親指シフトとは|練習・キーボード・断念した理由・普及しない理由・その他の配列など

初心者はローマ字入力とかな入力どっちがいいのかという記事に親指シフトのことも書いていましたが、どんどん多くなってしまったので、記事として独立させることにしました。

また、富士通が親指シフトキーボードと関連商品の販売終了を決定したのも話題になったので、それも踏まえて親指シフト関連の情報をまとめています。

「これから親指シフトを練習しようか迷っている人」は参考にしてください。

特に、「親指シフトを習得する価値があるのか?」が気になっている人が多いです。

親指シフトについて肯定的な意見としては「打鍵数が少ないので楽に速く打てる」というのがありますが、過去の大会実績や文字頻度を分析し、打鍵の仕組みを分解すると、その主張は疑わしい、または高速域になるほど成り立たないということがわかります。

また、「ローマ字入力は直感的ではない」という点について、そもそも脳内変換する打ち方が間違っていることについても記載しました。

そして親指シフトを習得する際には、以下のコストやリスクが発生します。

  • 環境構築にかかる時間
  • 親指シフトを習得する時間
  • 職場で使えるのか
  • OSアップデートやエミュレータ開発ストップで使えなくなる可能性(自分で情報収集する必要がある)

要するに、これらのデメリットを超えるメリットがあるのかが気になるわけですね。

この記事では、入力速度、導入にかかる手間、利用者のレビュー、断念した事例など、どのようなメリット・デメリットがあるのか判断材料となる情報を収集したり、考察しています。

筆者のタイピングスキル

※ただし、自分自身はローマ字入力の熟練者で、JISかな入力が一応打てる程度。親指シフトは調べることはあっても自分でやったことはない、という立場です。

  • ローマ字入力
    • タイプウェル基本常用語32.6秒(約12打/秒) (動画 38.1秒)
    • 実際に文章をリラックスして打つ速度は 9打/秒くらい
    • イータイピング腕試し最高574点(普段は500点前後)
    • ブログなど慣れている文章で漢字変換込み200字/分
    • タイピングの資格問題で初見140~190字/分 (動画)
    • 毎日新聞社説余録など難しめの文章で初見120~140字/分
  • JISかな入力
    • タイプウェル基本常用語 66.8秒(しばらくすると80秒~100秒に落ちるので、定着していない)
    • ※ローマ字入力のタイプウェルと照らし合わせるとワープロ検定1級程度だと思うが未検証。

なので、親指シフト経験者じゃないとわからないことについては不完全だと思います。JISかな入力も、チャンク化や先読みできるレベルにまで達していません。

その分、参考サイトや論文のPDFなどにリンクを貼っているので、発言の根拠は外部サイトにまかせている部分もあります。

親指シフターが見たら突っ込みどころがあると思いますけど、むしろその食い違いが一般の人が導入に踏み切れない壁だったりするんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

親指シフトの入力速度について

親指シフトの入力速度については、YouTubeでちょっと検索するだけでもある程度の速さで入力している動画が見つかるので、とりあえず配列としての問題は無さそうです。

↓親指シフト(NICOLA)で漢字変換込み123文字/分

ーーー

↓こちらは初見ではなく、段落以上の長文を一気に漢字変換しているため実際の速度よりも大きめであることに注意が必要ですが、親指シフト(種類は不明)で漢字変換込みだいたい162文字/分。(約400文字を2分28秒)

ーーー

↓親指シフト派生の「飛鳥配列」で、タイプウェル34.5秒という、かなり速い打鍵動画もあります。

ただし、投稿者さんはローマ字入力で同時期に26.4秒(約15打/秒)を出してしまうような上位タイパーなので、”普通の人”にはできないレベルです。あくまで可能性として。

ーーー

↓こちらは親指シフト派生配列の「かえであすか」で、変換込みの文章を入力するところ。

ニコニコ動画のコメントではツッコミされてますが、変換込み120~130文字/分くらいなので十分な速度です。

ーーー

↓こちらは飛鳥配列を改造したらしい、ひろ!!(@hirobikkuri2)さんによるタイプウェル53秒の動画。

このくらいのスピードなら、実用入力でとても快適になりそうです。

※↓約2年後、タイプウェル43.8秒。瞬間速度は非常に速いので、すべてスムーズに打てたら普通に40秒切りそう。

ーーー

↓こちらは手元だけで、どの親指シフトを使っているのか詳細がわかりませんが、タイプウェル44秒くらいの打鍵動画。

(他にもいくつかありますが、手元がわかる動画のみ引用しました。)

ーーー

このように十分な速度を出すことは可能ですが、シフト同時打鍵が多い親指シフト(特にNICOLA系)は速くなるほど難易度が上がるので、「ローマ字入力は親指シフトの1.7倍の打鍵数!」というふうに、打鍵数だけで比較するのは適当とは言えません。

しかも1.7倍というのは親指の打鍵数を無視しているので、正確に言うと「動作回数」は1.7倍になりますが、「総打数」は1.2倍程度にしかなりません。(統計は後述)。

入力速度は1.7倍にはなりません。むしろ以下で説明するシフト打鍵のコストがあるので、速くなるほど親指シフトが不利になります。

ローマ字入力は和文を入力するのは全て単キー打鍵なので、スピードが速くなってもそのまま入力間隔を短く、ロールオーバー打ちでいくらでも速くなりますが、親指シフト(特にNICOLA)はシフトキーを連打(同指同キー打鍵)するスピードに限界があることと、押す時と押さない時の繋ぎに、テクニックと仕様(判定のミリ秒調節)の限界があるため、原理的には「親指シフト+文字キー」の2打鍵よりも「ローマ字入力の2打鍵」のほうが速くなる場合があります。(こちらの打鍵順の規則性でも説明していますが、ローマ字入力はロールオーバー打ちできる組み合わせのほうが多くなっています)

つまり、親指シフトは高速になるほど難しくなるので、速度が遅いうちは親指シフトのほうが動作数が少ないことによる恩恵を受けやすいですが、高速になるほどローマ字入力のほうが有利になっていきます。

その意味で日本語入力コンソーシアムに掲載されている入力比較アニメーションは、「動作数」だけ同じにして、親指の打鍵コスト(押す・離す判定のコスト)を無視しているので、公平な比較になっていません。

上記アニメーションのように、1打ごとに指を離す打ち方だとローマ字入力は疲れますが、実際は重なった状態(ロールオーバー打ち)になるので、上げ下げする回数が減り、疲れやすさ・入力速度は1.7倍の違いになりません。

マシンガンはま

親指シフトの速度を調べている中で、「語り継がれる」レベルで速い人としてマシンガンはまさんという方がおられました。

(魚拓になりますが)こちらの文章(漢字含有率21%)を競い、こちらの結果のように2510字/10分だったとのこと。

“マシンガンはま”の速さの秘密という魚拓によると、入力者の中でも一目置かれる存在だったようです。

漢字含有率

ただし漢字含有率21%は、タイピングの資格や大会で使われる文章よりも漢字が少なく、自分もやってみたら初見で2000字くらい入力できてしまいました。

漢字含有率が公表されている日本語ワープロ検定だと、以下のような含有率になるし、

  • 初段……35%~40%動画
  • 1級……25%~35%動画
  • 2級……25%~35%
  • 3級以下……23%~26%

他には、高校生が参加する「全国高等学校ワープロ競技大会」では35%前後が相場のようです。

なので、上記問題の21%は、かなりやさしめの文章になっています。

もちろんもっと大会のデータとかあれば、さらにすごい記録があると思いますが、なんせ情報が無さすぎるので、ここから推測するしかありません。

後述しますが、平成28年度全国高等学校ワープロ競技大会では漢字含有率37%の問題で優勝者が2386点/10分なので、難易度を考慮すると、IMEの学習機能をオフにした高校生の方が速い、ということになってしまいます。

当時のIMEは今よりも性能が低くて独自の工夫もしていただろうから、現役で親指シフトをバリバリ使うとどのくらいすごいのか、興味がある人も多いと思うんですけどね。

親指シフトを年単位で練習した経過

ここからは、実際に親指シフトをある程度長期間練習した方について検索したのでピックアップしてみます。

3ヶ月未満の親指シフトについて書かれたレポートを見かけることが多いですが、新しい言語を覚えるようなものなので、その段階での比較はあまり参考になりません。

また、もともとのタイピングが速いかどうかも親指シフトの評価に影響するので、記事を書いた人のバックグラウンドにも注意を払う必要があります。

効率的と言われる親指シフト入力は「アリ」か「ナシ」か(Creative89)では、親指シフトを練習し始めてから2年半の時点。

ローマ字入力・かな入力・親指シフトのメリット・デメリットについてまとめたあと、どのような人に親指シフトがおすすめなのか、割と理論的・客観的に書かれています。

特に、親指シフトを快適に使用するための環境を整えるのが大変で、記事中ではエミュレータがOSバージョンアップによって使えなくなった不具合について体験談を見ることができます。

※追記:3年の時点で「さらば愛しき親指シフト」という記事で、親指シフトをやめてローマ字入力に戻ることになったようです。理由も具体的に書かれています。

ーーー

親指シフトレポート(近況報告の歌)では、2年2ヶ月までの間に、どのような苦労があったのか、かなり具体的に書かれています。

もともとローマ字入力がかなり速いようで、この時点でもローマ字入力に戻そうか葛藤があるのがわかります(その後親指シフトをやめたか使用頻度が減った?)。

  • 速度が速くなると誤反応が増える(エミュレータの設定で解決したが、自力で解決が難しい時に情報が得られにくい)
  • 左手首に負担を感じる
  • 今さらロマかなに戻すのも難しいのではという葛藤
  • ノートPC選びで選択肢がとても少ない
  • 親指シフトの速い動画が無い
  • 速くなれるか不安なので動画で実証してほしい
  • 同時押しとはいえ2箇所の負担はかかっている
  • ローマ字でも、勝手に指が動くので綴りに変換するプロセスは不要

などなど、他にも親指シフトについて書かれた記事一覧でいろいろ見れます。

ーーー

指が喋るように動く!親指シフトを習得する最高の時期がやってきた!(ノマサラ)では、親指シフトを始めてから6年半の時点の記事。

もともとローマ字入力で1分400打と、かなり速いほうなので、速度よりも親指シフトの「指がしゃべる」ことに魅力を感じてチャレンジしたとのこと。

「日本語をいちいちローマ字に変換しなくていいのが本当に楽。」という実感もあり、親指シフト導入の満足度はかなり高かったようです。

会社のPCで使えるのか確認したり、導入当初の苦労についても書かれています。

ーーー

親指シフトでタイピング速度自己最高記録を塗り替えるまでの道のり(フリーランスエンジニア実体験ブログ)では、親指シフトを始めてから4年後の時点での感想が分かりやすく書かれています。

意外と気づきにくい「同時打鍵」のタイミング、PC買い替えによるキーボードの不満、高価なキーボードに手が届きにくいゆえの押下圧が重めのキーボードなど、親指シフトを導入する時に起きやすそうな問題が、実体験を元に書かれています。

動画もあるので、習得後の姿を想像できるのが良いところ。タイプウェル68.8秒なので実用的なレベルに到達できたようです。

ーーー

親指シフトを始めてから3年間でローマ字入力の1.5倍のスピードで打てるようになりました。(Uruoi Style)では、ローマ字入力10年(変換込み800~1000文字/10分)から親指シフト3年の時点で変換込み1300~1500文字/分に伸びたという具体的な成果が書かれています。

親指シフトで成果が上がった理想的なパターンかもしれません。

ただし濁点のミスが多いとのこと。

シフト同時打鍵なので速度が速いと難しくなるのに加えて、濁点は誤入力しても気づきにくいのが困った点。

ーーー

3年ぶりに「寿司打」リベンジ。タイピングゲームで親指シフトの上達を比較(NMRevolution.blog)では、親指シフトに切り替えてから3年半後に寿司打で計測した結果が書かれています。

スコアが少し更新されてはいますが、3年半だとタイピングの技量自体が上昇したとも言えるので、親指シフトによるものなのかはちょっと判断できないかも。

ーーー

指が勝手にしゃべる感覚!? 親指シフト3年目の、タイピング速度・変化の感想(ミニマムライフ研究所)は、冒頭でも紹介した動画の方です。

3年目で変換込み123文字/分。ローマ字入力は頭の中が消耗する感じがして嫌になってくるとのこと。

キーボードの遍歴も記事にまとめられていて、コメント欄でも意見交換されています。

ーーー

親指シフトを始めて半年が経ったので気づいたことをまとめてみた(社労士オフィス・ゆか)では、半年時点での変化が書かれています。

他の事例と比べたら期間が短いのですが、こちらの記事によると練習量が十分に多く、親指シフトも十分な速度(200~240カナ/分)に到達したようです。

※もともとのローマ字入力が378キー/分でかなり速く、ひらがなに換算すると378÷1.7=約222カナ/分なので、半年でほぼ同じ速度に到達したことになります。

ーーー

親指シフト歴1年半のワイのタイピングスピードを確認してみた(えれぴこ!)では、親指シフト練習開始から1年半時点で寿司打による計測をしていて、手元動画も見れるので貴重です。

こちらの記事ではきっかけになった出来事や、どのような練習をしたのかも書かれています。

ーーー

親指シフトに切り替えてちょうど1年!ついに100文字/分を達成!成長の過程や入力ビデオを公開!(ひとぅブログ)では、ローマ字入力16年(変換込み100文字/分)から、親指シフト1年で同等の100文字/分に到達したとのこと。

動画もあります。その後も練習経過が記録されていて、約1年半の時点で130文字/分程度になっているようです。

ーーー

親指シフトを1年くらい使ってみて感じた良い所・悪い所(煩悩退散!)では、タイピングの成績は書かれていませんが、1年経った時点の感想がまとめられています。

気になったのは、ローマ字入力を驚くほど忘れてしまったとのこと。

また、濁点の間違いに気づきにくいこととエミュレータの不具合についても書かれています。

ーーー

【ラクで爆速】親指シフト入力を習得するメリットを俺なりに書いてみる。(My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only)では、親指シフト開始5ヶ月時点でe-typing(ローマ字換算)200WPM以上、ローマ字入力時代は300WPMを少し下回るくらいという情報が参考になる。

そこから3年後にローマ字入力換算400WPMまで速くなったみたいなので、仕事で親指シフトをメインに使ったケースとして参考になりそうです。

また、「思っていた以上にローマ字変換するために脳内メモリを食われていた」ことについて細かく書かれています。

この感覚については、他の親指シフターでもよく見かけますね。

親指シフトの動画を見たい

これたぶん親指シフトを始めようか迷ってる人が感じてることだと思うんですけど、親指シフトを極めた人の打鍵動画を見てみたいと思うんですよね。

↓先述の記事から引用。

※親指シフトに興味を持ち始めた頃、「どれくらいスピードが速くなるんだろう?」とYouTubeを探したんですが、あまり良い動画がなかったんですよね。「うおぇぉぉ!速ええェェ!」って思って貰えるような動画が撮りたかったんですが、全然そんな感じになりませんでした。トホホ。なにしろタイプウェル国語KでSGレベルなので、全然大したことなくて、速い人には鼻で笑われてしまいます。

誰か「こんなに速く打てるようになるなら、俺もやってみるっ」て思えるような動画アップして下さいm(_ _;)m

引用:親指シフトでタイピング速度自己最高記録を塗り替えるまでの道のり | フリーランスエンジニア実体験ブログ(5年目)

親指シフト愛用者が「速く打つことが全てじゃない」と言うのはごもっともなんですが、生産性を上げたいと思って親指シフトを検討してる人にとっては、とりあえず理想の姿を見てみたくなるんですよ。

「打鍵数が少ない!親指シフトバンザイ!」って言われても響かなくて、実際どんな感じになるのか見てみたい。

できればタイプウェルなどのソフトだけじゃなく、漢字変換込みの和文(親指シフト用に作られた例題文じゃなく)で初見の文章を、英数字記号も含めてどんな感じの入力感覚になるのか見てみたい。

つまり、日常生活や仕事でバリバリ使えるようになった時のイメージを見てみたいんです。

ローマ字入力は人口が多いので打鍵動画もそれなりに転がって(自分も和文入力の動画を公開して)いますが、親指シフトはユーザーが少ないので当然動画の数も少なくて、その中でもローマ字入力のタイパーに匹敵するような親指シフトの打鍵動画がわずかしかないので、イメージしにくいのが難点の一つです。

親指シフトを練習しようか迷っている人にとって、「果たして親指シフトに時間を投資して無駄にならないのか?」というのは非常に気になるところなので、ハードルを超えた先の世界がどうなってるのか、動画で見れることは重要だと思います。

トップレベルの親指シフターが圧倒的な速度の動画をアップすれば、親指シフトの普及にも貢献できると思うので、手元と画面付きの打鍵動画をアップしてほしいです。

憧れの対象になる存在がいると、練習し始めの人にとっては不安が少なくなり、モチベーションが上がるのでありがたいはず。

YouTubeとニコニコ動画を探す限り、驚くほど速いのは最初のほうで紹介したtomoemonさんの飛鳥配列動画しか見当たらないし、もともとローマ字入力で異常なほど速いタイパーさんなので、まだまだ参考になる事例が少ない印象です。

また、親指シフトで利用者が最も多いNICOLAで爆速な動画がありません。

そのため、「親指シフトって本当に速いの?」と疑問を持たれる場面をたまに見かけます。

実際、上記tomoemonさんが「飛鳥配列21-290でTWJK総合XA達成!!」という記事で、NICOLAをやらずに飛鳥配列を選んだ理由として「連続シフトができるかどうか」が非常に重要な判断基準になっていて、押さえっぱなしのシフトができないNICOLAでは高速打鍵で明らかに不利になることがわかります。

また、どちらにしても「親指でシフトを押すことによるコスト」が高速になるほど大きくなることについても言及されています。

これらを考慮すると、とにかく高速入力がしたくてローマ字入力からの乗り換えを検討している人にとっては、NICOLAは仕様の限界があるのでおすすめできません。その他の配列も選択肢に入れたほうがいいでしょう。

また、そもそも超高速域では親指での同時打鍵コストが増えていくので、仕様では不利になっていきます。

※ちなみにTwitter動画だと検索からはほぼ見つけてもらえません。ニコニコ動画にアップされている親指シフト動画はいくつかありますが、YouTubeと比べると発見されにくくなります。動画をアップするならぜひYouTubeへの投稿を検討してください。

ーーー

勝間和代さんが親指シフトの速度を計測したらしく、「変換込みで約200文字前後/分」という、かなり速いスピードだったので驚きました。

どんな指の動きになるのか動画で見てみたい。

結論から言うと、短い時間では意外と違いませんでした。親指シフトが漢字かな交じり全角で毎分約200文字前後、音声入力が毎分300文字ちょっとです。

引用:ちゃんと測ってみたら、意外と音声入力と親指シフト、スピード変わらなかった。ただ、持久力が違う 勝間和代オフィシャルサイト

※その後、ばね指の手術などがあったので、音声入力について精力的に模索しているようです。

結局文章などをアウトプットできれば良いので、固執せずに新しいものを取り入れる姿勢のほうが重要とも言えるかもしれません。

ワープロ検定上位独占?

