量が72MBになります。

一般会員は動画1個につき40MBまでなのでこれを一般会員が投稿したい場合は動画を分割したり画質を落としたりしてファイル容量を少なくする必要があります。

地味な違いですが40MBと100MBの違いで使い勝手がずいぶん変わるので投稿する動画の長さや画質を上げたいならプレミアム会員のメリットは大きくなります。

一般会員

一般会員は動画1個あたり40MBまでアップロードできます。

そして後述しますが一般会員はビットレートが600kbps(0.6Mbps)以下に制限されているので画質を最大限にした場合は9分程度の動画をアップロードできることになります。

それ以上長い動画を投稿したい場合は画質を落とさないといけなくなるので不便を感じることがあるかもしれません。

低いビットレートでも動画の特徴を踏まえた上で高画質にするエンコード知識があればできるかもしれませんがなかなかハードルが高いです。

ビットレートの制限

ビットレートというのはざっくり日本語で言うと「1秒あたりの情報量」というものでbps(ビーピーエス)という単位で表されます。厳密に言うと違いますがだいたいはビットレートが大きいほど高画質になります。

ただしビットレートが大きくて高画質だとインターネットの回線速度が遅い時に「流れてくる情報量」に回線速度が追いつかなくなって動画をまともに見れない場合もあります。

なので十分な画質でビットレートが大きすぎない動画が一般的な視聴者に優しい動画ということになります。

ニコニコ動画では1Mbps以下のビットレートを推奨しているようです。

ニコニコ動画に投稿できる動画フォーマット | niconicoヘルプ

Mbpsというのは光回線の速度を「100メガ」とか「1ギガ(1000メガ)」と言ったりしますがその単位と一緒です。

例えば自宅の回線速度が100メガの契約で実効速度がだいたい10Mbpsの場合、

  • 回線速度10Mbps
    ■■■■■■■■■
  • ビットレート1Mbpsの動画

↑これなら流れてくる情報量より回線速度のほうが十分に大きいので快適に閲覧できますが、

  • 回線速度10Mbps
    ■■■■■■■■■■
  • ビットレート15Mbpsの動画
    ■■■■■■■■■■■■■■■

↑これだと流れてくる情報量に回線速度が追いつかずに動画が見づらくなります。

さて、ビットレートの説明が少し長くなってしまいましたがプレミアム会員と一般会員のビットレート制限について説明していきます。

プレミアム会員

プレミア会員はビットレートの制限がありません。

やろうと思えばとんでもなく高画質の動画をアップロードすることができます。

ただしビットレートが大きすぎると上記で説明したように視聴者の回線速度によっては動画が見づらくなってしまうのであえて狙いがある場合を除いてはほどほどのビットレートにしたほうが無難です。ニコニコ動画が推奨しているビットレートは1Mbpsです。

一般会員

一般会員は600kbps(0.6Mbps)までのビットレート制限になっています。

このくらいのビットレートだと解像度を1280×720にすると画質を綺麗にするのが難しくなります。

なので大画面で高画質の動画をアップロードしたい場合はプレミアム会員にしたほうが無難です。解像度が小さくても構わない動画なら無理にプレミアム会員になる必要はないと思います。

アップロードできる解像度の制限

解像度というのは縦x横のピクセル数のことです。ニコニコ動画でよく使われる解像度としては以下のような種類があります。

  • フルハイビジョン → 1920✕1080
  • ハイビジョン →1280✕720
  • ニコニコ動画の大画面モード → 854✕480
  • ニコニコ動画の通常モード →640✕360

ただし解像度は好きな大きさを指定できるので特に決まりはありません。上記の例は液晶モニタの解像度やニコニコ動画のプレイヤーのサイズとしてよく使われるというだけです。

プレミアム会員

プレミアム会員は解像度に制限がありません。

ただし意味もなく解像度を上げ過ぎると「ファイル容量100MB」や「ビットレートを推奨1Mbps以下」にするのが難しくなってくるので実際は1280✕720くらいでも十分だし動画の目的によっては854✕480でも十分です。