ちなみに日本語入力コンソーシアムにはワープロ検定合格率 No.1と題して、OASYSシリーズが上位を独占したと書いてありますが、詳しいことが書かれていません。

果たして「親指シフトが配列として優れているから」なのか、いろいろ調べていくと疑問点が出てきました。

まず上位独占した大会について引用しておきます。

1983年から4年続けて行われた日本オフィスオートメーション協会と日本能率 協会共催によるワープロコンテストでは、4年連続で金賞を独占、また銀賞、銅賞も 過半数を占めた。

引用:NICOLA配列キーボード日本工業規格(JIS)化要望書 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム

当時の親指シフトシェア

当時コンテストが行われる2年前からシェア1位になっているので、単純にシェアの多さに比例しただけの可能性。

1982年6月15日の日経産業新聞の記事です。日経新聞社では毎年マーケットシエアの調査をして、それを発表しています。 1981年の出荷シエアで、前年度の5%から21%になり、16%の上昇で、トップになりました。

1983年6月の日経産業新聞の記事です。日経新聞社では毎年マーケットシエアの調査をして、それを発表しています。 ワープロは台数でのシエアがでています。 82年度のマーケットシエアは富士通27% ,東芝18%,キャノン12%,シャープ9.3%,日本電気9.0% といった数字になっています

引用:MYOASYS

速記者のNICOLA使用率が高い

さらにその下にある使用中のキーボードのアンケートでは、速記者のNICOLA使用率が高いので、金賞の独占に影響している可能性。

日本電子工業振興協会の「日本語入力方式技術に関する調査研究報告書」によると 速記者ではNICOLA配列キーボードが多いのに対し、学生ではJIS配列キーボ ードの使用者が圧倒的である。

当時の入力速度は遅い

また、当時の入力速度について、

つまり参加者全員親指シフトで、優勝者が漢字かな交じり文で
892文字/10分という結果になります。

これと比べて現在全国で開かれているような大会は、例えば「全国高等学校ワープロ競技大会」「全国パソコン技能競技大会」などの、主に高校生が出場する大会があり、

これらのソースを見ると、大会のレベル自体が今と昔でかなり違います。

※ちなみにワープロ競技大会は平成21年度からJIS規格以外のキーボードが認められなくなったそうです。

また、上記大会で使われる問題文はすべて初見の文章で、漢字仮名交じり文の文字数。IMEの学習機能はオフです。

ーーー

ただ、「当時は親指シフトが上位を独占していても入力速度は全然大したことない」と言いたいわけではありません。

大きく違うのは、ワープロを取り巻く環境の違いなんじゃないでしょうか。

上記大会が開かれた1982年11月時点では、圧倒的な低価格だった
My OASYS(9インチモニタ、40字×14行)でさえ75万円という、一般家庭が購入する値段ではありませんでした。

その後、ワープロは毎年のように低価格・小型化が進んではいきますが、普及率について調べた中でもっとも古いデータでも、1987年時点で家庭の普及率は5.3%でした。

引用:日本人による日本人のためのワープロ

この記事によると、1987年直近では、20万円以下でやっとノートパソコンっぽい見た目の機種が出始めたころ。(※1984年から20万円以下の製品はあったが、1行や2行しか表示領域がなく、テプラのような画面だった)

ーーー

そのため、ワープロコンテスト82が開催された1982年の時点では一般家庭にワープロがあることは考えにくく、競技人口が非常に少なかったと考えられます。

また、当時は「漢字変換の性能が低い」「基本的な処理速度が遅い」「画面が小さい」などの技術が追いついていない面もあるため、これもコンテストの成績に影響を与えている可能性があります。

つまり、まだワープロが普及し始めた時期(一部の人しか使用していなかった時期)の話を持ち出して「親指シフトは優れている」と言うのは、もはや時代遅れじゃないでしょうか。

これでは親指シフトが優れているという証明にはなっていません。

後述しますが、親指シフトは入力スピードが速くなるほどシフト操作が難しくなるので、まだ全体の入力速度が遅かった時代は当然親指シフトのほうが有利な状況だったと考えられます。

以上のように、

  • シェアの多さに比例している
  • 当時の速記者にNICOLA使用者が多い
  • 当時の大会のレベルが今より低かった
  • 競技人口が極端に少なかった

などの可能性が捨てきれず、NICOLAが配列として優れているという説得力に欠けます。

上記比較アニメーションやワープロ検定上位独占のことなど、日本語入力コンソーシアムは作為的に良く見せようとする部分が垣間見えるので、書いてあることを鵜呑みにできません。

ローマ字入力でも脳内変換しない

さて、親指シフターの主張で、「ローマ字入力は脳内変換するから直感的ではない」というものがありますが、そもそも脳内変換する打ち方が間違っているので、その理由を説明します。

[k]ケー[a]エー ⇒ 「か」
という変換を頭の中でするのではなく、

[ka]という指の動きが「か」
という出力と直結するのを最初から意識してください。

kaと、2アクションで打つと、遅くて、日本語として直感的でもなく、手を上げ下げする回数が増えて疲れやすくなります。

なのでkaを一つの塊として1アクションで打ってください。

※楽器で例えると、トランペットのピストンの組み合わせや、ギターのフレットと弾く弦の組み合わせと似ているかもしれません。

「①②ピストン押さえたらミが鳴る」とか、ひとつひとつ考えていると、すぐにスピードが頭打ちになります。

ローマ字の脳内変換をしたら最終的に困ることになるので、最初から脳内変換をしない、「指の動き」=「文字」を意識して練習してください。

引用:ブラインドタッチ練習のコツと上達方法

そもそも楽器と同じで、指の動きと出力文字を対応させたら脳内変換は発生しません。「変換」ではなく、「イコール」で出力されます。

※もし「ローマ字入力が直感的ではない」という理論を展開すると、多くの楽器が直感的ではないということになってしまいます。

要するに、そもそも脳内変換する打ち方は、キーボード入力においては避けなければいけないやり方です。

ローマ字入力は「2打鍵」が「2コスト」として見られがちですが、実際は重なっている状態(ロールオーバー打ち)になっても入力を受け付けるので、1アクションになります。

「か」であればkaと一瞬で入力する「指の動き」が「か」とイコールになります。

↓例えばこれは自分の打鍵動画なんですが、再生後に歯車マークから再生速度を0.25倍にして観察してみてください。

sadararetejiniなどの子音→母音の組み合わせや、
~ou~iuyuのような拗音や母音の連続が絡んでくる打鍵など、自然とロールオーバー打ちになっています。

ロールオーバー打ちは親指シフトのように「シフトキーを押しているか離しているか」という状態に気を使う必要がなく、1打鍵あたりの「押す→離す」の動作には余裕があるため、見た目の運動量ほど疲れません。

最終的には頭の中で発音するのではなく、「キーボードが発音している」ような感覚になります。

結局「頭の中で変換している」段階では、脳に余分な負荷がかかっています。

「頭の中で発音してからキー入力の命令をする」のと「キー入力=出力」との間には大きな隔たりがあり、この習熟レベルが上がると、ローマ字入力でも脳内メモリを食われることがありません。

なので、ローマ字入力でこの感覚にたどり着いていない場合は、親指シフトで初期の頃からメリットを感じやすいのかもしれません。

逆に、ローマ字入力で上記のような感覚まで掴めている場合は、親指シフトにするメリットがほとんど無いんじゃないでしょうか。

親指シフト打鍵のコスト

tomoemonさんのブログでは、飛鳥カナ配列を使って、「飛鳥配列21-290でTWJK総合XA達成!!」という記事で、高速打鍵は可能なことや、速くなるほど親指キーの押下コストは増加していくことについて言及されています。

tomoemonさん自身がゴリゴリの競技タイパーなのでとても興味深く、高速域での親指キーのコストについてここまで突き詰めて実感できる人は日本中を探してもほぼいないでしょう。

下記の記録を見ると親指シフト系の飛鳥配列でタイプウェル33.7秒。

その時点で感じる親指のコストについて、ブログを読むととても参考になります。

記事の中では以下のようなことが書かれています。

  • なぜNICOLAではなく飛鳥配列なのか(連続シフトの存在が大きい)
  • さらなるレベルアップはシフトによるコストの影響が極めて大きくなるので難しいかも。未知数。
  • シフトのコストは速くなるほど大きくなる

飛鳥配列でタイプウェル打ってみた動画作ったよ」という記事ではタイプウェル34.5秒の動画も見れます。

ーーー

「飛鳥カナ配列」と「かえであすか(飛鳥カナ配列からの派生)」は、親指シフト専用キーボードじゃなくても打ちやすい点と、押しっぱなしシフト(連続シフト)打鍵でも使える点で、NICOLAよりも高速化に向いている可能性が高そうです。

特に、手持ちの普通のJISキーボードを使うなら飛鳥系列のほうが運指が楽になります。

親指シフトの導入・習得について

親指シフトの導入には、主に以下の3つの要素が必要になります。

  • キーボード
  • 配列
  • エミュレータ

特にキーボードと配列に関しては、どれを選ぶかによって疲れやすさや難易度が変わってくるので、一通り目を通しておきましょう。

キーボード

親指シフトに使うキーボードは、親指キーの分割位置押下圧によって使いやすさが違ってきます。

下記の写真のように、N割れ(Nキーがスペース変換の境目)だと、NICOLAで打鍵がきつくなることがあります。

NICOLA配列だと「ら」が入力しにくい

※ただし割れ位置は、NICOLA以外の配列を使用するなら問題にならない場合もあるので、「絶対にB割れのほうが良い」というものではありません。

ーーー

そして、同時打鍵を多用する親指シフトは軽い押下圧が推奨されています。

純正親指シフトキーボードの押下圧が35gなので、ほとんどの一般的なキーボードは、富士通が推奨する押下圧よりも重たいということを理解しておきましょう。

以下の一覧では親指シフターが使っている実績があるキーボードを例にあげ、「親指シフトキーが左右分割されている位置」と「押下圧」を記載しています。

割れ位置は、スペースキーの右側がどのアルファベットの位置になっているかで見ます。

↓以下の画像だと、JISキーボードで採用されていることが多い「N割れ右寄り」です。

スペースキーと変換キーの境目がどこにあるかで親指シフトの打ちやすさが違う

また、右シフトとして使う変換キーの大きさも重要です。

1キーの大きさは 1u という単位を使い、純正では右親指シフトキーが2~2.25Uのサイズになります。

それと比べると、純正以外のキーボードでは右親指シフトキーとしてつかう変換キーは1~1.5Uのサイズがほとんどで、とくに1Uだとシフト操作がやりにくい可能性が高いので注意が必要です。今まで使用者の感想を見る限り、1.5Uあれば問題はなさそうです。

↓こちらは例としてRealforceの変換キー、1.5Uのサイズ感です。

キーの大きさはアルファベットのUで表され、1Uが文字キー1個分の大きさになる。

↓親指シフトで使われることがあるキーボードのリストはこちら。

こうして見てみると、オウルテック赤軸が、割れ位置N左・押下圧・右シフトの大きさ・スイッチ特性(メカニカル赤軸)・値段いずれも条件が良さそうで、使用実績にも定評があります。純正以外の選択肢としては有力。

HHKBはブログなどで取り上げられることが多いですが、押下圧は45gで可もなく不可もなくだし、N右割れなので特に中心寄りというわけでもなく、右シフトが1Uとかなり小さいので、実際に打ちやすいのか疑問。特にNICOLAをそのまま使うのは明らかに向いてないので、orzレイアウト(後述)で1列ずらして使う人が一定数いるようです。

ーーー

B中割れの純正キーボードはどれも販売終了が決定していて、さらに入手性が悪くなっていくと思われます。

FMV-KB613はとんでもなく押下圧が軽くて(実測がRealforce30gよりも軽くて)、B中割れでもあるので唯一無二の存在だったんですが残念。

ワープロの時代からNICOLAで純正キーボード(B中割れ)を使い続けているユーザーにとっては、代替品が無く、影響が大きいかもしれません。

今まで「純正&Japanist」というパッケージされた組み合わせで使っている人ほど、サードパーティのキーボードとエミュレータを探して設定をするのは、心理的なハードルが高くなるでしょう。

自作キーボードなら B中割れも軽い押下圧も好きにできますが、それはそれで別のハードルを超えないといけないので、ここでは言及しません。

配列

どのキーを打つとどの文字が出力されるのか、キー配列を選ぶ必要があります。

知名度はNICOLAが最もありますがデメリットもあるので、どの配列を選ぶのかは意外と大事。

特に気をつけたほうが良い点として、NICOLAは中心付近の打鍵がそこそこあるので、親指シフトの割れ位置がN割れだと使いにくいという意見があります。

その場合は右手側を1列ずらすorzレイアウトや、中心付近をほとんど打鍵しない飛鳥カナ配列などが良いこともあるでしょう。

また、余談になりますが、そもそもキー配列とエミュレータをカスタマイズするなら、親指シフト系ではない他の配列も選択肢に入ります。

記事後半で紹介している「その他のキーボード配列」も読んでみてください。

エミュレータ

パソコンで最初から使えるのはJIS規格である「ローマ字入力」と「JISかな入力」しかないので、親指シフトを使うなら、

  • 親指シフトに対応したドライバ
  • キーの出力を変換するエミュレータ
  • 「かえうち」などのデバイス

などが必要になります。

この中でもキーボードドライバである親指の友Mk-IIは、エミュレータよりも上流で動作するため、相性問題などが発生しにくいとのこと。

ドライバレベルで動作
伝達経路の上流で処理する為、ソフトによって使えない等の相性問題が起こりにくい。
構造上、マシンパワー・リソース類も殆ど消費せず、軽快動作。

引用:ファイル置き場(ソフトウェア) — もしかしたら開発室

ソフトウェアとして動作するエミュレータ共通の注意点としては、「OS更新やChromeバージョンアップで使えなくなる」「ウィルス対策ソフトに驚異と判定される」「IMEとの相性が悪い」「職場の許可がおりない」などの問題を見かけたことがあります。

いざ致命的なバグが出たとき、バージョンアップされる見込みがなければ、他のエミュレータに乗り換えを余儀なくされることを想定しておきましょう。

この記事を書き始めたときから現在まで実際に、Chromeで不具合や、OSバージョンアップで不具合がおき、代わりのエミュレータ探しに苦労するという状況を何回か見ました。

突然使えなくなることが普通にあるので、パソコンの設定に不慣れだったり、自分で情報収集する癖がついてない人にとっては負担になることを覚悟しておいたほうがいいと思います。

親指シフト体験談

その他、親指シフトをしばらく使ってみた感想が書かれているブログを紹介しておきます。

親指シフトはじめました→3日でやめました! 親指シフトの不便なところ6つ。(黒井さんはひとりじょうず)では、3日でやめたので練習量は少ないだろうけど、最初に感じた不便な点がわかりやすくまとめられています。

時間をかければ解決できるけど、その“面倒くささ”がハードルになって断念した事例として参考になります。

後半では「かえうち」からのコメント(解決策)が掲載されているので、ケーススタディとしても役に立つと思います。

また、配列やエミュレータの作者にとっては、ユーザーがどの部分でつまずくのか参考になるでしょう。

ーーー

『親指シフト導入記』(東京の空の下より)では、筆者自身が完全な初心者の時点から、親指シフトの導入や練習について体験を交えて非常に分かりやすく事細かに書かれています。

また、親指シフトの習熟に伴って、昔のやり方が全然ダメだったことに気づいたりしています。

ーーー

普通のキーボードで親指シフトする(Weblog 61℃)という記事の中にある「キー別打鍵頻度グラフ」によると、NICOLAはキーボード中央付近をそれなりに打鍵するのに対して、飛鳥系列はほとんど中央付近の打鍵がありません。

また、orzレイアウトはNICOLAの右手ホームポジションを右にずらして、中央付近のきつい打鍵を回避します。

ーーー

親指シフトとキーボード(Teatime Talk)では、2014年に親指シフトを導入したらしく、4~5年経った時点か。

使用キーボード、親指シフトにした経緯、orz配列とキーボードの相性、NICOLAのデメリット、独自配列を試行錯誤する様子など、実際に使っているからこそわかる考察が、非常に参考になると思います。

ーーー

親指シフトを9ヶ月続けてみたら「便利でお得」にはならないニッチだとわかった(ひろしま代書屋日記)では、JISかなからローマ字への転換と、ローマ字から親指シフトへの転換が、体感でどのように違ったのか。

ノートパソコンで選択肢が少なくなること。コストとリスクが増えることなどが書かれています。

親指シフトの練習ソフト・サイト

親指シフトの練習ができる専用のサイトや、漢字変換込みで入力するソフトなどがあるので、エミュレータの設定を細かくしなくても、とりあえず練習できる環境はあります。

また、ローマ字入力として出力されるエミュレータであれば、寿司打などのローマ字入力しか受け付けない練習サイトも使えるので、そんなに心配する必要もありません。

親指タイピング

親指シフト練習サイト「親指タイピング」

⇒ 親指タイピング

エミュレータ環境が無くても親指シフトの練習ができるという、画期的なサイトです。

今までエミュレータのインストール・設定が面倒で敬遠していた人にとって、とりあえず親指シフトの体験ができるというのがポイント。

公式サイトの「動作環境」に、かなり細かくOSやブラウザごとの注意点が書かれています。

もちろん、親指シフトの感覚がつかめて、いけそうだと思ったらエミュレータを使うこと推奨ですが、その手前の段階として意義のあるサイトだと思います。

2017年7月にリリースされてからちょこちょこ更新されているようなので、詳しくは上記サイトにアクセスしてお確かめください。

タイプウェルFT

タイプウェルFT

⇒ タイプウェルFT

※公式サイトが閉鎖され。ミラーサイトが公開されました。(製作者注意事項。使用は自己責任、サポートは終了しています)

親指シフトを練習する人にとって定番のソフト。

漢字変換込みの文章を入力していくので、エミュレータと練習ソフトの相性をあまり気にする必要がなく、実用的な練習がしやすいのが特徴です。

問題文は最初からある程度収録されていますが、自分で登録することもできます。ネット上のニュースなどをコピペすればいいので簡単。

タイプウェルFTを使わず、NICOLA派宣言をメモ帳に入力するというのがありますが、メモ帳だと成績管理しにくいので惰性になってしまいます。

その点、タイプウェルFTは成績管理の機能がとても充実しているので、昔と比べてどのくらい成長したのか実感しやすく、モチベーションアップに繋がります。

「1分あたりの入力文字数」や「ワープロ検定に換算した評価」なども表示されます。

他には毎日新聞の余録社説など、ネット上のテキストを練習材料にする場合は余録変換ツール(閉鎖)や、全角半角 変換ツールなどのサイトで改行の追加や全角・半角の統一をすると使いやすくなります。

ただ、個人的にはNICOLA派宣言のような基本中の基本はやっても損は無いと思いますが、社説などは普段使わない漢字が多く、変換の癖も違ってくるので、ブログやメールを書く程度の人はそこまでやる必要はないと思います。

そのため、自分が普段からよく使う文章で練習するのがおすすめです。

文書作成・メール・ブログ・SNSなど、パソコンを使う人なら何かしらテキストを入力しているので、それらからタイプウェルFTにコピペして練習してみましょう。

その他

エミュレータがキーボードの入力をローマ字として出力するなら、寿司打などのローマ字入力しか使えない練習サイトでも練習できます。

自分があまり詳しくないので具体的な相性はわかりませんが、ネット上には実例がいくつかあるので、おそらく可能です。

また、エミュレータによってローマ字入力としてカウントするということは、ローマ字入力と同じ土俵で比較できるということになるので、比較がしやすくなりそうですね。

※ただしイータイピングの場合は例えば「っ」だとローマ字入力は手前の子音連打なので1打鍵相当ですが、エミュレータだと xtu の3打鍵としてカウントされるので、エミュレータのほうが実際よりも有利な成績になる場合があります。過大評価に気をつけましょう。

親指シフトを断念・挫折した事例

親指シフトは習得できればいいですが、腱鞘炎・速度が上がらない・環境が合わないなどの理由で利用を中止した事例もあります。

親指シフトを断念した事例

どれもそれなりに断念した理由が書いてあり、どんなことが親指シフトのハードルになっているのかが垣間見えます。

(その他、親指シフトに挑戦すると書いたものの自然消滅したブログとか、やってらんねーというツイートも時々見かけます。)

↓目立った理由は以下の通り。

  • 腱鞘炎
  • 環境を整えるのが大変
  • ローマ字入力より速度が上がらなかった

腱鞘炎について。打鍵数の違いを理由に疲れにくいと言われることが多い親指シフトですが、疲れにくさに関しては主観による意見がネットに表面化しているだけなのではないかと感じることがあります。

とくに怖かったのは、痛みを感じたまま練習すると腱鞘炎になってしまうこと。

ローマ字入力より打鍵数は少なくても、同時打鍵に必要な力は大きくなるので、これから親指シフトをやりたいという人は、打ち方(姿勢・フォーム)やキーボード選びに無頓着にならないように気をつけてください。

一度痛めてしまうと、その後、気楽に打てなくなってしまいます。

腱鞘炎になるかどうかはキーボードの押下圧・年齢・姿勢・運動不足・指の強さなどにも左右されるので、打鍵数の少なさだけで安心しないように気をつけてください。

(魚拓ですが)「親指同時打鍵に対する疑問の説いろいろ」という記事では、親指の運動方向が他の指と90度違う・手首の回転・上下運動についてなど、さまざまな書籍や現場からの引用を交えながら書かれています。

現在ローマ字入力で腱鞘炎が心配になっている人は、人から聞いたおすすめだけでなく、「ほんとに大丈夫?」という考えを持ちましょう。

特にNICOLA系はシフトが連続する場合も押しっぱなしじゃなく1回1回打鍵(逐次打鍵)するので、極力押下圧が軽いキーボードが推奨されていますが、富士通の純正キーボードや押下圧が軽いキーボードの値段が高いために、押下圧が重いメンブレンキーボードを使ってしまいやすい状況も影響しています。

さらにNICOLAで気をつけたほうが良い裏付けとして、1万字のかなを入力する場合の打鍵数という記事によると、NICOLAの動作数はかな数と同じ1万回になりますが、左シフト1,644打・右シフト2,585打(シフト合計4,229打)があるので、1万字のかなを入力するのに必要な総打数は14,229打になります。

特に右シフトは他の指よりもかなり打鍵数が多いので、強い親指とはいえ、負担を軽視できません。

ちなみに上記の記事の中でローマ字入力は動作数・総打数ともに17,019回で、動作数はNICOLAの1.7倍ですが、総打数は多めに見ても1.2倍にしかなりません。

ローマ字入力は全て単キー打鍵でロールオーバー打ちもできることを考えると、NICOLAは果たしてどれほどローマ字入力よりも疲れにくいのか?疑問に思います。

ーーー

また、親指シフト愛用者は「習得は簡単」と言うことがありますが、裾野を広げて観察してみると、「親指シフトが難しくてなかなか習得できない」「1年たっても生産性が上がらない」など、ブログやTwitterを検索するだけでも苦労している人を見かけます。

※富士通が親指シフト販売終了するニュースが出たとき、Twitterでさまざまな思い出話が見れましたが、「昔やったけど断念した」というツイートが何件も出てきました。

もちろん「親指シフトを習得する難しさ」自体は昔と変わってないはずなんですが、今は親指シフトを取り巻く環境がガラッと変わっているので、当然、トータルでの習得コストはかなり増えています。(シェアによる影響については後で詳しく説明します)

そんな中、親指シフトをすでに習得している人が「習得は簡単」と力説しても、それはあくまで主観的なもので、これから習得しようとしている人に響くとは思えません。

少なくとも自分の経験だけで「簡単」と突き放すのは溝が深まるばかりなので、できれば今の親指シフトを取り巻く状況を踏まえた上でレクチャーしていただきたいなと思います。

キーボードの押下圧に気をつける

ローマ字入力で指が痛くなる人は、親指シフトにするかどうかよりも、まずキーボードの押下圧を確かめてください。

一般的なメンブレンキーボードは押下圧が50~60gあり、長時間タイプすると指が痛くなっても仕方がありません。

1日に数時間・数万打鍵するような人は、指の痛みと疲れを軽減したいなら、そもそもメンブレンキーボードではなく、押下圧の軽いメカニカルか静電容量無接点方式のキーボードを検討してみてください。

また、メカニカルや静電容量無接点方式で多く採用されている押下圧45gでもそこそこ軽いですが、静電容量無接点方式の押下圧30gは劇的に疲れにくくなって世界観が変わるほどです。

指が痛い・疲れることで悩んでいる人は、配列うんぬんよりも、押下圧の軽いキーボードを使ってみてください。

そのくらい、45gと30gはあまりにも指への負担が違います。

Realforceのまとめ記事にも静電容量無接点方式の押下圧について詳しく書いているので、タイピングが疲れやすいと思っている人は見てください。

以上、なんだか調べるうちにNICOLAに対して否定的な内容ばかりになってしまいましたが、これから親指シフトをやろうかなと思っている人は、親指シフトバンザイ!という情報を鵜呑みにせずに、よく考えて決めてほしいなと思います。

親指シフトが普及しない理由

親指シフトが普及しない一番大きな理由は何と言ってもシェアが少ないことで、全てのことに影響しています。

  • 初期状態のIMEには入っていない(JIS規格じゃない
  • 学校の授業はローマ字入力(ローマ字入力しか使えない寿司打をよく見かける)
  • 職場で使えない可能性がある(セキュリティ的な理由や共用PC)
  • 自宅・外出先・職場・出向先など、場所やデバイスが複数になると入力環境の維持が大変になる。
  • 何らかのソフトウェア(エミュレータ)かハードウェア(かえうちなど)が必要になるので、導入に手間がかかり、ある程度のIT知識が必要。
  • 配列は一長一短があり自分に合うものを決めないといけず、選択が難しい(ネットで情報収集しても、それぞれの主観で書かれているので迷う
  • エミュレータは、Windowsアップデート・新しいOS・Webブラウザやソフトウェアのバージョンアップで使えなくなることがある。(とくにChromeとMacで多い)
  • エミュレータの開発者が個人だと、長い目で見ると開発ストップする可能性を考えておかないといけない。
  • 親指シフト向きのキーボードが少なく、純正は値段が高い。純正以外のキーボードでも、富士通が推奨している押下圧を満たすキーボードは種類が少なく値段が高いため、親指シフトに向かないキーボードで練習してしまいやすい。
  • 英語配列のキーボードや、スペースキーが長いキーボードを使いたくても使いにくい。海外展開しているメーカーのキーボードはほとんど英語配列だし、Realforceの現行モデルはスペースキーが長くなるなど、全体的に親指シフト向きのキーボードがかなり少ない。
  • ノートパソコンでは入力しやすいキーボードの選択肢はほぼ無い。外付けするとデスクトップパソコンと変わらない使い勝手になってしまうので、モバイル用途は親指シフト環境を構築しにくい。

※特に会社勤めの場合は、職場と自宅のPC環境を同じにできない可能性が高く、ローマ字入力との両刀使いから逃れられずにストレスを感じている人が少なからずおられるので、親指シフト導入を検討している人は事前に入念にチェックしたほうが良いと思います。

ローマ字入力を忘れる

人によっては、親指シフトを練習することによって、もともとできていたローマ字入力が遅くなったり、忘れたりする場合もあるようです。

↓さきほどの事例からも引用。

しかし、転職した際に仕事のPC環境は一変しました。

カスタマイズの困難なUSキー配列のPCを使用しなくてはならなくなったのです。

親指シフトに慣れたところでしたので、急にローマ字式タイプで日本語をタイプできません。特に、句読点のタイプミスが頻発し、まともにタイプできません。

仕方なく、ソフトウエアのインストールを必要としない環境で外付けのJISキーボードを利用して、親指シフトで日本語入力していました。

しかし、出張の際にキーボードを持ち歩くのは面倒です。気合を入れようと、HHKBの高級キーボードを購入しましたが、空回りする一方でした。辿々しくタイプしていたローマ字式タイプも、少しずつ感を取り戻し、親指シフト環境がなくとも、仕事の上では不自由しなくなりました。

引用:さよなら親指シフト | Decent Point

これから親指シフトを練習しようと思っている人は、常に親指シフトが使える環境ならいいですが、転職など仕事環境の変化によって親指シフトが使えなくなる可能性が出てくるかもしれません。

とくに、親指シフトとローマ字入力、どちらも中途半端になって、結局生産性が上がらないリスクを考えておくべきです。

ーーー

職場にエミュレータをインストールする際の障害としては、フリーソフトのやまぶきRだけでなく、有料ソフトのJapanistさえ許可されなかった事例があります。このような状況だとどうしようもありません。

ーーー

現状では親指シフトを挫折してしまう・習得してもフル活用できない環境になりやすいことに加えて、そもそもそのハードルを超えてまで親指シフトを習得する必要があるのか?ということになります。

↓以下、ローマ字入力だけでこと足りる場合が多いんじゃないか、という根拠。

  • 和文の入力速度が直接関わってくる人じゃなければ、ローマ字入力でもこと足りる。生活や仕事に支障がないなら、高いハードルを超えてまで他配列を習得する意味がない。
  • さらに効率を求める場合はショートカットキー・キーリマップ・単語登録・ローマ字テーブルカスタマイズによる効率化・高級キーボード(Realforceなど)の購入など、ローマ字入力のままでも伸ばせる余地がたくさんあり、今まで鍛えてきたスキルも無駄にならない。
  • 親指シフトが登場した当初と比べると、IMEが進化して変換精度や予測変換が賢くなっている。ネット上の資産をコピペして利用する機会も増えている。エディタによる補完機能など、タイピングの量を減らしやすい環境になった。
  • すでにローマ字入力が相当速い場合、親指シフトで今まで通りの作業量をこなすにはかなりの練習が必要になる。(高速入力だと、すべて単キー打鍵ロールオーバー打ちできるローマ字入力のほうが相対的に恩恵を受けやすい

ってところでしょうか。

そもそもキーパンチャーのような、ひたすらデータを入力する職業なら純粋な入力速度が成果に直結しますが、

事務仕事で問合せ返信やメールする機会が多い人は、入力スピードと同じくらい、定型文・単語登録などの省力化や、ショートカットキーなどのパソコン全般の作業効率が重要になるし、ブロガー・ライター・小説家・脚本家のような、オリジナルの文章を生み出す職業の人は思考速度も重要になります。

以上のように、タイピングスピードが最重要ではない仕事が多いので、入力方式を親指シフトにするかどうかの重要性は低くなります。

ーーー

ちなみにローマ字入力が普及した理由、その他の配列が普及しなかった理由として、放送大学の日本語文書処理における入力方法の標準過程(PDF)という論文も参考になりました。

結局、親指シフトの配列がそこまで悪いわけじゃなく、(親指シフトが標準搭載されていたワープロ時代)と比べて(環境的に)、

親指シフトを導入するハードルが格段に上がり、習得した後のデメリットが昔よりも増えてしまったということになるんじゃないでしょうか。

もっと端的に言うと、メリット部分は変わってないんだけど、デメリット部分が増えた、という感じでしょうか。

結局、「そこまでやるか?」ということです。

せめて親指シフトがJIS規格になっていて、世の中に当たり前のように普及していればもっとユーザーは多かったんでしょうね。

ーーー

上記のように、親指シフトはすでに「もっと普及させよう!」という段階ではなく、「興味を持った人を挫折しにくいような環境にする」ほうがよっぽど意味がある段階になっています。

学生に親指シフトをすすめてはいけない

ここまで書いてきたシェアの問題を踏まえると、将来どんな仕事をするのかわからない学生に親指シフトをすすめてはいけません。

  • 学校の授業がほぼ確実にローマ字入力(寿司打など、かな入力が使えないものが使われることもある)
  • 職場で親指シフト環境を構築しにくい
  • モバイル環境を揃えるのが大変(もしくはお金がかかる)
  • ノートパソコンで親指シフト向きのキーボードが少ない
  • 派遣のスキルチェックで親指シフトは使えない
  • 事務作業程度だと、入力方式でそこまでの差が出ない