一般会員

一般会員の解像度は1280×720までの制限があります。

ただし一般会員はビットレート(600kbps)や動画の容量(40MB)の制限のほうが厳しいので解像度制限はそんなに気にする必要はありません。

全体の保存容量

ニコニコ動画はYouTubeと違って全体の保存容量が決まっています。大量にアップロードする人だと一般会員だと物足りなくなりそうです。

プレミアム会員

プレミアム会員の保存容量は最初8GB。1ヶ月ごとに1GB追加されます。

8GBの保存容量はどれくらいかというとニコニコ動画推奨のビットレート1Mbps以下の動画の場合18時間弱までアップロードできることになるので十分過ぎる容量です。

しかもビットレートを上げる必要が無い動画もあるでしょうから普通の用途なら保存容量を気にすることは無いでしょう。

一般会員

一般会員の保存容量は2GBまでです。容量の追加はありません。

ただし一般会員はアップロードできる動画のビットレートが600kbps(0.6Mbps)までという制限があるので最大の画質でアップロードし続けても7時間30分近くの動画をアップロードできます。

それなりにヘビーに使う人じゃないと7時間30分も動画を作ることは無いと思うので全体の保存容量はそんなに心配する必要は無さそうです。

タグの制限

ニコニコ動画では動画ごとに「タグ」を付けることができて検索の対象にしたり動画を表すタグをみんなが自由に付けて楽しむという文化があります。

↓例えば自分の動画に付いているタグがこんな感じ。(「そっと評価されるべき」ってなんだw)

プレミアム会員

プレミアム会員は10個までタグを付けられます。

動画をアップロードする時は5個までですがその後動画のページからタグを追加することができます。検索されそうなタグを追加して少しだけ露出を増やすことができます。

ただしそのうち編集をロックできるタグは5個までで残りの5個は他の人も自由に削除や編集ができるので全部を自分の好きなタグにできる保証はありません。

一般会員

一般会員は最大5個までタグを付けられます。

タグを増やしたくても他のプレミアム会員が追加してくれるのを待つしかありません。

料金

プレミアム会員

プレミアム会員は月額540円です。

結構高いです。1年間だと6480円になりますからね。月額課金ってバカにならない金額になるので会員になるかどうかはよく考えたほうが良いです。

もちろんあくまでコストパフォーマンスの問題なので超ヘビーユーザーやビジネスに利用する人で安いと感じるのであればどんどんプレミアム会員になれば良いと思います。

一般会員

一般会員は無料です。

これが最大にして唯一のメリットですね。ある意味これ以上の強力なメリットはありません。ほとんどの人は楽しむ範囲であれば一般会員で十分だと思います。

その他プレミアム会員の特典

それ以外にもプレミアム会員だといろいろ特典がありますが、

  • 動画の読み込みが速い
  • 混雑時のエコノミー(低画質)モードを回避できる
  • マイリストやNGワードなどの設定上限アップ

ヘビーに試聴する人ならそれなりにメリットが大きそうです。

正直ニコ生は配信も視聴もしていないのでわからないし動画の視聴はほとんどしていないので必要性を感じません。

まとめ

ニコニコ動画はプレミアム会員になってもYouTubeよりも機能的に劣っている部分が多く月額540円でも割高感は否めません。

ただしYouTubeとニコニコ動画では視聴者の層が違うのでニコニコ動画のほうがウケが良さそうな内容ならニコニコ動画に力を入れたほうが良い場合もあると思います。

月額料金を払っても良いと思えるならプレミアム会員になっても良いんじゃないでしょうか。

それにしてもニコニコ動画の場合はお金を払って機能を上げようか迷うのにYouTubeは無料でも機能的に遥か上を行くんだから恐ろしいですね。

※2016/8/18から一部のユーザーを対象にアップロードに関する仕様が変わりました。こちらも合わせてどうぞ。
ニコニコ動画1.5GBの新仕様で再エンコードの画質について検証した結果

<関連>
YouTubeとニコニコ動画の違いを投稿者の立場で比較

わりと本格的なYouTube撮影機材のおすすめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。