ここまで書いてきたような理由で、多くの学生にとっては親指シフトのスキルが無駄になってしまう可能性が非常に高いのが現状です。

特に大学生だと、在学期間中は自分のノートパソコンでレポートを書くから問題ありませんが、社会に出た時に共用PCしか使えない職場やセキュリティが厳しい職場だと、親指シフトが使えません。

その場合、練習した親指シフトの時間とスキルが無駄になり、さらに親指シフトが上達すればするほど、ローマ字入力に切り替えるスイッチングコストを強く感じてしまいます。(「親指シフトだったら速いのに!」という感情がモチベーションを下げ、ローマ字入力の練習にブレーキをかける)

実際、「一生懸命親指シフトを習得したが、社会に出てから職場で使えないので無駄になった」という人や、「自宅で親指シフト・職場でローマ字入力という別々の環境にストレスを抱えてしまう」という人を、親指シフトについて検索していると時々見かけます。

参考:親指シフト 無駄 OR 職場 OR 会社 – Twitter検索

このような理由のため、進路が決まってない段階で親指シフトを習得するのは(時間損失的な)リスクが高いことを肝に命じておく必要があります。

そのため教える立場の人は、親指シフトが普及してほしいと思っていても、全員におすすめするのは問題があるんじゃないでしょうか。

※研究室という環境に生徒を抱えている大学教授は、このデメリットに気づきにくい立場かもしれません。

学生のうちから在宅で文字起こしや小説執筆など、すでにそういう活動をしている人なら親指シフトに取り組んでいいかもしれませんが、そうじゃない、普通の学生には親指シフトをおすすめできません。

単に文字入力が速くなる・楽になるという理由だけでは、まだデメリットのほうが大きいのが現状です。

先生は「親指シフトは良いものだ」という想いがスタート地点になってしまうと、相手にとって最適な選択肢にならない可能性がある、ということを認識しておくべきでしょう。

「良い入力方式だから」という理由だけで全員にすすめるのは無責任だとも言えます。

富士通の親指シフトキーボード販売終了後

さて、これから社会に出る学生ではなく、すでにガチガチに純正親指シフト環境を構築している作家さんとかに関わる話を少し。

富士通が公式に、親指シフトキーボードおよび関連商品の販売終了についてを発表して大きな話題になりましたが、その後の親指シフトユーザーの入力環境は維持していけるのか!?という心配がよく見られるので、参考になる記事を紹介しておきます。

参考:富士通が親指シフト関連製品を終息させるそうです – 雑記帳

これをじっくり読めば、今まで純正で揃えていた人も当面安泰、そしてまったく使えなくなる可能性は低め、ということだと思います。

替えがきかない純正のB中割れキーボードを、自分が死ぬまでの予備をストックできるか?という点ですが、「絶対に純正じゃないと仕事ができない!」というほどこだわりがある人なら当然在庫を確保してるでしょう。

純正キーボードが販売終了を告知してからの駆け込み需要で、Twitterでは新品購入の話題をそこそこ見かけました。

有志のドライバやエミュレータが、すでになんだかんだWindows 10に対応しているのも、熱量がある証拠だと思います。

自分は親指シフトユーザーではないので外野から見た限りですけど、この記事の根拠を見れば、ヒステリックになるほどの状況じゃないとは思いました。

その他のキーボード配列

ガラッと話は変わって、親指シフト以外にもさまざまなキーボード配列があるので、導入したいという人は自分で調べてみてください。

たぶんこれらを検討するのは、昔からの親指シフトユーザーではなく、これからローマ字入力以外の入力方式を試してみたいという人だと思います。

そのため、キーボードも富士通純正ではなく、一般的なJISキーボードや自作キーボードをエミュレータで動かすやり方をよく見かけます。

配列は今まで見たことがあるものを列挙するだけでも多め。

※その他「いろいろなカナ入力配列」というページでは、更新されなくなったものも含めて多くの配列を見ることができます。

どれも一長一短あるので、キーボード配列に興味がある人はぜひ上記の名前で検索してみて、先人がどんなカスタマイズをしているのか一度よく読んでみてください。

ーーー

個人的にローマ字入力者にとってコスパが一番良いのはローマ字テーブルを自分でカスタマイズすることです。

今まで積み上げてきたスキルがほとんど無駄にならずに、使いたいパターンだけを部分的に導入することができて、ソフトウェアをインストールする必要がなく、職場でも使えます。

代表的なAZIKについてはtomoemonさんのブログが非常に参考になります。「AZIKでQwertyのタイプウェル国語R総合記録を超えました!!!」という記事では、タイプウェル24.221秒のタイムを叩き出しています。

基本的に、ローマ字入力以外の配列が気になっている人は、乗り換えの前に「ローマ字テーブルカスタマイズ」「単語登録」で打鍵数を少なく、「高級キーボードへの買い替え」で押下圧を軽くなど、再度検討することをおすすめします。

ネットで検索すると「◯◯配列良いよ!」という情報が目に入ってきますが、それは配列作者や、導入してよかった人の声が表面に出てきやすい状態であり、実際は客観的に情報収集すると、(ここまで書いてきたように)導入にかかるコストや断念した事例、仕事内容との相性など、実際に使わないと実感できないデメリットがあります。

つまり配列の乗り換えはそれなりの気合いやコストがかかることなので、まずはローマ字入力のまま効率を上げる手段を模索してもいいんじゃないの?と思います。

ーーー

月配列は、最初から決まった配列があったわけではなく、新JIS配列を元に有志で作られたバージョンがいくつかある、というものなので、「月配列 2-263式」のように、バージョン名と一緒に記載されることが通例です。

月配列の成り立ちについてはなぜかはてなブログタグの月配列ページがわかりやすい。

個人の体験談としては「コジオニルク」さんの「月配列Kとは」という記事で特徴・導入・派生配列についてまとまっています。

また、月2-263月配列Kのカテゴリが、ゼロの状態から成長記録を詳細に記録していて非常に参考になります。練習開始から約1年でタイプウェル常用XD(40秒切り)を達成という実績もあり。

他にも例えばタイプウェルの国語Kランキングを見ると、9位「ZF@月配列」さん、17位「フィスティ」さん、39位「んみょ」さんが月配列とのこと。

「ZF@月配列」さんは基本常用21.712秒(ZF)という驚異的なタイムを叩き出しているので、月配列が高速タイピングに耐えられる配列ということは実証されています。

ただしコジオンさんの「月配列は難しい」という記事に書かれている通り、ローマ字・JISかな・月配列で一定以上のレベルまで習得した上での感想が書かれているので一読の価値ありです。

タイプウェルの基本常用語で照らし合わせると「ローマ字は経験15年以上でXJ」「JISかなは5ヶ月半でSAになったが右手小指の痛みのため使用中止」というのも参考材料になります。

「ZF@月配列」さんのようにタイプウェルでも最上位クラスになれるかどうかは、配列の良し悪しだけで決まるものではないので、よく考えてから決めましょう。

↓手元付きの打鍵動画。月配列は前置シフト方式なので、同時押しの親指シフトとはリズムが違います。

※ただ、残念ながら実際には存在するはずのタイプウェルZレベルの手元動画がなく、高速になったときの月配列がどんな感じの打鍵になるのかがわかりません。

また、YouTubeに月配列の手元打鍵動画がありません。

ーーー

新下駄配列は作者のkouy(@y_koutarou)さんがかなり速く、この記事を更新している時点でタイプウェル35秒あたり。

清濁別置のため、習得難易度が高いほうだと言われていますが、極めた姿が見られるので、かなり説得力があるんじゃないでしょうか。

Twitterで新下駄配列に取り組んでいる人たちの成長度合いを見ても、十分に高速タイピングすることが可能に見えます。

打鍵数について、「新下駄配列で1万字入力する場合の打鍵数」を見ると、かな系配列の中でも少ない打鍵数になっています。

ただし速度を求めるなら(シフトが絡むかな系全般に言えることですが)ロールオーバーできる・できない組み合わせを把握して瞬時に判断する必要があるので、単純なスピードアップとは別のテクニックが必要になります。

それについては「新下駄配列でもロールオーバーで打てる部分」が非常に参考になりそうです。

作者自身がここまで習熟していれば、導入を検討している人の不安を減らすことができますね。

※新下駄配列ほど使用者が目立たず動画もありませんが、けいならべという行段系配列もkouyさん開発。

説明を読むだけで、記憶負担が少なく、拗音や句読点の配置が合理的なことがすぐに分かります。

ーーー

薙刀式はカナ系配列としては珍しく、スペースキーの長いUS配列でも使用でき、文字キーの組み合わせによる編集機能も組み込まれています。

また、競技タイピングのような入力速度を追い求めているわけではなく、「長編を書くため」というコンセプトで設計されています。

紹介動画がしっかり作られているので、どのような入力風景になるのか分かりやすいのも良いところ。

手元と入力文字が同時に見れる動画は珍しく、十分なスピードで打った時にどのようなミスが発生するのか、細かく観察することができます。

開発者の大岡さんも認識している「てい → てぃ」に化ける問題や、濁点のために同時押しした時の判定ミス「うか → づ」「で → あて」「らか → ぶ」「が → か」などがどのようにして起こるのかわかります。

これらのミスは高速になるほどロールオーバー打ちによって発生しやすくなるため、薙刀式に限らず、シフト打鍵を用いる配列全般の問題と言えそうです。

ーーー

蛇配列作者の なっと(@danield52024924) さんはタイピングの練習に意欲的で、ご自身でタイプウェル42.3秒

配列の作者が高速タイプできると明確な説得力になるし、そのような人は少ないのでぜひやれるところまでやって欲しい。

ーーー

かわせみ配列のsemialtさんもタイプウェルを結構練習していて、「自作配列のタイピング速度」という記事に、タイプウェルのキャプチャ付きでまとめられています。

その他、かわせみ配列の祖先にあたる「こまどり配列」「よだか配列」という配列もあります。

ーーー

いろは坂配列は、めんめんつ(@mentype2)さん開発のカナ系配列。57キーもの単打を駆使するため、タイパー向けの傾向が強めとのこと。

もともとめんめんつさん自身がタイプウェルK(かな)基本常用語で、JISかな入力で約29秒(ZJ)と、タイパー的な記録を出していたこともあってスコアの伸びは早く、
111日目に39.3秒
200日目に32.4秒
284日目には29.6秒でレベルZJの節目を迎え、
357日目で28.5秒
409日目で26.9秒

という感じで、JISかなの記録を超えたようです。

いろは坂配列練習記録」という記事では成長がわかるグラフと、経過日数による気持ちの変化がつづられています。

↓こちらはいろは坂配列の打鍵動画。日常的な漢字変換込みの文章なので、実際に使う場合の使用感として参考になると思います。

動画の撮影は練習開始から約1年の時点で、タイプウェル基本常用語が28.5秒の頃。動画の概要欄より「10632字、1時間24分50秒 (1253字/10分)、漢字使用率19.5%」とのこと。

ーーー

こうしてまとめてみると、「親指シフト打鍵のコスト」の章で書いた内容の裏付けがいくつか出ているように見えます。

AZIKや月配列など、シフト面が無い・もしくはシフト面があってもロールオーバー打ちが影響しない配列ではタイプウェルでZレベルに到達した人が数人いますが、親指シフトなどのシフト押さえながらの打鍵が必要な配列ではそのような高速域に到達している人がいません。

その理由として、NICOLAのようにシフト面が連続する場合も毎回親指を打鍵してミリ秒単位で同時打鍵を判定している場合はそもそもロールオーバー打ちできない文字が出てくるので高速打鍵することができません。

そしてシフト押さえながら打鍵する配列だと飛鳥配列のように押さえっぱなしで使えるものが最善ですが、シフト面が多いと表裏の切り替えでタイミングが難しくなるため、高速になるほど難易度が増します。

(その点、JISかな入力はシフト面が少なく、シフト押さえながらでも同じ出力になるキーが多いため打鍵を工夫することができて超高速にする余地が多いと言えます)

そのため、ここまで調べてきた内容から考えると、Zレベルの超高速タイピングを突き詰めたい人に同時打鍵・シフト打鍵系の配列はおすすめできません。原理的に不可能、もしくはできるとしても高速になるほど難易度が跳ね上がります。

とはいえそんな異次元レベルの超高速で打てるかどうかが気になる人なんてほとんどいないので、実用レベルで見てみると、どの配列でもタイプウェルで60秒を切ることは可能です。

むしろ、一定以上よりも速くなるかどうかは、本人の練習次第なところもあるので、記録だけを参考に配列を決めるのではなく、配列の得手不得手を吟味してから決めたほうが良いと思います。

タイプウェルでの比較について

なお、タイプウェルでの比較をよくしていますが、実は配列同士の比較として、なかなか優秀な仕組みになっています。

タイプウェルRはローマ字入力で打つと400打、タイプウェルKはかな入力で打つと280打ですが、カナ文字数は以下のように、だいたい同じような数になります。

(それぞれ5回ずつカナ文字数をカウントしました。濁点は「が」→1かな、拗音は「きゃ」→2かな、というふうに、原稿用紙に書くのと同様にカウントしています。スペースキーはカウントしていません)

R(400打)→カナ190・195・199・201・209
K(280打)→カナ192・197・198・201・201

出力されるカナ文字数がだいたい同じなので、ローマ字入力とかな入力の比較だけでなく、どの配列と比較してもだいたい同じ基準で比較できるということになります。

入力する内容も、日本語でだいたい一般的に使用される単語・文節・接続詞などが含まれるので、それなりに平準化した文字を打つことになり、偏りが出にくいと思います。

ーーー

さて、ここまでさまざまな配列を紹介しましたが、ローマ字入力を練習するのと、その他の配列を習得するの、どちらがトータルで良いのかよく考えましょう。

考え抜かれた配列はどれも魅力的ですが、すでにローマ字入力が実用的なレベルになっている人は、配列乗り換えのメリットが小さくなります。

ましてや、たとえばイータイピングで400点とか、タイプウェルで50秒を切るようなレベルだとロールオーバー打ちも自然とできているので、ローマ字入力の恩恵が大きい部分をわざわざ捨ててまで乗り換える意味があるのか?ということになってきます。

速くしたい・疲れにくくしたいというのが目的なら、「Realforce」など、良いキーボードを使うことも検討しましょう。

他にもショートカットキー・単語登録・ローマ字テーブルのカスタマイズなど、効率化できる余地はたくさんあります。

データ入力のような職業でもない限り、入力速度そのものは最重要にはなりません。

(ライターやブロガーだとしても、思考速度がボトルネックになるので、最大速度で入力する機会はほとんどありません)

導入のハードル・環境の相性・仕事内容の相性を乗り越えてもメリットが大きくなりそうなら、導入する価値があると言えるでしょう。

ーーー

また、エミュレータは「開発ストップ」「Windows大規模アップデートで文字入力ができなくなる」「新しいOSに一時的に対応できなくなる」などの事例が実際にあるので、自力で問題を解決できるようになっておき、ローマ字入力やJISかな入力も使えるようにしておく必要があります。

配列を知ってもらうためには

ここからはちょっと配列作者さん寄りの内容になります。

いろいろな配列を検索して強く感じましたが、知りたいと思っている人にとっては、以下のコンテンツが用意されていることがとても重要です。

とくに手元が見えるタイピング動画が最重要で、YouTube動画があるだけで、SEOやユーザーの情報収集の負担を軽減するなど、さまざまな効果があります。

動画が難しい場合は、最低限、ひとつのページに情報がまとめられているブログなどがあったほうがいいです。

YouTube・ブログは検索エンジンにヒットするため、能動的に情報を探すユーザーに発見されます。つまり濃いアクセスになりやすいので、SNSよりも重要です。

TwitterなどのSNSは1ページ(1URL)に集約することができない。情報が流れて発見しにくくなる。検索エンジンにヒットしにくい。というデメリットがあるので、発見してもらうためのメディアとしては適していません。(SNSは更新情報を流したり、ユーザーとの交流に向いているメディアです。いわゆるプッシュ型として運用するならOK。)

YouTubeの打鍵動画

配列を知ってもらうためには、YouTubeの打鍵動画が最重要です。(※ニコニコ動画だとかなりの機会損失になります)

↓配列について知りたいユーザーが動画から得られる情報の例。

  • どこまで速く打てるのか
  • どのくらいの忙しさでどのくらい文字入力されるのか
  • 手のバタつき・上下左右に移動する具合
  • 拗音・外来音・記号などの入力しやすさ
  • キーボードの物理的なキー配置によって入力しやすさが変わるか

などなど、動画が最も知りたいことを伝えられます。

BGMなしで、ただただ打鍵している動画でも、配列の導入を検討している人の本気度なら見れるので、凝った編集をする必要もありません。

手元と入力画面の両方

タイピング動画で気をつけることとして、配列の使い方が伝わるように構成を考える必要はあると思います。

最低でも、手元を上から見た視点で、手元と文字入力される画面の両方が見れる状態が必要です。

なぜなら、一般の人が知らない配列は「どのキーを打ったらどんな出力になるのかわからない」ので、入力文字列なしの手元だけでは情報がほとんど伝わりません。

配列作者のように界隈に詳しい人なら手元を見ただけでいろいろな情報を得られますが、導入を検討している一般ユーザーにとっては手元だけだと理解してもらえない(理解までの負担が増える)ということを知っておいたほうがいいでしょう。

一番最初に見る情報が公式サイトとは限らないので、「動画を見る人はある程度の前提知識があるはず」という考えは通用しない場合もあります。

このような考え方で、情報収集する人の脳の負担を減らさないと、すぐに離脱されます。

ーーー

ただし、手元と画面を両方を映すには多少の工夫が必要になります。

  • ひとつのカメラで手元と画面両方が収まるように撮影する(撮影例
  • 動画キャプチャとWebカメラを連動して同時撮影する(撮影例
  • 手元はカメラ撮影、画面は動画キャプチャして動画編集でつなぐ

一応、この中では「動画キャプチャとWebカメラを連動して同時撮影する」方法が、動画ファイルがひとつになって、音声の同期を取る編集の手間が減るのでベターかなと思います。

ーーー

さて、ここまで「手元を上から見た視点で、入力文字もわかる」というベストな動画について説明しましたが、機材や技術的にどうしても難しいと感じるなら、手元だけで妥協するのはありです。

動画から伝わる情報が減っても、この次に説明するSEO対策には動画が存在するだけで効果があります。

YouTubeのSEO対策効果

動画のタイトルに配列名を入れておけば、YouTube検索とGoogle検索、両方のSEO対策にもなります。

なぜなら「配列名」そのものは競争相手がおらず、ただ動画のタイトルに配列名が入っているだけで簡単に上位にヒットするからです。

もちろん配列名で検索される回数は多くないのでアクセス数が急上昇することはありませんが、「興味があって検索した人」に対して、動画が1個あるだけでYouTube検索・Google検索どちらも上位にヒットさせることができるので、質の良いアクセスを確実に拾えるのは相当なメリットになります。

動画のSEO対策例

たとえばYouTubeの打鍵動画をしっかり作っている「薙刀式」の場合、以下のようなSEO効果が出ています。

↓こちらは「薙刀式」のGoogle検索結果。公式ブログの次にYouTube動画がヒットして、薙刀式について書いたユーザーのレビューなどはそれよりも下位に並びます。

↓こちらはYouTube内検索の「薙刀式」検索結果。「薙刀式」というワードに競争相手がいないので上位を独占しています。

GoogleのSEO対策でも動画の重要性はどんどん増していくので、YouTubeに動画があるだけで、上記のように検索ユーザーの目を引くことができるようになります。

動画を作ることはブログやTwitterと勝手が違うので腰が重くなりますが、「配列名」そのものは競争相手がいないため、動画をアップするだけで必ずと言っていいほど(配列名による指名検索であれば)上位にヒットします。

※ちなみに ニコニコ動画は Google検索で不利、利用者がYouTubeと比べて圧倒的に少ない、サイト内の検索ボリュームが少ない、シークが不便、アプリの使い勝手が悪い、Twitterから見たときにシークできない・最大化が戻せないなどのバグ、スマホのブラウザから見ようとしてもエラーで表示できずに「アプリで見てください」と言われることがある、投稿者の他の動画にアクセスしにくい、シェアされにくい、アクセス解析が無いなど、多くのデメリットがあって単純にユーザーにとって使いにくいので、YouTubeに投稿したほうが良いです。

それに、機能うんぬん以前に、YouTubeは第2の検索エンジンと言っても過言ではないほど、利用者数に差があります。

2019年1月~2月調査をまとめたこちらの記事ではYouTube65.4%に対してニコニコ動画10.1%の利用率。

2019年2月23日から3月1日調査をまとめたこちらの記事ではYouTube75.7%に対してニコニコ動画16.7%の利用率。

というふうに、YouTubeに投稿していないだけで大幅な機会損失になるのは確実です。

なので、(ニコ動に愛着があったり、YouTubeに慣れていないとしても)現在ニコニコ動画に手元動画をアップしている人は、同じ動画をYouTubeにもアップしたほうが、長期的には良いのではないかと思っています。

検索でヒットすることや、アクセス解析によって改善していけるというのは非常に大きな違いです。

手元を見るのに便利なアプリ

ちょっと余談ですが、打鍵動画を観察するのにおすすめな動画閲覧アプリ「nPlayer」の紹介。

参考:新たなnPlayerが登場!今後は3つの価格帯での展開に | reliphone

以下の2つの機能が非常に便利。

  • (上下スワイプ)再生速度を0.1倍速刻みで変更
  • (左右スワイプ)シーク

YouTube動画からOpenerというアプリを経由してnPlayerで再生するのが便利。

参考:このアプリがすごい No.22 Opener – iPhoneの便利さを加速するExtension | reliphone

残念ながらニコニコ動画は途中でシークができなくなる・「アクセスする権限がありません」と表示されて止まるなど、快適に視聴できないことがよくあります。

YouTubeは普通に視聴できます(昔はダウンロードしてオフラインで視聴できましたが、今はできなくなりました。でも十分に快適です)

自分で持っている動画ファイルがあればローカルフォルダに入れてオフラインで見ることもできます。

nPlayerは3つバージョンがあってややこしいですが、最初の参考リンクをよく読んでください。

個人的に無料版は広告が邪魔で使いにくいので、真ん中の無印がおすすめ。

カテゴリ: エンターテインメント
価格: ¥610 (掲載時)

公式サイト・ブログ

だいたいのキーボード配列は公式サイトやブログが用意されているのであまり心配いらないと思いますが一応説明しておきます。

配列名で検索したらトップに出るようになれば、配列名の指名検索で一応の役目を果たせるので、専用のドメインまで取らなくても、無料ブログGitHubでもとくに問題ありません。

独自ドメインを取得してWordPressうんぬん、とかやらなくてもいいでしょう。

無料ブログはどこがいい?

無料ブログはどこを選べば良いのか迷った場合、自分がユーザーになったと想定して、スマホでGoogle検索してみてください。(パソコンではなく、スマホで)

「はてなブログ ◯◯」みたいに検索すれば、だいたい◯◯に関するはてなブログがヒットするので、おおまかな印象は把握できます。

「ページを開くまでの待ち時間」「広告が邪魔にならないか」「他記事へのアクセスしやすさ」など、ユーザーが訪れた状況をシミュレーションしてみましょう。

現時点では、はてなブログが無難、Seesaaブログはおすすめできない、などの傾向はありますが、数年経てば状況も変わる可能性が高いので、どのみち自分で検索してみることをおすすめします。

パソ活ラボでも無料ブログについて情報収集した記事を書いていますし、「無料ブログ 比較」とかありきたりなキーワード検索でも情報収集できます。

ブログ内記事の構成は、複数ページに情報を分散させるよりはメインとなるページをしっかりと作り込んだほうが、検索される場合も、シェアされた時の利便性も良くなります。

配列名で指名検索する新規ユーザーにとって、疑問点が解決できるページにしておきましょう。主な特徴・配列図・打鍵数比較・実装方法・特殊な打ち方の説明などがあります。

ただし、文章での説明は読者の脳に負担がかかるので、できれば配列図を画像にして解説があるとベターです。動画があれば埋め込みリンクを。

配列図を簡単に作れる表

配列を簡単に作成できる「キーボード配列」共有スプレッドシートを作りました。

↓このような配列図を作れるテンプレートを用意したので、配列開発者さんは使ってみてください。

キーボード配列表

シフト面が多い配列には9面まで対応。格子配列のテンプレートもあります。

そして、Webサイトはいくら充実させても離脱する読者がいると思っておいたほうがいいです。(ユーザーの本気度にも左右されるでしょうけど)

作者がどんなに良いと思って細かく説明しても、読んでもらえなければ意味がないので、基本的に画像・動画が重要。

Twitter

あと、更新情報を流したり交流するためにTwitter(ツイッター)などのSNSがあると活用できることがあります。

ただし、例えば作者がTwitterしかしてなくて、他の人がブログを書いてる場合は検索で下位になる可能性があるので、Twitterよりは公式サイトのほうが重要です。

それに、Twitterだと1ツイート140文字の制限があるので情報が散らばり、ユーザーにとって情報収集の使い勝手は悪く、メインページ(知りたいと思って検索するユーザーからの入口)としてTwitterは機能しません。

また、「Twitter動画」はページとして検索エンジンに評価されにくいからSEO対策にならないし、タイトルもヒットしないので、入口としては機能しません。

せっかく動画を作るならYouTubeに投稿しましょう。

ーーー

さて、ここまで説明してきたYouTube、公式サイト、Twitterを比べてみると、手間がかかる、やっている人が少ないものほど効果があるという、身もフタもない結論になっています。

YouTubeは説明したとおり1個あるだけで非常に大きな効果がありますが、文章を書くのとはまったく勝手が違うので、なかなか重い腰が上がらないようです。(※でも動画をアップするだけなら難易度そのものは高くない)

公式サイト・ブログは、配列作者さんにとって文章入力が苦にならないだろうから心配ないと思いますが、とりあえず作っておいたほうが良いでしょう。

Twitterは気軽にできるけど、検索エンジン経由の新規集客はほとんど期待できません。ジャンル的にも配列界隈の外でバズらないので、閉じた世界になりがちです。

かえうち

キーボードと端末をUSB接続して、キー配列をカスタマイズできる変換アダプター「かえうち」という製品があります。

かえうち公式サイト

かえうち概要

かえうち はUSBキーボードとシステム(PC/タブレット/スマートフォン)の間に接続します。ユーザーのキー入力を一旦 かえうち が受け取り、事前に設定したキー配列に従って一般的なキー配列(QWERTYローマ字入力)に変換し、変換後のキー入力をシステムに伝えます。変換は一瞬*1で行われます。

※1:単純なキー並び替えの場合で、遅延0.009秒未満。

引用:製品概要 – かえうち

ハードウェア側でキー信号を変換しているので、OS(Windows・Mac・Linux・iOS・Android)や機器(PC・スマホ・タブレット)の制限を受けません。つまりUSBキーボードが使える組み合わせなら何でも使えます。

デフォルトで親指シフト以外の配列にも多数対応しており、有志で作られる配列はユーザーフォーラムに投稿されて共有でき、自分で完全カスタマイズすることもできるので、理論上は(かえうちの仕様内なら)どんな配列でも使うことができます。

今まで親指シフト関連で問題になっていた相性問題や環境の制限を、別のアプローチから解決できる、画期的な製品になっています。

かえうちユーザーの統計データ

かえうちは、どのようなユーザーが利用しているのか統計データを公開しています。

参考:かえうち1周年まとめ!販売数&キー配列統計情報公開! – かえうち

データを見る限り、少なくとも数百人は親指シフトやその他の配列に利用している人がいるようです。

まとめ

調べてみると、親指シフトは配列としては優れている点もいくつかありますが、やっぱりシェアが少ない問題が大きすぎて、すべてのことに影響しているという状況です。

JIS規格になってパソコンに最初から入っていたら全く状況が変わってたと思うんですけどね。

自分は使っていませんけど、親指シフトを使いたい人が問題なく使える環境は維持されてほしいと思います。

その意味ではドライバやエミュレータが全部一気に使えなくなることは考えにくく、プラットフォームを選ばない「かえうち」もあるし、すぐに絶滅してしまうような心配は無く、まだ大丈夫だと思います。

ただし、今回この記事を書く過程で感じましたが、新しく始める人は環境を整えるハードルが高くて1年以上続く人が少ないように思うので、世代が変わるくらいの年数が経つと、全体のユーザー数はかなり減るんじゃないかと思いました。

ーーー

関連:初心者はローマ字入力とかな入力どっちがいいのか

関連:東プレRealforceの比較・選び方

関連:ローマ字テーブルのカスタマイズ

関連:『QWERTYの謎』の感想

関連:ブラインドタッチ練習のコツと上達方法

関連:無料のタイピング練習ソフトまとめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

大きな買い物をするならAmazonチャージがおすすめ。チャージ金額に応じて余分にポイントがもらえます。
プライム会員ならさらにポイント上乗せ(学生はPrime Student

スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『親指シフトとは|練習・キーボード・断念した理由・普及しない理由・その他の配列など』へのコメント

  1. 名前:takashi 投稿日:2018/02/11(日) 01:36:27 ID:65a145316 返信

    入力方式の記事は、贔屓目がある記事が多いのですが、すごくフェアな記事だと思いました。
    自分は親指シフターなのですが、それは単に何故か最初に親指シフトを覚えたからです。そこからローマ字を覚えるのは、そりゃもうイライラしたので、そもそも別の入力方式を覚えることがハードル高いと思います。
    今はローマ字でも基本的には困りませんが、外来語、例えばクトゥグアとか、ローマ字では瞬間にどのキーを打つか出て来ません。笑
    慣れの問題で、単純には「じ」「ぢ」の問題でもあるのですが、こう言った苦労が無いのが親指シフトのいいところじゃ無いかなと思います。
    正直打鍵速度はローマ字の方が圧倒的に早く、対して親指シフトは早いというより、楽というイメージです。
    滅びゆくものへの郷愁と最初に習得した思い入れから、親指シフトは捨てられませんが、ローマ字習得は今は必須だと思います。多様性の観点からも親指シフトも無くならないでほしいですが。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/11(日) 17:42:35 ID:57a72968d 返信

      フェアな記事との評価ありがとうございます。ただ、そうは言っても親指シフトを実際に体験してはいないので、不足していると感じられる点があればご指摘ください。

      親指シフトが無くならないでほしいというのは全く同感です。シェアを盛り返すほどの勢いは無理だと思いますが、価値を感じている人には今まで通りの環境があるほうが良いですね。(そういう意味ではかえうちが画期的だと思います)

  2. 名前:葉柳 投稿日:2018/02/12(月) 16:04:31 ID:c9f015fcd 返信

    ローマ字から親指シフトに移行したものですが、私の場合はとても指先が不器用でローマ字入力が難しかったから、というのがあります。

    かなり長くローマ字入力を続けましたがブラインドタッチができない。
    具体的には「ー(長音符)」を入力する際にかなりの頻度で「0」や「^」になるのです。
    またDELETE(BS)キーも使用頻度が高いのに、遠い。
    キーボード最上段に指がまともに届かないのでホームポジションが崩れる、崩れるのでブライドタッチが出来なくなる悪循環。
    確認のためにキーボードを見る(下を向く)ことが多くなり首への負担が増えて、肩こりもひどいことに。

    親指シフトはホームポジションからほとんど手を動かさなくても日本語入力に不便はなく、ブラインドタッチ習得がとても楽でした(そもそもキーボード見ても意味ないし)。
    下を向く頻度が下がったので首への負担も減りました。

    親指シフトを覚えて改めて思うのは、ローマ字入力は日本語入力方法としてはメジャーだけどマスターするための難易度は高い、ということです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/12(月) 16:40:24 ID:6a8d056b2 返信

      なるほど。詳しく書いてくださってありがとうございます。

      ローマ字入力をすでにブラインドタッチでマスターしている人は、最初にどのくらい苦労したのか忘れているという面もあるかもしれませんね。

      ちなみに、「キーボード」「配列」「エミュレータ」はどのような組み合わせで親指シフトを使用していますか?

      どの方法でそう感じたのかも興味深いなと思ったので質問させていただきました。

  3. 名前:葉柳 投稿日:2018/02/12(月) 20:48:10 ID:c9f015fcd 返信

    Windowsでは
    キーボード:DELL SK-8115
    配列:NICOLA
    エミュレータ:DvorakJ

    Macでは
    キーボード:MiSTEL MD600
    配列:NICOLA
    エミュレータ:Lacaille&Karabiner-Element

    で親指シフトを使用しています。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/12(月) 20:55:52 ID:6a8d056b2 返信

      DELLは会社のキーボードでも結構見かけるやつですね。あんまり親指シフトの話題で見かけることが無かったですけど、親指割れの位置がかなり良さそう。

      パターン別に教えてくださってありがとうございました。

      • 名前:葉柳 投稿日:2018/02/12(月) 21:02:33 ID:c9f015fcd 返信

        はい、DELLのは捨て値で売られている安物キーボードですが、
        スペースキーの小ささと周辺のキーの中央への寄り具合が
        結構親指シフトに便利だったりします。

  4. 名前:けやま 投稿日:2018/02/13(火) 03:41:28 ID:7a664830e 返信

    ここまで調べてるんだから,orzレイアウトのことにも(リストアップだけで終了ではなく)も少し触れて欲しかったですね.旧JISキーボードでの親指位置問題は,このレイアウトで解決できることが多いですから.
    自分の場合,親指シフトの習得はローマ字入力を覚えて6年くらいたってからです.そこから5年くらい親指シフトを使って,それこそシェアの問題で親指シフトを捨ててローマ字入力一本やりとなって10数年.ふとしたきっかけで2年前に親指シフト環境を取り戻して再開し現在に至ります.
    現在はローマ字入力も親指シフト入力もほぼ同等のスピードまで回復しています.業務ではローマ字入力も必要なので,今でも場合によって使い分けているような状態ですが,無意識にローマ字入力出来ているように感じていても、親指シフトに戻ると、“かな→ローマ字”の脳内変換のストレスから解放される自分に気がつきます.これ,ホントです.パソ活さんから言わせれば,まだまだローマ字入力の習熟度が足りないということになるんでしょうか? 延べ20年以上ローマ字入力をやっている計算なんですが.(それにひきかえ,親指シフトは延べでせいぜい7年程度ということになります.)
    スピードはたいして速くなっていないのですが,それでも日本語入力が楽なので親指シフトをやっています.速く入力することは,目標ではあっても理由ではないですね.
    自分用にHHKB Pro JP(押下圧45g)とBarocco MD600青軸(押下圧50g)を使い分けていますが,腱鞘炎的な問題には今の所ぶち当たってないです.押下圧も重要でしょうが,力を抜いて打ってもちゃんと入力を拾ってくれるキー感度の方が大事だと思っています.取りこぼしがあると,確実に入力するために結果的に力が入ってしまうので.メンブレン系はこの辺が全然ダメですね.
    あとは実際に文章を入力する場合のキーの使用頻度の分布の偏りが少ない方がはるかにいいです.あくまでもローマ字入力との比較での話ですが(飛鳥などの派生配列の方がより優秀なようですので),親指シフトではホームポジション付近の打鍵頻度が高いように感じています.薬指に負担?感じたことないですねぇ.ローマ字入力では左手の負担を感じることが多いです.手首の負荷は角度の問題ですよね.親指シフトのせいではないと思います.
    シェアが少ないことはおっしゃる通りなんで,闇雲に布教することはしない主義ですが,それでもリンク先にあるように「かな入力からローマ字入力に戻す癖を付けておかないと、他の人に迷惑をかけてしまいます。」なんて書かれてしまうと悲しくなってしまいますね.
    以上,ここ(といくつかのリンク)を拝見した上での率直ないち親指シフターの感想でした.

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/13(火) 18:47:54 ID:0c59da70c 返信

      貴重な経験談ありがとうございます。

      パソ活さんから言わせれば,まだまだローマ字入力の習熟度が足りないということになるんでしょうか?

      →断定するのは難しいかもしれません。本文にも書きましたが、1級レベルの(700文字/分)程度だとまだまだで、2倍(1400文字/分)くらいになると直感の度合いが違うと思います。

      そして、ローマ字入力は習熟しないと気持ちよさを味わえないため、親指シフトのほうが最初から気持ち良さを味わえるんだと思います。

      「それはローマ字入力に習熟していないだけです。」という書き方はちょっと乱暴だったかもしれません、すいません。実際はちょっとどころの習熟レベルではないので、気持ちよさを味わえるまでの道のりが長いというのがローマ字入力のデメリットとも言えます。

      ローマ字入力では左手の負担を感じることが多いです

      →おっしゃる通り、1万字のかなを入力する場合の打鍵数というサイトの分析を見てみると、ローマ字入力では、左手のほうが右手よりも打鍵数が少ないとは言え、やはり母音Aの小指に圧倒的に負担がかかるようです。ここは明確にデメリットですね。それが直接的な理由かどうかはわかりませんが、リアルの知り合いでも小指を使わない人が何人かいますし、ネット上でタイピングの速い人でも小指を使わない人がいます。

      「かな入力からローマ字入力に戻す癖を付けておかないと、他の人に迷惑をかけてしまいます。」なんて書かれてしまうと悲しくなってしまいますね.

      →ご気分を悪くしてしまい誠に申し訳ございません。これは自分は個人的に全く迷惑に感じないのですが、ローマ字入力の人の主観では、迷惑と感じる人がいて、喧嘩に発展してしまった例もあるようです。
      「ローマ字 かな入力 戻す OR 戻さない -bot」検索結果

      • 名前:けやま 投稿日:2018/02/17(土) 18:54:32 ID:c93c82793 返信

        ご丁寧なご返答に大変恐縮いたしております.m(_ _)m

        そして、ローマ字入力は習熟しないと気持ちよさを味わえないため、親指シフトのほうが最初から気持ち良さを味わえるんだと思います。

        パソ活さんの主張で興味深いのは,「ローマ字入力でもかなり上達すると1音を2打で打っている感覚ではなくなって気持ちよさを味わえます」としているところです.
        繰り返すようですが,自分は脳内ローマ字かな変換からのストレスの解放を親指シフトのメリットと思っています.
        これでもローマ字入力歴も結構長いので,日常の業務で行なっているローマ字入力の際には,これでもローマ字を意識しないで日本語を入力しているんです.パソ活さんほど高速に入力できるわけではないようなので,気持ち良さを味わっている訳ではないけれども,それだけやっているぶんにはさほど不快でもないんですよ.
        それでも親指シフトに戻ると,「あ〜ラクだわ〜」と無意識下で行われていた(ここが言いたいことのポイントなんです)脳内ローマ字かな変換のストレスを意識できるわけです.
        で,パソ活さんのおっしゃるように,それは「私のローマ字入力のスキルがまだまだ不足しているせいで私が感じてしまっているだけ」なのか,それとも「親指シフトをマスターしていないパソ活さんが,マスターしていないがゆえに私の感じる感覚を知らないだけ」なのか,どっちなんだろうなぁと思うわけなんですね.もっともパソ活さんは旧JISかなを使えるようですので,その辺は微妙なんですけれども.
        パソ活さんのローマ字入力スキルには多分とても私の能力は及ばないし,既に親指シフトに走ってしまっている私は今後もその領域に到達することはないであろうが故に,この話はきっと並行線で終わってしまうのかもしれません.

        「かな入力からローマ字入力に戻す癖を付けておかないと、他の人に迷惑をかけてしまいます。」なんて書かれてしまうと悲しくなってしまいますね.
        →ご気分を悪くしてしまい誠に申し訳ございません。これは自分は個人的に全く迷惑に感じないのですが、ローマ字入力の人の主観では、迷惑と感じる人がいて、喧嘩に発展してしまった例もあるようです。

        入力モードの扱いで喧嘩になる例があることは度々目にしますが,残念なことです.
        しばしば私たちは,マイナーな物事に対して冷たい態度をとりがちです.関心がないことに関心をもたないことは当然で,それ自体はもちろん悪いことではないのですが.
        そもそも標準でかな入力できるようになっているのだから,管理者が禁止しているものをハックしているわけじゃあるまいし,モードを戻さないことを悪いマナーとするのは筋違いと思います.ローマ字入力をしたい者の方で戻し方をマスターしておくべき.大した手間ではないのにそれを怠り,マイナーな者にその負担を押し付けることを当然視するのは,いじめの構造にもつながることで大変嘆かわしいことだと感じています.このことで喧嘩になったとしても,私は譲る気はありません.喧嘩上等です.
        もっとも親指シフトに標準で対応していることはまずないので,この件に関しては蚊帳の外なんですけれども.or2

        ちょっと話が逸れましたかね.失礼いたしました.m(_ _;)m

        • 名前:けやま 投稿日:2018/02/17(土) 19:26:54 ID:c93c82793

          小生と同じような主張をされておられるページを,参考までに提示しておきます.
          パソ活さんがおっしゃるところの「親指シフトの押下コスト」についての言及もありました.この辺については私も異論はありません.
          http://www.fahrenheitize.com/entry/20160725-oyayubi-merit

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/17(土) 22:46:39 ID:f4556bf1b

          この記事は検索している中で見かけたことがありましたが、改めて読んでみると「ローマ字変換に食われる脳内メモリ」の話など、とても参考になりそうだったので記事中でリンクを貼らせてもらいました。ありがとうございます。

          中でも、ローマ字入力時代と親指シフト習得後のe-typingスコアが記載されているのが貴重ですね。

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/17(土) 21:03:40 ID:f4556bf1b

          それは「私のローマ字入力のスキルがまだまだ不足しているせいで私が感じてしまっているだけ」なのか,それとも「親指シフトをマスターしていないパソ活さんが,マスターしていないがゆえに私の感じる感覚を知らないだけ」なのか,どっちなんだろうなぁと思うわけなんですね.もっともパソ活さんは旧JISかなを使えるようですので,その辺は微妙なんですけれども.

          →そこは興味があるところですよね。今日記事の冒頭部分にも追記したんですが、JISかなの体験から考察してみると、、、

          ローマ字入力は和文1,500~2,000文字/10分[動画])で、JISかなはタイプウェル国語K 66.8秒、251打鍵/分、レベルSF)くらいです。(かな入力は今やっていないので80秒くらいに落ちてますが)

          当時のかな入力で和文を計測していないのでハッキリとはわかりませんが、タイプウェルの成績を比較すると、和文の純字数で倍くらいの差があったと思います。(タイプウェルはローマ字とかなで順字数がだいたい同じくらいになるように打鍵数に差があるので、秒数が倍だったら順字数もだいたい倍になると思う)

          タイプウェルのかな入力でレベルSFくらいあったら実用には問題がないレベルでそれなりに文章は打てますが、すでに気持ちよさを感じているローマ字入力があったためなのか、自分の場合はかな入力では1音1打の気持ちよさは感じることができず、ストレスを感じました。

          かな入力は確かに1打で1文字出力されるので、1文字単位では直感的なんですが、結局「喋るように」というレベルになるためには言葉の塊を一息で入力する必要が有るため、ローマ字入力もかな入力も同様の習熟が必要になるんじゃないかと感じています。

          この話はきっと並行線で終わってしまうのかもしれません.

          →そう思います。かなりの時間を投資して、正しい比較ができるレベルにまで習熟するのは、プレイヤー&研究者のようなものなので、そういう人は現れないんじゃないでしょうか。自分も、それを証明するために時間を投資する気にはなりません。

          モードを戻さないことを悪いマナーとするのは筋違いと思います.

          →はい。理屈から言えばもちろん「かな入力からローマ字入力に戻すやり方を知らない」というのが悪いわけで、喧嘩になってしまうのはおかしな話だと思います。

          ただしローマ字入力しか知らない人の主観では、そもそもかな入力というモードの切り替えがあることを知らない人もいそうです。今社会人になるような年齢の人は特に。仕事をする年齢までかな入力という存在を知らない(忘れる)人もいるでしょうし。その場合、初めてトラブルが起きた時は状況を把握できずに不機嫌になってしまうことがあるかもしれません。

          そこから切り替えのやり方を教えてもらって、次からは大丈夫なようにしておくのがスマートな解決になると思います。

          その点では、ローマ字入力が標準だと思って、ローマ字入力に戻しておくことを強要することはマナー違反ですね。

        • 名前:けやま 投稿日:2018/02/18(日) 01:15:30 ID:05587dfd6

          コメントありがとうございます.

          なるほど,パソ活さんの入力に快感を感じる要素には,入力速度が相当大きな要素を占めているようです.そりゃあ,喋るようにローマ字入力が出来るお方が,実用レベルとはいえそれよりもかなり遅い入力速度でかな入力を行えば,じれったくなって快感を感じなくなるのは当然ともいえますね.

          先の発言で,私は一時期親指シフト捨てて10数年ローマ字入力を続けていた,と申し上げました.ふとしたきっかけで親指シフトを再開した訳ですが,ブランクは相当あったわけなので,再開当初は意外に運指を覚えていたとはいえ,ローマ字入力に比べれば当然まだるっこしいレベルのものであったわけです.それでも一文字一打鍵の快感を既に感じていました.昔の記憶がそうさせていたのかもしれませんが,昔もそんなに爆速ではなかったと思いました.今も多分ローマ字=親指シフトという感じの入力速度かと思います.
          快感を感じる要素には,スキルの程度が相当影響しているのは間違いないのですが,そんな訳でどうもそれだけではないような気がしています.

          なんか「快感」を連発すると,下手をすると変態チックな文章にも取られかねないですね(笑).失礼いたしました.
          では,私の主張にお付き合い下さいまして,ありがとうございました.そろそろこの辺で失礼いたします.m(_ _)m

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/18(日) 15:03:27 ID:e8dcb7ba9

          なるほどー。こちらこそとても参考になりましたし、記事の加筆修正にヒントをいろいろもらえて良かったです。ありがとうございました。

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/18(日) 16:59:54 ID:e8dcb7ba9

          けやまさんこんにちは。

          脳内メモリが食われることに関して感じることがあったので追記してみました。

          ただし、最近は数値化で線引できるものではなく、脳内メモリを食うかどうかは別の部分に原因があるんじゃないかと感じてきています。

          ローマ字入力が上達すると「か」=[k]ケー[a]エーではなく、「か」=[ka]というふうに、頭の中では「か」の発音で[ka]が一瞬で入力されるようになりますが、さらに、最終的には頭の中で発音するのではなく、「キーボードが発音している」ような感覚になる、かなと思ってます。

          結局「まず頭の中で発音している」時点で、それをキーボードに入力する命令を出す負荷がかかっています。

          「頭の中で発音してからキー入力の命令をする」のと「キー入力=発音」との間には大きな隔たりがあり、この習熟レベルが上がると、ローマ字入力でも脳内メモリを食われることがなく、気持ちよく打てる、と思ってます。

          なので、ローマ字入力でやり尽くすところまで行っていないのなら、親指シフトで初期の頃からメリットを感じやすいのかもしれません。

          逆に、ローマ字入力で上記のような感覚まで掴めている上級者の場合は、親指シフトにするメリットがほとんど無いんじゃないでしょうか。

          自分がローマ字入力でメモリを食われる感覚が無く、JISかなだと食われる感覚を感じるというのが上記で説明できるような気がしてます。

          そう考えると、例えばけやまさんの親指シフトとローマ字入力で、上記の習熟度合いに差があったりしないでしょうか?

          観測範囲を広げて、世間の配列についての論争を眺めると、上記の習熟度合いで主観が全然変わって言ってることが違うので、配列比較の邪魔になっているように見えます。

  5. 名前:鉄瓶 投稿日:2018/02/13(火) 05:30:13 ID:b1baecdbc 返信

    ローマ字入力と親指シフトひらがな入力、両方とも経験してみるべきでしょう。
    私は1983年からローマ字入力していましたが、1986年に親指シフトひらがな入力を知ってローマ字入力をする気になれず32年が経過しました。両方とも経験してみるべきでしょう。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/13(火) 18:58:52 ID:0c59da70c 返信

      自分が親指シフトをガッツリと練習すれば本当の配列比較ができると思いますが、配列についてそこまでの情熱がありません。なので、現状で書けるだけの内容になっています。

  6. 名前:れお 投稿日:2018/02/13(火) 12:12:17 ID:19d2a2fcd 返信

    日本語物書き業40年生選手です。
    自虐的性格ゆえ、こういうレポート(?)は楽しいです。

    最初に手にしたのはタイプライターのローマ字。それからワープロでの平仮名。いずれも手書きの方が早かったです。
    数年後に親指シフトに移行。すっかり富士通の奴隷と化してしまいました。

    私にとっての親指シフトは“思考言語”みたいです。
    親指シフトでないと、文章が浮かんでこないんです。
    英語と日本語、どっちの方が優位? とか比べても意味ないのと一緒。
    英語の方に決まってるやん。そんなの知ってらあ。
    それでも日本語を使っている日本人の島国根性。
    親指シフトの島国根性も一緒です。

    新規に始めたいという人には「絶滅危惧種なんだから無駄なことやめろ!」と言ってます。
    判官贔屓はもちろんあります。けど、声には出しません。
    私が死ぬまで、生き残ってくれることを願っています。(^o^)

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/13(火) 19:04:36 ID:0c59da70c 返信

      含蓄のあるお話ありがとうございます。

      私が死ぬまで、生き残ってくれることを願っています。(^o^)

      →自分も、生き残ってくれることを願います。

  7. 名前:文月 投稿日:2018/02/27(火) 13:57:53 ID:691d49899 返信

    「親指タイピング」サイト管理者です。
    素敵記事で紹介してくださり、ありがとうございますm(_ _)m

    記事本文からコメント欄まで読ませていただいて、そのとおり、と思うことばかりでした。
    大多数の日本人には、ローマ字入力で充分なんですよね。
    創作している人や、大量の日本文を書くような人でもなければ。

    その一方で、親指シフトを気に入っちゃった者としては「これは絶滅させてはいけない!」とも思うので、自分なりに記事を書いたり、練習サイトの手入れをしています。
    どうしてもひいき目の記事になってしまいますが、これが私にできること、というわけで・・・

    上の方の

    親指シフトは“思考言語”みたい

    が、私はわかる気がします。
    ケータイのトグルや、スマホのフリックでは思考がスルスル出てくるんですが、親指シフトも同じような感覚があります。

    ローマ字入力だと、考えては打つ、考えては打つ、という感じになって、それほどスムーズじゃないです。
    e-typingだと330程度で、キーを意識せずに打てる感覚はありますが(たぶんロールオーバーもしてます)、まだ「気持ち良い」レベルではないのかもしれません。

    では、お邪魔しましたm(_ _)m

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/02/27(火) 15:39:00 ID:d68a0fc04 返信

      こちらこそコメントありがとうございます。エミュレータ環境がなくても試せるサイトは貴重なので、ぜひ末永く運営していただけたら良いなぁと思います。

      ローマ字入力の感覚や、e-typingのスコアも併記してくださって、とても参考になります。330で感じる違いが聞けただけでも収穫です。

      この記事では400程度が境目か?と勝手に予想していますが、確かな根拠があるわけでもなく、あまり良くわかっていません。500かもしれないし、もしかしたらどんなに成長しても親指シフトの直感性には届かないのかもしれません。

      • 名前:文月 投稿日:2018/02/28(水) 09:06:04 ID:a63f19389 返信

        人によっても感覚が違うでしょうしね。
        私が書いているのも個人の感想でしかないですし。

        結局ローマ字で満足できていれば、その人はそれでいいんだろう、と、いつもの結論みたいになってしまいます。

        ちなみにその後、e-typingで親指シフトで測ってみたら、250くらいになりました。
        ただ、私の設定だと入力字数が多めに出るので、この数字は参考値です。(エミュレーターの処理により、たとえば「ん」=「nn」「っ」=「ltu」と打ったように受け取られています)

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/03/01(木) 01:34:22 ID:f212083bb

          おぉー!そうか、エミュレータを経由するからローマ字モードでの練習になるんですね。それなら逆に純粋に比較できるから良いかもしれません。

          だとするとローマ字入力330、親指シフト250弱で、親指シフトのほうが遅いのに直感性に違いを感じるというのは一つの指標になりますね。

          ちょうどスピード感の参考になりそうなものに330付近の例としてこちらのタイピング動画がありましたが、ロールオーバー打ち以外にも、ワードの処理に詰まるかどうかも影響する要素かもしれませんね。

  8. 名前:akira kanzaki 投稿日:2018/04/13(金) 02:18:31 ID:cc02fd51d 返信

     丸々一年間、週五日一日四時間近く、windowsとyamabuki等を使い、親指シフトで入力の作業をしてきた者です。
     途中でスピードアップのために自分専用のキーボードが必要だと思い、押下圧の低いキーボードを自作したりもしました。
     しかし、数ヶ月前からやめました。別に入力スピードへの不満は無かったものの、スマホの使いすぎで親指が腱鞘炎になってしまったのです。
     それで仕方なく親指シフトからローマ字入力にしたところ、明らかに親指の痛みがへりました。
     これからスマホ中心の親指を酷使する生活スタイルがしばらく続くと思うのと、親指の腱鞘炎と親指シフト、VS ローマ字入力 と天秤にかけた時に、そこまでのメリットを親指シフトに感じ無くなり、またローマ字入力に戻りました。
     これから僕みたいな人も出てくるのでは無いかと思います。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/04/13(金) 15:18:16 ID:1fdd26e4f 返信

      経験談参考になります。ありがとうございます。

      途中でスピードアップのために自分専用のキーボードが必要だと思い、押下圧の低いキーボードを自作したりもしました。

      →差し支えなければ押下圧を何gにしたのか教えていただいてもよろしいでしょうか。自作だとメカニカルが主流だから45gあたりでしょうか。

      それで仕方なく親指シフトからローマ字入力にしたところ、明らかに親指の痛みがへりました。

      痛みの原因はスマホよりもむしろ親指シフトだった、ということなんでしょうか?

      また、親指シフトの中でもどの配列を使用していましたか?情報収集する中では、NICOLAで親指への負担が大きいと感じている人が何人かいましたが、単に利用者が多いから目立つだけなのかもしれません。

      • 名前:akira kanzaki 投稿日:2018/05/03(木) 00:10:01 ID:58bcc1da8 返信

         すみません。本当は自作ではなくて改造でした。荷重ですが、一年以上前なので忘れてしまい、簡単にググっても見つかりませんでした。。たしかその当時のチェリー等のメカニカルのキーの一番軽いのと同じだったと思います。
        μTRONキーボードですが、さらに軽量化の為ラバードーム部分に千枚通しで穴を開け、底打ちと天井打ちの静音化とストロークを短くするためにゴムを打ち抜いてキーに挿入していました。
         関係ないですが、今でも筐体の大きさと有線という事を除けば。タッチ感、タッチ音、なんといっても小柄な手向けの狭いキーピッチな上に、親指に多くのキーを割り当てられる。さらに左右対称という。。。世界最高のキーボードなのは間違いありません。購入してしばらくしてみたら販売停止になっていたのが今でも悔やまれます

         さらに申し訳ありません。痛みの大本は明らかにスマホです。スマホを酷使する前は全く親指は痛くありませんでした。スマホをやめれないので、親指シフトをやめると痛みは大幅に少なくなりました。
         しかしそもそも自分はキー配列をnicolaをベースに、yamabukiの拡張キーを親指に割り当て、数字やカーソル、ファンクションキー等、全ての動作を親指と三段のキーのみで使えるように変えているので、元々親指の負担が大きかったということもあります。
         なのでよくよく考えてみたら親指シフトが腱鞘炎を増長させた一番の原因とは言えない気もします。

         ちなみに先週デジタイザ付きのスマホに変えて、大幅に親指の使用を減らせることが解ったので、また親指シフトを検証して、戻るかも知れません。。。。。

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/03(木) 01:40:57 ID:b7767229c

          なるほど、チェリーの軽いのと言ったら赤軸か茶軸なので45gですね。青軸は50gですが、たぶん自作ユーザーはカチカチうるさくてあまり選ばないかなと思うので。

          さらにラバードームに穴を空けているとのことなので45gよりも押下圧が軽そうですね(その改造はいくつかのブログで見たことがあります)

          その他、キーボードと使い方について知らないことがあって興味深かったです、ありがとうございます。

  9. 名前:森 顕弘 投稿日:2018/04/24(火) 00:39:01 ID:5676f914f 返信

     大変行き届いた考察、興味深く読ませていただきました。すでに充分に書かれておられますので私ごときがしゃしゃり出る必要もないのですが…。
     私は35年ほど前、量販店でワープロ専用機を購入するとき、「和文タイプの経験がないのなら親指シフトがいいですよ」と勧められ、それ以来いわゆる親指シフターです。
     最近になって思うのですが、ウェブ上で「親指シフト」と入力して検索をかけると
    「親指シフトキーボードは東プレより上だ!」とか、「指がしゃべる入力」とか、生産性が倍になる!親指シフト」とかが引っかかって来ますが、それはちょっと違うのではないでしょうか?私は、親指シフトは、それまでキーボートに一度も触れたことがなかった人が、
    一番最初にキーボードに触れてから実用に達するまでの時間が比較的短くてすむ
    入力方式だと思っています。それ以上のことは多分ありません。ただそれもその人の感性に合えばの話です。
     ところで私には子供が3人おります。子供たちは幼い頃、専用機に入っていた「熱気球○○の冒険」とかいうゲーム感覚の親指シフト入力練習ソフトで遊んでおりましたが、親指シフターになったのは長女だけです。長女は仕事場ではローマ字打ちをもさほど苦もなくこなすそうです。他の子供は学校教育もあってローマ字打ちのみです。
     もし、最初にローマ字入力に、またはJISかな入力に出会ったのなら、無理をして乗り換える必要は全くないと思います。それぞれが現在使っている慣れた入力方式を磨けばいいのです。
     しかしながら自分のことでいえば、最近、親指シフト一辺倒ではなくなってきました。
     親指シフトに出会った頃は、ワープロ専用機にどっぷり浸かっていました。しかし数年後、データベース管理をすることを思いつき、それにはパソコンに移行しなければならなくなりました。時はMS-DOSの時代ですからコマンド入力をしなければなりません。アルファベットなどキーボード入力したことは殆どなかったので、とてもイライラしたものです。Windowsになってからも、最初のセットアップの時は親指キーボードがまだ認識されていない状態ですから本当にむかつく思いをしました。しかし、出張の時に持っていく10.5インチのノートパソコンは、一般的なキー配列ですから止むなく時間を掛けてローマ字入しなければなりませんでした。(携帯性を第一に考えて小型のノートにしたので、別途親指キーボードを持って行きたくなかった)ところがそんなことをしている内に、気づけばローマ字入力もそこそこ出来るようになっているではありませんか。 
     その後、携帯電話のメールの携帯打ち(私は電話を左手で持って右手の中指か人指し指で入力します。なので、親指が疲れることはありません)にもなんとか慣れ、今また、昨年やっとデビューした、スマホのフリック打ちにもようやく慣れつつあります。
     携帯電話でもスマホでも、外付けの親指キーボードをいっとき使いましたが外付けのキーボードを別途携帯するのは煩わしいですし、いちいち接続して機器を認識させるのは手間ですから、やはり本体内蔵の入力方式をイライラしながらも使うことになりました。するとその内慣れるのです。
     また、ワープロ専用機を頻繁に使っていた時代に、必要な書類などのひな型は殆ど入力してしまいました。ですから最近は、和文の長文を入力する機会が以前ほど多くはなくなりました。こうなると、親指シフト入力でも、ローマ字入力でも大差ありません。
     ある日、パソコンの前でふと我に帰ると、なんと親指シフトキーボードでローマ字入力を
    しているではありませんか。
     たとえば、現在仕事で文書を打つ場合は、まずひな型の文書をウェブ上で拾ってきて、
    必要な部分だけを置き換えるというような使い方が多いのではないでしょうか。そういった使い方の場合、親指シフト入力でもローマ字入力でも、慣れている入力方式が一番ですし、両方とも出来るのであれば、どちらを使っても大差ないと思います。
     ただ、毎日親指キーボードで日記をつけている方とか、小説や論文を数多く書く方、講演などの音声ファイルからの書き起こしをなさる方などは別だと思います。親指シフトはこの様な、ある意味特殊な仕事の方向きのものです。だから、実用的なキーボードの単価がかなり高いのだと思います。そのような理由で、一般的に普及しないのは当たり前だと思います。
     それなら、普及しない親指シフトは一般的にも不要かといえば、やはり個人的には、一番最初に出会った入力方式ですし、愛着もあって、私には捨て切れないのです。
    ですから、「親指シフトを使いたい人が問題なく使える環境は維持され続けてほしいと思います」というお言葉はとても嬉しかったです。
     乱文失礼致しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/04/24(火) 01:20:21 ID:3e06e81e5 返信

      こちらこそ非常に興味深く読ませていただきました。事例がたくさん含まれていますね。

      ウェブ上で「親指シフト」と入力して検索をかけると・・・

      →自分もそのように感じることが時々あって、ちょっと情報が偏っているんじゃないかという思いもあって、この記事を書きました。

      ネット上にそういうページが目立つのは、親指シフトが良いと思っている人のほうが書く動機づけが強いのが原因じゃないかと思ったりします。ローマ字入力で普通に暮らしている人は、わざわざそんなことを書く理由も無いですし。

      その他、学校教育の関係・時代の変化・機器の対応に伴ってローマ字入力が必要な場面が出てくるというのは、やはりシェアの影響が大きいんだなと思わされる事例ですね。

  10. 名前:匿名 投稿日:2018/06/26(火) 02:16:18 ID:ee4f8cde0 返信

    すごく為になるまとめ記事でした。
    ここまでお調べになる間に親指シフトもマスター出来てしまいそうな気もしますが、かな入力が出来る人にとってはあまり魅力を感じないのかもしれませんね。
    私はローマ字入力約20年。親指シフトは覚えて約10年で、親指シフトを使える者の中では比較的若い部類に入ると思います。
    いっときは親指シフトこそ正しい日本語入力方法だと傾倒しておりましたが、現在は熱も冷め、冷静に比較できるようになって参りました。
    記事の中でも仰られていた親指シフトはスピードよりも楽に打てることに価値があるというのはまさにその通りで、もちろん全速力で打鍵すれば早いんでしょうけど、文字起こしのバイトをしてるわけでもなしに、自分で考えた文章を打つのにスピードってそんなに重要なのかなと途中で気付かされました。私の打鍵スピードが遅いのかもしれませんが、数千文字を続けて打ってもローマ字入力と違って、手がまるで疲れないのが親指シフトの最大の長所だと思います。
    もちろん親指シフトにはデメリットも多いです。記事の中で述べられていたことの他に私がもっとも気になるのが、ガチャガチャと打鍵音が五月蝿いということです。力の強い親指での連打、しかも同時押しです。早く打てば打つほどやかましく、自分でも嫌になります。ただでさえ選択肢の少ない親指シフトが可能なキーボードの中で静音タイプのものなんてありません。(もしあってもすごく高いと思います)
    もう1つの欠点は、英語入力に弱すぎるということです。弱いというと語弊があるかもしれませんが、親指シフトモードで同時押しのタイピングをしていても、英単語が出てきたら結局はローマ字入力に戻ります。日本語ローマ字入力だって英文を打つには切り替える必要がありますが、同時押しから単鍵押しへのリズム感の変更と、日本語を一音で認識していた状態から、再び母音と子音に分けて認識するよう脳を切り替えるラグがある分、親指シフト入力は英文(英単語)を打つのに向いていないんです。
    また、親指シフトは指がしゃべるように入力できるとよく表現されます。まるで話すように口語の感覚で入力できるのは確かです。しかし慣れてしまうと逆に言葉が上滑りしているような気になってきます。文字に重さを感じないというか、軽い順に並べると、言葉を話す>親指シフト>ローマ字入力>文字を書く、といった順番なのです。今の私のように、無駄な長文をだらだらと打ってしまうのも親指シフト使いの悪癖なのかもしれません。
    脳内でかな→ローマ字の変換をしていてメモリを食うというのも親指シフトユーザーがよく使う面白い主張です。確かに親指シフトは口語のように滑らかに日本語入力が出来ます。しかし指の使い方は、ローマ字入力やかな入力よりもはるかに難しく複雑です。無意識にブラインドタッチが出来るようになってもその事実は変わりません。そうなると脳のリソースをその複雑な操作で消費しているということにはならないでしょうか?それともローマ字入力を先に覚えたから私はそう感じているのでしょうか?
    アンチみたいなことばかり書いてしまいましたが、親指シフトが使えることは私の秘かな自慢でもあります。頭の体操で他の入力方式を覚えるのは時間に余裕があれば好ましいことですし、覚えたからこそ比較ができ、一長一短で使い分けることも可能でしょう。ともかくパソ活さま、あやふやなことばかりの長文、失礼いたしましたm(_ _)m

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/06/26(火) 09:57:22 ID:defe7ea9b 返信

      ローマ字と親指シフトそれぞれの経験年数まで書いてくださりありがとうございます。10年使って感じた話はなかなか聞けないので興味深いですね。

      差し支えなければ教えていただきたいのですが、

      ・使用している配列は何ですか?(NICOLA?)
      ・使用しているキーボードは何ですか?
      ・経験年数はローマ字20年の後に親指シフト10年ではなく、20年の中に10年も含まれていて計20年ということですか?

      このコメントを見た人も、どのような状況でそう感じたのか、参考になりそうかなと思いますし。

      ただでさえ選択肢の少ない親指シフトが可能なキーボードの中で静音タイプのものなんてありません。

      → 押下圧にこだわらなければ初期型Realforceに静音タイプは8種類ほどありますが、その中でも親指シフト向きの押下圧である30gで静音タイプの91UG-Sが選択肢でしょうか。
      https://www.amazon.co.jp/dp/B01F8M9CCQ
      やはり高いですけどね・・・。

      Realforceについてならこの記事の最後のほうにある一覧表で、
      http://pasokatu.com/17929
      複数条件でも絞り込みできるので、よろしかったら希望する条件で検索してみてください。

      その他、英文入力する時に感じることや、脳のリソースを複雑な操作に消費しているのではないかなど、使用歴が長くないと出てこない感想、とても興味深かったです。

      • 名前:匿名 投稿日:2018/06/26(火) 22:56:39 ID:ee4f8cde0 返信

        ご返信頂きまして恐縮です。
        >>・使用している配列は何ですか?(NICOLA?)
        標準のNICOLAです。飛鳥は使えません。
        >>・使用しているキーボードは何ですか?
        格安で恥ずかしいのですが、「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード(色:黒-Black)」というAmazonで売っているeee-lifeのキーボードです。値段に釣られました(;^ω^)
        その前はFKB8579-661EVと「Thumb Touch」FKB7628-801という親指シフト専用のキーボードを使っていました。
        >>・経験年数はローマ字20年の後に親指シフト10年ではなく、20年の中に10年も含まれていて計20年ということですか?
        YESです。親指シフトは自宅で使うのみで、仕事ではずっとローマ字入力を20年未満続けております。

        Realforceは有名ですが実物を触ったことがなくて、なかなか購入には勇気がいるお値段です。親指シフトが問題なく使えればぜひ欲しい一品ですね!

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/06/26(火) 23:48:53 ID:defe7ea9b

          返信ありがとうございます。

          格安で恥ずかしいのですが、

          →いえいえとんでもありません。触ったことはありませんが、あの値段でメンブレンなのに極力押下圧を軽くしてるのはニーズを捉えてるなぁと感心していました。

          パッと調べた限りだとFKB8579-661EVが不明(55g?)、Thumb Touchが押下圧55gっぽいので、eee-lifeのほうが40gで軽いですね。

          仕事ではローマ字入力

          →なるほど、そのパターンはやはりよく聞きますね。それでも親指シフトを愛用されてる人は、それだけの理由があるんだろうなぁと感じます。

          Realforce

          →そうですね。自分は親指シフトに利用したことはありませんが、Realforce自体は親指シフトに使用実績がある程度ありますし、エミュレータなどが正しく設定できれば使うことはできると思います。

          あとは、例えば自分が最初に買ったRealforceはもう11年が経つので耐久性には定評があって、長期的な使用なら割安かな、ってところでしょうか。

          45gから30gに変えた時のことなども書いているのでよろしかったら参考にしてください。
          http://pasokatu.com/693

  11. 名前:匿名 投稿日:2018/06/27(水) 08:32:18 ID:ab156ef6e 返信

    パソ活さまはやはり押下圧をかなり重視されてるんですね。
    私は硬すぎなければOKで、これまで意識したことがなかったのですが、一度経験すると離れられない魅力があるということでしょうか。
    Realforceの30gで少し探してみようと思います。
    ご返信、ありがとうございましたm(_ _)m。

  12. 名前:失礼! 通りすがりの者です 投稿日:2019/02/17(日) 19:29:26 ID:d6c40ed62 返信

    50代半ばとなり、ローマ字での高速入力は指がつらくなって来ました。
    タイプ速度を落とすと、ローマ字の場合、字音との乖離が大きくなってしまい、言葉を思いつく流れに支障が出て来ます。アウトプット量も落ちますし。
    親指シフトの練習は始めてみても、なかなか指が覚える、と言う所まで行きませんが、思い出したようにボチボチとやってみています。
    普通にしゃべるくらいのスピードで打てれば、文章を案出するのには充分なので、指がつらくなって来た老齢者には、打鍵速度に余裕の生じる親指シフトは、価値があるのではないかと思っています。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/02/17(日) 20:32:00 ID:cf289ecda 返信

      なるほど、確かにタイプ速度が落ちると違いを感じるかもしれませんね。

      なお、指への負担はローマ字入力・親指シフトの比較は別として、押下圧の軽いキーボードを検討してみてください。

      45gでも一般的なキーボードでは軽いほうですが、30gにすると違いが凄すぎて、人によっては配列の良し悪しよりも影響が大きくなります。

      普通にしゃべるくらいのスピードで打てれば、文章を案出するのには充分

      →自分も、これさえできれば配列は何でも良いと思っています。

  13. 名前:ゆんゆん 投稿日:2019/03/14(木) 22:58:28 ID:4c7f54330 返信

    こんにちは。初めまして。

    私はローマ字入力と親指シフトと両方を10代の頃にタッチタイプできるようになっております。
    ・30年ほど前、小学4年生頃に QWERTY 配列を覚える。ただし、ポケコンのためタッチタイプではない
    ・中学生頃にワープロでローマ字入力でタッチタイプできるようになる
    ・高校生の頃、部室にあったワープロが OASYS で親指シフトと出会い、ローマ字入力のやり方がわからず(できない?)そのまま試行錯誤の末苦労してタッチタイプできるようになる
    ・また、高校生頃からパソコンも利用するようになり、こちらはローマ字入力
    ・その後何年経ったかわかりませんが、親指ひゅんQと出会い、パソコンでも親指シフトを利用するようになる
    ・そしてさまざまなエミュレータを利用しながら現在に至る
    という感じです。

    どちらもそれなりに使っていると思いますが、以下、そんな人間の感想です。

    どちらがよいかは完全に好みの問題だとは思いますが、私自身は親指シフトを利用しております。やはり覚えてしまうと普通の文章を書くのには親指シフト方が楽に感じますため、今更戻ることができない感じでしょうか。
    しかし、既にローマ字入力がちゃんとできる人、これからタッチタイプを覚えようという方にはあまり親指シフトはオススメできないかなとも思います。
    それはなぜか? 最近特に、やはり親指シフトは日本語入力に特化している、ということをよく感じます。それは、親指シフトは「横文字が入力しづらい」です。どんどん横文字が増える今日この頃ですので、横文字が入力しづらいのは、普段使いには向かないのではないかと思います。また、エミュレータだと、間違ってかな入力状態に気がつかずそのまま英文字入力した場合、英文字に変換できませんね(OASYSはできた気がします)。
    他にも、「片手で入力ができない」(極端にやりづらい)というのもデメリットでしょうか。忙しいときにちょっとパンでもつまみながらメール書く、みたいのができませんね。指を切ってしまって指1本が使えない、とかいうときも、致命的です……

    いろいろ書きましたが、私自信はもういい歳なので新しい配列を覚えるだけの気力がなく、かといってローマ字入力は疲れるのでこのまま親指シフトを使っていくと思います。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/03/15(金) 00:51:48 ID:b0f8b4f7b 返信

      詳しい経緯とともに感想を書いてくださってありがとうございます。コメントを見た人にも参考になると思います。

      特に、ローマ字入力でタッチタイプを習得した後でも、最終的に親指シフトを使うようになったというのは参考になる事例です。

      (慣れた方式からの移行はハードルが高いため、そのようなパターンは少ないと思っていました)

      それとも、中学生の時点ではタッチタイプはできるけどそこまで習熟度が高くはなかったのでしょうか?(入力が高速になるほど移行のハードルが上がるので、親指シフトへの移行がモチベーションの面で大変になると思っています)

      ちなみに、「横文字が入力しづらい」のは書かれているような変換に関する問題以外にあるでしょうか?聞いたことがある例としては
      ・入力の切り替えが面倒
      ・(ローマ字入力と比べると)アルファベットを意識する機会が少ないので慣れていない
      などがあるかと思います。

      • 名前:ゆんゆん 投稿日:2019/03/20(水) 19:14:46 ID:13d845751 返信

        ご返信ありがとうございます。

        ローマ字入力の習熟度については、おそらく普通? ワープロでしたし、家で遊び程度でやっていたものですから、特別高いとは言えないとは思いますが、特段低かったのでもないとは思います。
        親指シフトにスイッチした理由としては、高校の部室にあった OASYS が親指シフトモデルで、どうやらローマ字入力はできない、ということから、覚えざるを得なかった、となります。覚えるまでのモチベーションの維持という意味では、必要に迫られたということ以外にはあまりないかなと思います(自宅のワープロを学校まで持っていけなかったため、学校にあるものを使わざるを得ませんでした)。
        一方で一度覚えてしまうと、やはりローマ字より楽は楽なもので……という理由で、今はむしろローマ字入力を使うモチベーションが低い感じです。ちゃんと計測していませんが、入力速度はどちらでもあんまり変わらないのではないでしょうか。ただ、疲れ方は明らかに違います。

        横文字については、英字入力ではなく外来語の入力に関してです。普通の日本語の文章では特段なにも意識しなくとも指が動きますが、外来語に関してはうまく指が動いてくれないことがあり、少し考えないと入力ができないことがあります。外来語に関しては、普通の日本語の単語と比較して、
        ・濁音が連続したり、濁音+拗音が多い
        →Nicola配列では連続シフトになりやすい
        ・拗音は「ぁ」「ぃ」「ぇ」など日本語では通常出てこないものも多い
        →日本語での使用頻度が低いため打ちづらい場所にある
        ということがあるのではないかと思われます。
        (これはデータがあるわけでなく、私の主観です。職種的に外来語の取り扱いが多いこともあり、余計にそのように感じるところはあるのかもしれません)

        • 名前:パソ活 投稿日:2019/03/20(水) 21:02:04 ID:0eb387e36

          なるほど外来語ですか。

          ローマ字入力は、F(ふぁ行)・J(じゃ行)が、かな系より打ちやすさ・打鍵数ともに有利で、
          dhi(でぃ)、thi(てぃ)も、打鍵数と打ちやすさでは不利ではないので、外来語で恩恵を受けやすいですね。

          自分で使っているときの感覚でも、上記のようなカタカナ語は気持ちよく打つことができます。

          たぶん、データ的にも外来語はローマ字入力が有利になりやすいんじゃないでしょうか。

          シフト打鍵の影響をどのくらい取るかによって注意が必要ですが、この記事中にある比較画像だと、
          http://oookaworks.seesaa.net/article/459719695.html

          清音ではローマ字入力の打鍵数が多いですが、拗音・外来音では差が小さくなります。

  14. 名前:べーやん 投稿日:2019/10/16(水) 10:08:12 ID:ce7ac6238 返信

    パソ活さんの動画は数年前?にキーボードの動画見始めたとき以来のファンです。自分も飛鳥配列をここ半年で常用できる程度には習得した(といっても差し支えない程度)ので感想を。概ね、記事に書かれてることは同意見です。

    自分は5月末くらいから練習を始めましたが、最初の2週間はやはりストレスがすごかったです。5ヶ月たった今はQWERTYより2、3割遅い程度になりました。他の配列を試したいとか、なんらかの理由で環境が変わったなどない限りはとくに戻す理由はないくらいには使えてます。

    スピードの計測は憲法前文の一行目(200カナ文字相当)でやっていますが、ローマ字で50秒程度、飛鳥配列で62秒程度です。もちろん、暗記してしまってやってるので、純粋なコピー入力の競技能力はこれより遙か下だと思いますが、半年程度でQWERTYにこの程度迫れてるのは悪くはないと思うので、常用には問題ありません。

    ただ、じゃあこのまま練習してればQWERTYを大きく超えるほど高速化する目処があるかというとそれは怪しいんですよね。1.7倍速いと主張してるNICOLA配列利用者の記事は自分も見ましたが、そんなわけないです。NICOLAは非連続シフトなので、実質は親指入力そのものも1打鍵相当と考えてもいいんじゃないかと思いますし、おしっぱなしが可能な飛鳥でさえ(もしくは押しっぱなし判定が必要だからこそよりタイミング合わせが難しいのもありますが)明らかにスピードがおちます。これは習熟度の問題じゃなく、親指シフトというもの自体のもつ性質だと思います。

    さきほどの憲法前文で分析してみました。全体で867カナ文字。ローマ字だと1576タッチ相当。飛鳥ではカナ入力のため867タッチですが、その間に親指は約288タッチ程度押してることがわかりました。なので仮に親指のタッチ数も通常のタッチ数相当と考えると、1155タッチ相当。仮にこのタッチ数をローマ字と同速度だせるとしたら、27%程度速くなるかもしれない(NICOLAは非連続シフトなのでもっと多い筈です、正確な計測はしてませんが同等のシフト回数分布なら1300タッチに及びます)

    でも多分そこが天井か、もしくはもっと下だと思います。連続シフトの親指シフト配列は特に、同時押しの判定を確実にこなさなければならないのでミスがかなり起きやすい点が一つ、また親指を固定したまま同じ手で他のキーを押さなければならないという動きの制約が起こる点。以上から手の動きには自然と制約が生まれるので、全部フリーで単押しでよいローマ字入力と同等の打鍵スピードを出すのは不可能です。そもそもローマ字入力だって、子音をシフト入力してるって考え方もできますからね。

    一ヶ月二ヶ月はストレスあるタイピングをし、ローマ字入力より速くなるのにさらに数ヶ月から年単位かかり、親指シフト適正のあるキーボードを探し(もしくは自作し)、それでかなり安易な理想値で2割速くなるのが上限。これはコスパ的にはちょっとどうなのかってのは実際あります。同手シフトを極力除いて逆手シフトのみの配列を生み出せればもう少しスピードを上げられる余地はありそうですけど、配列の評価って難しいでしょうから、なかなか厳しいですね。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/10/16(水) 20:32:23 ID:d35df711d 返信

      ちょっと最初に、把握しやすくするためにこちらで換算させてもらいました。

      タイプウェル憲法で前文1段落前半を見るとカナ文字198文字、ローマ字だと345打になっていたので、50秒だと6.9打/秒、タイプウェル日本語に換算すると約58秒/400打になりそうで、たぶんタイピングの資格を受験したら(コピー打鍵の慣れが必要なのは別として)1級(変換込み700文字/10分)よりも速いんじゃないかと思いました。

      そして飛鳥配列のさらなるレベルアップについてですが、やはりシフト操作のコストがどのていど影響するのか、なかなか見聞きする機会がないので興味深いところです。

      シフトについて実感されていることから想像できると思いますが、速くなればなるほど、相対的にローマ字入力のメリットが大きくなるだろうから、これから飛鳥配列の練習がどのような進捗になるか気になりますね。

      その他、具体的な練習期間や体験談、とても参考になります。ありがとうございます。

      • 名前:べーやん 投稿日:2019/10/16(水) 22:19:59 ID:ce7ac6238 返信

        半年前後程度でQWERTYのときのこと考えてもストレスを感じない程度には順応できたし、体感としてこのまま慣れたらQWERTYのときの習熟度に到るなら「多少は」ローマ字入力より速くなるかもって気はするんです。ただ、その「多少は」がせいぜい数パーセントなんじゃないかって気もするんですよね。高速化したいだけなら多分、ローマ字入力を訓練したら良いだけではあるのはその通りなので(上限も、タイパーの人達がいる以上、目に見えやすいですから)。
        目標が「生放送での出演者の言葉のコピー書き出し」なのですが、しゃべり言葉って300文字/分相当のスピードが必要なので、かなり厳しいですね。よく言われる飛鳥配列の運指の楽しさは感じるので、そういう意味では十分もとはとれてるんですが、高速化については天井が案外大したことがないのではないかってのは結構気になってる部分です。運指がコンパクトでからまらず、なおかつ高速を目指せる配列があればなぁって思います。

        • 名前:パソ活 投稿日:2019/10/16(水) 23:13:41 ID:d35df711d

          300文字/分が目標だとちょっと事情が変わってきますね。まず単純なスピードアップだとほぼ不可能だと思われます。理由の考察は以下のとおり。

          記事中にもあるtomoemonさんの事例だと、飛鳥配列3年の時点でタイプウェル基本常用が33.732秒。

          参考:飛鳥配列21-290でTWJK総合XA達成!! – tomoemonの日記

          もともとQWERTYでもZタイパーで、同じ時期の時点で27秒くらい。
          参考:まだZIが出ることに安心した – tomoemonの日記

          このくらいQWERTYで飛び抜けた人間性能の人が3年間練習して上記の結果です。

          ちなみに自分のタイプウェル基本常用が32.5秒ですが、かなり上手に入力できて変換込み200文字/分くらいなので、タイパーでも変換がうまくできないと300文字/分はできません。

          高校生の初見文章入力で優勝者が2400文字/10分くらいです。

          だとすると単語登録・ローマ字テーブルカスタマイズなどのアプローチが必要になるかと思います。

          リアルタイム文字起こしとして参考になる動画としてこれとか。
          https://www.youtube.com/watch?v=uytzg6rcow4

          生放送のジャンルが偏っていれば多少やりやすそうです。

          これに取り組む場合、大量の単語登録のパターンを習得して、その数が増えるほどバッティングしないように工夫が必要になるため、単純なスピードアップよりも大変になるかもしれません。

          ーーー
          また、「精度が求められるか」「生放送と同じタイミングで打たないといけないのか」によっても事情が変わりそうです。

          たとえば自分用に打ち込むだけで精度が求められないなら、放送を聞きながら自分の口からスマホの音声入力していけば簡単に文字起こしできたりします。

  15. 名前:べーやん 投稿日:2019/10/17(木) 12:23:00 ID:9e2326a4e 返信

    ありがとうございます。自分も300文字/分を達成したり、近いスピードを平均ペースにということは完全に不可能だと思うので、単純に「今の発言は面白いから記録しておきたい」って思ったときに、さくっと自分の頭のメモリーから記録できればいいくらいではあるんですよね。
    ただ人間いい加減なもので、リアルタイムに即座に記録できないと、結構細かい言い回しだとか記憶のなかで改変してしまうので、なるべくなら少ないタイムラグで、疑似のリアルタイムに打てればなぁっていう。

    瞬発力があって、なるべくつまづかずに、そして楽しく打てるような配列があれば…と思うのですが、やっぱりそんな都合のいいものはないですよね。漢直とかも最終的には気になるんですが、さすがにそれは習熟コストやシステムが大きすぎるし、現実的には例に出されたとおり単語登録なんかを援用したほうがいいのかもですが。

    目標を達成できるかはともかく、ある程度マスターしたら確実にQWERTYより明確に早いと思えるものがあれば努力のしがいもあるんですが、現状それぞれの配列には特有の問題があって(中指小指シフトの新下駄も、ロールオーバーするとシフトが誤発生するみたいですし)、シフト操作のコストというのはそう簡単に無視できるものじゃないなぁと感じます。配列習得のほとんどは、単純に趣味や嗜好だなぁと感じます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/10/17(木) 16:34:02 ID:f9fb715f1 返信

      なるほど、300文字/分がずっと必要なわけではないんですね。

      ひとつ思ったこととしては、Googleドキュメントによる音声入力+タイピングの同時併用も試してみてはどうでしょうか。

      http://pasokatu.com/14226

      音声入力とタイピング、どちらも同じ文書に対して同時に併用できるので、タイピングの使い勝手は今までのまま、音声入力の感触が良ければ別のアプローチを試す動機になるかもしれません。

      同じ文書をスマホでもリアルタイムで同時編集できるので、気分や体調によって途中でスマホを使う、とかも考えられます。

      自分もラジオで喋っている内容をタイピング練習のためにコピー打鍵したことがありますが、一生懸命タイピングすると意識が持っていかれることもあって、余裕がないとなかなか大変なんですよね。

      漢直

      →人名などの同音異義語が大量にあるなら効果を発揮するかもしれませんが、自分にとっての記録であれば、習得コストを考えるとほとんどメリットが無いんじゃないでしょうか。

      それぞれの配列には特有の問題

      →基本的にカナ文字が「隣接キーよりも外側」か「シフト操作」が必要になるので、学習・習得コストを下げることができないんですよね。学習コストを下げるためにローマ字入力などの行段系を使うと打鍵数が増えるし……。英語がうらやましい。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。